ニートでも最近はネットを使って借入ができるの?

ネットを使ったネットローン、今では当たり前のようになっていますが、このネットローンを使うとなったら、ニートの人でも借入をすることが出来るのでしょうか。

ひきこもりをしているニートの人なんかだったら、出来そうな気もするんですけれども、ネットから申し込みをして全部完結したら出来るものなのでしょうか?

ニートでも申し込み自体はできるが審査にハードルが

ニートはパソコンに強いしインターネットもよく知っているというイメージが有りますよね。

まぁ実際にはそうではない人もいるのですが、ネットを使っているという人の中には借入れをしようと思っている人もいるでしょう。

ニートが借り入れをすること自体はできないことはないですし、申し込みもできます。ただし、ネットから申し込みをしたとしても審査に通るにはハードルがあります。

ニートの基本的な認識としては勉強をしている学生でもないこと、働いている人でもないということ、職業訓練をしている人でもないということと言った認識だと思います。つまりお金を稼いでいないということです。

お金を稼いでいるのであればまた話は別なのですが、お金を稼いでいないなら、それは落ちる可能性が高くなります。

ただ唯一可能性があるとしたら親の同意を持ってくることでしょう。

親のすねをかじっているというのであれば、親に食わせてもらっているわけですから親のすねかじりのついでに借入の同意書をもらってくる事ができれば、借金自体は可能でしょう。

基本的にはニートであるという時に親にお願いして借金の同意書を作ってもらうというのは厳しいと思いますが。
(⇒無職って絶対に借入無理?

基本的にこのようにニートが借り入れをするにはひとつハードルが高くなっているというわけです。

ニートがパソコンでインターネットに詳しくて、ウェブだけで完結するような借入を使ったとしても、その部分は絶対に引っかかってくるでしょう。

もしも親の同意もいらないし働いてなくてもいいから貸出をしようという業者が現れたとしたら、それはヤミ金の可能性が高いでしょう。使うべきではありません。

ヤミ金は論外としても、基本的にニートは自分で働いて稼げるようになるまでは、借入を使うのはやめておいたほうがいいでしょう。

自分で稼げるようになってはじめて、借金をしてそれを返済していけるようになるのですから。

親の同意があれば出来るかもしれませんが、親の同意をとってまで借金をするよりも、就職をするほうが早いと思います。

人それぞれ考え方はあるとは思いますが。ニートが借入をするのはかなりハードルが高いと思いますよ。

【参考ページはこちら】
借入を親に知られないようにするためには?

ニート借入の方法と注意をしなければならない事

ニートとは一般的に収入が無い人の事を言います。収入が無い人の場合は返済能力が無いので銀行や消費者金融からお金を借りることがかなり難しいのが現状です。

しかし、それでもお金を借りれないわけではありません。会社によっては収入が無くてもお金を借りれるので、これは覚えておくと便利です。

最初に融資における基本情報を説明しておきますと、キャッシングやカードローンなど融資商品は申込条件が決まっています。

年齢の制限など、いくつかの申込条件が決まっており、その申込条件の内容というのは金融会社によって異なります。自分が申し込むことができる金融会社を選ぶことが基本となります。

申込条件を満たすことができる上に申込時に必要となる書類を用意することも大事な部分です。

必要書類については収入を証明するための書類、そして自分の個人情報を確認することができる書類が必要です。

この2つの書類を準備して申し込むことになります。銀行の場合ですと、身分証明だけでも申し込むことが出来るところもあります。

このように借入の申し込みというのは申込条件を満たした上でさらに必要書類を用意して申し込みを行い、その後に審査で全ての情報がチェックされて、そこで初めて融資可能かどうかが決まります。

つまり、収入が無い人の場合はやはり返済能力がネックになるので、それによってお金を借りれないということになります。

しかし、ニートでもお金を借りることができる方法として銀行の収入証明不要なら、うまく行くとお金を借りれるケースがあります。

銀行の収入証明不要というのは、名前の通り申込時に収入証明が必要ないという融資です。

収入証明が必要ないということは、審査において自分の年収が問われないということです。

どうして年収が問われないのかと言うと、収入証明不要となっているので、収入に関する書類を提出しない為、正確にどのくらいの返済能力があるのかを判断されないからです。

そのため、実際のところは全く年収が無い人でもこの内容から融資の申し込みをするとお金を借りれることがあります。

収入証明不要の内容でも他社ですでに借金を持っている場合や信用が低い人の場合は審査に落ちます。

他社で借金を作ってしまっていると、その借金が重荷となり収入証明が必要ないという内容でも収入証明を提出するように指示されることがあります。

また、信用に関しては返済能力と同じくらいに重要なポイントになることであり、信用を得ることが出来なければ審査に合格することが出来ません。

信用とは一体何かいまいち見えにくいものですが、お金を借りる際の信用というのはきっちりと返済できる人物かどうかを判断されるということです。これは過去の返済記録が重要になります。

