個人事業だけど借入審査に通過する望みはあるの?

デザイン系の個人事業主をしています。最初はデザイン会社に勤務していたのですが、その会社が本当に待遇悪くて残業は全部サービス、さらには何度もダメ出しをされて腹を立てて、辞表を叩き付けて辞めてやりましたよ。それで独立したんです。

デザイナーとして個人事業となると不安もありそうですが、実際になってみるとその気楽さ、そして仕事が取れて無事に終わったときの達成感というのは、何にも代え難いです。

報酬に関しても今のところ勤務していた時よりもありますし、このままずっと一人で仕事を継続していきたいです。

ですが、会社に勤めていた場合の方がメリットもあったというのは否定できません。

例えば残業代は出さない会社でも有給とかあって、仕事を休んでも給料は確保できる…という事が昔はありました。

今は休んだ分だけお金が目減りしていき、おちおち休む事もできません。

このままだと結構手詰まりな感じだから、カードローンみたいないつでもお金を用意出来る借入審査を受けてみようかとも思いましたが、世話になっている友人が「個人事業主って良く融資審査で断られるらしいよ」と教えてくれました。

個人事業主の方が確かに安定はしていませんが、融資を一切受けられないとかあり得るのでしょうか?

収入が返済に繋がるとしたら、現在は十分返していけると思うのですが…それでもダメですか?誰か詳細を教えて下さい。

個人事業主でも借入出来ないとは決まっていません

フリーのデザイナーって何だか格好良いですね!昔に比べてデザイナーの方の地位が向上したと言われていますが、日本ではまだまだ重要視されにくいみたいです。

そんな中一人でもお仕事ができているというのは、本当に尊敬が出来ると言えます。

それで個人事業主の融資事情についてですが、全く融資が受けられないというのは、そのご友人の勘違いだと思います。

ただ、個人事業主の方が会社員に比較すると、多少借りにくくなっているというのは間違いではありません。それで心配されたのでは無いでしょうか?

個人事業主というのは、会社員に比べて社会的な保障というのが心細い立場です。

仮に会社員なら仕事を失っても保険などがありますし、そもそも不当解雇なら相応のお金を要求できます。しかし、個人事業主はそうした身を守る法律が極めて少ないのです。

それに個人事業主は仕事が無い閑散期となると収入が大きく減ってしまいますし、一ヶ月の間全くの無収入になる、という事も無いわけではありません。

やはり安定感を重視する金融業者にとっては個人事業主はイマイチ評価は高くないですが、先ほども申したように絶対ダメではありません。

お金を借りるには収入という返済出来る目処が必要です。逆に言えば、仕事の実態が掴めなくとも収入が認められれば、借りられる可能性があります。(こちらもご参考に→事業資金を借りるために審査の甘い業者を教えて

個人事業主の場合は収入証明も一苦労ですが、確定申告の控えなどがありましたら、そちらを見せましょう。これは動かぬ証拠となります。

このように、条件等で面倒な部分は否定できませんが、個人事業主でも融資を受ける事は十分期待出来ます。事前準備を怠らず、審査に申し込んでみましょう。

【参考ページはこちら】
初心者にもおすすめの借入情報はこちら

個人事業の借入に対する審査の厳しさについて

個人事業というと、会社社長と同じくらいの権限を持っています。

株式会社でないのは、書類を通す際に株式会社では様々な書類意を必要とするからであり、収入が低ければ株式会社にしても税金の面でメリットを受けることがないからです。そうした役員というのは、収入が不安定です。

中にはがっつりと稼いでいるという人もいるでしょうが、日本の会社は8割は倒産すると言われており、お金を借入させる方の不安もかなり付きまといます。

そもそもに個人事業を行う際には、まずはマイナスから始めなければいけません。

そうしたマイナス分も考慮すると、決して優れた選択であるとも言えないですし、まずは銀行に借りるということがスタンダードなやり方であって、個人事業の借入までするということは相当切羽詰っているということになります。

そうしたものに対する審査の厳しさはかなりあります。ニートやフリーターと同じくらいに個人事業の信用はないのです。

そもそも8割は失敗すると言われているくらいですから、下手をしたらニートやフリーターなどの方が、借入に対する審査の厳しくないこともしばしばあります。

借金をして設備投資をしてしっかりと運営をしていきたいという人は沢山います。しかし、そのお金を銀行が貸してくれるかというとそうではありません。

銀行もビジネスでやっているので、もう駄目だと判断した企業は融資を打ち切ります。この融資が打ち切られた状態であることを『倒産』と呼ぶのです。

個人事業はそうした『倒産』になりたくないために、判断能力を失った借入を行う可能性があります。

銀行が貸してくれないお金を街金やキャッシュカードなどを駆使して乗り越えようとするわけですね。

そうした試みは無駄ではありません。ただ、無駄であると多くの場合が言えるはずです。自己破産をして残るのは何もないわけですから、失って初めて苦労を実感します。

また、銀行の借り入れと街金などの借り入れでは金利が全然違います。そのため、街金の金利だけはは払えないということにもなりかねません。

そうした金利の高いリスクあるもの手を付けるということ自体が審査の厳しさを増しているというのは実情としてあります。借入に対する審査の厳しさは、慎重に捜査をした方がいい案件と言うことです。

