借入審査を通りやすくするため銀行にした方がいいことって?

銀行や銀行系カードローンなど、借入をするときには消費者金融ではなくてこのどちらかを使おうかなと考えています。

理由は消費者金融よりも借り入れの条件がいいということです。条件がいいということは返済しやすいということでもありますから。

なので銀行や銀行系カードローンで借り入れをするために、審査を受けないといけないと思います。

借入審査の時に銀行にはこういうことをしておいたほうがいいとか、アピールしておいたほうがいいというような情報がありましたら、教えてください。

銀行が返済できると思うような情報を出すのがいい

例えばこういう話をごぞんじでしょうか。ある企業が銀行から融資を受けようとした時の話です。

銀行は融資を貸し出してもいいと言っていますが、条件として定期預金を作って欲しいといいます。そして定期預金を預けたらその金額を同じ融資をするというのです。

その企業は定期預金に1000万円預けると、本当に融資が同じ額だけおりたといいます。

これはどういう意味なのかというと、定期預金というのを担保にとって貸出をしているということです。つまり銀行からするとこれはリスクがゼロで貸し出しているのです。

借りている側としては融資を受けられたし、定期預金もあるので使えるお金が増えた、というように感じるでしょう。

これが銀行の考え方なのです。銀行としてはなるべく貸したお金をリスク無く返済してもらえるようにすること、これを目指しているのです。

なので銀行に定期預金を預けておいて、そこから銀行系カードローンを使うという方法も悪くはありません。

その銀行にとっては情報が出るでしょうから、銀行系カードローンやフリーローンも定期預金と同じくらいの額なら借りやすくなるでしょう。

もしくは銀行がリスクを無くしたいと思っているので、返済が確実にできるということを示してあげるといいでしょう。

一番やりやすいのは収入や資産を持っているということを示すことです。収入が多いというだけでも返済可能性は大きく上がるからです。

もしくは資産として土地を持っているとかであれば担保に入れることで有利な借入もすることが出来ます。

まぁこれはよほど選ばれた人しか難しいかと思いますが。そして銀行系カードローンや銀行のフリーローンを一度少ない金額でいいので使っておくことです。

そして使った銀行系カードローンや銀行のフリーローンをコツコツ返済していくこと、これで返済実績をつけてしまうというのがいいでしょう。

そうすれば借入審査に通りやすくなります。過去に返済してくれているという実績を高く銀行は評価するのです。

消費者金融もこの辺りの評価の仕方というのは同じで、やはり一番評価が高いのはちゃんと返済をしてくれたかどうかということです。

過去に返済をしているかどうかというのが年収以上に重要になりますから、条件が悪くてもやっておいたほうがいいでしょう。

最初の条件が良くない借入も今後の良い条件で銀行から借り入れるために必要なことだと割りきって借りるのも大事なことです。

【参考ページはこちら】
銀行の借入条件はどうして厳しいの?

銀行借入の審査におけるチェックポイントについて

みなさんは金融機関からお金を借りた経験はありますでしょうか。

世の中にはさまざまな融資の制度が存在しており、それらをうまく利用することによって大変便利な生活を送ることができるのです。

特に、高額なものの購入にあたっては、貯金をためて買うに至るまではたくさんの時間を必要とします。

そのため、その貯金がたまるまで待っていると膨大な時間がかかってしまい、結局そのころには不要のものになってしまっていることもあるでしょう。

ですから、融資を使って先払いし、それをあとから返済していく方法をとらざるをえない状況というものもあるのです。

例えば住宅の購入などがそれに当たるでしょう。住宅の購入は基本的に数千万単位のお金がかかります。

その資金を月々の貯蓄で用意しようとするならば、何十年もの月日が必要です。

だからこそ、住宅ローンを使ってそれらのお金を先に払ってしまい、そこに住みながらにして返済を行なっていくのです。

ハウスメーカーには金融機関からすぐにお金が入っていますので、売買契約は成立しています。

その後のみなさんの取引先は、ハウスメーカーではなく金融機関ということになり、みなさんがお金を払っていかなければならないのは金融機関に、ということになるのです。

しかしながら、金融機関も慈善事業でそれらの融資を行なっているわけではありません。

数千万という高額な資金を貸し出すわけですから、それがきちんと返済できるであろう人物にしかお金はかせません。

そのため、融資の審査を行なって本当にこの人には貸せるのかどうかを判断しているのです。

みなさんも、友人からお金を貸して欲しいと言われた経験はありませんでしょうか。その依頼はおそらくさほど大きな金額ではなかったでしょう。

しかし、その依頼を受けた時にはおそらく簡単にでも、どのようなことに使うのか、いくら必要なのか、いつごろまでに返してもらえるのかなどを一瞬のうちに考えたのではないでしょうか。

