大垣共立銀行で教育ローンを使うなら無職で借入も出来るか?

私の地元には大垣共立銀行というちょっとあまり全国的に走られていない、小さい銀行があります。

いわゆる地方銀行というものなんですが、大垣共立銀行を使っている人は私も含めて、結構多いのです。メインバンクにしている人もいるようです。

そこで大垣共立銀行には教育ローンがあるんですが、無職で借入とかは出来るものなのでしょうか。

無職で借り入れをするのは難しいと思いますが、何か手立てなどがあれば教えてもらえれば幸いです。もしもの時のために、お願いします。

大垣共立銀行でも教育ローンを無職で借入は厳しい

教育ローンを借りたいというのはよくわかります。借入をしないと子供のためにも、というよう考え方だと思います。

自分のことはどうでもいいけれども、子供のためにはと考えるのは当然のことです。ですので、無職で借入をしたいという人も中に入るでしょう。

大垣共立銀行は地元の人達にやさしい銀行です。地元の人達が大垣共立銀行を使う理由は地元を大事にしてくれているからです。

地元に住んでいる人たちのために、そして地元の企業のために溶かしだしをしたりするのです。大手の有名銀行とは少し違います。

なのでもしかしたらやさしいし、借入もゆるい部分があるから大垣共立銀行奈良と思うのかもしれませんが、残念ながらそのような借入は難しいと言わざるをえないでしょう。

どんなに緩いと言っても銀行ですから、無職で借入はどういうものも許してもらえないのです。

無職で借入ができるとなると一応いくつかの条件があります。一つが専業主婦の場合です。

専業主婦の場合は無職で借入をすることが出来るでしょう。たとえ教育ローンであってもです。それは夫が稼いでいるからであって、その稼ぎの金額しだいでは可能です。

ただおそらく専業主婦の方が行くよりも、稼ぎのある夫の名義で契約をした方がいいというようにアドバイスを受けると思います。

その方が確実に返済をすることができ、返済できなくなる可能性が低くなるからです。どちらにせよ専業主婦なら無職で借入も可能性はあります。

もう一つが教育ローンを使って教育を受けて、仕事につくことを子供に期待している場合です。

親が元気で子供が無職という場合に教育ローンを使って子供が何らかの専門学校で資格をとる、という時などには使える可能性はあるでしょう。

もちろん大垣共立銀行と言っても確実に貸してくれるというわけではありません。

無職ではダメだと言ってアルバイトでもなんでもいいから働いてから来てほしいというように言う場合もあるでしょう。必ず返済できる、そのような確約がなければ借入は難しいのです。

特に銀行系のローンというのはそういったリスクを取りたがらないことで有名です。たとえ地方銀行であったとしても、銀行というだけで借入をするのは厳しいのです。

大垣共立銀行でも無職ではなく働くようになってから借入を死に行くことをおすすめしたいですね。

大垣共立銀行の教育ローンは無職で借入できるの?

教育費というのは、非常に高額のお金が必要となるものです。

仮に十分な貯蓄が家庭にあったとしても、対応しきれないほどの金額を用意しなければならない場面もあります。

特に高校から大学入学にかけての出費は、相当な金額となります。

比較的裕福なご家庭でも、この時期の進学費用の工面には苦労されることが多いのです。

ですから、一般的なご家庭の場合どこかでお金を借りるなどの方法も、検討する必要も出てくるのです。

そこで候補として検討したいのが、教育ローンの利用なのです。

進学費用や学費に用途を絞った、特に低い金利で設定されている目的別ローンで、不景気の現在、利用する方が非常に多くなっているのです。

そして利用しやすく優れたローンプランが用意されているのが、大垣共立銀行の教育ローンといえます。

大垣共立銀行といえば岐阜県大垣市に本店があり、利用者の立場に立った丁寧なサービスと、斬新な経営で知られる地方銀行です。

その商品内容は、どのようになっているのでしょうか?

