個人借入銀行間情報はどこまで情報が漏れている?

一般的に個人情報である信用情報というのはいろいろな業者の間でやりとりされるというように言われていますよね。

消費者金融で使った情報は大手の銀行系カードローンにも共有されるし、中小の消費者金融でも使われるというように聞いています。

しかしこれら個人借入銀行間情報と言うのはどこまでの情報がやりとりされるものなんでしょうか。

よく同じ銀行ならグループ全体でやりとりされるみたいな話を聞くことがありますが、どこまでなのでしょうか。またいつでもどこでもやりとりできるものなんでしょうか?

個人借入銀行間情報は問い合わせがあって初めてわかる

個人借入銀行間情報というのが無闇矢鱈にいろいろなところでやりとりされているんじゃないか、というような心配をされているのだと思います。たしかにその気持はわかります。

もしかしたらというような気持ちになるものですし、個人借入銀行間情報が借金によって色んな所に流れてしまうのを懸念するのは当然だと思います。しかし心配しなくても個人借入銀行間情報と言うのはすぐにわからないものです。

個人借り入れに関する情報は銀行系カードローンや消費者金融、その他の金融機関から問い合わせがちゃんとあった時にだけ出されるものですから、どこかに流出するということはないと言われています。(こちらもご参考に→その他の会社で借入したい方におすすめ記事

つまり銀行や消費者金融がしっかりしていれば、そこで手に入れた情報を流用したりしないのです。だからこそ大手で安心したところを多くの人は使いたいのです。

確かに場合によっては中小の業者について、個人情報を横流ししていると思われるようなところがある、と言われています。

これはその業者からの借入申込をしてからと言うもの、他の業者から連絡が来たり、ヤミ金に誘われたりするようになるという声が大きいのです。

こういった業者が中小にはいますから、それについては気をつけないといけません。

ただ普通の登録業者でまっとうな業者については心配ないと思っていいでしょう。

そんな情報を横流しするということはありませんし、大手であればそのようなことがあれば、まず賠償の手続きをすることになるかと思います。

ですから滅多なことがない限りはニュースにまでなってしまうでしょうから起こらないということで安心なのです。

普通の登録業者であれば個人借入銀行間情報についての取り扱いは慎重になっていますし、誰が見たかというのも追えるようになっていると言われていますから、ちゃんと追って見ることができるみたいなので安心してください。個人情報の取扱は大手ほどしっかりしていますから。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査が甘いのはどうして?

個人借入銀行間情報はどのように扱われているのか

お金を借りると言うことを、あまり気にせずにできるような時代となっています。

以前は取り立てが厳しかったり、返済をすることが難しいのではないかと考える人がたくさんいたのですが、最近ではすべてがそのようなところばかりではなく、優良な金融機関が多くなっています。

