どのくらいの収入がなければ借入できないという限界はある?

今って借入ができるところは消費者金融にクレジットカードのキャッシング、そして銀行系カードローンや銀行というように色んな所がありますね。

銀行も地方もあればメガバンクもあるし、信用金庫や信用組合なんかもあります。

どれがいいというわけではないと思いますが、銀行系カードローンや消費者金融など種類が多いということはどのくらいの収入でも借りられるという感じなのでしょうか。

極端に言えばぎりぎりの生活をしている人でも借入って出来るものですか?

最低限赤字にならない生活というのが求められる

どのくらいの収入があれば借入ができるかですが、これはおっしゃるようにいろいろな業者があるので、出来ないという可能性のほうが低いと思います。

どんな収入であってもどこかひとつくらいは出来るというところがあるでしょう。もちろん借入額などは少なくなりますが。

そんなキャッシングするところが多いので、どこ頭が使えるという可能性は高いですが、一応多くの業者ではちゃんとそこで「このくらいの収入があれば」という裁定ラインを作っているとされています。

銀行でも銀行系カードローンでも消費者金融でもです。

この最低限のラインというのが銀行では高くて、消費者金融や街金・サラ金になればなるほど低くなっていくのだと思います。

どのくらいまで低くなるかは不明ではありますが、毎月5万円くらいあれば生活できるという人もいるくらいです。

要はその人その人によって必要な金額というのは違います。

しかし業者ごとに「これくらいは生活費が必要だろう」というのが決まっているので、その金額を上回る場合にはちゃんと借り入れができるというわけです。

どのくらいの収入かは業者の考えによるわけです。

なのでこの最低限の収入ラインを超えているのであれば、その業者からの借入は出来るというわけです。

もし超えていない場合は審査に通らないですから、他の更に最低ラインの低いところを使うようにしていけば、どこかで必ず借りられるところは出てくるでしょう。

ですのでどのくらい収入があればというのは基本的にはどのくらいでも借入自体は可能、というように言えるかと思います。

更に良い所、より良い条件のところで借入をしたいというのであれば、自分自身の収入を上げていく必要があるでしょう。

もちろん消費者金融では総量規制の問題もありますから、100万円しか年収がない人が100万円の借入をすることは出来ません。

頑張っても33万円までというようにルールが決められています。これ以上借入をしたいなら収入を上げるしか無いのです。

このように消費者金融にしても銀行系カードローンでもどのくらいの収入があれば借りられるかはその業者によって設定が違うのではっきりとはいえないのです。

その代わり明らかに条件がよいところ、借入金額が大きいとか金利が安いところは収入要件は厳しくなるでしょう。

【参考ページはこちら】
借入審査はどんなことを調べるの?

どのくらいの収入でどのくらいの借入ができるのか

最近、金融会社やキャッシングなどで借入をする人がとても多いといいます。

いろいろな理由で借入をする人がいますが、どのくらいの収入で、どれだけ借りることができるのかはそれぞれで違うということです。

金融会社のカードローンの限度額などを見てみると、大体が300万円と500万円を主流として考えられているようです。

銀行のカードローンの場合は金融会社よりも少し高くなっています。300万円、500万円、700万円、そして1,000万円の限度額があるということです。

ですが、高額融資を受けるのは難しいのが現状になっています。

法律で貸金業法というものがあります。その法律に基づき、消費者金融は年収の三分の一までしか貸し出しをしないようになっているのです。

貸し倒れリスクというものがありますが、そのリスクがあるような人だと判断された場合は高額な融資はしてくれないことが多いのです。

リスクとして考えられているのが、きちんと借入したものを返済できていない場合、そして複数のところで借り入れを行っているという場合、それから返済が滞ってしまったことがある人などはあまり信用がないと感じられてしまう可能性も高いということです。

つまり、高額なお金が必要になった時に、簡単に高額融資を受けられる可能性はほとんどない、と考えておくといいのです。

先にも書いたように、借り入れ額は年収の三分の一までなので、他社からすでに年収の三分の一を借り入れている場合には、新しくほかの会社でローンを組むことは難しいということになるのです。

今までに加入している多目的のローンを一本化するということで、借りることはできるといいます。

まとめローンの場合には、他のローンを完済することを条件とすることで借り入れることができるということです。

銀行のローンでは、融資できる額を700万円以上に設定しているところが多いといいます。
ですが、審査はかなり厳しいということです。

一般的なサラリーマン年収で考えて、大体400万円くらいだとします。

その方の場合は、住宅ローンや車のローンもあると考えて多目的ローンとして500万円を借入するというのはとても難しいといえるのです。

できるだけ多めにしても300万円でも厳しいのが現状なのです。きちんと審査をして考えられたとしても、実際の借り入れできる額は100万円程度だと思っているといいということです。

