無職って絶対借入は無理?無職でも例外があるらしいですが…

こんにちは、無職です…って、我ながらこの挨拶って情けないですね…私はこの通り、仕事を一切しておりません。

理由に関しては、高校の時に不登校になって以来、フリーターとかした事もありましたが、長続きしませんで…親の視線が痛いです。

そんな無職がこんな事を聞くのも何ですが…無職って、融資で借入を受けるのは絶対に無理なのでしょうか?

実は今度妹が結婚する事になりまして、せめてご祝儀くらいは包もうかと思っていまして。妹は私と違って社交的で優秀でした。また、こんな私と仲良くもしてくれました。

だからこそ、兄として最初で最後かもしれない威厳というか、恩返しをしたくてですね…それなら仕事をしろと言うかもしれませんが、本当に申し訳ないですが、それは今は置いておいて下さい。

今度仕事をするとしたら、出来るだけ人と関わらない仕事をしようと思っていますので…。

それで無理そうだと分かって聞く理由ですが、無職でも実は融資を受けられる例外的な立場がある?と聞いたのです。

私がその例外になれるとは正直思いがたい気持ちで溢れておりますが、それでも聞かずに諦めるよりは…と思いまして、勇気を出して質問しております。

叩かれるのは覚悟していますが、出来れば普通に質問に答えてもらいたいです…よろしくお願いします。本当に困ってます。

無職でも例外になるのは以下の通りです

無職をネットで表明すれば、確かに叩かれる場所は多いですよね。某掲示板とか、むしろ叩きに来ている人も居るくらいですし…

ただ、叩くだけでは建設的じゃないですし、ここはそんな事をする場でもありませんからね。私はきちんとお答えさせてもらいますよ。

無職の借入というのは、原則として不可能です。何故なら、無職というのは多くが無収入と直結しておりますので、お金を借りても返済ができないという事にも繋がっているからなのです。

返せない人にお金を貸せば、貸し倒れが確定しますしね。

でも、それは同時に『無職でも返済できるアテがあるなら貸し付ける』という事に繋がっています。

つまり、無職でも借りる事ができる人は、収入があるという事なのです。以下にその例外の主なケースを記載していきます。
(⇒無職でも即日借入はできる?

・不労所得がある
不労所得というのは、会社に勤務したりしてお金を稼ぐのでは無く、労働らしい労働以外でお金を得ている状態です。

働かずにお金なんて稼げるの?と思われがちですが、世の中には予想以上にたくさんの、お金を稼ぐ方法があります。

例えば大株主になって配当金のみで暮らしたり、マンションや土地を所有してその所得だけで暮らしていく…みたいな感じですね。どれも結局は元手が必要になりますが、この状態なら収入ありで返済能力も備わっているとなります。

・多額の資産がある
先立つ物があれば、もちろんお金を借りても返済ができます。これから10万借りるとして、すでに預金が100万あるとしたら、それは十分返済が確約されている事になりませんか?

同様に、現金以外でもものすごい資産があれば期待はできるというわけです。

しかし、その状態だとそもそも融資を使うより、蓄えから捻出する方が合理的です。融資をする側もそれを不思議に思い、虚偽記載を疑って審査に落とす事もあるので注意して下さい。

このように、無職でも借りられる例外というのは、狙うにはあまりにもシビアです。現実的ではありませんから、出来れば簡単な日雇いで稼いだりする方が、まだ実現するかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
無職でも短期的に借りることならできる?

無職でもキャッシングで絶対借入する方法について

毎月安定した収入があるということは、とても大切なことです。しかし生活をしている中で、急にお金が必要になるということがあります。

このようなときに、お金を用意するために友人や親戚にお金を借りると言うことを考えますが、人間同士の関わりということが後で金銭トラブルにつながってしまうこともあります。

こうなると関係がぎくしゃくしてしまうため、できるだけこのようなことを避けるためにキャッシングを利用しているという人が多くなっています。

以前はお金を借りると言うことに抵抗を感じる人もいましたが、最近では多くの人が利用しています。

安定した収入を得ると言うことは少し前まではそれほど難しいことではありませんでした。

しかし昨今の経済状況の悪化により、急に無職になるという人も少なくありません。

また正社員として働いている人も少なくなっています。変わりに契約社員や派遣社員として働いている人が多くなっているのです。(こちらもご参考に→様々な職業の方におすすめ借入情報

