車のローン借入れをどうやって選べばいいの?

今悩んでいることといえば私の中では車のローン借入れについてなんですよね。

車のローン借入れってすごく難しくないでしょうか、みなさんどうやって選んだりして使っているのかが気になります。

少なくともネットで探してみたところ、本当にたくさんの業者があるわけで、ここから「じゃあ車のローンの借入れについて好きなモノを選びましょう」と言われても困ります。

皆さんはどうやって車のローン借入れについて選んだりしているのでしょうか。

私は今のところ選べないですし、必ずしもディーラーが薦めたものが一番か?というとそうでもないような気がするのです…誰か使ったことがあるという人に教えてもらいたいのです。

とりあえずディーラーの勧める車のローンが無難だ

一番無難な車のローン借入れとしては、やっぱりディーラーが勧めるような物のほうがいいかなと思います。

使っている人のほとんどがそうですし、だいたいの新車というのはそういったディーラーとローン会社が紐付いているところが多いのです。

だから他の業者のものを使うよりもローン会社を紹介してもらったところを使うほうが良い条件になったりすることが多いです。

ただ、そうではないことも確かにあります。金利が高いということもありますし、金利だけではなく返済期間が短いというのもあるでしょう。

だいたい4,5年で全額返済をしないといけないところがほとんどなので、全額返済をしなくても済むところとなると一部に限られてきます。

そういう時にはネットで探してそれを使うしか無いでしょうが、だいたい聞いたこともないような専門業者だったりします。

こういった聞いたこともないような専門業者を使っても大丈夫、という人なら問題はありませんが、聞いたことがないところは使えない、嫌だというのであれば結局は無難なのがディーラーのおすすめする業者ということになるわけです。

まぁ失敗はしないですけれどもベストではないといったところではないでしょうか。

車のローン借入れの審査という点でもやっぱり販売会社が進めてきているローン会社というのは使いやすいところが多いですね。

使いやすいというよりも、審査に通りやすいところが多くて、審査に通るために収入などが低くても、なんとか工夫をしてくれたりするものです。

他社のところを使うと、少しその辺りの融通が効かないという点は考えておいたほうがいいと思います。

特に銀行系の車のローン借入れとなるとかなり厳しい物がありますから、そういったものは自身がある人が使うべきでしょうね。

自信がないというのでは使わないほうがいいでしょう。落ちるより確実なところを選んだほうがいいでしょうから。

【参考ページはこちら】
プロミスの借入と車のローン、両方やるには?

車のローン借入れを申し込む前に確認しておきたい3つの項目

自動車を購入するのに必要な資金を得る方法として、多くの方から利用されている方法の1つに車のローンがあります。

ローンを利用すると利子の分だけ多く支払う事になりますが、支払いを分割できるメリットがあるものです。

数年かけて毎月少しずつ購入代金を支払えますので、長い時間をかけて自動車購入用の貯蓄をする必要がありません。

車のローンは様々な金融機関が取り扱っている商品です。

例えば、自動車ディーラーと提携しているクレジット会社や信販会社は自動車を購入する時にディーラーを窓口として利用できます。

他の金融機関に比べて比較的審査が通り易く結果が出るのも早い為、多くの方に利用するチャンスがあります。

ただし、ディーラーから利用できる車のローンは金利が高い傾向があります。

また、ローンを完済するまで自動車の所有権がディーラーに所属する場合や、ディーラーで取り扱っている車種に限って利用できるという制約がある事もあります。

利用しやすいローンですが、特徴や条件をよく吟味した上で利用する事が大切と言えます。

車のローンを取り扱っている金融機関には、銀行もあります。

銀行から利用できる車のローンは比較的金利が安い他にも、自動車の所有権も利用者本人に所属して車種の限定も無い等、利用者に有利な条件が揃っている傾向があります。

ディーラーで契約したローンを借り換えて、より金利を安くするといった利用方法も可能です。

ただし、銀行のローンの審査はディーラーのローンに比べて厳しい場合があります。

審査の内容は様々ですが、利用希望者の収入や社会的な地位に関係なく、信頼関係や互恵関係を築くのが難しいと判断される場合もあるものです。

この他にも信用金庫や信用組合、大手金融機関のグループ会社等が車のローンを提供していますが、いずれも審査はディーラーのローンと比較して厳しいものです。

そこで、車のローン借入れを検討する際にどの金融機関のローンを利用するかだけでなく、希望するローンの利用ができるかどうかを事前にある程度チェックをしておく事が大切です。

ディーラーのローンを含め、様々な金融機関のローンプランから選択できるのであれば利用の幅が広がります。

セルフチェックとして最低限確認しておきたい項目には3つがあります。1つ目は、安定した収入源を持っているかです。

もし、正社員として数年間の勤続年数があれば、金融機関のローン審査は通りやすいと言えます。

金融機関は毎月の返済を安定して行ってくれる顧客を選んでローン契約を結びますから、失職や離職のリスクが少ない勤続年数の長い正社員は安定した収入源を持つ良い顧客と判断するからです。

