無職です。審査なしで借り入れる事が出来るところはある?

失業保険が切れて半年ほどたつのですが、仕事が見つからず、貯金が底をつきかけてます。このままだと正直言って、アパートの家賃の支払いが危ないです。

無職のままで、審査を抜けて、お金を借りることは出来ませんでしょうか?

めでたい事に来月からの仕事が決まったので、返済は出来ると思うのですが。

無職であっても借りることが出来る場所があるわ

ただし、申し込む時に「無職」と書いたらだめよ。それはさすがにはねられてしまうからね。

「個人事業主」で、今の自宅の連絡先を改めて記載するといいわね。そして、自宅にはしっかり電話回線がが引いてあるのよね?

で、どこで借りることが出来るかといえば、意外にも銀行よ。

銀行だと審査が厳しいイメージがあると思うけれども、大抵の銀行ではお金を貸すとしても、ある一定の金額以下であるならば、収入の証明書を提出する必要がないという形になっているわよ。

銀行からの電話は、2回掛かってくると言われているわ。1回目が、あなた個人への電話。そこで、申込書に記載した内容の確認が行われるわよ。ここで、収入の事を聞かれたならば、適当な金額を応えておくといいわよ。

そしてもう一回が、在籍確認の電話よ。この電話がかかってきたならば、銀行側もお金を貸す方に傾いていると考えるのが自然よ。

一つ注意だけれども、この電話の時に、電話が取れないという事がないようにしてね。

収入証明書を出す必要がない所は、あなたの収入に関して尋ねられることはないから、安心するといいわ。

借りることが出来る金額は、各銀行で異なるけれども、100万円~300万円が一般的よ。家賃+αならば、30万円もあれば十分でしょう?

それでも、借りることが出来なかった場合は、中小の消費者金融に頼る形になるわね。正直に現状を告げて、貸してくれる良心的な消費者金融会社を見付けることになるわ。

インターネットで、無職でお金が借りれない場合を調べてみると、キャッシュカードのショッピング枠を現金化するようなページがたくさん出てくるけども、これは確かに犯罪ではないけれどもグレーな事だから、止めた方が良いわ。

もし、あなたがカードを持っているならば、出来るだけ、カードを使った生活を心がけてみたらいかがかしら?

再就職が決まったという事で、久しぶりに友達を集めて宴会をしてみるのも一考よね。

そして、その支払いは幹事であるあなたがカードで行う、と。会費は、友達からは現金で集めるというわけ。そして、この現金を出来るだけ即現金を求められる環境に使うことね。

【参考ページはこちら】
無職が借り入れ可能な金融機関は?

無職借入審査なしで借りることができるのでしょうか

無職借入審査なしで借りることのできる金融機関があるのかどうかといいますと、実際のところは見つけるのは難しいでしょう。

しかし、見つけられる可能性はありますし、借りようと思うのならそれなりの方法もあります。

なぜ無職借入審査なしで借り入れするのが難しいのかを、まず把握しておく必要はあります。

そもそも、審査といったものがなぜ行われるのかご存知でしょうか。一言で言えば、貸し付けたお金を約束どおりに返済してくれるのかどうかを確認するためだといえるでしょう。

これをまず把握しておくことが必要です。約束どおりに返済ができることが確実であれば、金融機関は喜んで貸してくれるのですが、それを判断するために審査が行われるのです。

ですから、返済ができることをきちんと示すことが必要なのですが、そのためには何らかの方法で所得があることを証明しなければなりません。

もしも所得が一切ないのなら、借りたお金を返すあてはないのですから、基本的には審査には通らないと考えておくべきでしょう。

審査はたいていの金融機関で行われるのですが、それがどこまで詳しく行われるのかはそれぞれの金融機関によって異なっています。

一般的には銀行や大手の消費者金融は審査は詳しく行われます。

銀行も大手の消費者金融も同じ系列であるケースが多いですから、基本的には審査のレベルは同じだと考えておいて問題はありません。
(⇒審査についてもおすすめ記事

よく、消費者金融は駆りやすいといわれることがあるのですが、これは過去のことです。

銀行は審査が厳しくて消費者金融は審査が甘いといわれることがあるのですが、これは大手の消費者金融については当てはまらないと考えておくべきでしょう。

その理由は、大手の消費者金融が銀行の保証業務を行っているからです。銀行のカードローンに申し込みをすると、その保証会社が審査を行います。

そして、保証会社の審査に通ればたいていは借りることができます。

保証会社の役割を大手の消費者金融が請け負っているケースが多いですから、実質的には銀行のカードローンの審査を消費者金融が行っていることが多く、そのために審査のレベルはそれほど違いはありません。

