とある会社での借入審査に落ちるとどうなりますか?

とある会社び融資を希望して申し込んだ所、断られてしまいました。どうしてと聞いても教えてくれません。この「審査に落ちた」という記録は、いつ頃まで残りますか?

大体申し込んだという記録が6ヶ月残ると言われているわ

でも、半年後にもう一度リベンジとばかりに申し込む前に、何故今回、審査に落ちてしまったのかという事の原因を調べた方が良いと思うのね。

確かに、この審査の基準はどこかしこも公開はしてくれないから、ハッキリとはしないというかもしれないけれども、おおよその原因については検討が付くと思われるわけ。

チェックするポイントとしては、例えば、以下のような事があるわね。貴方は、定期的な収入があるかしら?

お仕事は何をしているの?正社員かしら?それともパート?アルバイト?あるいは、派遣社員かしら?

貴方の収入金額と借りようとする金額が、規制に引っ掛かっている可能性もあるわ。2010年に施行された、改正貸金業法はご存知かしら?

この法律では、消費者金融業者にお金を借りる時の様々な規制を定めているわ。

2010年に改正されたこの法律が持つ規制の一つが、「総量規制」と呼ばれるものなのね。この規制は、対象の業者全てを合わせて、あなたの年収の1/3を超える金額を貸してはならないという決まりなの。

これに引っ掛かる金額ならば、アウトになるわよ。

それから、今までのカードローンの利用履歴を振り返ってみて、支払いが遅れてしまったことはありませんか?

あるいは、複数の消費者金融にお世話になっていたりしないかしら?

以上のような点に心当たりがある場合。まずは、そちらをクリアにした方がいわ。何故なら、このような不都合を抱えたままで、他の会社に申し込んでみたとしても、同じような理由で落とされてしまう可能性が高いからよ。

もしも、先に書いたような理由に心当たりがないのならば、他の会社に申し込むことをおススメするわよ。

同じ会社に申し込むならば、半年以上空けた上で申し込みをすることね。でも、落ちた原因に心当たりがない場合には、その会社独特の審査基準に引っ掛かっている可能性があるわね。

その会社独特の審査基準は、正直言って分からないから、もう一度、リベンジとばかりに同じ会社に申し込むのは、ちょっとおススメできないわ、その独特の審査基準にひっかかって、同じ結果となってしまう可能性が否定できないのよね。

それを避ける意味でも、他社への申し込みをおススメするわ。基本的な信用調査は同じかもしれないけれども、全く同じ信用調査を全ての会社で採用しているというわけでもないっていう事よ。

【参考ページはこちら】
必ず借入できるところはどこ?

借入を申し込んで審査に落ちるとどうなるのか

ローンやキャッシングと言った借り入れは、気軽に申し込める所が多く、また審査スピードの速さから、急な出費の際にも活躍します。

しかし審査は審査です。ちょっとしたミスで借入を拒否されることもあります。

では、この審査に落ちるとどうなるのでしょうか。簡単に言ってしまえば、他の金融機関での借り入れが難しくなります。

その申請内容によっては、別の金融機関でも審査に通してもらえなくなってしまうのです。

というのは、審査に通らなかったという事実は、他の金融機関にも公表されてしまうからです。

これを信用情報といいます。信用情報は、同じ種類の金融機関同士でく共有されている場合が多いので、別の種類の金融機関であれば通る可能性もあります。

金融機関の種類とは、一般的に3種類に分けられます。

銀行系、信販系、そして消費者金融系です。初めに借入を申し込んだ金融機関が銀行系だった場合、そこで落とされれば同じ銀行系の金融機関には情報が知られていると思ったほうが良いでしょう。

また、それは他の種類の金融機関であれば安心という意味でもありません。

この信用情報に記載された内容はおよそ半年で消去されます。同じ種類の金融機関で申し込みを行いたい場合は、少なくとも半年までは待ったほうが良いでしょう。

信用情報の内容が消える前に申し込んでも、また審査に通らない可能性の方が高く、それによって新たに信用情報に記載が増え、結局印象を悪化させる結果にもなります。

審査に落ちた場合、まず、なぜ落ちたのかを確かめる必要があります。

その為にも、申し込み時の記入内容は保管したり、コピーを取っておきましょう。意外に多いのが、記入ミスや誤字脱字による審査落ちです。

金融機関からすれば、申込者が虚偽を書いたと捉えてしまう場合もあるので、見直しは念入りに行ってください。特にすぐお金が必要な場合は、さっさと書いて申請したいと焦っている人も多いことでしょう。

それでミスを犯し、別の金融機関に申し込まなければいけないとなれば、余程時間のロスになります。

次は、金融機関が提供している借入の条件に、自分がきちんと適合しているかを確かめてください。こちらも、何でも同じものだろうと判断して、説明をろくに読まない人がいます。

