借入審査で調べるのってどんな部分?

初めまして?、私は去年一人暮らしを開始した会社員です?。趣味は手芸関係で、ちまちました物を作ったり、集めたりするのが趣味です。

その趣味が高じて良くバザーとかにも出品したりしていて、意外とこれが好評なんですよ?。

でも、今はその趣味のせいで怪我をしてしまいました…手芸用の針が爪と指の間に思いっきり入り込んでしまって、それがしかもちょっと化膿してしまったのか、大げさな怪我になっちゃいまして…しばらくは治療の為に病院に通わないといけません…その期間仕事もちょこちょこ休む事になりました。

私の会社は日給月給だから、お仕事を休むと給料も減っちゃうんです。完全固定月給の方が今は珍しいのかもしれませんけど、まだ給料も多くないから困っちゃいますよね?。

だから治療費と生活費の両方を何とかして用意しないといけないから、借入審査を受けてまして、お金を借りたいんです?。

それは良いですけど、質問大丈夫ですか??借入審査を受けるのですけど、これで調べられるのってどんな部分なのでしょうか?

一応正社員ですけど、収入はあまり多くないから、収入ばかり調べられるのなら審査に通らないかもしれません…そうなると、親に頼らないといけないかも…。

出来るだけ一人暮らしもしているから、自分で何とかしたいんです?…だから、借入審査で調べられる部分を教えて下さい。それで、審査に通るかどうかも教えてもらえたらなーって。

主に見られる部分を三つに絞ってお教えします

指と爪の間に針…想像するだけで痛みが伝わってきそうな状態ですね…御愁傷様です。早期に手当すれば軽症になったかもしれませんが、化膿となるとかなり厳しいです。

じっくりと治してもらい、また手芸に励んでもらいたいですね。

さて、融資の審査で見られる部分について解説をしていきましょう。まず最初に言えば、質問者さんが気にしている部分は二つとも見られますね。

仕事と収入、双方ともお金を貸し付けた場合の返済能力に直結しますから、これは仕方が無いです。

しかし、その二つだけが決定打になるわけでもありません。今回は三つにまとめて借入審査のチェックポイントを紹介していきますから、それを参考に考えてみましょう。

・収入
まず、これはとても大事ですね。この収入が多いほどそれだけ毎月たくさん返済出来ますから、その分たくさん貸し付ける事もできます。大金を融資してもらいたいなら、最重要にもなり得るポイントです。

しかし、収入の質というのも大事です。これは後述する職業にも関係していますが、いかにして長期間、安定した金額が支給されるかどうか…が大事です。その点で言えば、借りられなくなるほどの大きな問題はありません。

・職業
次にこちらです。職業と言っても色々ありますが、借入では安定した仕事というのがとても好まれます。

安定した、というのは高収入な仕事ではありません。リストラといった失職のリスクが低い仕事が好ましいというわけですね。
(⇒どんな職業なら借入できるの?

公務員系がそういう意味では最高で、他にも倒産しにくい大手企業の正社員も強いです。質問者さんは少なくとも正社員という首が切られにくい立場にあるわけですから、不利ではありません。

・過去の借入利用履歴
これが意外にも大事な点です。過去に借入にて問題を起こす…返済を延滞したりなどがNGとなるでしょう。

出来れば借りて返したという実績があれば最適ですが、少なくともマイナスが無いのなら問題は少なくなります。

以上を見返してみて、自分はどうなのか考えてみましょう。

【参考ページはこちら】
個人事業でも借入審査には通れるの?

キャッシングの借入審査で調べる項目の種類とは

現在、キャッシングのような便利な借り入れのサービスは、さまざまな形態で普及しています。

これらのサービスを活用してお金を借りる際には、貸し出しを行う業者に申し込みを行い、審査に通過する必要があるのです。

この正式な手続きを完了させることで、各金融機関からお金を貸してもらうことができます。

この貸し出しを行う金融機関の査定には、それぞれのサービスにより異なる特徴があり、キャッシングのサービスを利用する前には幾つかの重要事項を理解しておく必要があるのです。

お金を借りる際には、その事業者が正式に認可された貸金業者である場合は、返済のしやすい利息で融資をしてもらうことができます。

これは各業者により異なる利息負担が設定されている為に、サービス利用前に、サービス内容や融資条件を加味した上で、利用しやすいサービスを確認しておく事が必要なのです。

また、通常のサービスでは、申込者の返済能力の有無を確認し、個々の返済能力に適した限度額を割り当てています。

そのため、サービス利用においては、この限度額の範囲内ならば複数回の借り入れが可能なのです。

しかし、業者の行う査定において、申込者の返済能力が低い事が確認された場合は、個々の返済能力の程度に応じた融資限度枠が与えられる事になります。

この返済能力の程度を調べるものが、事前に行われる査定なのです。

この評価が基準になり、お金を貸すかどうかや、どの程度の金額までなら貸しても良いかなどが検証されます。

この査定基準は、各業者によって難易度が大きく異なります。

特に、高額な限度枠が割り当てられる銀行系のキャッシングの場合は、この基準が厳しくなる傾向があり、調査の時間も長く必要となるケースがあります。

これは融資を実行する前に、詳細な個人情報を調べる為で、この内容に問題が無ければ、より有利な融資条件での貸出しが行われる事になるのです。

また、これらの査定内容は、融資する金額や、個々の業者のサービス内容によっても大きく変わってくることになり、各業者で必要となる身分証明書などの書類の種類も違うものが必要になります。

