借入があり車のローンが組めるか心配、大丈夫ですか?

私の個人的な不安で今のところすごい悩んでいることなんですけれども聞いてもらってもいいでしょうか。

最近ファミリーカーを買おうと考えています。もちろん現金はありませんからローンということになります。

家族のためにと思っているんですが、その前に渡しは借金をいくらかまだ持っているのです。

40万円ほどの借り入れがあるんですけれどもこの状態でファミリーカーを買うことって出来るんでしょうか。

つまり借入があり車のローンが組めるか心配ということです。この私の心配を解決してもらえないでしょうか。どうぞよろしくお願いします。

借入を返すことができれば完璧だが減らすだけでも

借入があり車のローンが組めるか心配ということですけれども、確かに借り入れがあるというのは車のローンが組めない可能性というのもあるので、そこは気をつけていなければなりません。

ですが一般的な収入があるんだったら40万円くらいの借入は特に問題がないかなというようにも思います。40万円くらいの借入でも厳しいというのであれば、返済をしておくべきでしょうね。

少なくとも完済はしていなくてもいいので、10万円くらいまでに減らしておければだいぶ印象は変わってくるかと思います。

車のローンを組むときに、10万円の借金がアルバイト40万円の借金がある場合ではだいぶ違います。特に収入が少ないならその分のインパクトが強いということも覚えておいてください。

また頭金を入れるかどうかというのも大きな違いになっています。頭金を入れるというのは数十万円でもいいのですが、入れておくだけで借りるローンの金額が小さくなります。

そうすると返済も楽になりますし、返済期間も短くすることができるでしょう。結果的に借金をするのが楽になるということで審査にも通りやすくなる可能性があります。

借入についてはそんなに多くなければ問題はないと思いますからまずは自動車ローンについて少しディーラーの人と話をしてみるといいと思います。

年収がわからないとなんとも言えないですが、400万円くらいの年収があるなら、十分審査には通ると思います。40万円くらいの借金はあまり気にならないのではないでしょうか。

借金をすることによって大きく審査が厳しくなるということもありえますが、借金の金額や年収によってだいぶ違いがありますからはっきりとしたことは言えません。

ただ、やはり少なければ少ないほど借入というのは新しい自動車ローンを組むのには邪魔にならないというのは間違いないでしょう。

【参考ページはこちら】
車のローン借入はどうやって選べばいい?

借入があり車のローンが組めるか心配な方が改善できる2項目

自動車を購入する予定がある方にとっての気がかりな事の1つは、車のローン審査に通るかどうかがあります。
(⇒ローン中の車で借入するってどういうこと?

自動車は高額な買い物になりますから、全額を貯蓄で賄うのは難しいものです。

この為、既に別のローンを組んでいる方にとっては「借入があり車のローンが組めるか心配だ」という気持ちを抱えがちです。

しかし、実際に車のローンを利用している方の中には、別のローンを組んでる状態でローン審査に通った方も多く居ます。

借入がある事自体は審査の上で決定的な要素にはなりません。審査では他にも重要な要素が多くありますから、ローンの有無はその1つに過ぎないからです。

そこで、借入があり車のローンが組めるか心配という方は、ローン会社がローン審査でどの様なポイントをチェックするのかを把握する事が大切になります。

自動車の購入時期から時間に余裕を持って対策をしておけば、審査を受ける時に有利に働くからです。

対策としてできる事は様々にあります。ローン審査でチェックされるポイントは多く、中には改善が難しいものもありますが、利用者の努力や考え方の転換で改善できる事も多くあります。

できるだけ多くの改善を施しておけば、審査で不利に働いたポイントを補う事もできます。

借入があり車のローンが組めるか心配な方が、自身の手によって改善が見込めるチェック項目としては代表的な物が 2つあります。

1つ目は、経済環境の改善です。経済的な余裕が生じれば、それだけ車のローン返済の負担は少ない事になります。

ローン会社にとっても顧客の経済的余裕は、返済の安定に直結する要素です。少しでも経済環境を改善しておくことは、ローン審査で有利に働きます。

車のローンの審査に有効な改善策としては、まず、ローンの件数と債務総額を減らす事です。

どちらも改善に時間がかかりますが、それだけ得られる効果も大きなものです。借入があり車のローンが組めるか心配な方は、実践を検討してみるだけの価値があります。

改善に成功すれば、ローン審査に通る可能性は高くなるものです。

もし、ローン件数が多いままローンの利用申し込みをしたとすれば、ローン会社は顧客との信頼関係や互恵関係を築けるとは思わないでしょう。

何故なら、顧客のローン利用件数が多いという事は、顧客がローンの利用を上手くできていない事を意味するからです。

例えば、ローンが多ければそれだけ利子も多くなり、返済額も膨らんでいます。

この為、ローンの利用件数が多い顧客の経済感覚は信用に値すると判断できない場合があるのです。

そして、ローンの利用が多い顧客は車のローン契約を締結した後も、別の会社と別のローンを組む恐れがあります。

ローン会社と車のローンの契約を締結した時には良好な経済環境でも、その後に次々と別のローンを組んでいくのであれば、いずれ顧客の経済環境が悪化してローン返済が滞ります。