そうした金銭的余裕がしっかりとあって、その上で街金で借りるというならば何も問題はありません。

ただ、資金操りが上手くいかなくて、どうしてもお金を借りたいという切実な想いがある場合は、街金などからお金を借りない方がいいです。どうせ金利を払えないのは、目に見えています。

自分が返済できるだけのお金を借りるということが、まずはしっかりとしたプランへと繋がり、しっかりとした判断能力に繋がってくるのです。

まずは、自分の状況を把握してください。そして、実際に可能な返済プランを紙に書いて何度か読み直してみてください。そうすると、開放的な返済プランを導き出すことが出います。

個人でお金を借りる時、個人として会社を背負ってお金を借りに行く時、かなりのしんどさがあるかと思います。

いっそのことこのまま時間が止まればいいのにと、後悔している人も少なくありません。

ただ、それを解消する手段はただ一つです。それは計画的なプランを立てるということです。

まずは、自分の会社の利益を考えておきましょう。そして、その後支出や借金の返済費用などを考えて、しっかりと黒字になるかどうかということを確かめてみてみなくてはいけません。

審査は厳しいです。まずはどこかの会社に潜り込んで、「フリーターです」と言った方が通りやすいかもしれません。

もしものことがあれば、店の経営状況などを調査される場合もありますので、そうした場合はしっかりと把握しておくことが必要です。

厳しいものはありますが、それを乗り越えてしまっては、キャッシングに何から何まで使い放題をすることができます。

そうしたことはなかなか青春では謳歌することができません。青春時代にお金がない時にそうしたものを借りるにもいいですし、事業を立ち上げてから自分の夢に向かってお金を借りるのもありです。

最も大事なのは、自分を見失わないことです。自分を見失ってしまうと、どんどんとお金を借りることになり、自己破産などをしてしまってはお店の看板まで押収されてしまうことになります。そうした場合の喪失感は半端ないものがあります。

そうしたデメリットを考慮して、厳しくしているというのもあります。

ただ、これはお互いに双方しっかりとした取引をするために必要なものですので、くれぐれも落ちたと言って、八つ当たりをすることがないようにお願いします。

厳正な質疑応答のもと、真剣に『この人に貸してもいいのだろうか』と考えているのが、お金を借り入れされている従業員の大きな悩みなのです。確かにお金を貸せば儲かります。

ただ、自己破産や踏み倒しをされてしまうと、貸した側にも大きなデメリットとして損益となることができます。

そうしたデメリットはしっかりとした判断のもと、お互いに気持よく返済できるようにすることができます。

・経営者にはお金を。
・お金にはお金を。
・政治家は不透明なお金の貸し借りを。

それぞれがしっかりと行動するべきです。まずは申し込みをしてみてください。申し込んで駄目だったら、また別のカード会社などへ申し込めばいいことです。

お金は非常に大切なものです。それを貸し借りするのですから、かなり慎重にならざるを得ないです。

どうしても申し込んでOKを貰いたいのならば、独立する前にしっかりと働いていた時に、申し込むべきです。

また、放送大学など誰にでも入れるような大学へ申し込んで、そのまま学生の身分で申込みをしてしまうという手もあります。そうすれば、一番スムーズにできます。

ただ、通るために少しは努力をしていかなくてはいけません。それが面倒だというのならば、ひたすら応募しまくって、できるところからやっていくという手を使うべきです。

この際気にしなければいけないのが、一気に応募をすると、その情報は金融ネットワークに広がります。

そのため、『この人はお金に相当困っているのだな』と裏で勘違いされる可能性もあります。

そうした勘違いを防ぐためにも、短期間で申し込むのではなく、長期間にわたって申し込んでいくことが大切になってきます。

個人で経営をする上で、消費者金融などにお金を借りるのは大変です。

まずは銀行に相談しろと言われるだけです。銀行は超低金利ですので、どの会社も銀行の融資を受けています。

そうした実績を元に、まずは銀行に相談してみてください。それができなかったら、消費者金融に手を出すべきです。お金は何よりも大切なものです。それをしっかりと貸してくれるところは非常に好い所です。

お金を借りる上で慎重にならないといけないのが、消費者金融選びです。消費者金融の中には、厳しく査定される所ももちろんあります。
(⇒借入できる会社を教えて!

そうしたとことではなく、個人で経営をする人は、なるべくそうした簡単に査定を出してくれるようなところを選ぶべきです。そうすれば査定に合格する可能性が非常に上がってきます。

全てはお金です。世の中、お金がなければ何もできません。しかし、今の現代には簡単にお金を借りることができるシステムになっています。

そうした結果をしっかりと受け止めて、上手に消費者金融などに手を出してみて下さい。もしかしたらその間にも個人の経営がたてなおるかもしれません。

それともつぶれるかもしれません。それは神のみぞ知る世界です。ただ、何もならないで後悔するよりかは何かをして後悔した方がいいです。

その際に引き際を見極めるというのも大切ですが、それ以上に引き際でどれだけふんばれるかが経営をする上で、重要なことになってきます。

お金を借りるのは悪いことではありません。計画的に使ってください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.