楽天カードでキャッシングを可能にする方法は?

楽天カードを作ろうと思っています。惹かれる点は、CMで言っていた、「楽にカードが作れる」という点です。

ただ、カードを作るにあたって、将来的に海外に出張するであろう仕事のため、海外でのキャッシングが使えるカードというのが理想です。

特に海外での楽天カードの使用というのは、どうなんでしょうか?

楽天では海外でも充実した補償を実施しているわ

それから。海外旅行に向けた優待サービスも色々実施しているわ。

例えば、成田空港と羽田空港そばで営業しているパーキング会社と提携して、会員限定価格を実施しているわ。ただ、この2つの空港近くで営業している1社のみなんだけれどね。

それから、海外でのレンタカーについても、アメリカ及びヨーロッパを中心に145ヵ国、約10.000カ所もの拠点を持っているという会社と提携して、通常価格より10%オフを実現させていたりするわよ。ただし、その為には、国内での事前予約が必要だとされているわ。

また、海外でも通じる携帯電話や、WiFiルーターのレンタルサービスも、優待価格で利用出来たりもするわ。これも事前の予約が必須よ。事前に予約して、引き取りは空港で出来るというスタイルよ。

予約なしで使えるサービスというのもあるわ。空港カウンターでコートなんかの防寒具を一時的に預かってくれるというサービスよ。これはカウンターに直接行けばいいっていう訳なの。

また、貴方が楽天プレミアムカードの持ち主ならば、空港のラウンジを無料で利用出来たりもするわ。

また、海外で盗難にあったり、紛失した場合は、コレクトコールで電話するように言われているわ。

そして、カードに付属している各カードブランドが提供する緊急カードサービスや、キャッシュサービスを楽天カードの会員だと無料で利用できるそうよ。

もちろん、旅行中の保険もあるわ。ただ、楽天カードを一部でも使用して空港に行った場合、あるいは旅行費用を楽天カードで支払った場合、旅行期間と定められている期間(出発から3ヶ月)内に限って補償が付くわ。

ただし、楽天プレミアムカードの場合は、以上のような条件はないわ。海外にいるときには無条件で補償が付くわ。

最後になるけれども、キャッシングはもちろん付ける事が出来るわ。海外であっても、ATMにカードを入れて、暗証番号を入力することで使うことが出来るわ。

ただ、キャッシングを扱う会社に付きまとうのが、「総量規制」の影よね。楽天カードも例外じゃないから、申し込む時には、あなたの収入を証明する必要があると思うわよ。

【参考ページはこちら】
その他会社で借入したい人!

楽天カードで借入を可能にする方法があります

楽天カードはクレジットカードの1種です。株式会社楽天が発行しており、インターネットで簡単な情報入力を入力するだけで、特別な事前審査も必要なく申し込むことが可能です。

年会費は通常の楽天カードであれば無料ですが、待遇がよくなる有料のプレミアムカードも存在します。

その他、サブの扱いとなる家族カードや、学生向けのカード、ETC用のカード、楽天銀行のキャッシュカード一体型、ビジネス向けカード等、使用者の環境に応じて様々な種類が用意されています。

楽天はポイントサービスも行っており、カードを申し込むことでも手に入ります。申し込むだけで何ポイントというキャンペーンが随時行われているので、確認してみましょう。

買い物の際も、特定のお店であればポイントが通常の2倍付与になるなど、特典もあるのです。

カードによっては、電子マネーである楽天Edyを搭載している場合もあります。Edyの利用にも使うことが可能なのです。

またセキュリティもしっかりしており、利用があった場合にメールで通知するシステムや、商品が未着の場合の取り消し、返金制度、盗難保険や2種類のパスワード設定等、充実した取り組みがあります。

ここまでクレジットカードの機能について説明してきましたが、楽天カードにはもう一つ、キャッシング機能も備わっています。

つまりクレジットとして利用するだけではなく、借入も可能なのです。以降は借入を可能にする方法について説明していきます。

最も簡単な方法は、楽天カードを申し込む際にキャッシング機能を付けてもらうことです。

クレジット、キャッシング共に利用限度額の希望を問われますので、利用したい金額を入力しましょう。

キャッシングの場合は、0を入力してしまうと借り入れができなくなってしまうので注意が必要です。

もし、カード申し込み時にキャッシング0円で申し込んでしまった場合は、利用の増額を申請する必要があります。楽天では基本的にオンラインで申請は行います。

楽天e-NAVIという専用ページにログインして、自分のアカウントからキャッシングのページを開き、申請を行いましょう。

但しキャッシングを行う場合は、再審査がなされます。他からの借入や収入等、返済に関わる点を今一度確認しておくとよいでしょう。

そんな楽天カードのキャッシング機能ですが、クレジット機能と同様に、インターネットだけではなくATMやCDでも現金を引き出すことが可能です。

全国のコンビニや銀行、郵便局、駅等に、対応するATMやCDは多く設置されています。

事前に確認せずとも、ATMやCDに楽天のステッカーがあれば対応しているという証です。設定した暗証番号を入力しして、借入を行いましょう。

利用は1万円単位になること、引き出しの際は所定の手数料が掛かることを念頭に置いておきましょう。また国内に限らず、海外での利用も可能です。

もちろんその国の通貨で引き出すことが可能なので、両替の手間も省けます。24時間対応なので、深夜早朝の利用も可能です。

両替のレートは変動しますし、通貨によっては旅行前に日本で替えておいうたほうが得になる場合もあるので、旅行先の通貨について事前に調べておくとより賢く使うことができます。

