仮審査って実際の借入審査にどれくらい関わるの?

田丸(仮名)といいます。いきなりですが、私は融資の仮審査というのが気になっています。自分の年収とかを記入すれば、すぐに借入可能かどうかを診断してくれるアレですね。

まず私の年収ですが、大体200万いくかいかないかくらいです。アルバイトの掛け持ちで生活しているから、これでもむしろもらっている方だと自負しています。

しかし、アルバイト先の一つが閉店してしまって少し収入が減ってしまい、次もすぐに見つからないのが不安です。

その不安を補うには、カードキャッシングを作っておくのが良いと言われました。いつでもお金を借りられる体制にしておくと、後でも困らないというわけらしいです。

確かにカードがあればそれからはいつでも現金を用意できるのは、不安定な立場としては魅力的です。

しかし、収入が少なくアルバイターの私は、融資審査では有利ではないと思います。

有利じゃないのに審査を受けても通るかどうかというのは怪しく、正直自信なんてありません。だから、この仮審査は手軽に試せるという事で、受けてみるつもりではあります。

だけど、この仮審査って実際に本物の借入審査にどれくらい関わっていますか?

仮審査が適当すぎて誰でも借りられるような感じで診断されていたら、全く参考にならず無駄な借入をする事になってしまいます。それは嫌ですね。

この仮審査が果たしてどれだけ本審査にも関わっているのかを教えてもらえませんか?

本当に最低限なので後押し程度にどうぞ

まず最初に言わせてもらうなら…田丸さんの立場からの推測ですが、ブラックリストでも無い限りは審査に通ると思いますよ。(こちらもご参考に→ブラックでもフクホーなら借りられる?

もちろん大金を借りるのは厳しいかもしれませんが、それこそ10万程度とかなら確実性はあると思います。それは先にお伝えしますね。

それを踏まえて、仮審査を受ける場合としてお話します。

仮審査というのは、借入診断とも呼ばれており、ネット上の簡単な入力フォームに必要情報を記入する事で、ほぼ一瞬で審査結果を出してくれます。

手軽ですし仮に審査落ちと判断されてもペナルティが無いのが利点ですね。

しかし、この仮審査がどこまで本審査に関わるかと言いますと、本当に影響は最低限です。

もちろん診断する場所によってその内容は変化するのですが、収入と今現在の年齢と借入総額くらいしか大体は記入しませんから、その他の情報は考慮せずに審査が進みます。

なので、最初にも言ったようなブラックリストかどうかはチェックしませんので、ブラックなのに仮審査でOKが出たから…なんて申し込むと、普通に落ちます。あくまでも自身にそうした問題が無い人が使う後押しの為のツールだと思えば良いでしょう。

こう書いてしまうと役に立たなそうですが、時間がかからない事、無料である事に加えて結果がどうあれ信用情報としては悪影響を及ぼしませんから、あれば使ってみる、くらいの感覚でも問題はありません。本当にお試しとしてどうぞ。

【参考ページはこちら】
何度も審査を受けても通れないリユウは?

借入契約時における仮審査とはいったいどういうものなのか

私たちの身の回りには数多くの出費の機会が潜んでいます。

ある人は仕事の収入が低いあまりに生活費や食費などの捻出もままならないということもあるでしょうし、またある人はある程度の収入は得ていながらも、自分の趣味やリクリエーション、旅行やファッションブランドでのお買い物、それに友人との食事会やデートなどの様々な理由でお金の必要性に駆られることも少なくありません。

また、結婚や出産を経て家族が増えると、そのたびに大量のお金が必要となることは言うまでもありません。

挙式や披露宴にかかる費用はもちろんのこと、新婚旅行や新しい住居の確保、それにベビー用品の購入、養育費、成長にあわせた教育費なども背中に覆い被さってきますし、家族が増えることでこれまで載っていた車を買い替える必要性も生じることでしょう。
(⇒みんなどんな理由で借入をしてるの?

こういった諸々の支出にあたって、もしもお金が足りないなあと不安になったり、困ったりしてしまった時、この問題を解決するためにはどのような方法があるでしょうか。

まず第一には自分の定期預金を切り崩したり、株などをやっている人はそれらを売却することで利益を得た上で不足額の充足にあてるというやり方があります。

そして親や友人、会社の同僚などを頼って不足分だけのお金を何とか用立ててもらうという方法もあるでしょう。

しかしこれらは手続きが面倒だったり、また大切な人たちとの後々の関係性を悪化させてしまう危険性もあるので充分な注意が必要です。

一方、このような時、消費者金融のカードローンやキャッシングといった借入サービスを用いれば、あくまで自己責任のもとで便利な解決策を模索できるはずです。
(⇒おすすめの借入先を教えて!