お金を借りる際には銀行や消費者金融や信販会社などの金融機関を利用しますが、自分のライフスタイルや返済状況に合わせたところを選ぶと言うことが大切です。

最近では利用者のニーズにあった商品もたくさん行われているので、事前に比較をして検討するようにします。

お金を借りる際に最も大切なことは返済をしっかりと行うと言うことです。これができないと信用問題に大きく関わってくるので、お金を借りることができません。

金融機関を利用する際にはまず申し込みを行って審査が行われています。キャッシングや住宅ローンなど個人が銀行を利用してお金を借りる機械はたくさんあります。

大きな金額の買い物をするという場合には、まとまったお金を用意することが難しいからです。

このときにも審査が行われるのですが、必ずと言っていいほど個人情報の確認が行われるようになっています。

そこで気になるのがこの個人借入銀行間情報の扱われかたです。

銀行に借入の申し込みを行ったときには、審査が行われますが、このときにはほかの銀行で借入を行っているかどうかの確認が行われます。

その確認が終わればさらに信用情報機関というところで、ほかのところでの借入がないかの確認も行われます。

この信用情報機関と言うところは、銀行だけではなく消費者金融会社や信販会社それぞれにあります。

したがってこれらの会社の間で情報の確認を行っているのです。

クレジットカードの申し込みがあったり、消費者金融会社でのローンの履歴があった場合に、例え銀行でのローンの申し込みを行っても分かるようになっているのです。

またこのときには申し込みを行った人の名前や住所などの個人情報が信用情報機関に登録されるようになっています。

キャッシングやローンの申し込みを行ったときに、審査に必ず通るということではありません。

中には審査に通らないと言うこともあるのです。審査に通らなかったからといって、ほかのところにすぐに申し込みをするようなことは避けます。

それはなぜなのかというと、ある程度の時間をおいて審査の申し込みを行わないと、お金に困っていると判断され、多重債務者やその予備軍として認識されるからです。

審査を行ったときには申込者の信用情報に関しては、銀行が信用情報の審査を行ったという記録が残るようになっています。

したがって短期間で審査が行われたと言うことも記録に残ってしまうのです。

この情報はずっと残るのではないかと心配になる人もいますが、そのようなことはなく、信用情報機関では半年間保存されるようになっています。

無事審査に通り借入ができるという場合には、このときの返済状況なども信用情報機関に記録されるようになっています。

このお金を借りるという利用履歴に関しては、すべてを返済した後も5年間は残されるようになっています。

したがってたとえば住宅ローンの診査の際、情報を確認したときに利用履歴で返済に遅れがあったなどの情報が残っていると、審査に影響することもあるので注意します。

このような情報が常に個人借入銀行間情報として確認されているのです。どのような情報が記録されているのか気になるという人もたくさんいます。

心配しなくてもこの情報は確認できるようになっているのです。申込者個人でも確認することができます。

もしここで保存される5年間を過ぎているのにまだ記録が掲載されているというようなしっかりとした理由があれば、信用情報機関に自分のこの情報を消してもらうと言うことも可能です。

信頼できるところではありますが、間違っていると言うことも全くないと言うことではないので、利用の際には申し込みをする前にまずは確認すると言うことが大切です。

銀行などにお金を借りるときには個人情報など属性に関して記入をしなければいけません。

このときに少しでも審査に有利になるように嘘の情報をかくという人がいますが、このようなことをしてもすぐに分かってしまうのです。

それはこの信用情報機関があるからなのです。銀行で住宅ローンの申し込みをする場合には、都合が悪かったり審査に不利になるというような事実があった場合には、隠さずに正直に話すようにします。

初めから担当者に相談することで、少しでも有利になるような対処をしてくれるという可能性もあります。

たとえば利用を希望している銀行で複数のカードを作って使っているという場合には、見直しを行って必要のないカードを解約すると言うこともできます。

こうすることで融資枠が広がり、お金を借りやすくなったというケースもあるのです。

キャッシングの広告を新聞やテレビで見かけるようになっていますが、これによりお金を借りると言うことが身近になっています。

したがって現在では抵抗感がないという人が多くなっているのですが、このお金を借りると言うことその者が個人情報の一つとして扱われるというのをしっかりと理解しておきます。

申し込みの際には個人情報を記入し、このときに個人情報に関する取り扱いの同意書にもサインをしているはずなのです。

これはお金を貸し出すという中で必要なこと以外には使いませんという内容になっていますが、申し込みを行った金融機関とは別のところでも参照されるようになっているのです。

借入の審査を行うときに、ほかの会社から借入をしていないか、またその残高や返済状況はどうなっているのかと言うことを確認されています。

この情報が信用情報機関と呼ばれる会社をとして照会が行われています。しかしこのような会社間でのやりとりは以前は行われていませんでした。

しかし現在ではお金の貸し出しサービスを行っている金融機関が増えたと言うこと、不用なお金の借り入れを未然に防ぐという意味からこのような個人借入銀行間情報のやりとりが行われているのです。

銀行で住宅ローンの申し込みを行ったときには、申し込んだ人が消費者金融からの借入を行っていないか、また借りている場合には返済状況はどのようになっているのかというような確認が普通に行われるようになっているのです。

このような情報の保存期間は、借入の申込先の金融機関では別ですが、信用情報機関で管理されている物に関してはその期間が決められています。

したがってもしかりに審査には不利な情報が残されていたとしても、期限が来ると消されるような仕組みになっています。

そして管理している情報に関しては、お金を貸すという業務以外の目的で使うことは禁止されています。

それは信用問題に関わってくるからです。あくまでも業務の範囲内で信用情報機関に加入しているところに限って、個人に関する情報がたくさんの会社から参照されるようになっています。

そのためお金を借りると言うことが大切な個人情報と言うことになるのです。

お金の借り入れは銀行系ですればいいと言われますが、それは金利が低いと言うことで早めに返済を行って信用情報機関によい記録を残すために言われているという背景があります。

お金を借りる際にはしっかりと返済ができるか心配という人がたくさんいます。

返済が少しでも遅れてしまうと、このような情報として残されてしまう、この先の利用に大きく影響してしまうからです。しかし心配することはありません。

最近では返済の遅れがないように返済日が近づけば知らせてくれるようなサービスがあったり、利用の前には返済シミュレーションを無料で行ってくれるところが多くなっています。

まずは自分で返済計画を立てて、負担のない範囲内での利用をするようにします。それが上手な借入方法となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.