インターネットから申し込む場合は、パソコンだけではなく携帯からも可能です。数分あれば指定の口座に申請金額が振込まれるので、急な出費の際にも役立ちます。

振込をされる日時は申し込み時の環境で変わりますが、基本的に申し込みは24時間受け付けていますから夜中でも大丈夫です。

また振込される際、金額から手数料分を引かれるということもありません。予め手数料分を口座にいれておく必要もありませんし、返済時に振込手数料の追加請求もないのです。

また申し込んですぐに振込というだけではなく、指定日に振込を依頼する予約サービスも行っています。

具体的な振込時間としては、平日の朝0時から8時59分の申請の場合は当日9時以降、9時から14時59分までの間の申請であれば最短数分ですぐ、それ以降の時間帯及び土日祝日は翌営業日の9時以降となっています。

但し振込先の金融機関に楽天銀行を指定していれば話は別です。土日祝日であっても、遅い時間帯であっても、最短時間数分で振込を完了してくれます。

指定振込は、1回きりのものと、毎月一定日に行うように設定するものとがあります。

1回きりの場合は、最長で申請日から3ヶ月先の日まで対象とすることができます。こちらも楽天銀行であれば土日祝日が対象日であっても振込を行ってくれます。

毎月指定を申し込んでいる場合で、口座が他行であり、指定日が土日祝日になってしまった場合は、その前の営業日の振込となりますから、当日にお金がないという心配はありません。

借入金額の返済日は毎月27日と決まっています。利用分は月単位で締め切り、翌月の27日の前月分を支払うという形式です。

例えば1月2日に10万円、29日に20万円をキャッシングした場合は、2月27日に30万円を返済します。

支払いの方法は1回払いとリボ払いの2種類に分かれており、どちらか好きな方を選択することが可能です。

リボ払いの場合は、融資残高と利用可能枠によって決まります。つまり設定金額の内、後どのぐらいキャッシングができるかという金額と、もともとの設定金額をいくらにしたのかで決定するのです。

いずれも少ないほうが支払い金も少なくなります。最低支払金より少ない借入の場合は、リボ払いでも全額支払うことになりますので注意しましょう。

規定範囲内であれば、リボ払いの最低支払い金額も変更できますし、おまとめ払いという、追加返済も可能になっています。資金に余裕が有るときは、これらの設定も活用して、早めに返済することができるのです。

支払手段は、指定口座からの自動引き出しになります。27日までに忘れずに振り込んでおきましょう。返済に必要な金額は楽天e-NAVIからいつでも確認することができます。

楽天e-NAVIはモバイルサイトもあるので、銀行に来てからいくらだったか確認しなければいけない場合にも便利です。

注意して欲しいのは、クレジットによる利用も支払日が27日になっているという点です。

クレジット機能も利用した月は、翌月の支払い日にクレジット分も請求があることを忘れず、その分の料金も振り込んでおくようにしましょう。

楽天でのキャッシングの場合、利息は利用状況によって変わります。楽天では返済シミュレーションも可能なので、事前に状況を確認することも可能です。

申し込みや利用を行う前に、シミュレーションで返済をどのように行うのか確認しておくことで、返済も計画的に行うことができます。

キャッシング自体に手数料は発生しませんが、指定口座の銀行によっては振込手数料が発生することもある為、口座を持っている銀行に関しても、手数料の発生する場合について確認しましょう。

キャッシング額ぴったりしか振り込んでいないと、手数料の問題で振込が不可能という場合もあるのです。

注意すべき点は、キャッシングの申請の場合に再度審査がある、或いは厳しくなる可能性があること、楽天銀行以外の銀行口座を指定する場合、借り入れしたお金を振込まれる時間帯に制限がかかること、返済の場合に手数料が発生するかもしれないこと、クレジット機能も併用している場合はその支払いもあることです。

特に楽天銀行以外の口座指定は様々な制約を招きます。楽天銀行口座の開設は特に難しい審査もなく、無料で行えますし、振込やATMの利用に関する手数料も条件によって無料にすることが可能です。

急な出費が必要なことの多い借り入れでは、この時間制限はネックになることも多々あります。

万が一手数料等を無料にできない条件であったり、開設に困難を極めるのでもなければ、楽天銀行口座も一緒に開設してしまいましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.