今までに金融会社からお金を借りたことがある場合、返済が遅れている、返済することが出来なかったという場合は記録が残ってしまいます。

金融会社の借入審査では過去のこうした返済記録をチェックされることによって、信用がある人かどうかを判断されます。

もし、過去の返済でスムーズに返済することが出来なかったなど、問題があった人は審査に通ることが難しい可能性があるので注意をしておきましょう。

ニートが借入する方法はこのように銀行の収入証明不要のローンがおすすめです。

どうして銀行なのかというと、消費者金融の場合は銀行系でない限りは必ず収入証明が必要となるので、ニートが申し込みをする場合に収入証明の書類が絶対に必要となります。年収が無い人が収入証明を用意するのは確定申告になります。

アルバイトなどをしているなら、勤め先の給料明細があるので、それを収入証明として申し込むことが出来ます。

しかし、一切収入が無い人の場合は給与明細などを用意することが出来ないので、年間の所得がいくらあるのかで返済能力をチェックされることになります。

年収が無い人がお金を借りにくい理由の一つとして、年収が無いことから収入証明を用意しずらいことが言えます。

確定申告を用意すれば、それを収入証明として利用することが出来ますが、こうして申し込みをしても確定申告から年収が無い人だと分かってしまうと、そもそも返済能力不足から審査に合格することが出来ません。

つまり、年収が無い人がお金を借りれるのは収入を問われないことが前提になってくるわけであり、それは銀行にある収入証明不要のローンということになります。

年収が無くても上記のように銀行の収入証明不要のローンならお金を借りることは可能です。しかし、注意点もあるので覚えておきましょう。

もし、他社で借金を持っていない人や信用を得ることが出来る人の場合は高い確率で収入証明不要ローンならお金を借りることが出来ますが、お金を借入出来ても返済出来なければ意味がありません。

その場はお金を借りることによって少し生活が楽になりますが、借金はやはり借金であり、毎月の返済がかなり重荷になってきます。これは注意点としてしっかりと理解しておくべきことです。

収入が無い人はどう考えてもお金を返済することが出来ません。

例えば、キャッシングで50万の限度額を持つことが出来た場合にその中から10万だけを借りて残りの限度額が40万あるとします。

返済日になるとリボ払いから少額返済をするとして収入が無いので残りの40万の限度額から返済額を借りて返済をやりくりします。

この方法を続けて行っても結局はじり貧になるだけであり、やはり収入は必要です。

収入が無いのにお金を借りても最終的には仕事をして収入を稼ぐことが大事になります。そうしなければお金を返すことが出来ません。

この考え方出来ますと、そもそも無理をしてお金を借りる必要はなく、先に仕事をして余裕を持ってお金を借りる方が良いという考え方が出来ます。

仕事をしていると収入があるので返済能力は高いと判断されますし、それによって審査に不安を感じることがありません。

上記で説明した収入証明不要のローン以外にも、仕事による収入があることで自由に好きな金融会社を選べることも一つのメリットだと言えます。

仕事をしている状況でお金を借りれば毎月一定の収入があるので、無理をしてお金を借りない限りは安定して返済を進めることが出来ます。

何をどう考えても収入があるかどうかは非常に大きなポイントであり、ニートの状況で無理をしてお金を借りるよりも先にアルバイトでも良いので収入を確保してからお金を借りる方が賢い選択だと言えます。

収入が無い状況でもどうしてもお金を借りなければならないことがあります。

例えば、現在就職活動中で仕事が決まるまでに生活費を借入したいという場合など、これなら収入が無いことによる返済のリスクはありますが、ある意味前向きなお金の借り方だと言えるので、必要ならば銀行の収入証明不要のローンを活用してみると良いです。

金融会社の融資は結局は返さなければなりません。年収が無い状況でお金に困っても融資を受けることを考えるよりも、そうしてお金を借りれてしまった場合にどうやって返済するのかを考えることの方が重要です。

年収が無くても意外とお金を借りることは簡単であり、注意すべきポイントは返済にあります。

返済をするためには収入が必要となるわけであり、結局は仕事を見つけて稼がなければなりません。

無理をして借金を背負うことよりも、先にがんばって仕事を見つけて収入を確保するほうがメリットになることは多いです。

本当にお金が必要な場合に金融会社からお金を借りることは仕方ありませんが、しっかりと返済の方法だけは考えておきましょう。

そうしなければ、最終的には生活苦になる、自分の首を絞めることになってきます。

金融会社の融資は賢く利用することが大事です。審査に合格することよりも、いかにして返済を上手に行うのかを考えることが一番大切だということを覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.