審査の上で、何年以上の勤続年数で信用をするかという基準は金融会社によって異なっています。

比較的審査に通り易いディーラーローンであれば、最低でも1年以上の勤続年数が必要と考えるものです。審査が厳しい金融機関であれば、3年以上という基準を設けている所もあります。

もし、就職したての方で入社してから1年未満という方であれば、翌年に車のローン借入れをする事を目指して頭金の貯蓄をしておくと良いでしょう。

頭金をできるだけ多く用意する事で審査で有利になりますし、返済するお金も少量で済みます。

注意として、既に社会人として長いキャリアを持っている方であっても、転職や独立をした方は勤続年数が足りないと判断される場合がある事です。

転職して収入が向上したり独立して所得が増加したりした方でも、金融機関は新しい職場に慣れるまでに離職のリスクがあると考えます。

また、独立後は経営が軌道に乗って安定するまでは倒産のリスクがあると考えるものです。

金融機関は焦げ付きを避ける為に、社会人としての経験が長い方でも融資を断る場合があります。

ただし、勤続年数は必ずしも正社員としての実績である必要はありません。金融機関の中には、成人した大学生を対象に車のローンを提供している企業もあります。

この場合はアルバイトを収入源として審査する事になりますので、大学生の方で車のローン借入れを考えている方は、利用に向けて同一の職場でアルバイトの実績を重ねておけば審査で有利になるでしょう。

注意点として、安定した収入を得ている方でもクレジットカードの引き落とし不能や携帯電話の利用料金滞納といった支払いのトラブルがあると、金融機関から返済を滞納させる恐れがあると判断される事があります。

この場合は審査が通りにくくなりますので、車のローン利用を考えている方は各種の支払いを間違いなく済ませておく事が大切です。

2つ目は、ローンの利用を計画的におこなっているかです。別の金融会社と既に契約しているローンの件数や債務総額が少なければ、ローン審査に通り易くなります。

金融機関は顧客が車のローンを上手に利用できるかを判断する参考として、顧客のローン利用状況を調査するものだからです。

ローンの契約件数や債務総額が多すぎた場合、車のローン借入れは難しくなります。金融機関にとって信用関係や互恵関係を結びにくいものだからです。

例えば、ローン契約件数が多い顧客は車のローン契約を締結した後も別の会社と違うローンを契約していく恐れがあります。この為、経済環境が悪化して返済を滞らせるリスクがあるのです。

また、債務総額が多い顧客は車のローン契約を締結する事で、経済環境を圧迫する恐れがあります。

これも返済を滞らせるリスクになりますので、金融機関は車のローン契約の締結を避ける傾向があります。

車のローン利用を考えている方は、事前に別のローンの返済を進めておけば審査で不利に働きにくくなります。

この他にも、金融機関は顧客が示すローンの利用計画も審査をするものです。もし、300万円の自動車を全額ローンで支払うフルローンで利用申し込みをした場合は、車のローン借入れは難しくなるでしょう。

この場合の審査に通るには、最低でも60万円の頭金が必要になります。

自動車の購入費用の一部を頭金として用意すれば、それだけローンで賄う金額が減少します。

これはローンの返済期間を短くしたり、毎月の返済額を少なく抑えたりする効果がありますので、利用者にとって経済的な負担が少なくなる方法です。

また、金融機関にとっては融資したお金をより確実により素早く回収できますので、融資する側と融資を受ける側の双方にメリットがあります。

車のローンの利用を考えている方は、利用を申し込む前に利用計画の見直しをしておくと良いでしょう。

もし、フルローンで利用する計画を立てているのであれば、頭金を使う計画に改める事で審査に通り易くなります。

また、頭金は多目に用意すると審査に通り易い傾向がありますので、できるだけ多く用意する事が大事です。

3つ目は、連帯保証人を紹介できるかです。連帯保証人は普通の保証人と異なり、ローンの利用者と同等の返済義務を持っています。

金融会社がいつでも返済を要求できる相手が2人居る事になりますので、連帯保証人の紹介をできる事は審査の上で有利に働きます。

連帯保証人は、金融機関にとって信頼の置ける人物である必要があります。

毎月のローン返済を滞りなく行う能力がある方でなければ、金融機関へ紹介をしても連帯保証人として認められる事はありません。車のローン利用をしたい方は、事前に連帯保証人を探しておく事が大切になります。

連帯保証人として紹介できる人物は、人により様々です。しかし、未成年者や大学生の場合は親を連帯保証人として紹介するように金融機関から要求される場合があります。

この為、未成年者や大学生の方で車のローンを利用したい方は、利用を申し込む前に親へ車のローンの利用をしたい事を説得する必要があります。
(⇒学生が借入をする場合のおすすめ情報

注意点として、連帯保証人になってもらう方に説明をする際は保証人との区別を明確にして話をするべきです。相談をする相手が、保証人と連帯保証人の違いを明確に知っているとは限りません。

保証人と比較して不利な立場にあるというリスクを説明しなければ、万が一の時に大きなトラブルになる恐れがあるのです。

3つの項目をセルフチェックしておけば車のローン審査に通るか大まかな目安になります。

条件は厳しい物もありますが、改良や改善できる所も少なくありません。事前に経済環境を良くしておけば、審査に通るのはそこまで難しくはないものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.