モビット借入は自営業の場合は審査は厳しくなる?

モビット借入についてお聞きしたいと思います。色んな所で使えるようになっているモビット借入なんですが、いろんな人が使っているように思います。

使っている話を聞いても、パート・アルバイトの人まで使っていて、やっぱり人気の業者なんだなと感じます。

ただ、パート・アルバイトも使っているとはいえ、自営業の人が使っているという声が少ないように思います。

自営業の人にとって見ればモビット借入は使いにくいというようなことがあるのでしょうか。自営業の場合にはなにか審査で悪影響があったりしますか?

モビット借入なら自営業の場合でも十分使える

普通はモビット借入ならどういう人でも使えると思うかもしれませんが、確かにあまり自営業の場合についての話というのは出てきていないように思います。

自営業者自体が少ないということもありますし、自営業でモビット借入を使っている人の数もそこまで多くないということから情報が少ないのでしょう。

ただ、パート・アルバイトでも使えるという点を見てもらえればわかるように、自営業も借り入れ可能です。

自営業の場合のモビット借入は不利だから借入をしないのかというとそうではありません。

正社員や公務員に比べると少し不利にはなりますが、そこまで大きな差はないと言われています。

不利になると言ってもちゃんと食べていけるだけのお金を稼いでいる自営業者なら、モビット借入も可能でしょう。

少し限度額が低くなったり、金利が高くなるということもありますが、これも返済をしっかりと行っていくことでその金利を下げることができるでしょうからそこまで気にしなくていいと思います。

限度額も十分あって金利も頑張って低めにしてもらえるので自営業の場合でもモビット借入自体は問題がないのです。

自営業の場合はどちらかと言うと銀行からの借入などと比べることができるという点から、モビット借入を使うのは後回しになりがちなのかもしれません。

モビット借入が悪いというわけではありませんが、借金をするならより安心できるところからしたいと思うのが普通です。(こちらもご参考に→モビットは千円単位で借入できる?

なので最初は銀行で審査を受けて、それが通らなかった時に消費者金融という流れが多いのではないでしょうか。

口コミ数や情報が少ないのはそのとおりですが、だからといって自営業者に対して厳しいということはないので安心していいでしょう。

自営業の場合は銀行などの借入と比較した上でモビット借入を使うという方法が最も多いのではないかと思います。

【参考ページはこちら】
年収が上がるとモビットの借入金額はどれくらい上がる?

自営業の場合も利用できるモビット借入とは

キャッシングは大きな出費があって生活費がピンチになってしまった時や毎月の収入にばらつきがある方など生活を安定させたいという方にはとても良いものです。

限度額内であれば何度でも融資を受けることができますし、その会社にもよりますが、返済も余裕がある時には多めにできるなど融通が利く場合もあります。

ただ注意しなければいけないのはキャッシングの場合は総量規制の枠にひっかかることがあるということです。

総量規制とは国によって決められているもので、貸し金業者から融資を受ける時には最高で年収の3分の1までしか借りられないというものです。

例えば年収が150万円の方は3分の1の50万円が最高限度額となります。

どうしても年収を関係なく借りたいという方であれば総量規制が関係ない銀行で借りるしかないでしょう。

しかし高額な融資は返済も大変ですから、そこはきちんと計画を立てて借りるようにしたほうが良いです。

キャッシングで借りるにしても銀行にしても必ず審査があり、その時には最終段階に近い時に職場への在籍確認の電話がかかってきます。

確認の電話といっても担当者が個人の名前で名乗り、かけてきますのでキャッシング会社の確認電話だとバレることはありません。

しかしそういう電話が苦手で、できればかけてほしくないという方もいるでしょう。

そういう方にオススメなのがモビットなのです。モビットでは通常のカード申込とWEB完結申込の2種類があります。

WEB完結申込のほうは職場への在籍確認の電話そして自宅への書類送付が基本的にありません。その代わり、条件が2つあります。

1つは社会保険証か組合保険証のいずれかを持っていること、そしてもう1つはモビットが指定する銀行に口座を持っていることです。

もし指定されている銀行口座を持っていないという方は前もって作っておくと便利です。

WEB完結申込によって契約をすると、キャッシング用のカードは発行されません。全ての手続きをインターネット内で行なうからです。

モビット借入も返済も自分のマイページから行なえるので自宅にいながらにして融資を受けることができるのがメリットです。

モビットで借入れをできる条件は満20歳以上65歳未満の定期収入があるがある方です。

担保や保証人は原則必要ありませんし、パートやアルバイトの方でも融資可能となっています。

しかも融資限度額は1万円から最高500万円までOKというのですから、これはかなり大きな金額です。

必要書類は本人確認として運転免許証やパスポート、健康保険証などのいずれかが必要になります。

ただしWEB完結申込の場合は本人確認書類は運転免許証かパスポートのいずれかのみです。

自営業の方ももちろん融資を利用することはできますが、自営業の場合は収入証明の提出も必要となることが多いので前もって準備しておくと良いでしょう。

収入証明にできるのは、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2か月分の給与明細書などのいずれかです。

