多重ローン状態だと車ローンの借入も出来ないのでしょうか?

多重ローン状態なのですが…そうなると車ローンの借り入れはできなくなりますか?

ちょうどこの前フリーローンにてお金を借りたのですが、その直後に別件でお金が必要になりました。

仕方なくまた他所からお金を借りる事でとりあえず凌ぎましたが、予期せぬ事態に多重ローン状態になってしまいました。

こういう状態になると後が大変だ…というのは分かっていたし、実際にそうならないように努力もしていました。

だけども現実はそう都合良くはいかず、結局は複数の負債を抱える事になったのです。

これから車のローンを組もうかなと考えていた矢先というのに、全くついてないです…。

多重ローンならさすがに車は諦めようかなと思っていたのですが、購入しようとしていた車は期間限定のモデルだったので、是非とも欲しいのです。

だからもしも借り入れが成立するというのなら車ローンを使いたいのですが…やっぱり多重ローン状態だとダメですか?

一応今現在まで返済に遅れた事は無く、仮に車ローンを組む事になったとしても、無難に返済を続けていけると思っています。その辺を相談したとしても、車ローンは組めないのでしょうか?

申し込みは出来ると思いますが厳しい状況なのは事実です

自分が望まないところで借金を複数抱えるはめになってしまった…こうした事を嘆く方は少なくありません。

ある人は詐欺師に騙されたり、またある人は不正にカードローンを利用されてしまったり…こうなっても自分が返済しないといけない事も多いのが融資の辛いところです。

だからこそ普段からお金の管理は徹底すべきですし、今回の事の場合はそうした不正利用などでないのが救いとも言えますね。

今回の複数の負債がある状態ですが、この状態である事を車ローンを組む時に申告したとしても、門前払いになるというわけではありません。

簡単に言えば、多重ローン状態でも審査を受ける事はできますし、それに通過する可能性だって0ではありません。

実際に、似たような状態であっても車ローンが組めて助かった…という声を耳にします。つまりは質問者さんもすぐに諦める必要は無いという事になりますね。

しかし、多重ローン状態というのは信用情報機関に登録されてしまっており、それは車ローン審査でも担当している金融業者がチェックする事ができるでしょう。

多重ローンというのは、好まれる状態ではありません。

借りている総額にもよりますが、やはり通常に比べて大きく審査で不利になっているのは否めず、審査を受けてもダメだった…となる可能性は高いです。そうなると一括払いなどじゃないと買えない事もあるでしょう。

もしもより確実に車ローンに通りたいなら、販売店が用意しているローンが無難です。

このローンはかなり通りやすいものを用意しており、このローンに通らない限りは販売も出来ない事もあって、審査通過の為に協力してもらいやすいのです。

【参考ページはこちら】
車のローンを組みたい人

車ローン借入出来ない多重ローンを持つ方が改善できる2つの方法

自動車を購入する為にローンで分割払いをする方は多いものです。高額な買い物になりますから、購入代金の全てを一度に支払うと貯蓄を大きく切り崩してしまいます。

しかし、分割払いができれば貯蓄を維持したまま自動車の購入ができますから、利子がかかる事を考慮しても利用を検討するだけの価値はあるものです。

しかし、利用をする上で避けて通れないのが金融会社によるローン審査です。金融会社は利用者に数年間、購入代金を融資して、その間、利用者から利子を含めた分の返済金を毎月支払ってもらう事で利益を得ます。

この為、途中で返済が滞らないように安定した収入源を持っている顧客かどうか、利用契約を締結する前に審査をするのです。

ここで、利用を希望している方が気になるのは「自分は審査に通るだろうか」という事でしょう。

特に、多重ローンのある方は「そもそも、契約締結自体が出来ないので借入も難しいのではないか」と心配になるものです。

多重ローンがある事での心配の原因としてありがちな理由の1つは、総量規制です。収入の3分の1までの借入までしかできないように規制する法律がある為、契約締結が法的に禁止されていると思いがちです。

しかし、車ローンは総量規制の対象外ですので、必ずしも多重ローンを抱えているからといって審査に通らない訳ではありません。

ローンの有無に関係無く、契約締結は可能です。ただし、法律の規制外である事と審査の対象内である事はイコールではありません。

法律の規制外である事はあくまで契約締結の最低条件であり、審査を通過するには、その最低基準を上回る経済環境がなければいけないのです。

現在、多重ローンの状態にある方が審査を通過して契約締結に至るには、金融会社から見て信頼関係と互恵関係とを築ける顧客になる事が大切です。その為の改善方法としては、

つがあります。

1つ目は、債務の完済です。完済といっても、返済に苦労をしているからこそ車ローンを利用したいのだと考えている方も居るでしょう。しかし、金融会社はボランティアではなく営利活動として融資を行っています。

困っている人に融資をするのではなく、顧客に利便性のあるサービスを提供する対価として利子を得ている事を忘れてはいけません。

数多くある債務の完済をする為には、様々な方法があります。その中の1つとして、利用検討をする価値がある有効な方法が借り換えです。

借り換えは様々な金融機関が提供している金融サービスですが、いずれも既にある債務を別の金融会社で借り換える事で債務総額を減らす物です。

基本的には、より安い金利の金融会社で借り換える事で債務総額を減らすものですから、金利の高い金融会社への債務額の多い方は、借り換えという形で債務総額を減らしやすいと言えます。