このカードローンはまず、自分専用の個人カードを発行して持ち歩くことで、ふとお金の必要性が生じた際には近くのATMを見つけて駆けつけることで、そこから便利に融資金を引き出すことが出来るというものです。

特にこのところコンビニ店内に便利なATMが設置される傾向が強まっており、24時間いつでも便利に融資金を引き出せるのは大きなメリットと言えるでしょう。

そしてもうひとつのキャッシングですが、こちらはその都度申し込みを行うことで融資金を銀行の預金口座に振り込んでもらうというものです。

カードローンのように継続的な利用はできないために一回ずつの審査が必要ですが、それでも自宅から一歩も外に出ることなくすべての契約手続きを完了できるので、これもまたシチュエーションによってはとても便利な借入方法です。

このカードローンやキャッシングと言った手法によって不足金を補う場合、まずは然るべき申し込みからスタートさせなければなりません。

ただし、申請者によってはまず、自分の条件がはたしてその借入契約に則しているのか、自分の年収レベルでいったいどのくらいの融資が可能なのかなどの根本的な不安や悩みを解決してからこのあとの本格的な利用審査に臨みたいという人も多いことでしょう。

確かにあらかじめ自分にとって適した金融サービスやメリットの高い融資条件を提供してくれる消費者金融を探すのはとても重要なことです。

そのためのシミュレーションを率先して試みる上でも、もしもこうした悩みや不安があったなら各消費者金融が提供する仮審査を受けてみるとよいでしょう。

仮審査とはその名前の通り、本審査に至る前のほんの予備的な審査を意味します。

これは例えばインターネットの公式サイト上で簡単な必須項目を記入してクリックするだけでほんの数秒間待つことで予備的な審査通過の有無が表示されるというものです。

この結果が絶対であるとは決して言えないのですが、しかしながらこれから本審査を受ける人にとっては少なからず基本的な情報の一致、不一致を確認できるので大変便利なシステムです。

そして、もしもこれに落ちるようなことがあれば、この先の本審査に通過できるということはほぼありませんので、その意味でも本審査に落ちて信用情報に傷がつくのに比べると事前チェックが行えて大変大きなメリットとなるでしょう。

ちなみに、もしも短期間のうちに複数の消費者金融に対して本審査の申し込みを行ってこれにことごとく落ちてしまうと、こういった申し込み情報がそのまま申し込みブラックとして信用機関で共有され、どれだけ新たな申し込みを行ってもこのブラック情報ゆえに審査落ちしてしまうことになります。

こうした申し込みブラックへと陥るのを防ぐためにも、仮審査を受けておくのはとても重要な意味を持つのです。

この仮審査はほかにも電話での申し込みや相談の中でも受けることが出来ます。

この場合、電話オペレーターに基本情報を伝えてそれらを同じ仮審査のシミュレーションにて計ってもらうことで、融資の可否と、おおよその融資限度額を算出して伝えてもらうことができます。

そうしてこの審査に通過することで、次の段階としていよいよ本格的な本審査に進めるというケースもありますでの、やはりこの事前チェックはあらゆる意味で重要なものなのです。

さて、このようにしてネットや電話で簡単なチェックを受けた上で自分の条件に適していると判断でいれば、次は本格的な申し込みを行います。

キャッシングであればインターネットや電話からの申し込みが一般的ですが、中には消費者金融の店舗窓口で申し込みできるものもあります。

一方、カードローンであればネットや電話、店舗窓口、自動契約機などを使って申し込むやり方が一般的です。

これらの方法の中からライフスタイルやシチュエーションに沿って自分に最も適したものを選ぶことが求められます。

その点、最近ではとりわけスマートフォンを使った申し込みが急増しており、これを使えば自宅にいるときでも、出掛けているときでも変わらず申し込みが行えますし、また身分証や年収証明書の写しなどが必要になった時でもスマートフォンの写真機能を使って簡単に証明書を撮影し、その画像データを先方に送付することで受け付けてもらえます。

こうした意味でも、すべての契約過程をすべてスマートフォン一台にて完結させることができるのもこの方法の強みといえるでしょう。

どの申し込み方法にせよ、まずは申請フォームに氏名、生年月日、職業、勤務先、年収、希望融資額などを書き込みます。

これに加えて任意の記入欄として家族構成や他社からの借り入れの有無をはじめ、自宅のタイプとして賃貸や持ち家の中から選ぶものもあります。

こうした申請内容を受けて消費者金融では担当者による審査が始まるわけですが、まずは職業や年収などが融資希望額のレベルにあっているかを見定めた上で、次に信用機関への照会を行います。

信用機関では主に、過去の借入状況をチェックして、万が一にも返済が遅れたり、返済不能に陥るなどの履歴が確認できるとそれらはブラック情報として審査にマイナスの要因をもたらすこととなります。

また、前述した申し込みブラックに関してもこの信用情報で確認できますので、もしも短期間中に数多くの消費者金融に申し込みを行って審査落ちする履歴が残っている人は要注意です。

さらに、借入にあたっては総量規制という約束事を遵守する必要もあります。

消費者金融では利用者に対して年収の3分の1までしか融資することができないようになっています。

もしもこの額を上回って融資を続けると処罰の対象となってしまうのです。その意味でも、こうした基準に引っ掛からないように他社からの借金などもしっかりと把握した上で申し込みを行わなければなりません。

このあと、勤務先への在籍確認などを経て最終的な審査は完了となります。

何も問題がなければそのまま融資可能となり、晴れてカードローンのカードが発行されたり、あるいはキャッシングとして銀行口座に希望額が一括振り込みされることになります。

これらのトータルの審査時間はおよそ40分から60分ほど。多くの場合、即日審査、即日融資が可能ですので、積極的に申し込みを行って消費者金融を活用してみるとよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.