しかし、ローン会社は顧客が別の会社とローンを組むのを止める権利がありません。焦げ付きを避ける為にも、ローン会社は事前に顧客の経済感覚をチェックするのです。

また、債務総額の多い状態でローンの利用申し込みをした場合は、ローン会社は顧客の経済環境とのバランスを厳しくチェックします。

もし、収入が多くて安定しているのであれば、債務総額が多くても経済的な余裕はあると判断できますから、ローン審査に通る見込みがあると言えます。

ローン会社は自動車の購入費用を融資して、利子を付けた分を返済してもらう事で収益を得ています。

返済が途中で滞ると、ローン会社は融資した資金を回収するスケジュールが乱れてしまいます。

また、焦げ付いた場合はその損失を補う為に、多くの新しいローン契約を得なければならないリスクがあります。

この為、ローン会社は顧客が車のローン契約を締結する事で、経済環境を著しく悪化させないかを慎重に検証するのです。

債務総額が多すぎる場合、顧客が新しく車のローン契約を締結すれば、それが顧客の経済環境に決定的な打撃を与えかねません。

顧客にとってもローン会社にとっても良い事ではありませんので、ローン会社は契約を避けます。

この様に、ローン件数と債務総額は車のローン審査に大きな影響を与えます。解決をするには、時間をかけて返済を行うしかありません。ただし、その返済は軽減する事ができる場合もあります。

例えば、金利の高いローン会社から借入を行っているのであれば、より金利の安い会社で借り換えを行う事が有効な方法の1つと言えるでしょう。

借り換えは様々な金融機関が提供しているサービスの1つです。車のローン自体も、金利の高い自動車ディーラーと提携しているクレジット会社や信販会社とのローン契約から、銀行等のより金利が安いローンへ借り換えるという事が行われています。

借り換えによって金利が安くなれば、結果的に返済総額も少なくなる事になります。ローン返済にかかる経済的な負担が和らげば、それだけ返済がしやすくなるでしょう。

ただし、借り換えを検討する際は支払うお金の総額を十分に検証しなければいけません。借り換えをする際は、事務手続きの費用等が意外と多くかかるからです。

2つ目は、利用方法の見直しです。ローン件数や債務総額を減らすのは、すぐには難しいものです。しかし、車のローンの利用方法は、いますぐ見直して立て直していく事ができます。

利用方法の見直しとして、すぐに取り掛かれる事にはローン計画の改善があります。例えば、できるだけ多くの頭金を用意する事で審査に有利に働きます。

頭金が十分にあればローン返済額を少なく抑えられますので、それだけローン返済も安定します。

ローン会社から見て焦げ付きのリスクが少ない顧客となりますので、審査も通り易いものです。

ローン利用時にあまり良くない方法として知られている物の1つに、フルローンと呼ばれる物があります。

頭金を用意せず、全額をローンで賄う計画です。車のローンの利用申し込みでこの計画を示すと、ローン会社はあまり良い顔をしません。

フルローンの計画でローン利用を申し込むと、経済環境が良好な方でも利用が断られる場合もあります。

既に借入がある方は尚更、ローン計画に気を配らなければいけないと言えるでしょう。用意するべき頭金は、最低でも購入費用の5分の1は用意しておきたいものです。

頭金があまり少ないと、フルローンと大差無いものと見られる為、審査で有利に働きません。

他の見直しポイントとして、利用時期をずらす事があります。

例えば、ローン会社は顧客を審査する時に安定した収入源があるかどうかを見極める目的で、勤続年数を調べる事があるものです。

そこで、ある程度の勤続実績を重ねた時期に自動車を購入する計画を立てると良いでしょう。

もし、就職したばかりで勤続年数が1年未満の不慣れな時期であれば、ローン会社は離職のリスクがあると考えてローン契約は控えます。

ですから、新社会人の方で車のローンを利用したい方は、翌年以降の利用計画を立てて頭金を貯蓄しておくと有利に動けます。

また、転職や独立をする方であれば、新しい職場に移ってから時間を置いて利用申し込みをすると良いでしょう。

転職したての方は、やはりローン会社から新社会人と同様に離職のリスクがあると考えられます。

また、独立した方であれば、事業が軌道に乗るまで3年程度は様子を見ないと失職のリスクがあると考えられるものです。

転職や独立と同時に、新しい自動車を車のローンを組んで購入すると考えていると、思わぬ形で審査に落ちて出鼻をくじかれてしまう恐れがあります。

転職や独立を自動車の購入機会とするのは避けて、できるだけ安定した時期にローンを申し込むことで審査に不利な影響を与えにくくなります。

借入があり車のローンが組めるか心配な方は2つの項目をチェックして、改善を試みる事で審査を有利にする事ができます。借入があるからといってローンの利用を諦める事はありません。

ローン会社でも顧客の様々な相談に応じていますので、自動車の購入時期に余裕を持って早めに相談をしておけば、意外な改善方法が見つかる事もあるものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.