お得な借入方法って銀行以外にもあるのでしょうか?

こんばんは、加村(仮名)と申すものです。とある工事現場で臨時職員として働いており、少し怪我をしてしまいました。

臨時という事でろくに労災もないし、そもそも労災っていうほどの大けがでも無いから、自分で治す事になってしまいました。

だから何日か休んで病院に行くのですが、その間給料はカットされるし治療費がかかるという事で、頭が痛いです。

臨時職員だから多分あと三ヶ月くらいでまた失職してしまいますし、定期預金は出来るだけまだ崩したくはありません。となると、後は銀行とかからお金を借りるしか無いのですよね。

私はこの通りお金に余裕がありませんから、出来るだけお金を借りるにしてもお得であると言える場所から借りたいです。

お得という事は金利が低い場所という事で、やっぱり銀行が今は借入先として有力ですが、銀行以外という選択肢もあるのでしょうか?

もしかして、お得な借入方法って銀行以外にも存在していたりするのでしょうか?銀行以外だと消費者金融でしたっけ?

でも消費者金融がお得なんて話は少なくとも私は聞いた事がありませんし、消費者金融のイメージ的にお得というのはしっくり来ません。

そこのところは正直どうなっていますか?私では分かりませんから、お得な借り方というのを教えて下さい。本当に困ってますのでお願いします。

銀行以外であってもお得にする方法はありますよ

加村さんのお怪我は大丈夫でしょうか?工事現場というとやっぱり少なからず危険はありそうですし、臨時とはいえ労災無しっていうのも厳しい話ですね…

でも怪我を治さないとまずは始まりませんから、きちんと完治させて下さいね?

では、加村さんが気にされているお得な借入方法について、早速お話していく事にします。

まずは銀行なのですが、やっぱり銀行はお得というのは間違いではありません。銀行は低金利であり低金利なら支払う総額も小さいので、当然ですよね。

ただし、銀行だけが圧倒的にお得な融資というわけではありません。

銀行以外で言えばやっぱり消費者金融が候補になるわけですが、消費者金融でもお得な融資を実現出来ない事はありません。

物は使いようと昔から言いますが、それは消費者金融でも通ずるものがあります。

実は消費者金融でも、銀行の融資と大差ない金利である事もあります。特に消費者金融は大金を借りられる場合、銀行並みの金利まで引き下げてくれる事が良くあります。

よって大金融資を将来利用するとしたら、銀行でも消費者金融でも案外返済総額は変わらなかったりします。

そして消費者金融は初回利用のみでお得な特典を付けてくれる事があります。大手消費者金融では期間限定で『初回利用時は30日間無利息!』という事を良くしています。

これを利用して仮に30日以内に返済ができたとしたら、一円も利息を支払う必要無くお金を借りられるのです。

このように、特定の条件下では消費者金融も変わらず、或いは銀行よりもお得な場合があります。今現在の加村さんには必要な知識だと思いますから、是非とも参考にして下さいねー。

【参考ページはこちら】
銀行からの借入は個人でも利用できる?

事業資金でお得な借入方法は上手く消費者金融を利用することです

個人事業主や小規模な事業所で事業資金(運転資金)借り入れるお得な方法を検証してみると銀行が良いのかそれとも他の金融業者が良いのかどちらかと言えば、銀行の金利の方が低いことは確かですが、必ずしも銀行がお得かと言えばそうではないようです。

銀行金利は、1%や2%であることが多く、ネット銀行や特別優遇金利となるとそれ以下であることも多いでしょう。

借りる用途と金額によってお得な借入方法を考えてみると、消費者金融で上手く資金を利用することも良いでしょう。

銀行で借りるメリットは、ズバリ金利が低いことですが、運転資金を銀行で借り入れるとなると非常に厳しい審査があり、それに通過した後、保証人設定や担保設定が求められます。

万が一返済不履行となると保証人である人が全債務を肩代わりするか、もしくは担保が売却され返済に充てられることになるでしょう。

低い金利でお金を借りることへのペナルティーのようなものです。

銀行での融資は、資金の回収と共に金利回収がされ、返済の完了まで借り入れた人の制限をし、返済できない時の対策を万全として貸し出しを行います。

また、貸し出し審査が通る申し込み相手であれば、貸出額が大きいのも消費者金融とに違いでしょう。

銀行での融資は、主に住宅ローンや事業資金(運転資金や初期で設備投資など)、マイカーローンが多いでしょう。

住宅ローンの場合、20年から35年で借り入れた金額により返済期間を設定し、返済完了まで均等に支払うことが多いでしょう。

従来では、ボーナス払いの設定をする人が多かったのですが、デフレが進んだことでボーナス支給が少なくなることや、業績不振によるボーナスカットとなると、返済ができなくなるため、元利均等払いで返済する人が多くなりました。

給料の中から月額返済を行えば、残りのお金が生活費となり、それが20年30年と続くと楽ではなく、また次第に教育費や生活費が増せば、なお厳しくなりますが、従来の考え方では年功序列で給与所得が上がることを想定してプランが組まれていたのでしょう。

事業資金においても、借入れた金額を均等返済すれば、返済までの期間が長くなります。

ただ、開業時に計画した売り上げがキープできるのかと言えば必ずしもそうではなく、また、経営スタート後に想定外の資金が必要となることもあり、家賃負担などがある場合、毎月の返済が厳しいこともあるでしょう。