利用限度額は、職業や年収、勤続年数なども関係してくるといいます。

公務員など、給与が安定している人などは年収が少なめでも借りられることが多いということですが、アルバイトやパート、自営行などの場合では目的の金額を借りるのは難しいと考えておくといいです。

年収よりも、きちんとした勤続年数や安定した収入であると考えられる職業をしている人のほうが信頼があるということです。

収入が1000万ある自営業よりも、500万の公務員のほうが借り入れることができるということなのです。

勤続年数は、やはり長いほうがいいということです。3年未満である場合、職歴としては認めてもらいにくいことが多いです。

借り入れできたとしても、少ない限度額からになる場合があります。

初めての融資される金額は、5万円から50万円くらいです。

具体的な金額というのは、その金融機関の規定によって決められることになるので、これだという風に提示することは難しいといえます。

50万円以上の借り入れを希望する場合は、審査がとても面倒になりますし、時間もかかってしまいます。

限度額を引き上げることができるようにする場合は、返済する日に遅れずに返済しておくことが大切です。

借金をしている人の年収と言うと、イメージ的には低い所得の人が多い、と思われがちです。

金融会社など、業者を利用している人の年収を調べてみると、実は、200万円以下の年収の人は意外に少ないということがわかります。

一番多い利用者というのは300万円以上500万円未満という年収の人だということです。次が、年収500万円以上700万円未満という年収の人です。

年収を見ると、年収500万円以上700万円未満であれば高年収だといえます。

急ぎで必要なとき、無担保でスピーディに借り入れができるということで、年収が1000万円を越している人も大体8パーセントほどいるということにはとても驚きます。

これまで書いたことをまとめると、勤務年数を長くする、居住年数を長くする、借り入れ件数を減らす、借入総額を減らす、ということが大切です。

また、ほかにも、副業などをして収入を増やす、固定電話をつけるということも借り入れをしやすい条件に入るということです。

どのくらいの収入が年間あるのなら高額な融資をしてもらえるのかというと、信頼できる人間性と勤続年数、そして借り入れwpなるべくしていないこと、そして返済を滞らせたりしないことが大切です。

実績と信頼がある人であること、が大切なのです。

また、借り入れをするということは同時に金利もついてしまうということを覚えておくことが大切です。

金利というのはレンタルしたDVDをショップに返すことが遅れるととられる遅延金のようなものだと考えておくとわかりやすいです。

どこで借りても金利は同じだという人がいますが、先にも書いたように、銀行と金融会社では少し違いがあります。

詳しくいうと、100万円未満の利用をする場合は、18パーセントの金利を適用することになります。

しかし、業者によって金利は違うので金利の低い業者も存在している、ということを言っているのです。

ならば、金利が低いところで借り入れをすることができれば総返済額が少なくて済むのではないか、と考える人もいます。ですが、それは違うのです。

最低返済額という、月々に決められている最低でも返さなくてはならない金額というものがあります。

この最低返済額で毎月支払い続けると、確かに月に必要な返済額は少なくてすむのですが、そのぶん返済する期間が長くなってしまうのです。そしてその分、金利も長く支払っているということになり、総返済額が高くなってしまう、ということになるのです。

返済した後の結果をとるか、返済していく過程をとるかということになるのです。

最近は金融会社によって、無利息期間を上手く利用することでお得に借り入れと返済ができるようになっているところもあります。

即日審査キャッシングというものもあります。時間に関係なく、その場でキャッシングができるというものです。

銀行とは違う金利であること、そしてその会社によってその金利も違うことを理解して、毎月きちんと返済することができるのなら安心して利用できるものでもあります。

無利息期間を何度も利用することができる会社などもあるので、それを利用してお給料日まで足りないときに利用する、という使い方もできます。

キャッシングはパートやアルバイト、自営業でもできるのですが、学生の場合は、未成年だと利用することができない場合がほとんどです。
(⇒学生が借入する場合はどうすればいい?

ですが、親御さんが保証人としている場合は、証明書を提出することで利用することもできるようになります。

社会人と同じように、一定の安定して収入があるということでキャッシングをしてもすぐに返済できると判断してもらうことができるのです。

どのくらいの収入で、というのはその会社によって判断する基準を考えておくこと、そして毎月返済できる金額と利息を計算してキャッシングをすることが大切です。

年収が多いと借り入れが多くできる場合もありますが、信頼性の高い仕事で勤続年数が長いほうが大きな金額を借り入れできる可能性は高いということは確かなのです。

高額の借り入れをしたい、というときは、銀行や金融会社に相談して借りられる金額を決めた上でもう一度借り入れをする金額を考えてみるというのもいいということです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.