無職でも内定があればお金は借入れできますか?

26歳、つい最近仕事の内定がようやく決まりました。内定先は製薬会社の営業です。

出来れば営業以外の部門が良かったのですが、無職から脱するなら贅沢は言ってられません。今は本当に働き口が無いですからね…。

26という年齢からも分かると思いますが、私は大学を卒業した就職浪人というやつでした。

最初は公務員を目指していましたが、途中から一般企業に切り替え、しかしすでに遅くなかなか内定が得られないまま卒業、実家の世話になる事でいきていられました。

もうこうなったらアルバイトでも…と思いましたが、住んでいる場所の都合で手軽なバイト先が全然無くて、それならちゃんとした仕事が決まるまで家事でもしてて、という親の言う通り家事と就活の日々を過ごしていました。おかげで無駄に料理もうまくなりましたよ…。

でも、ようやく仕事も決まって安心してお金を稼げる…そう思っていたのですが、ふと問題が生じました。

それは運転免許証です。私は実はまだ免許が取れていませんので、よくよく考えたら営業の仕事で不便じゃないか?と内定が決まった今になって思いました。

一応免許必須とは書いてなかったから大丈夫かもしれませんが、それでも無いよりはある方が通勤も楽になりますし、今から取りたいと思います。

内定先に就職するにはまだ時間がありますから、合宿を使えば何とか間に合うと思います。

その合宿代ですが、さすがに親に出してもらうにはかなりの金額なので、出来れば融資をして捻出したいのですが…無職でも内定があるだけでお金って借入できますか?厳しいかもしれませんが、どなたか教えてもらえると助かります。

内定だけでは無理ですね

内定おめでとう。営業というときつい部門というイメージが強いけど、人によって相性はあるし、会社によっては営業でもやりがいがあって楽しい場合もあるからね。

仕事内容については、おいおい覚えていくくらいの気持ちでもまずは良いんじゃないかな。

そして営業につきものと言えば運転、そして必要になるのが免許証というわけだ。

免許証っていうのはお世辞にも安い金額とは言えないから、それを取る為には大金をさっと用意しておく必要がある。そのお金を融資で用意するのは良くあるケースだろう。

社会人をしていれば本人名義で融資を受ける事も出来るわけだけど、内定があるとはいえ無職という立場でお金が借りられるかどうかで言えば、残念ながら難しいと言わざるを得ないだろうね。

理由についてだけど、内定っていうのはそもそも取り消しの可能性だってあるし、何よりも今現在は収入が発生していない状態である、というのが現実だ。

融資審査では今現在がどうなのかというのが一番大事だから、内定のみでは無職と変わらないだろう。

無職でも何らかの収入があれば良いけど、内定だけで収入も仕事もない無職ではお金は借りられない。(こちらもご参考に→モビットなら無職でも借りられる?

厳しい現実だけど、今は両親に工面してもらったり、就職が完了した後に申し込むべきだろうね。

お金借入で重要な要素となる無職という属性

お金借入の際には、貸し出しを行う業者の審査を受ける必要があります。

この査定は、各業者により基準が変化するもので、申し込みをする際にも、時期に応じて各業者が基準を変化させるという特徴があるものです。

そのため、審査に通過しやすい業者があったり、場合によっては特定の時期により簡単にサービス利用が許可される事もあるのです。

この審査では、各申込者の個人情報を確認し、それぞれの項目を評価していく形式で審査が行われます。この審査をパスすれば、幾つかの重要事項の確認が行われ、サービス利用が出来るようになるのです。

しかし、この審査には容易に通過できるケースと、比較的審査に通過しにくい場合があるのです。

これは収入面の安定性が重視されることから、雇用形態などの要素が大きく関係する事になり、無職の方などは注意が必要になるポイントとなります。

この審査に通りやすい申込者の方の特徴としては、評価が高くなる職種があります。

一般的には、職業という項目では安定性が重要な要素になることから、医師や会計士などといった知名度の高い職種の方の場合は、問題なく審査に通過出来る事が大半です。
(⇒借入審査に通りやすい職業を教えて!

また、専門的な資格を保有する税理士の方や、看護師の方なども評価の高い職業となっています。

このような職種に加え、大手企業に勤務する方も、収入の安定性という側面が高く評価され、問題なく融資を受ける事が出来るようになります。

さらに、公務員や教師といった、継続的な勤務が一般化している職種も、信頼性という面から短時間で融資を受けられるものとなっているのです。

そのため、特定の職種や、特別な有資格者は審査に有利な条件となり、キャッシングやカードローンなどを含め、簡単にお金借入ができるようになります。

しかし、収入の安定という面からすると、自営業主の方や派遣社員の方の場合は、審査では評価が低くなってしまう事もあります。

これは融資の可否に直結するほどの大きな問題では無く、他の審査項目で評価が高ければ、十分に融資を受ける事は可能です。

しかし、無職の方やアルバイト勤務の方の場合は、より積極的に融資を提供しているサービスや、専門的な融資を利用する事が重要で、このようなサービスを利用すればお金借入が出来るようになります。