ただし、利用する上で注意しなければいけないのが手数料の存在です。借り換えには事務手数料を始めとして様々な手数料がかかり、それなりにお金も必要になります。

借り換えで金利が低くなっても支払いの総額は変わらないケースや、むしろ増えてしまったというケースもありますので、利用前に計算をしっかり行わなければいけません。

また、金利の形態にも注意が必要です。金利は低ければ何でも良いという訳ではありません。金融会社が借り換えプランで示す金利には、固定と変動の2種類があるからです。

固定金利の場合は、借り換えから完済まで金利は変わりません。もし、金利が2%であれば、2%の金利がずっと維持されていきます。

しかし、変動金利の場合は返済をしている間に金利が変わって高くなるリスクがあるものです。

この為、借り換えをした当時は金利が凄く低くても、すぐに金利が上がって借り換え前と変わらなくなるという場合もあります。

変動金利は上手く利用できれば利子をとても低く抑える事もできますが、予想に反して利子が上がってしまうと困るという事は覚えておきましょう。

利子が上がれば別の金融機関で再度借り換えれば良いと思うかもしれませんが、その場合はまた手数料がかかるという事を忘れてはいけません。

金利の変更は借り換えの1度きりと考えて、利用する会社やプランは慎重に選ぶべきです。

借り換えを上手く利用すれば、多重ローンの状態でも返済をしやすくなるでしょう。返済がしやすくなれば安定して債務件数と債務総額を減らしやすくなります。

実際に債務件数と債務総額が少なくなれば、審査に通り易い経済環境が整ってきたと言えるものです。

2つ目は、信用の蓄積です。金融会社が審査において重視するのは十分な収入というイメージというが持たれがちですが、収入以外にも信用の有無が大きな審査要素となっています。

金融会社は様々な形で顧客の信用性を判断しますが、その代表例の1つがクレジットカードの利用履歴です。クレジットカードは、その名の通り経済的信用のある方でなければ作成できません。

その上で、引き落としが確実に行われている事を確認して、金融会社は支払いのスムーズな顧客であると判断するのです。

金融会社が顧客の審査をする時、クレジットカードの情報を調べる為に信用情報機関へ照会をします。

信用情報機関にはクレジットカード所有者の情報が保管されていますので、ここで引き落とし不能があった事が判明すれば、金融会社との信頼関係を築きにくくなるものです。

逆に、クレジットカードの利用がしっかりしていれば、契約締結後に返済をスムーズに行ってくれる顧客となります。

これは審査で有利な要素です。この為、クレジットカードは所有するだけでなく、一定の利用が必要であるとも言えるでしょう。

もし、クレジットカードを利用していないのであれば、金融会社からは経済的な信用性の判断しにくい顧客と見られる場合があります。

金融会社によって判断が分かれる所ですが、単に審査結果が出るまで時間をかけるというケースもあれば、利用履歴が無い事が原因で審査に落ちるというケースもあります。

クレジットカードは適当なタイミングで使っておくのが審査で落ちにくいものです。

所有していない場合は、利用履歴が無いのと同じように金融会社の審査は分かれるものです。

いずれにせよ、審査上の不安定な要素となります。契約締結をしたいと考えているのであれば、クレジットカードを1枚でも作成して利用しておくに越した事はありません。

信用性の調査は、クレジットカードだけでなく様々な料金の支払いにも行われます。例えば、携帯電話の利用料金を滞納した事がある方は、収入が多くて勤続年数も長く社会的地位が高い方でも契約締結ができないケースもあります。

また、公共料金の支払いを滞納していたり、納税を滞納している場合は、同様に契約締結に影響が出る場合があるものです。

勿論、現在の債務返済を滞納している場合も、審査に影響があります。

どのような支払いであれスムーズに行っておくことは、それだけで信用の確保に繋がるものであり、審査に落とされる要素を作りにくい行動となります。

引き落とし不能や滞納を起こさないようにする為には、お金の管理をしっかりと行う事が大切です。

出納帳を付けるまではしなくとも、簡単な家計簿をつけるだけでも収入や出費をわかりやすくしたり、カードの利用環境や種々の料金支払いを把握しやすくしたりできます。

家計簿はノートにペンで記帳する以外にも、パソコン用のソフトやスマートフォン用のアプリとしても存在しています。

こうした電子家計簿は操作が簡単で、記帳の面倒も少なく、いつでも素早い情報検索ができます。自分がいつ何を買ってどのくらいのお金を支払ったかを調べるのも気軽にできるものです。

家計簿をつける事や見直す事により、無駄な出費が減って経済環境が好転しやすくなります。これは、引き落とし不能や滞納の予防だけでなく、債務返済の手助けとなってくれるでしょう。

現在の経済環境では金融会社から借入が出来ない状態でも、経済環境の改善次第で十分に審査に通る状態へ持ち直す事はできます。

借入出来ないと諦める事はありません。改善しやすい小さな事から始めれば、やがて上手くお金の節約や管理ができるようになります。簡単な事から取り組む事で、無理なく自然と金銭の習慣が身に付くものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.