マンション購入を検討中ですが家計に優しいローンはありますか?

マンションの購入を考えています。どんなふうに住宅ローンを組めばいいのかを迷っています。マイホームですから、ある程度の苦労はしかたないものと考えていますが、家計的に、少しでもラクになる方法を探しています。なにかおすすめの、家計に優しい方法、ローンなどはありませんでしょうか?

家計に優しいローンなどは、ありません。

住宅ローンを考えている場合、一番に考えなければならないことはなんでしょうか?一番に優先すべきこと、それを間違えてしまっては、どんなローンを組んだとしても、失敗に向かってしまうケースが出てきてしまいます。

マンションにしろ、一戸建てにしろ、マイホームを構えることは大変なことであり、多くの方が目標とするところかもしれません。全国平均で、3000万円程度のお金が必要になると言われています。月々に10万円の返済計画でローンを組んだとしても、利息を含めて、完済までには30年から40年といった莫大な時間と労力がかかります。

誰しも、はじめは豊かな生活、円満で幸せな家庭を夢見て、マイホーム購入を考えていると思います。しかし、いつしか家計が苦しくなり、夫婦共働きになり、ローン返済の為に会社を辞めることもできず、家族間のコミュニケーションの時間が少なくなっていく…こんな現実、誰も望みはしないと思います。

一般的に、ローンの返済に当てられる金額は、年収の約25%あたりが限度だと考えられているようです。あなたの考えている計画ではどうでしょうか?できれば、20%まで落とせることが理想と言われていますが、なかなかそうもいかない家庭も多いでしょう。

そして一番の問題となること。返済計画を立てるにあたり、年を追うごとにもっとも変動する出費があります。それが「子供の養育費」。幼稚園や保育園の期間から、小学校、中学校、高校、大学と進むにつれて、子供の生活費、教育費など、出費がどんどん増えていきます。この事を頭に入れずに住宅ローンを組んでしまう家庭が非常に多いことが問題になっています。

ローンを組む際には問題のない金額だった養育費が、年々増えていくため、上述したように、夫婦共々働かなくてはならないようになり、家族揃って食事をする機会も減り、コミュニケーションが薄くなっていき…といったケースに陥ってしまう家庭が、非常に多いようです。

ですので、一番に考えるべきは、家族の幸せ。コミュニケーションをきちんと取れる時間や、金銭的にも余裕を持つことを考えるべきといえるのではないでしょうか。「一生に一度の大きな買い物だから」と、あれこれと条件を良くしていって、住宅費がかさんでしまうということは非常に多いようです。そのことが、逆に、不幸を呼び寄せてしまうといったことは、誰も想像しないことかもしれません。「うちは大丈夫」、「がんばれば大丈夫」などの考えは、一切やめましょう。

「家計に優しいローン」、それは、自身にも優しいローンでなくてはならないということになります。家族に優しいローン。家族にやさしくできるのは、家族であり、あなたです。それはつまり、お金だけの問題ではないことかもしれません。

マンションのローンが家計に及ぼすデメリットについて考えよう!

家を購入することが理想とされている国
マンション購入のローンが家計に及ぼす影響はかなり大きなものがあります。古くから学校を卒業したら大手の企業に就職し、一生そこで働きながらある程度の年齢になったらマンションなど自宅を購入する。これがいわゆる「幸せな家庭」と思われるという風潮は今でも日本の中に強く根付いています。

持家=成功者
確かに「持家」と言うとそれだけであたかもある意味での「成功者」と判断されることもあるでしょう。しかし、持家を購入するときに現金一括で支払えるような資力のある人はそれほど多くはありません。多くの人は自分の家をローンを組んで購入するということになるのです。

計画的な支払いが何よりも重要
その中でも特にサラリーマンともなると、ローンの年数は30年を超えることもあります。このときに良く考えることなくローンを組むようなことになれば、その結果将来の人生において苦しい生活を余儀なくされることもあります。家の購入で人生を大きく狂わされるようなことのないように、生活の基盤をしっかりと確認しながらローンの支払いを進めていく必要があるでしょう。

持ち家派の中には持ち家に適していない人もいる
このような住宅ローンなどの長期にわたるローンの場合、このローンの支払いのほかにも多くの資金をもしもの時のために確保しておくことが望ましいでしょう。ローンの支払いでいっぱいいっぱいな生活をしなければいけないような生活水準であるのであれば、長期のローンで家を購入することはお勧めできません。

お金を貯める時の基本の基本
お金を貯めるときの最も重要なポイントは、毎月の固定費をできるだけ削減することから始まります。その中でも特に家賃や家を購入した時に発生するローンは、毎月の支払いの中では最も大きな固定費になります。この金額をしっかりと調整しなければ、先々大きな負担になることは目に見えています。

毎月の固定した出費を調整することが最も重要
固定費の削減を考えたときには家賃や住宅ローンの支払いを最小限に抑える必要があります。特に購入した家の築年数が大きい場合などには、災害などによる影響も考慮せざるを得ません。そうなってくると毎月のローンの支払いだけでなく、もしもの時の備えに関しても毎月の固定費として負担しなければならなくなるでしょう。

買い時は周りの判断で決めるものではない
確かに今は土地の価格が下がり住宅やマンションの価格も下がっています。大きな買い物をするのであれば「今が買い時」と言われることも多いでしょう。しかし、いくらそのものの買い時が今だとしても、あなたの買い時が今とは限りません。短期的な「今」に慌てて購入したり、周りが買うからと流されて購入するよりは、確実な余裕が生まれてから購入するということが最も理想的であると言えるでしょう。

永遠のテーマの一つであるということは?
家は購入が良いのか、それとも賃貸が良いのかは昔から存在する永遠の話題です。確かに毎月の家賃で持ち家が持てると聞くと、あたかも購入が望ましいようにも感じます。しかし、家を購入することによって生じるのはメリットだけではありません。手続、保険、修繕などその他の支払いも発生するということは忘れるわけにはいかないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.