年齢や勤務先、収入、家庭環境、他でのローン利用等、細かい記載があります。

説明を読んでいること、条件に合致していることは前提条件ですので、申し込み欄に、あなたはこの条件に合致していますか。

というような質問項目を記さない場合もあるかもしれません。申し込むローンについては説明をきちんと読んで、どのような内容なのかを理解した上で申し込んでください。

多くの金融機関で設定されていますが、少なくとも20歳以上、69歳未満の年齢で、安定した収入があることが条件の一つとなっています。

成人していて定年退職しておらず、返済できるだけの収入がある人を金融機関は求めているのです。

中には学生向け、年金生活者向けのローンを提供しているところもありますが、逆にそのローンはそれ以外の方には適用されないと設定しているので、いずれかを確認することも重要です。

条件が合致している場合でも、金利や毎月の返済金額も確認の上で申し込んでください。

自分では大丈夫だと思っていても、金融機関の方で、この人は返済できないのではないだろうかと思われてしまえばそれで審査には落ちてしまいます。

金融機関のホームページ等で、返済シミュレーションや申し込みシミュレーションのページが設定されています。これらは無料で利用できますので、必ず確認してください。

シミュレーションの結果が全てではありませんが、この結果で難しいと判断されるようなら、実際の審査でも通る可能性は低いと見るべきでしょう。

当然ですが、虚偽を記すことも厳禁です。審査スピードに定評のあるローンでも、最低限の確認は行っています。

例えば勤務先への電話確認等です。この方は貴社に勤めていますか。という程度ですが、勤務していなければ確実に発覚します。

そうなれば必ず審査には落ちます。1回で確実に借入をしたいのであれば、見栄を張って嘘を書くということは決してしないでください。

以上のことを念頭に置いた上で、申し込みは行いましょう。少額のローンでも、確実に借りるためには、油断は禁物です。

金融機関を選ぶ場合は、初めての場合は大手企業を順番に見ていくとよいでしょう。

インターネットであればローンや借入等で検索をかけ、ヒットした順番に見ていくのもひとつの方法です。

ローンの条件に自分が合致していること、金利が相応の値であり、返済額が無理なく行える範囲であること等を確認し、シミュレーションも行います。その上で、問題ないようでしたら申し込んでみましょう。

上述のように、ミスは決してしないでください。時間に余裕があれば何度も確認し、可能なら家族や知人にも見てもらうとよいでしょう。

第三者に確認してもらうことで、自分では気付かなかったミスを発見してもらえることがあります。

先ほど、金融機関の種類について述べましたが、信用情報の共有以外にも、この種類の違いはあります。

まず審査の厳しさです。3つの種類のうち、銀行系が最も厳しいと言われています。銀行系の金融機関は、文字通り銀行が含まれています。最も信用が必要となる業種とも言えますから、その分客に求める条件も厳しくなるのです。

その代わりに、審査にきちんと応えてくれたお客さんには、他の種類の金融機関に比べて低金利で高額のローンを提供してくれます。

逆に、消費者金融系は、審査は比較的甘いと言われています。容易に審査を通過させてあげる代わりなのでしょうか、金利は高めに設定されていることが多いようです。残り1つの信販系はそれぞれの中間に位置しています。

それを踏まえると、急な出費であるならば消費者金融に頼んだほうが良いという印象をうけるかもしれませんが、急であっても、まずは銀行系の金融機関を探してください。消費者金融がまずいということはありませんが、未だに身元のしっかりしていない企業も少なからずあります。また金利が突然変更になるということもあり、ただでさえ高い金利がより高くなる可能性も秘めているのです。

万が一、銀行系の金融機関の審査に落ちてしまったら、信販系や消費者金融系の金融機関に申し込んでみましょう。

審査に落ちる原因は、申込者のミスや虚偽によるものが多いというのは先に述べたとおりです。

それゆえ、厳しいと言われる銀行系でも、きちんとした記述の申込書であれば、落ちることは殆どないのです。

申込者が急いでいることによって焦ってしまったり、簡単だと油断していることが原因で、審査に通らないという結果を自ら招いているのです。

しかし一方で、金融機関の種類が違うことで生じる優劣も、あくまでおおよその評価です。

もし金融機関を1社ごとに見ていって、自分にベストだと感じた所が消費者金融であったからといって、あっさりやめてしまうのも問題だとおもいます。大事なのは、自分に最も適した1社で借りることなのです。

その為、ローンなどにおいては、クチコミや利用者の感想などもあまり参考にできません。

投稿者が自分と全く同じ環境でもない限り、利用の仕方も、それに対しての感じ方も、全く違ってしまう為です。

他者が良いとおすすめしていても、自分には合わない可能性がありますので、評判の良い金融機関であっても、まずは内容をよく確認し、自分が利用した場合はどうなのかのシミュレーションをして、その上でやはり良いと思えるのかを考えてください。

ローンやキャッシングのイメージが悪いのは、金融機関からのしつこい取立てだけが原因ではありません。

申込者のミスや返済遅延の方が、むしろ多いのです。きちんとルールを守って利用しましょう。

守ってさえいれば、審査にも問題なく通りますし、利用も時間と場所を問わず対応してくれるところが多く、現金より便利なサービスなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.