複数先からの融資は借入条件にどのような影響が?

よくいろんな会社から借り入れをしているっていう人がいるのを見かけます。

私は一社からしか借入を指定なんですけれども、複数先からの融資を受けるのはある程度意味があるのだろうなと思います。

私には今のところ必要ないので、一社だけなんですが。

いろんな会社から借入をして、複数先からの融資を受けるのであれば借金の条件というのはなにか変わるんでしょうか。

今のところ一社しか使っていないのでわからないのですが、新たな条件が付け加えられたりするものなのですか?

複数先からの融資で借入条件はどんどん厳しくなる

一般的な話ですけれども、複数先からの融資を行っている人と全く借入をしていない人が新しく消費者金融や銀行系カードローンを使うとなると、申込み審査にはだいぶ違いが出てくると言われています。

まず、複数先からの融資を受けている人の場合は通らない可能性もあります。

収入や職業などが同じだったとしてもです。一方借入がない人の場合は審査に通りやすくなります。

これは複数の借入をしてはいけないというわけではないんですけれども、借金にはルールというのがあり、そのルールを守るためには仕方ないことなのです。

会社ではいろいろな銀行と取引をして融資を受けるというようなことをしている会社もありますが、個人ではその時に制約がかかるのです。それが総量規制というものです。

総量規制は年収の3分の1までの枠しかもらえないというように決まっていて、それを超えると業者側が罰則を受けるので、貸出をしてくれる業者を探すのは至難の業でしょう。

100万円の枠があるとしたら、その枠を多くの業者が取り合う形になります。

ですから50万円どこかの業者が化していたら、あと50万円しか他の業者は貸し出せないということです。

じゃあ銀行系カードローンならという考えもありますが、銀行系カードローンでは総量規制は関係ありませんが、たくさん借りている人は返済できない可能性が高いと考えて貸出を渋る可能性が高いとされています。

ですので、複数先から有しを受けている人は「この人は返済できない可能性が高い」と捉えられて、借りられないか借りられても枠が小さいということがよくあるのです。

ですので複数先からの融資というのはあまり良くないということになります。

おそらくそれだけ借りている人というのは後で一本化をしないと返済だけで首が回らなくなって破産してしまう可能性も高いといえるでしょう。

一社だけを使っているという質問者の考え方というのは非常に正しいということです。

複数先からの融資を受けて借入金の返済が困難になったとき

ある程度のまとまった金額が必要になったときに、そのお金を自分の力だけでは用意できないようなケースではどこからかそのお金を調達しなければならなくなります。

その際に必要としている金額の大半を自分で用意することができ、残りの足りない分が少額であるのならば身の回りの誰かに頭を下げて不足している金額分を借入れることも決して無理なことではありません。

しかし、必要としている金額のほとんどが自分では用意できないような場合には、融資をしてくれるサービスを利用してお金を借りなくてはならないことになります。

個人がお金を借りる手段として比較的敷居が低いサービスとしては消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンがあります。

消費者金融の場合、全国に店舗が点在していますし、無人契約機やネット上での申し込みにも対応しているのでいつでもキャッシングの手続きができるという手軽さがあります。

また、カードローンの場合、このサービスは銀行が提供をしているものですが、銀行では近年、個人向けの融資に非常に力を入れているのでそのサービスの内容は消費者金融のキャッシングとほぼ同様となっており、手軽さの面ではキャッシングと比べても遜色はありません。

また、キャッシングよりも金利が低いというのがカードローンの大きな特徴となっています。

もしも、必要としているお金が自分の年収の3分の1の範囲内に収まるような額であるのならば、利便性の面で消費者金融のキャッシングがとても便利です。

消費者金融のキャッシングならば、銀行のローンを利用するときのように面倒な手続きは必要ないですし、審査の基準も甘いからです。

そのため、調達しなければならないお金があまり大きくはない金額であるような場合には、消費者金融のキャッシングというものは非常に利便性のある使い勝手のいいサービスだといえます。

実際に申し込みの手続きを行うときもその方法がいくつも用意されていますし、融資されるまでに時間が掛からないという点もキャッシングの魅力のひとつとなっています。

しかし、消費者金融のキャッシングはいくら審査が甘いといわれていても、所定の審査の基準を満たしていない人の場合には厳格な審査結果が出されてしまうことになるので、キャッシングの申し込みをしたからといって必ずしも希望にそった融資を受けられるとはかぎりません。

実際に消費者金融のキャッシングを申し込む場合、審査では特に年収が重視されることになります。

消費者金融のキャッシングでは消費者個人の信用力に対して融資が行われるので、融資を受けるためには借入れたお金を必ず返せる能力があることを消費者金融側に証明する必要があります。