このようなことは、お金を借りることに付きまとう問題としてあり、まずはしっかりと計画を立て、多少の預金保有や担保保有も必要となるでしょう。

万が一返済が難しくなったときを想定してどうしたら良いのかをしっかりと考えておく必要があり、どのような場合でも返済できるように考えておく必要があるのです。

お金を借りる以上、返済に関する意識は借りる時以上に高くなければいけません。
安易に借りるのではなく、返すことを考えて借りるということになるでしょう。

これは、金利負担の違いがあるだけで消費者金融も同様のことが言えるのでしょう。

ここで、消費者金融と銀行との違いをお話しすれば、大きな違いとして金利水準が消費者金融の方が高く、逆に審査に関してはスピーディーで簡単なもので、高い金利を求めて貸し出しをするのに対する矛盾が感じられます。

しかし、実を言えばその他にもっと大きな違いがあり、消費者金融の借入枠は銀行に比べて少なく、個人の場合であれば、借り入れ申し込み者の年収の3分の1までの貸し付けとなっており、個人事業主などの場合、最高500万円までとなっています。
(⇒個人事業主が借りやすい方法を教えて!

さらに、貸出期間(返済完了までに要する期間)は長期ではなく短期で、1年から数年程度となります。

事業資金として利用する場合、短期での返済が可能であれば、こちらを利用するメリットの方が大きいでしょう。

建設業や製造加工業の場合、とくに先行して大きな資金が必要となります。

材料調達費や人件費が相手先企業から対価としてお金を受け取る前に資金を必要とするため、サプライヤー企業に手形を切ることがあります。

手形を切ると振り出された日から手形が落ちる日までに入金がなければ、不渡り手形となり倒産となる危険性もあります。

また、手形振出し先企業が、手形を割り引いて資金運用をしたとすれば、不渡りにより割り引いた手形の金額を戻さなければいけなくなり、企業間の信頼性はなくなります。

そのような場合に余裕を持った資金運用が必要となるため、融資に頼り、後日返済をするのが良いのですが、契約金や業務完了時に全額受け取りができた時点で返済金にあてるのであれば、審査が早い消費者金融を上手く利用して支払いに引き当てれば事業での資金運用が上手く行くでしょう。

例えば、500万円の返済で14%に金利付加をして返済するとすれば、1年で70万円の金利が付き、1年で返済すればこれを12回に分けて返済することとなります。

しかし、数か月で返済が可能であれば金利は少なく済みます。

現在消費者金融の貸し付けには法的制限が設けられ、高いコンプライアンスの中で経営を行うことが義務付けられているため、以前のような借り入れに対する不安なイメージはなく、消費者金融の特徴を知って借り入れをすれば、特別問題はありません。

消費者金融の貸し出しは実質年率14%から20%で貸し出されており、利息制限法で定められた20%を超えて貸し出しをすれば、貸金業法違反となり金融免許取り消しなど厳しい処分がされます。

金額が大きい場合、14%もしくは交渉でそれ以下の金利となることもあるでしょう。

しかも、消費者金融は以前のグレーゾーン金利や厳しい取り立てのイメージを解消し、広く利用者を集める目的として様々なサービスを展開しており、その中には借り入れ実績(返済実績)を大きく評価し、貸出金利を利用回数が増すごとに低く設定したり、何度借り入れをしても一週間無利息、初回申込み借入で最大180日間金利ゼロなど様々なサービスで利用者獲得を目論んでいるため、このことを利用して短期で返済をすれば、金利負担なしで借り入れることや、金利が少なくお得な借入方法となるでしょう。

返済の計画を立て、借入れをしても、早期で繰り上げ返済をすれば、その時点で残りの金利を負担することなく、資金運用が可能です。

一般的に返済に大きな負担となるのが、返済までの合計金利となるのですが、銀行も消費者金融も実質年率として貸し出しをしており、これは年率換算での金利であるため、借入期間でどれだけの金利が付加されているのかが重要となります。

こうなると、資金を長期で借り入れる銀行融資が実質年率1%や2%であっても大きな金額を借り入れれば、1年や2年で返済することは不可能で、数年や何十年間での返済となると10%から最高で30%の金利を長期で負担していることとなるのです。

無理のない十分な期間で、毎月均等返済することで金利が低いメリットを利用して返済が可能ですが、住宅ローンのような長期での借り入れの場合、金利支払いにかかる期間は10年とも言われています。

30年間で借り入れて10年間は金利を支払うこととなるので、ここに実質年率のマジックがあります。

一方で消費者金融の借り入れは審査が早く、スムーズな借入となれば、事業での運転資金の運用も楽で、まして消費者金融ごとに設けられるメリットや特徴を知っておけば、安全で安心した融資が受けられるはずです。

また、消費者金融は現在では、銀行グループ傘下として営業する企業が多く、銀行は担保や保証人を有する人には、銀行での貸し付けを行い、それ以外の融資に関しては消費者金融により貸し出しを行うという、抜け目のない貸し出しビジネスを行っていることになります。

銀行は、大量の資金を多くの預金者に頼り、また貸出先から金利収入を得てビジネスを展開するもので、その一環でもある消費者金融へも貸し出しを行い、消費者金融が利用者に貸し出しをするというビジネスモデルが形成されています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.