また、みなさんはその友人のことをよく知っているでしょうから、その方が信頼に足る人物なのかということも同時に考えたのではありませんか。

もし見ず知らずの人が通りすがりにいきなり話しかけてきて、お金を貸して欲しいと言ってきたのであれば、おそらくみなさんは即座に断ることでしょう。

その人がどのような人かもわからないし、戻ってくる保証もないからです。

みなさんにとって、その通りすがりの方は信頼に足る人物ではなかったから、その依頼を断ったのです。

金融機関も同じです。その方が信頼に足る人物でないと、融資は行いません。しかし絶対的に異なる点は、みなさんはその金融機関の審査をする方と友人関係にないということです。

つまり、面識は全くなく、みなさんがどのような性格をしていて借りたものを必ず返してくれる人物なのかということを、金融機関の審査を行う方は全く知らないのです。

そのために、融資の申し込みを行う際にはたくさんの書類を提出して、自分がどのような人物なのかということを相手方に教えてあげる必要があります。

源泉徴収票や住民票など、会社や役所に出してもらわなければならない公的書類の場合もあるでしょう。

それは、第三者からみなさんがどのような人物であるかを証明してもらわないと、本当の意味でみなさんをひょうかできないからであるのです。

それらの融資の申し込みには、事前審査がある場合があります。初めから完全な申し込み書類を揃えるような場合ですと、申し込み人にとっても役所や勤務先に依頼しなければならない書類がたくさん出てきますので、労力も時間も費用もかかってしまいます。

ですから、はじめは自己申告によって自分はどのような人物だということを示しておき、仮にそれがあっていたとしたならばどれほどまでの融資を受けることができるのかをあらかじめ判断してもらうのです。

そして、その結果を見て、改めて本申し込みを行う、という方法をとることになります。

では、実際にはその人物評価においてどのようなポイントが使われているのでしょうか。
まずはやはり融資の返済にはお金が必要です。

ですから、みなさんが月々にどれくらいのお金を稼いでいるのかどうかということが大事なポイントになります。

また、ボーナスが出ている会社の場合はそのボーナスの金額ももちろんみなさんが稼いだお金ですので、基本的には月収でなく年収で判断することになります。

そのために、勤務先が毎年発行している源泉徴収票が必要になるのです。

この金額から、みなさんが年にどれくらいのお金を返済のために使うことができるのかということを判断しているわけです。

ですから、この金額は大きいに越したことはありません。

年収300万円の方と、年収1000万円の方が返済に使うことができる金額は大きく変わります。

ですから、融資の限度額を判断するためには、この項目が一番重要と言っても良いでしょう。

次に、勤務先の状態も評価の対象です。源泉徴収票には勤務先名も書いてあることでしょうから、そこを見て自己申告の勤務先が正しいかどうかはわかります。

そして、その勤務先がどのような経営状態であるかを見ているのです。

例えば、今現在では年収1000万円を誇っていたとしても、その勤務先がある日突然倒産してしまったのであれば、その年収を維持していくことは難しいでしょう。

転職先がうまく決まったとしても、それまでの年収を維持できるとは思えないからです。

ですから、立ち上げてまだ数年のベンチャー企業などはあまり高評価の材料とはなりません。

逆に、多少年収は少なくても、老舗の社員数も多い大企業の場合は大変安定しているとみなされますので、この勤務先属性に関してはとても強いということになります。

また、企業でない場合もかなり優良属性扱いになります。公務員の方であれば、その勤務先が倒産してしまうことはまずありえないでしょう。

学校法人などをはじめとする特殊法人も、また半民半官のような部分がありますので、非常に優良属性になります。

要は、将来的にその安定した収入を維持できるのかどうかということが、最大のポイントなのです。

大きく年収が上がっていく必要は必ずしもありません。

現段階の年収でどれほどの融資を行うことができるのかを判断するわけですから、その後上がることは良いことなのですが、まず下がらないことが重要なポイントであると言えるのです。

さらに、勤続年数も重要になります。なぜかというと、勤務先の都合ではなく、自らの意志で勤務先を退職してしまわないかとうかという点が大事だからです。

この点の判断は非常に難しいものがあります。友人であればその性格などから判断することもできますが、見ず知らずの方を判断するわけですから材料に乏しいのです。

そのため、現在の勤続年数で判断せざるを得ないという苦肉の策とも言えるでしょう。

この年数が短いと、将来的にまた再度の転職を行ってしまう可能性が高いと判断されます。

もし年齢の割に勤続年数が少ない方がいらっしゃるならば、少し気をつけておくと良いでしょう。

みなさんそれぞれの意志は再度転職することを望んでいないかもしれませんが、銀行にとってはそれはわかりません。

もし万が一転職して年収が低くなってしまったならばというリスクをまず考えていかなければならないのです。

融資の申し込みというものは、簡単に決めることはできません。

何年にもわたってその借入金を返済していかなければならないわけですから、やはりそう簡単に申し込みをしてしまってはいけないのです。

だからこそ、良くその必要性を考えて、本当に必要な時にだけ申し込みを行わなければならないわけなのです。

また、返済は一度借りてしまったらずっと続きます。ですから、いっときの気の迷いなどで簡単に手を出してしまってはいけないのです。

それは、金額の大小に関わらず、同じことが言えるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.