最近では銀行から駆りやすくなったといわれることが多いのですが、その理由は消費者金融が審査を行うようになったからです。

大手の銀行はこのようにして消費者金融を保証会社にしているケースが多いですが、一部には消費者金融ではなくて信販会社を保証会社にしているものもあります。

信販会社も大手が引き受けていることが多いですから、結局のところは、銀行と大手の消費者金融、大手の信販会社の審査のレベルはそれほど換わらないということになります。

それにもかかわらず消費者金融は審査が甘いといわれることが多いのですが、これは大手ではない小規模な消費者金融をさしていっているのだと考えられます。

どの業界であっても、その業界の大手といわれる企業があり、多くのシェアを握っています。

そして、大手がターゲットとしないようなお客さんを対象にして、中小規模の会社がいくつかあります。

消費者金融についても同じことが言えて、大手ではなくて中小の消費者金融もいくつか存在します。

かつては、一店舗だけで営業しているような小規模の消費者金融がたくさんあったのですが、最近では法律の改正によって経営を続けにくくなって、あまりにも小さいものは事実業の廃業に追い込まれているようです。

それでも、特定の地域だけで経営を続けているものがいくつかあります。

特定の地域というのは、たとえば大阪に本社があって近畿圏を中心に営業しているといったものをさします。

このようなものであれば、大手よりはいくらか審査は甘くなります。まったく審査が行われないということはありませんから注意が必要です。

たいていは何らかの審査が行われますから、どこに井っても借りることのできない人もいるのが現実です。特に、無職の人は駆りにくいといわざるを得ないでしょう。・

審査が甘く、ほとんど審査が行われていないのではないかと思われるような消費者金融もあります。これを見つけるためにはいくつかの方法があるのですが、最も良い方法は金利を見ることです。消費者金融は、商品説明の中に貸付金利の利率を掲載しているのが普通です。これを見ることで、審査がどれくらいなのかを知ることができます。

一般的な傾向としてぜひ知っておかなければならないことのひとつが金利と審査の関係です。

すなわち、審査が甘いほど金利が高く設定され、審査が厳しいほど金利は低く設定されるということです。

ですから、審査がほとんど行われないといわれるような消費者金融では、法律で定められている上限金利とほとんど変わらないような上限で貸付を行っているのです。

それを見極めるためには法律でどれくらいの水準に定められているのかを知っておくことは必要でしょう。この金利を定めている法律が利息制限法という法律です。

出資法という法律もあって、かつてはこの出資法を基準にすることもあったのですが、現在のところは利息制限法の上限を適用することが多いです。

利息制限法の上限についてですが、これは借り入れ金額によって異なります。10万円までなら年率で20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と上限が定められています。これを知っておけば、上限に近い消費者金融を探せばよいわけです。

あからさまに上限金利を適用すると定められていることもありますが、暗示的なものもあります。

たとえば、100万円以上の場合には、金利は年率で10%から15%と、このように書かれているとしましょう。

そして、実際に契約をするとたいていは15%で契約することになるケースがあります。

このように書かれていても、小規模な消費者金融の場合には15%の上限で貸し付けるのと同じようなものです。

このようなことを理解していれば、審査のほとんどない消費者金融を見つけることができるでしょう。

無職の人が借り入れをするのなら、まずこの方法を考えるのが良いです。そして、実際に申し込みをしてみて借りることができればそれで問題はありません。

もしも審査が甘くて借りることができれば問題はないわけですが、それはそうとして、借りる条件が悪くなることもあります。

審査が甘いと金利が高くなるというのはすでに述べたことですが、それとともに借りられる金額が小さくなる傾向があります。

たとえば、上限が10万円くらいになることもありますから、これでは足りないという人もいるでしょう。逆に、これで足りるというのなら問題はありません。

借りることができない場合には、ほかの方法を考える必要があります。最も簡単な方法は無職ではなくなるようにすることです。

無職であることが原因で審査に落ちることは多いですから、仕事を探せばよいわけです。そうすれば無職ではなくなりますから、審査に通る可能性は格段にあがります。

仕事を探すといっても、今の時代に簡単に探すことはできないと考える人もいるのではないでしょうか。しかし、心配は必要ありません。審査に通るために正社員である必要性はないからです。

フリーターや派遣社員でも借りることができるのが、現在の状況なのです。また、自営業者でも借りることができますから、これを利用するのも良い方法だといえるでしょう。

手っ取り早い方法は、人手不足が叫ばれている飲食業などでバイトを探すことです。こうすることによって無職ではなくなります。

また、派遣社員として登録をすることによって無職ではなくなります。

ほかにも、自宅で事業を行っているということを示せれば自営業者となるのですから、たとえばオークションで商売を始めるなどの方法をとることで、無職ではない状態にすることができるでしょう。

このように、何らかの所得があるという状態になれば何も問題はないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.