幾つかの勤務形態で評価が不利になる理由としては、勤務先に関する情報の確認がとり難いという面があります。

これは勤務先の住所や電話番号の確認がとれないことで、収入の安定性の評価が困難になるためです。

融資を提供する金融機関は、申込者の素性を把握する為に、勤務先だけではなく、その勤務履歴や特定の部署なども知る必要があり、これらの項目が総合的に評価され、個々の申込者に応じた適切な金額の融資を提供する事になるのです。

そのため、職に関連する項目は、お金を借りる際には重要なポイントとなります。

そして、お金を借りる際の審査では、勤務先の知名度や規模も重要になることがあります。

これは大企業の場合は、その企業の情報を簡単に確認できる為で、資本や経営状況なども照会しやすいために、審査が容易に行えます。

また、大きな規模の会社に勤務している方の場合は、社会的な信用度も高くなる傾向があり、このような要素が高く評価され、融資の可否の判断に利用されるのです。

また、金融機関からお金を借りる際には、雇用形態というポイントが重視されます。

これは短期的な就労で生計を立てているアルバイトの方の場合は、特定のサービスに申し込みをしたほうが、より審査に通過出来る確率が高くなることに加え、派遣という形態で働いているような方でも、特定のサービスに申し込みを行う事で、より有利な条件でお金が借りられることもあります。

この派遣という雇用形態で働いている方の場合は、所属している会社名が重要になるので、申し込みの際には、この本社の情報を入力する事が重要です。

また、パートやアルバイトという非正規の雇用形態の場合は、審査基準が厳しくなる傾向もある為に、予め幾つかのポイントを押さえておき、上手く申し込みを行う事が大切になります。

これらの雇用形態の場合は、無職とは異なりますが、融資の希望条件に工夫を凝らすことで、より審査に通過しやすくなるのです。

これはサービスに付属する機能などがある場合に、過剰なものを取り除くことで申込みに有利になることがあります。

そのため、必要の無い機能は事前に排除しておく事が、より有利な条件で融資を受ける為にも役立つのです。

そして、金融機関からお金を借りる場合には、自営業という職種の方も幾つかのポイントを把握しておく事が重要です。

自営業という職種の場合は、民間の大手企業に勤めている方よりも収入が安定しない事がある為に、審査での評価が難しくなる事があります。

しかし、自営業という職種には、会社員の方よりも高額な給与を得ている事も多くあり、このような特別なケースでは非常に有利な条件で融資を受ける事も出来るようになっています。

特に、自営業主の方の場合は、個人名義の資産が確実にある事が重要で、各種ローンの有無や、これまでの融資の履歴などが参照され、融資条件が決まります。

そのため、幾つかの条件を満たしている方の場合は、非常に有利な条件で金融機関からお金が借りられるケースもあるのです。

そして、どのようなサービスでも、お金借入れの際に重要になる項目が年収です。

これは年収が高いほうが、より積極的な融資が期待できますが、年収は二百万円程度あれば、一般的なサービスの申し込みはできるようになっています。

しかし、この年収という条件に加え、現在の雇用形態や、これまでの借り入れの履歴などの情報も重要になり、複数の個人情報が総合的に評価されることになるために、幾つかの証明書の提出を求められることもあるのです。

そして、各金融機関から融資を受ける際に重要になるのが、個人の信用情報です。

この専門的な機関に登録されている情報を照会し、申込者の過去の借入や返済の履歴を確認して、融資の可否が決定されます。

この情報機関のデータに問題となるような履歴が載っていない場合には、個人情報の確認後に素早く融資が提供される事が多くなります。

この中でも重要な点は、他社からの借入れがあるかというポイントで、消費者金融などからの借入れがある場合は、件数や総額が詳しく調べられます。

これらの数が多いと、審査への通過が難しくなるケースもある為に、予め注意しておく事が必要になるのです。

これは法的な規制とも関係しており、年収の一定の割合を既に借り入れている場合は、貸し出しができないケースもある為に、現在の借り入れしている総額を把握しておく事が重要になります。

また、この専門的な機関で確認される重要事項としては、金融事故の有無があります。

このような個人の過去の借り入れに関連する情報は、支払いの滞納や借り入れのサービスの解約などの履歴があり、金融事故の情報としては債務整理などがあると、審査の際に問題になります。

しかし、このような履歴がある場合でも、一定の期間が経過していればサービス利用を許可してくれる事が多い為に、事前にこのような点を業者の方に申告しておく事も重要になるのです。

また、この信用情報機関に、これまでの借り入れのデータがない場合にも注意が必要になります。これは履歴が無い事で、申込者の信用性の評価が難しくなる為です。

これはクレジットカードやローンを利用した事があれば、容易に通過出来る項目ですが、若い方の場合はこれらのサービスを使ったことがないケースもある為に、注意が必要になります。

この信用情報機関にデータがない方の場合は、審査に長い時間がかかってしまうこともあり、幾つかの本人確認書類を郵送することも必要になるケースがある為に、時間に余裕を持って申し込みを行う事が重要になります。

【参考ページはこちら】
無職でも借りられるっていう噂は本当?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.