女性が借入れする方法で有利に借りられる方法を教えて!

昔に比べると女性が借入れする方法って増えていると思うんですが、女性専用というようなものはあまり見かけなくなりました。

昔はレディースローンとか主婦向けの貸出っていうのがいくつかあったと思いますが、最近は男性と一緒のものが増えているようですね。

でも女性が借入れする方法はある意味で男性と一緒になっているので、男性の使えるものも使えるようになったということで結構いいのかなと思います。

その中でも女性が使って一番有利になるような方法というのは一体どういうものがあるのでしょうか。

女性向け、主婦向けのカードローンが幾つかある

借入をするときに女性がやりやすくなったかどうかというのは判断が難しいところです。

とは言え使える場所が多くなっているというのはそのとおりでしょうね。昔よりも女性が申し込みできるところは増えているのですから。

しかし女性が申し込みできるところが増えていたとしても、申込みが通るか、審査に通るかというのはまた別の問題です。審査に通るところもあれば通りにくいところもあり、有利に使えるところが増えているかはわかりません。

ただ、女性が使いやすいカードローン自体は存在します。

それは専業主婦向けであったり少なくなってきてはいますがレディースローンと言われているところだったりします。

特に最近はネット銀行系のカードローンが主婦向けのものをたくさん作っていて、ここを使うのはオススメできます。

ネット銀行系のカードローンとして主婦向けのものがいくつかありますが、こちらは女性の内情というのをよくわかっています。

女性はパート・アルバイトが多くて、出世もしにくい。専業主婦もいるので収入がない人もいるけれども、夫の収入で生活している…
(⇒パート主婦は何社まで借りられる?

というようにいくつかのパターンというのをしっかりと把握しているために、女性のための借りやすい商品を作っているのです。

あるネット銀行系はかなり有名になってきましたが、専業主婦でも借りられるようになっていますし、専業主婦が使いやすいようにスーパーにもATMがあるのです。

他にもレディースローンはいくつか残っているのですが、そこでは女性向けに使いやすいような工夫というのがされています。

男性が店頭では対応をしないであるとか、女性に好まれるようなカードのデザインにするなど、女性特有の考え方をよく理解しているのです。

もちろんまだまだ女性向けというよりも男性向けに設計されている消費者金融や銀行系カードローンが基本的には多いと思います。

しかしそれでも使えるところが増えているのは確実です。そして専業主婦などの収入が低い人も使えるところが増えています。

借入というと女性のものというより男性のものというイメージが強いでしょう。でも日本でも女性は社会に進出してどんどん仕事をしていって、お金を稼ぐようになっています。

もう女性も男性と同じくらい借入を使うというのが当たり前の時代になったのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
専業主婦は闇金以外で借りられる?

女性が借入れする方法に特別な方法はあるか

女性の人が借入を行う場合、男性とほぼ変わらない条件となっています。

女性が男性に比べて融資を受けにくいとされているのは、収入の少なさや職種の面、または専業主婦のような無職の状況の人が借入をする場合では、優先されないというものですが、あくまでも噂の中での話であり、実際には女性でも気軽に借入の申し込みの出来る金融会社は沢山あります。

女性が借入れする方法に何か特別な方法があるかというと、コツとか裏技があるというわけではありません。ただ女性専用の融資のサービスを設置している金融会社があります。

従来では女性が融資を受けるための申し込みはあまり少なく、申し込むとなると抵抗を持たれていたものですが、安心して申し込みが出来るように女性のオペレーターが応対し目的に応じて最適なローンを組むことも出来るようになりました。

はじめて女性が借入れする方法では店舗に来店すると良いのか、どうやって申し込むかとか、人目につきたくないと言う不安を抱える人も多いのが現状です。

そこで女性の方でも借りやすいように工夫されたレディースキャッシングなどが登場し、実際に利用する女性も増えてきました。
顧客は女性に特化され窓口で相談をする場合にはオペレーターは必ず女性が担当となってくれて応対してもらえるので、相談も安心して行えます。

また働く女性や主婦の方の申し込みでは審査が若干緩くなるところも特徴であり、現状としては働くと言う面で男女の差はなくなりつつありますが、給与の手取りなどを考えると女性の方が少な目であることから、審査の基準に収入の額がある以上、女性の審査基準は引き下げられ男性と同じ位に借入をすることが可能になっています。