一般的にキャッシングでは自営業の方やパート、アルバイト、主婦は借りにくいというのはよく知られていました。

それは正社員に比べて、残念ながら収入が安定しているとは言えなかったからです。

現在でもそれらの職業の方の借入れはお断わりするという会社もありますが、融資可能となっている会社のほうが増えてきています。

ただ自営業の場合は本人確認書類の他にも収入証明を必要とされることが多いので、前もって用意をしておくほうが良いでしょう。

モビットには会員専用サービスのMyモビがあります。このMyモビはマイページのようなもので、会員一人一人に与えられます。パソコンがあれば全てのサービスを利用することができます。

スマホの場合は一部利用できないものもあります。利用できるサービスには利用状況の照会、振込み用の口座の登録や変更、登録内容の変更、返済シミュレーション、契約内容照会、振込みキャッシングの申込、取引履歴の照会などいろいろです。

また借入や返済に関する相談もここからできるようになっています。

ベストなのは返済を毎月きちんとしていくことですが、どうしても返済日に間に合いそうにない時には早めに相談をしてみるのが良いです。

黙って返済できる日まで待つよりも前もって相談し、返済する意思はあるのだということを示しておくほうが信用度の落ち方は違います。

ただ自分が返済できないのに借りてしまうというのは絶対にしてはいけません。

返済とはただ元金を返せば良いというものではなく、元金プラス利息を毎月返していくことになります。借りた金額によっては利息だけで数万円を毎月返していくことにもなりかねません。

ですからオススメは申込みをする前にまず返済シミュレーションを試してみることです。

返済シミュレーションは非常に便利なもので、希望する融資金額を入れるだけで、毎月の返済額、返済回数、返済にかかる利息などを出すことができます。

これを見れば自分に負担がないかどうかはすぐにわかりますから、何度か試してみて返済に無理がないかどうかを確認しておきましょう。

返済の遅れや滞納は個人信用情報機関に記録されてしまっています。個人信用情報機関は個人個人の金融に関する情報を集めた機関で、いくつかあります。

申込みをしたキャッシング会社や返済の遅れ、滞納、審査に落ちた記録、携帯電話料金の支払いの遅れや滞納までも全て記載されてしまっています。一度記録されると数か月は削除されません。

ですからキャッシングなどで一度に何社も申し込んではだめというのはこういうことなのです。

一度にたくさんの会社に申し込んだ記録はこの機関に残されていますし、それだけたくさんの会社に申し込んでいるとそんなに切羽詰った状態なのかと疑われてしまいます。

すると貸しても返済をするのは難しい人物ではないかと判断され、審査に通らないこともあります。申込みをする場合は1社、多くても2社までにしておきましょう。

また、できれば申し込みをする前には他社での返済は終えておくのがいいです。他社で借入れがあってもある程度までであれば審査にはあまり影響はありません。

しかしあまりにも多すぎると良い印象は持たれず、審査に影響を及ぼす可能性が出てきます。

そしてもし融資を受けたい理由を聞かれた時には旅行費や家具購入など日常生活で使うということを答えるほうが無難です。おまとめ返済などではない限り、間違っても他社での返済のためとは答えないようにしましょう。

また申込みの時には希望額を必要最低限もしくは低めに言うのはポイントです。なぜなら高額な希望額にすればするほど審査は当然厳しくなってしまうからです。

その会社で初めて借りる場合やクレジットヒストリーなどがほとんどない方は最初の融資は低めに設定されることがほとんどですが、何度か利用経験のある方が新しい会社で借りる場合は注意しましょう。

そしてモビットはWEB完結申込であればほとんどメールでのやりとりになりますが、場合によっては担当者から電話がかかってきます。

その時には担当者に対して誠実に受け答えするようにするのが良いです。担当者はただ確認のために電話をかけているのではありません。

これからお金を借りようとしている人物が信用しても良いかどうかということをさりげない会話の中でチェックしているのです。

ですからもし横柄な態度で接すれば、本当はもう少し高めの限度額でも大丈夫だったのに減らされてしまったり、下手をすれば審査自体に通らなくなってしまうこともあります。

あまりに緊張する必要はありませんが、正直に丁寧に受け答えするようにしておくと間違いないです。

申込みの時に嘘を申告するのは当然いけません。嘘はすぐにバレてしまいます。他社で借入がある時も年収があまり高くないとしても正直にありのままを答えましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.