まず第一に挙げられるのが、目的別ローンのライフプラン「進学ローン」です。

こちらは、最小で10万円から最高で500万円まで融資を受けることが可能です。

そして使い道は進学費用や、在学中の学費などとなっています。

例えば入学金や制服代、そして定期代や教科書代など、どのような用途にも利用できます。

部活で必要なスポーツ用品や楽器などの購入費用に充てることも可能なのです。

ですから、教育費の不足を十分に補うことが可能ですし、お子様に充実した学生生活を与えられるのです。

気になる金利ですが固定型と変動型の2通りがあり、どちらも年3%台~4%台と非常に低めの設定となっています。

そしてすでに給与振込などで銀行との取引がある場合、さらに金利を優遇してもらえるシステムもあるのです。

担保や保証人も必要ありませんし、融資期間が長めであるのもポイントです。

最短で6ヶ月から、最長で固定型金利で7年以内、そして変動型金利では10年と安心して利用できるのが、ライフプラン「進学ローン」なのです。

さらなる教育ローンのプランには、利用しやすいカードタイプの進学ローン「カード型」青春太鼓判という商品があります。

こちらは大学、短大、専門学校や予備校など高校卒業後の進学費用に用途を絞ったコースで、カードによりいつでも必要なお金を引き出せるシステムとなっています。

大学、短大、専門学校などの入学費用としてはもちろん、毎月の仕送り代としても利用可能となっています。

ご利用可能枠も幅広く設定されており、最低で50万円から最高で300万円と、まとまったお金を手軽に借りられるのは魅力といえます。

変動型の金利も低めの設定であり、お子様の学業を十分に応援するプランとなっているのです。

そして進学ローン「カード型」青春太鼓判の更なるポイントとしては、受験結果待ちでまだ入学が決定していなくても、借り入れ予約が可能であることです。

ですから資金が不足してお子様が進学を諦めるといったような、悲しい経験をさせずに済むのです。

このように利点の多い大垣共立銀行の2種類の進学ローンですが、利用するための条件として無職で借入はできるのでしょうか?

その答えとしては、利用できないといえます。

なぜならば、それぞれのプランにご利用頂ける方の条件が銀行によって定められているからです。

まずライフプラン「進学ローン」の利用条件として、年齢が満20歳から66歳までの方、そして勤続、または営業年数が2年以上の方と定められています。

その他の利用条件としては、銀行の指定する保証会社による保証が受けられる方となっています。

ですから無職で借入は不可能であるといえます。

さらに進学ローン「カード型」青春太鼓判においても、年齢が満30歳以上から56歳であることの他、勤続または営業年数が3年以上あることが条件となっています。

そして継続的で安定した収入が確保できることも条件となっています。

このことからいって、どちらの進学ローンも無職で借入はできないといえます。

確かに無職では進学ローンの借入はできませんが、絶対に正社員でなくてはならないとは
記載されていません。

例えば出向社員や臨時社員であっても、勤続年数や安定した収入が確保できていれば、銀行側に確認をした上で審査を申し込むことは可能といえます。

もちろん必ず審査が通るわけではありませんが、一定期間の安定した収入があれば、とりあえず審査を実施してくれる可能性は高いといえます。

そして正社員ではなかったとしても信用に足る勤務先から収入があれば、希望した金額ではなくてもローン利用可能となることもあります。

ですからどんな形であれ、とにかく仕事につき収入を得ていることが、進学ローンを申し込むためには必要なことといえます。

銀行としてもお金を貸す以上は、毎月定期的に返済を実施してもらうことが非常に大切だからです。

しかしインターネットを検索していると、まれに無職で借入可能なローンを扱っている会社も存在しているのは確かです。

でもそのような営業方法を行っている業者を利用してしまえば、簡単にお金を借りることはできても、後から自分が苦しい思いをするのです。

なぜなら無職で借入できると宣伝するような業者は、法律に準じて営業していないといえるからです。

お金を借りた後で、例えば異常に高い金利に苦しみ返済が滞ったり、家計が苦しく生活がままならなくなる可能性もあるのです。

銀行などがお金を貸すにあたっては、その人の収入や勤務先を確認するなどの方法で、信用を確認することが非常に重要なのです。

それをせずむやみにお金を貸すからには、返済も無理な面が多く出てくるのです。

ですから、無職でもお金が借りられるといったところは利用しないことが大切なのです。

そして無職ではお金を借りられないからと、銀行側に偽物の源泉徴収票を提出したり、架空の自営業を営んでいるふりをして申し込むのも厳禁です。

そのような行為はかならずいつか発覚しますし、下手をすると犯罪にもなりかねないからです。

ですから進学ローンを申し込む際には、お子様のためにも正直に勤務先や収入を申請することが重要なのです。

そして審査の傾向ですが、収入が高いから必ず審査に通るとは限らないのが現状です。

あまりに高い年収なのに進学ローンを申し込めば、家計の状況が懸念されますから、かえって審査を通過しないという事もあるのです。

逆にそれほど収入がなかったとしても、勤続年数が長かったりすればローン利用が可能になるといった状況も起こり得るのです。

ですから、進学資金が必要となり資金が不足した場合には、とりあえず進学ローンを申し込んでみれば意外にも審査が通り、安心感へと繋がることもあるのです。

そのことでお子様の将来が大きく広がる可能性も、あるといえます。

少なくとも進路を限定されるような思いはせずに済むでしょう。

そして大垣共立銀行には利用価値の高い2つのタイプの教育ローンの他にも、さまざまな目的に合わせたローンプランが豊富に用意されています。

まとまった金額の融資も可能で金利も低めな住宅ローンのフットワークや、用途を限定せずに利用できるカードローン、そして子育て支援のためのカードローンなども用意されています。

そして自営業者や法人を対象としたローンプランや、介護費用や結婚資金を
応援するローンプランもあり、生活のいろいろなシーンで活用できるものばかりです。

利用申込みも気軽にでき、便利で充実したマネープランを実現してくれるのです。

こういった各種のローンプランについては、公式サイトに詳細が掲載されています。

2つの教育ローンをはじめとした豊富で利用しやすい融資プランが揃っており、充実した顧客サービスと丁寧なアドバイスに特色のある大垣共立銀行は、非常に利用価値が高い金融機関であるといえるのです。

【参考ページはこちら】
借入に関するおすすめQ&Aもチェック

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.