まともな理由じゃないと借入させてもらえないと聞きました…

借入におけるまともな理由って一体何なのでしょうか?私自身、今まで消費者金融を使ってきましたが、自分自身でまともな理由で借入をしてきたなとは思っていません。

生活費だって本当ならばもっと稼ぎが良ければ使わないで済むわけで、理由としてまともじゃないような気もします。

いったいお金を借りるときのまともな理由ってどういうものがあるんでしょうか?

借入におけるまともな理由というものが何なのか、さっぱりわからないようになってきてしまいました。

業者や詳しい人の間ではどういう理由ならまとも、というように考えられているのでしょうか?

まともな理由は借入において考えなくてもいい

借金をするときに「これだったら落とされてしまうから、まともな理由を考えないと」と思っている人は多いみたいですね。

まぁそれもよくわかります。落ちてしまう可能性もあるというのは後ろめたい気持ちがあるからだと重いますが。

でもまともな理由を書いたから通るけれども、そうじゃない人は審査に落とすということは銀行系カードローンや消費者金融では行っていないと言われています。

ただ、銀行のフリーローン融資についてだけは行っているとも言われているので少し気をつけておかないといけません。

銀行のフリーローン融資だけはその使い道についてのまともな理由がなければ、落とすとも噂されていますので、まともな理由を書いたほうがいいでしょう。

といっても生活費などであれば通ると言われています。

そもそもそのまともな理由というのは一体何なのか?ですが、これはまともな理由の一つとして考えられているのが生活費です。

生活費を借入で何とかするということは当たり前のように行われていて、多くの業者が認めているし、多くの人が使っています。

今や遊興費として遊びに使う人よりも圧倒的に生活費のためにという人のほうが多い、というように言われているのです。

まともな理由だと消費者金融や銀行系カードローンは影響されるのか?というとそうでもないようですから、好きな様に書いたらいいでしょう。

慰謝料を支払うため、医療費として使うため、ギャンブルの借金であるなどです。生活費でもいいですし旅行のためでもいいでしょう。

ただし、嫌われるものとしては借金を返すための借金というのは嫌われます。

これについては書いても書かなくても信用情報でわかってしまうので、どちらでもいいでしょう。

つまり信用情報などは重視しているけれども、この使い道についてのまともな理由なんて言うのは期待していないということなのですよ。

【参考ページはこちら】
銀行で個人借入している人の属性を教えて!

カードローンの借入でのまともな理由とは?

銀行や消費者金融、クレジットカード会社等の多くの金融業者が取り扱っている個人向けカードローンは、担保物件や連帯保証人は原則として必要がありません。

このために、金利は通常の金融商品と比べた場合に高く設定されていますが、その分柔軟な対応を期待する事が出来ます。

そして、何よりも魅力的なのが、審査結果が分かるまでの時間が非常に短いという事です。

特に、スピードにおいて優れているのが、消費者金融系の業者が提供しているカードローンであり、申し込み当日にお金を借りる事が出来る即日融資を実施しています。(こちらもご参考に→消費者金融ならすぐに借りられる?

このために、今日中にお金が欲しいという緊急のケースに対して、十分対応する事が可能です。急いでいる時の利用に向いているという事が、多くの人が利用している人気につながっています。

このように便利なカードローンを利用するためには、借入審査に通過しなければなりません。

審査に申し込む条件は商品ごとに多少の違いはありますが、基本的には20歳以上で安定した収入を得ている人としています。

サラリーマンだけを対象とした商品ではないので、自営業者やフリーター、派遣社員等でも審査に申し込む事が出来ます。
(⇒様々な職業の方におすすめ借入情報

また、これらで収入を得ているのであれば、主婦や学生でも利用する事が出来ます。

さらに、銀行本体が提供しているカードローンの場合は、借入総額を年収の3分の1以内に制限する総量規制の対象から外されているので、自分では1円も年収がない専業主婦も審査への申し込みが可能です。