この融資前の査定で必要になる書類の種類としては、本人確認の運転免許証や、各種の健康保険証などです。

特に、健康保険証の場合は、その種類で職業が判明し、申込者の信用度を測る目安ともなるために、査定に有利に働く事があります。

これは社会保険証では勤務先の経営状態やその規模が分かりますので、収入の安定性を評価する事もでき、査定に有利になるのです。

この身分証明の提示は、本人確認作業で使われる事に加え、職場を確認する場合や、その勤務先での勤続年数を調べる為にも活用されます。

また、この身分証明書により、年収などに関連する情報を収集する事にも役立ちますので、融資を受ける際には最も基本となる書類となるのです。

そして、この査定の項目の中でも重要なものに、個人信用情報機関に確認をとり、申込者の金融機関の利用状況を検証するものがあります。

これは申込者の借り入れ状況などを専門機関の保有するデータベースで確認するものです。

このデータを参照する事で、個々の申込者の借入状況や過去の金融事故の状態など、さまざまな項目を調べることになります。

これは融資金額が高額になるほど慎重に行われるもので、銀行系の限度枠の大きなサービスを利用する上では必須の項目となっています。

幾つかの高額な融資を提供するサービスでは、資産の有無を確認し担保を設定したり、保証人をたててから貸し出しを行う事もあります。

しかし、より短時間で多くの方に融資を提供することを目的としたサービスでは、このような担保や連帯保証人などを求められる事はありませんので、多くの手間を省いて借り入れができるようになっているのです。

幾つかの高額な融資が可能なサービスでは、より詳しい査定項目や複数の必要書類の準備が必要になり、詳しい個人情報が調べられる事となります。そのため、その日のうちにキャッシングを利用する事が難しくなります。

しかし、融資金額を抑えた手軽なサービスでは、即日での融資にも対応してもらう事が可能です。

これまでの銀行系の融資の場合は、査定に長い時間を要する事が大半になり、融資までの時間的には数日から数週間以上かかるケースも多々ありました。

これはキャッシングを申し込む際には、個人情報だけではなく、勤務先やクレジットカードの利用履歴なども確認する事が必要になるためで、既に借り入れのサービスを利用している申込者の場合は、他の消費者金融の利用状況なども調査する必要があるために、長い時間を要する事になったのです。

しかし、現在はこれらの調査をコンピューターで自動的に処理できます。

そして、短時間でも正確な評価が下せるようになったので、査定の時間を短くしてキャッシングを利用できるようになったのです。

このキャッシングの査定では、それぞれの申込者の申請した個人情報を基本として、信用情報機関に情報を問い合わせます。

この個人信用情報機関は、各サービスを提供する業者が自由に活用できるようになっており、個々の申込者の信用情報を確認出来るようになっているのです。

通常は、キャッシングのサービスを提供する会社は、複数の情報機関に加盟していることが多く、申込者の金融機関の利用状況などの個人情報を素早く照会出来るようになっているので、この情報の照会により融資の可否の判断が下せるようになっています。

個人信用情報機関では、申込者の個人情報の照会と、融資を提供する上で必要な金融機関の契約状況、返済履歴、融資の利用状況、借り入れの残高、金融事故の有無など、貸し出しを行う上で重要な情報を収集します。

各業者は、これらの情報を参照する事で、申込者の素性がわかりますので、その状況を検証してキャッシングでの融資を提供する事になるのです。

この情報確認は、申告内容に間違いが無いかどうかを調べる際も役立ち、正確な情報を把握して融資を提供する上では不可欠なものとなっています。

これらの個人情報の確認が完了すれば、融資が素早く提供される事になるために、キャッシングやカードローンなどのサービスでは、短時間で現金を振り込んでもらう事が可能になっているのです。

そして、融資を提供する前の個人情報の検証で重要なポイントが、利用履歴に関するものです。

これは数年単位で履歴として残るもので、各金融機関からの借り入れ状況が確認されます。

特に重要な項目が、数カ月以上の返済の滞納履歴などで、信用情報機関に返済の延滞履歴が登録されていると、融資を受ける前により慎重な査定が行われる事があります。

また、万が一、過去に自己破産や民事再生などの申請をした経験がある申込者の方の場合は、この履歴が数年単位で保存されるので、査定において不利な条件となるケースもあるのです。

しかしながら、この履歴の保存期間を終了して申し込みを行った場合は、査定に影響を与える事はなくなり、通常通りの新規の申し込みができるようになるのです。

キャッシングのサービス申込み前には、個々で信用情報の開示を請求をすることが出来ますので、万が一過去のサービス利用で問題となるような事があった場合には、窓口に出向けばこの個人情報を開示してもらうことができます。

そして、現行のキャッシングの申し込み方法は、店頭に出向いて査定をしてもらう方法ではなく、ネット経由で出来るものも多くあります。

これはインターネットに接続できる環境があれば、自宅から申し込みが出来るものです。

この方法を活用すれば、時間も手間も必要なく、どこからでも希望するキャッシングのサービスの審査を受ける事ができ、短時間で借り入れができるようになります。

そのため、即日で現金を入手することもでき、面倒な手続きを省いて借入れが出来るようになっているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.