もしも、十分な収入が得られていないような人の場合、返済能力が乏しい人物とみなされてしまので、キャッシングを利用するための最低条件としてある程度の金額を安定して稼ぎ続けているという条件を満たす必要があります。

そのため、安定した収入を得るためには仕事をしている必要があります。残念ながら無職の人に関してはキャッシングの利用はすることができません。

また、収入が少ない人の場合、キャッシングで借入できる金額はどうしても少額となってしまいます。

なぜならば、消費者金融のキャッシングを利用して融資を受ける際には総量規制の貸付の制限を受けてしまうからです。

消費者金融を利用する場合、融資を受けられる金額には年収によって上限が決められています。

この上限というものは一律で決められているのではなく、キャッシングを利用しての融資を希望する人の年収に比例しています。

つまり、年収が多い人であれば融資を受けられる上限も高くなり、反対に収入が少ない人は上限が低くなってしまうのです。(こちらもご参考に→収入少なくてもカードローン利用できる?

消費者金融から融資を受ける場合、年収の3分の1を超える金額の融資は受けられないようになっているためです。

年収の3分の1を超えるような金額の融資に関しては消費者の返済能力を超えてしまう可能性が高く、消費者金融側は貸し倒れのリスクが高まってしまい、消費者側は返済を継続していくために借入先を増やすなどをして多重債務の状態になってしまう危険性があるからです。

そのため、法律によって消費者が融資を受けられる金額に年収に応じた上限を設定しておくことで、お金の借りすぎによる多重債務などの状況に陥らないように保護をしているのです。

上記の理由から、総量規制による貸付制限に引っ掛かってしまった場合、たとえ他の消費者金融から不足分のお金の融資を受けようとしてもそれ以上の融資は受けることはできません。

なぜならば、総量規制では複数先からの融資ひとつひとつを別々にカウントするのではなく、複数先からの融資を合計した金額で計算するようになっているからです。

そのため、複数先からの融資の額を合計した値が年収の3分の1を超えた時点で新しい融資を受けることはできないようになってしまうのです。

上記の事情から必要としているだけの金額のすべてを消費者金融のキャッシングのみでは調達することができなかった場合、次の手段としては銀行のカードローンに頼るといった方法があります。

銀行のカードローンは、銀行のほかのローンのように手続きが複雑ではなく、消費者金融のキャッシングと同様に非常に手続きが簡便なものになっています。

基本的には身分を証明する運転免許証や収入を証明できる給与明細書があればいいだけなので、場合によってはすぐにカードローンの申し込みの手続きを始めることができます。

カードローンでは銀行がこのサービスを提供していることもあり、キャッシングと比較すると審査はやや厳しいと言われてはいますが、仕事をしていて毎月の給料が安定している人であればほとんどの場合には審査に落とされてしまう心配はありません。

また、銀行のカードローンの特徴として総量規制による貸付の制限がないという点に注目です。

カードローンでは年収の3分の1を超える金額であったとしても審査の結果次第では希望する金額の融資を受けることも不可能ではありません。

ただし、審査の段階ではその時点での借入の状況などがチェックされることになるので、消費者金融などの複数先からの融資を受けているような場合、返済能力に不安があるとして融資を断られてしまう恐れがあることに注意が必要となってきます。

ただし、無事にカードローンの審査に通った場合、消費者金融のキャッシングよりも低い金利で融資を受けることができるので、返済時の利息の負担はずいぶんと軽いものになるため、がんばって返済を続けていけばキャッシングよりも返済期間は大幅に短縮することも可能です。

消費者金融のキャッシングも銀行のカードローンも個人がお金を借りる手段としてはとても便利な存在となってくれますが、その利用にあたっては消費者側がきちんと節度を持っておくことが必要です。

たしかにキャッシングもカードローンも自分のお金を預金口座から下ろすような手軽な感覚で融資を受けられますが、そのようにして手にしたお金はあくまでも借金であるという意識を持っていなくてはなりません。

いくら簡単にお金を借りられるからといって安易な考えで融資を受けていると、自分で意識をしていないうちに融資を受けた金額が大きくなっていることがしばしばあるからです。

もしも、そのようなことになってしまった場合、毎月返済しなければならない金額が増えていくことになりますし、その際に支払う利息の負担も決して無視できない金額となってしまいます。

下手をしたら毎月の返済に充てるだけのお金が不足してしまい、そのお金を用立てるためにヤミ金などの悪質な業者と取引をしてしまうかもしれません。

そうなってしまわないためにもキャッシングやカードローンを利用する場合には消費者自身が節度を持って、なおかつ無理のない返済計画を立てて上手にお金を借りることが大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.