このようにいつ仕事がなくなってもおかしくないという世の中で、無職になってもお金に困らないように対策をとっておくと言うことが大切です。

仕事がなくなってからお金を借りようと考えてもそう簡単にはいきません。

したがってもしもの時のためにあらかじめカードローンに申し込みをしておくということも大切です。

こうすることで仕事が亡くなったときにあわてることがありません。

これはよい方法ではありますが、仕事がなくなる前にこのような準備を行うというのも少し難しいというのが現状です。

そこで次に考えられることは、仕事がなくてもお金を絶対借入できるようなところを探すと言うことです。

ここでお金がない状態で借入をする方法として最初に考えられるのが、公的な資金の貸し付けとなります。

公的機関やこれに似たような機関のお金の借り入れを行えば、たくさんの金額を借りることはできなくても、一定のお金を借りることができます。

またこのような公的機関の特徴としては、金利が安いと言うことがあります。

したがって仕事がなくなってお金に困ったときには、まずこの公的機関が利用できるか確認をします。

このような金利が低いところでの貸し付けを考えた後には、その次の方法として一般的なカードローンの利用を検討します。

この場合基本的に収入があるということが条件になりますが、必ずしも仕事がないからと言って借入ができないと言うことではありません。

まずは仕事がない状態で申し込みを行ってみるようにします。しかしやはり収入がないということと、仕事がない状態での借入の審査に取ることは厳しくなっています。

また一どこの審査に落ちてしまうと、何度も申し込みことができません。

また何度も申し込みを行ってしまうと、申し込みブラックということで個人信用情報機関に記録として残ってしまうからです。

したがってできるだけ最初の申し込みの際に有利にするために、まずは派遣社員への登録を行ってからカードローンの申し込みをするという方法があります。

派遣社員に登録をするということは、仕事を探している最中であるという意志を示すことができるので、審査の際に少しは有利に働きます。

しかしこの派遣社員への登録を行っても、絶対にお金の借り入れができると言うことではありません。

お金を借りることができないのかと心配になる人もいますが、これよりも確実な方法があります。

それは社員ではなくアルバイトなどをしてとにかく仕事を探して始めると言うことです。最近ではアルバイトでもお金を借りることができるサービスが多くなっています。

必ずしも毎月の収入がたくさんなければいけないと言うことではなく、安定した収入があるということが重要視されるのです。

仕事をするということで借入の可能性がより高まります。この方法が確実です。

この他に仕事をしていなくてもお金を借りる方法に個人事業主として登録を行ったり、保証人を用意するという方法があります。

保証人を用意することができれば、ほぼ確実にお金を借りることができます。

しかしそれほど大きな金額の借入を希望していないというのであれば、やはり一番良い方法はアルバイトで収入を得て申し込みを行うということになります。また無職でも専業主婦の場合があります。

この場合には仕事をしていなくても、配偶者に一定の収入があればキャッシングを利用することができます。

申し込みの際にはいくつかの条件があります。それは配偶者の同意が必要になることです。この他には収入を証明するために源泉徴収票の提出などが求められます。

双方でキャッシングを利用することに納得ができればとくに問題がない方法となります。最近ではこのような専業主婦向けのサービスも多くなっています。

また学生も仕事をしていないと言うことがあります。しかし学生でも急にまとまったお金が必要になることがあります。

このようなときには正社員になることができないので、アルバイトとして申し込みを行うことができます。

しかしキャッシングの利用に関しては、20歳以上からとなっているので、同じ学生でも20歳未満の人は利用できません。

この場合親の同意が必要になることもあります。このように仕事をしていなくてもお金を借りることができる方法はいくつかあります。

専業主婦の場合には、夫がサラリーマンや公務員で安定した収入があれば、消費者金融会社でお金を借りることができます。

このときに借りることができる限度額は少なくなってしまいますが、確実に借入をすることができます。

消費者金融から夫に確認の電話があるということを忘れないようにします。

また脱サラをして専業のトレーダーになった場合には、株やFXなどで一定の収入があるということを証明できれば、これを担保にしてお金を借りることができます。

この場合消費者金融会社の審査に通ることが多く、銀行でも融資の担当者の判断によってはお金を借りることができます。

専業主婦ではなく何も収入がないという人は、一般的な方法ではお金を借りることが難しくなっています。このときにできるだけヤミ金業者を利用しないように注意します。

収入がないという人がどうしてもお金を借りたいと言うときには、アルバイトを探すという方法を優先的に行います。

一般的な消費者金融業者では、1ヶ月から2ヶ月分の収入があれば、例えアルバイトでもお金を借りることができます。

アルバイトや派遣会社に登録をしているということだけで、仕事をしていると判断されて審査に通ることもあります。

最初からあきらめないで、まずはこれらの方法を試してみるようにします。

無職の人がお金を借りることができる方法は限られており、利用することができる限度額も低めに設定されています。

また金利も高めに設定されていることが多いので、条件が良いところでの借入は厳しくなってしまいます。

しかし全く方法がないということではありません。仕事がない人がお金を用意する方法としては、クレジットカードのショッピング枠の現金化という方法もあります。

これは今現在持っているクレジットカードで指定の商品の購入を行い、これを業者が低額で買い取るという方法になっています。

しかしこれでは損失する分が大きくなってしまうので、クレジットカードを使うのであれば、このカードのキャッシング機能を使うようにします。

多くの信販会社のクレジットカードでも、コンビニエンスストアのATMなどでキャッシングができる機能が付けられています。

この場合も借りることができる金額の上限は低くなっていますが、消費者金融会社で借りるよりも金利が低くなっているので、この方法の方が返済の負担が減少します。

また仕事をしていなくても、次の仕事が決まっていて見込み収入があるとして審査に通ることもあります。

この審査の基準に関しては、各金融業者によって異なっており、担当者によって異なっていることもあります。大切なことは負担の少ない自分にあった方法を選ぶと言うことになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.