このように女性専用の融資のサービスが誕生したのも、現代では女性でも借入を行うことは普通という考えのもとで成り立っています。

今でも性別による生活圏内の差というものは存在していますが、こうしたものをなくそうとしている試みが女性を専用としたサービスの提供にあらわれています。

女性でもお金が必要になるとそれに応じて借りることの出来る環境づくりが積極的にすすめられています。

借入れの申し込みはインターネット経由によって安心で簡単に手続きが出来ますので、ひと目にふれずに安全に利用が出来るところが特徴です。

借入れの限度額も幅が広く設定されておりCMでも有名な即日で借り入れの可能なところもあります。

収入の面についてはパート勤めをしている女性の場合、収入があるので無職の人よりも科借入れの申し込みが出来る金融会社の幅は広がります。

一般的な消費者金融から銀行系のカードローンなどをあらゆる方法にて申し込むことが出来ます。

消費者金融系の融資に関しては一般のサラリーマンと同じく総量規制の対象となっているため、年収の3分の1までが借り入れの出来る限度額となっています。

銀行系のカードローンに関しては総量規制の対象外となっているので、年収の3分の1の限度に左右されずに借入れの上限額を設定出来ます。

申し込みも身分証明の出来る書類の提出だけで審査の手続きが可能です。

一般の消費者金融においては用意する書類が多数ありますが、書類に不備がなければ審査にもほぼ通過して融資を受けることが出来ます。

パート勤めをしていない専業主婦の場合、借入れの申し込みが出来るのかと言うと、まったく不可能ではなく融資を受けられる金融会社のサービスはあります。

専業主婦の場合は自己の収入がないため、お金を借りることが難しいと言われていますが借入れのサービスは受けられます。

こうした人を対象とする女性限定のキャッシングサービスもありますので、探してみるのも良いでしょう。

専業主婦でも夫の収入以外に急な出費などでお金が必要になった場合に、借入れのサービスを利用することが出来ます。

女性が借入れする方法にはどのような方法があるのかですが、金融機関で分けると2種類の方法があり、ひとつは銀行系のカードローンになります。

銀行のカードローンでしたら総量規制の対象外になっているので主婦でも借り入れが難しくありません。店舗で設置されているATMにおいて借入や返済が自由に出来ます。

もうひとつの方法としては消費者金融があり、一昔前はサラ金と呼ばれて敬遠されがちなものでしたが、それぞれの金融会社はCMなどでアピールを行い、申し込み方法も充実して以前のような悪いイメージを払しょくしました。

それぞれの方法において金利は消費者金融の借入の方が高めですが、実際に融資を受けられるところや自分が可能な支払方法を選べるところなど、自分に合った融資先を選んでみるのも方法となります。

女性が借り入れする場合、一番重要になるのが安定的な収入があるかということです。

専業主婦の場合は収入がないことから総量規制のある賃金業者では、計算のもとになる年収がゼロなので貸付の出来る額もゼロということになります。

やはり総量規制のある賃金業者からの借入は難しくなります。専業主婦が借り入れを検討するなら総量規制の対象にならない銀行のカードローンに申込むのが無難かも知れません。

パートやアルバイトを行って安定的な収入のある人の場合でしたら、賃金業者からの融資も可能です。正社員として働いている女性の場合でしたら融資の申し込みの審査で問題になることはありません。

金融会社によってはパートやアルバイトでの収入が安定的な収入と判断されるかは、扱うところによっては違ってくるので、安心であると言い切るのは難しいところです。

総量規制の対象となっている賃金業者で借り入れの申し込みをするのでしたら、勤務は週5日以上で合計15時間以上は勤務しているといった、決まった契約の上で勤務していることが分かれば、融資のサービスを受けることは難しくないでしょう。

この場合借入が出来たとしても、年収の3分の1の額で限度額が設定されてしまいます。たとえば年収が90万円だとすると借入の出来る限度額は最高でも30万円という計算になります。

専業主婦が融資を受けるには夫に安定した収入があることで借り入れの申し込みは可能になります。

その場合は配偶者の収入が証明できる書類の提出が必要になります。賃金業者で融資を受けるのでしたら総量規制の対象となっていますので、夫の収入の3分の1の額が限度額に設定されます。

主婦が借り入れの申し込みをする際に、夫にバレずに手続きを行えるかを考える人も少なくはありません。(こちらもご参考に→他人にばれないように借入するには?

大抵は夫に堂々と借入をすると打ち明ける人は少なく、やはり借入を行うことは借金をすることとなるので後ろめたい気持ちを持つ人もたくさんいます。

借入れの申し込みをして夫をはじめとした周囲にバレてしまう場合としては在籍確認の連絡や、カードやDMなどの郵便物などが挙げられます。

在籍確認の連絡に関しては申し込みの際の審査で絶対に必要になりますので、これを拒否することは出来ません。

しかし在籍確認の電話に関しては金融会社名は名乗らずに個人名で電話がかかってきます。

なので融資をした会社名がバレる確率は低いです。郵便物に関しては申し込みの際に時間指定をすることで家族にバレることなく受け取りが可能になります。

DMに関しては設定出来る場合があり、受け取らない設定しておくことで不要な郵便物が来ることはありません。これはダイレクトで申し込んだ際のメールにおいても同じように設定が行えます。

さらに周囲にバレないように気をつけておきたいことが、督促の電話連絡です。

返済は毎月決めた額を計画的に支払うことが出来れば何の問題もありませんが、支払の遅滞が起こった場合、融資先から督促の連絡は必ずあるものです。

この場合でも自宅に電話をかけてくることがあっても開いては会社名を名乗ることはありません。

しかし電話連絡を受けた他の家族の人には勘によって気づかれてしまうケースもあるので、支払いが滞ることだけは気をつけて利用を行うようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.