これは、総量規制は貸金業法という法律に含まれているルールであり、銀行は貸金業法により規制される事がないからです。

銀行法という別の枠組みにより既に制約されており、さらに貸金業法により縛られる事はありません。このために、より幅広い層が利用する事が出来ます。

カードローンは、個人としての利用であれば自由に使用する事が出来ます。

借入審査の際には、利用目的という項目が用意されており、まともな理由であれば審査時にはねられる様な事はありません。

ただし、ギャンブル等の反社会的な理由での利用は認められていません。このような利用の場合は、返済の意思がないと認識されてしまうからです。

また、事業としての資金運用も個人向けカードローンでは認められていません。これは、事業の規模や実績、現在の状態についての調査が行われていないからです。

審査の中心を占めているのは、信用情報機関に記録されている返済履歴や利用残高等のクレジットヒストリーの調査です。

つまり、個人向けカードローンは、信用に基づいて融資が決定されるという仕組みになっています。

融資を行うだけの信用がある事が合格するための条件であり、これまでの実績と申し込み時の返済能力とが問われる事になります。

カードローン共通のルールである約定返済日に指定の金額を遅れずに返済するという事を守ってきたという事が、特に重視されるポイントです。

返済に複数回以上遅れた場合は、遅延という行為として記録されています。

また、自己破産や任意整理等の債務整理を行い、当初の契約とは異なる形で返済した場合も事故として取り扱われています。

これらは記録されている状態の事は、ブラックリストに載っていると表現されています。つまり、審査に通過する事が出来ない状態にあるという事です。

ブラックリストに載っていないという事が、審査に通過するための最低限の条件です。この上で、堅実な実績を積み重ねている場合は、合格する確率は高くなります。

ただし、他の金融業者からの利用残高によっては不合格となる可能性があります。これは、返済能力においてマイナスの評価が下されてしまうからです。

利用残高が多いという事は、毎月の返済額による負担を多く抱えているという事です。新たに利用するだけの余裕がない状態と見なされてしまいます。

利用残高が少ないほど審査に通過する確率は高くなるのは、返済必要額が少ないという評価となるからです。

カードローン審査に申し込む際に提出しなければならないのは、運転免許証等の身分証明書だけです。

希望額や利用残高によっては所得を証明するために源泉徴収票や給与明細書等も必要となりますが、これらは総量規制と関係しています。

つまり、新たに借入を行ったとしても年収の3分の1に達しないという事を申し込み者の側が証明する必要があるからです。

総量規制に違反した貸し付けを行った場合は、消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者は行政処罰の対象となります。

罰金や登録抹消等のペナルティーが用意されており、ルールに従ってのサービスの提供を行わなければなりません。

つまり、所得を証明するための書類は、審査の合否に直接的な影響を与えるものではないという事になります。

このために、年収が少ない場合でもクレジットヒストリーが優秀であれば審査に合格できるという事です。

これが、自身では収入を1円も得ていない専業主婦でも銀行のカードローンであれば利用出来る理由です。

不足した生活費の補充以外でも、旅行、ショッピング、飲み会等のレジャー目的での利用も全てまともな理由として認められます。これらで、お金が足りないと感じた場合には、カードローンは非常に便利な存在です。

どのような目的で利用するのかについて明確な内容を記す利用計画書を提出する必要もありません。

審査に通過するとカードが発行されて、多数の金融機関や主要なコンビニエンスストアーに設置されているATMで入出金を行えるようになります。外出先でお金が足りなくなった時には、非常に頼りになる商品です。

現在では、サービス内容はさらに進化しており、指定の金融機関の口座を利用して融資も行えるようになっています。

つまり、カードローンと名付けられているにもかかわらずカードなしでの利用が可能という事です。

インターネットでの利用を組み合わせる事により、自宅から全ての手続きを完了させられる環境が形成されています。店員と顔を合わせる必要がないというだけではなく、ATMに足を運ばなくても良いという事です。

さらに、商品内容も以前とは大きく変わっています。カードローンは、個人向けの小口の融資として認識されていた商品です。

これは、無担保という事と関係しており、返済不能となった場合のリスクに備えての商品内容です。ところが、現在では限度額が500万円を超える様な大型の商品も登場しています。

カードローンの金利は、利息制限法の範囲内で設定されています。利息制限法は、弱い立場にある借り手を守る事を目的として施行された法律であり、元本によって金利が変動するという仕組みです。

元本が10万円未満の場合の上限は20パーセント、10万円以上100万円未満は18パーセント、100万円以上では15パーセントです。

このために、限度額が大きくなるほど金利は低くなっていきます。無理のない返済を行える状況になるという事です。

ただし、契約開始時から大きな金額の借入を行えるという事ではなく、信用を積み重ねるにつれて増額させるというシステムとなっています。その最高額が、提示されている利用限度額です。

信用を積み重ねる具体的な方法は、ルールを守っての利用を継続するという事です。遅れることなく約定返済日までに指定以上の金額を返済するという行動が、評価を高める事につながります。

期間についての明確な基準は公表されていませんが、最低でも半年以上の実績が必要となります。

限度額が大きくなっても資金使途が自由であるという事に代わりはないので、まともな理由であれば自由に使用する事が出来ます。さらに、大きな目的で利用できるようになるので、可能性が広がる事になります。

それと同時に金利が下がる事により返済の負担が軽くなるので、ルールを守るという事はカードローンを利用するに当たって非常に重要なポイントとなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.