無職の人が借入可能だというネットのウワサは信じられる?

ネットのウワサっていろいろありますけどほとんど眉唾っていうか信用出来ないようなものがありますよね。

信用出来ないというようなものの中には消費者金融とかのキャッシングもありますし、キャッシング系であれば一番どうかな?と思うのが無職でも借入可能というような業者についてです。

無職で借入可能というのはどういうところなのか?と調べてみるとあまり中小の業者以外は出てこないですし、大手などは借りられないというのは当たり前のようになっています。

でもこのようなウワサというのは本当なのでしょうか?無職で借入可能な消費者金融と言われているところを使うと、ちゃんと借りられるのですか?ウソではないですよね?

ウワサの中でも信用できて本当に無職で借入可能なところも

うわさというのはいろいろなものがくっついてしまうようなものが多いのですが、その中でも無職で借入可能な消費者金融というと確かにそういった誇張されている所も多いでしょう。(こちらもご参考に→無職借入可能な噂がある業者はどこ?

実際に誇張されているものは使えないとしても、ウワサの中には本当の情報を流してくれているものもあります。つまり無職で借入可能なところはほんとうにあるということです。

ほんとうにあると言っても無職で借入可能な業者のほとんどが、ヤミ金であり、そういうところを紹介していると言えます。

ヤミ金の中にも基本的には2つ会って、一つがルールを単純に守らないだけのところと、闇社会とつながっているようなところとがあります。

とは言えどちらの闇金を使ったとしてもかなり厳しいと思っていいでしょう。後々の処理がややこしくなりがちです。

ですのでどちらを使うということはなく、ヤミ金は使わないようにした方がいいのですが、こういったヤミ金ならば無職でも借入可能ではあります。可能ではありますが、危険なのでできれば合法的なものがいいでしょう。

となると消費者金融は総量規制の問題があるのでまず出来ない、ということになります。残されるのは銀行系カードローンということになるでしょう。

銀行系カードローンの場合は無職にはかなり厳しいですが、無職でも将来的にはちゃんと就職するとか、一時的に転職のために無職になっているとか、資産を持っているけれども働いていないというような無職の場合には借入が可能な時が多いでしょう。

結局無職だと化したとしても返ってくる保証がないと業者は思っているのです。

無職でも借入可能な業者があるかないか、ネットの情報はウソか本当かというと本当の部分もあります。

本当の部分はありますし、全部がウソではないのですが、それを選別して正しい業者を使うのはなかなか大変でもあるので、使う前にはよく考えて調査が必要になるでしょう。

【参考ページはこちら】
無職でも例外なら借入ができる?

無職の人でも借入可能な消費者金融を探す際に気をつけるポイント

昨今の厳しい経済状況の中、大学を卒業してもなかなか自分に適した職業に就くことができなかったり、あるいは企業に就職していたとしてもいつの間にかリストラの対象となって辞めざるを得なくなってしまったり、さらには何らかの自分の可能性を追究したくて職を辞してしまうケースも少なくないことでしょう。

しかし一度このようにして職を辞すると、再び何らかの職に就くことは難しい世の中でもあります。

その転職活動がうまくいけば良いですが、その期間中は実質的に無職という立場になってしまうので社会的なステイタスとしても非常に厳しいものがあるでしょう。

こういった無職の立場であっても、毎日の生活は続けていかねばなりません。

自分一人が生きていくためにも生活費や食費、税金、公共料金、家賃、ローン、保険料などの支払いは最低限続けていかなければなりませんし、また時には怪我や病気に伴う通院費や治療費が必要になることもあるでしょう。

そして近しい人の冠婚葬祭などではそれなりのお金を包んであげることも必要となります。

それにもしも養うべき家庭があったとしたら、費用は一気に人数分だけ倍加しますし、子供の養育費や習い事、家族一緒にでかけるレジャー費用などでも際限なくお金の必要性に見舞われることとなるでしょう。

お金が無い時であればある程度は財布の紐をキツくしばって歳出を抑えるのも可能でしょう。けれどそれにも限度というものがあります。

もしもそれを超えて切り詰めていくと生活に支障が出ますし、または自分や家族を追い詰めてしまうことにもなりかねません。

どんな境遇であってもある程度の余裕を持って生活を続けていくためにも、万が一の時の非常手段をきちんと確保しておくことは大切なことです。

その意味で真っ先に頭をよぎるのは親や兄弟や親友などにお金を貸してもらうということではないでしょうか。

ただしこの方法だと大きな貸しを作ってしまうことになりますし、もしも返済不能になれば関係性が悪化することにもなりかねません。

そうしたことで逆に大切な人が疎遠になってしまったり、金銭的な理由が災いとなって問題がこじれてしまうことも少なくないのが現状です。

そうした火種を起こさないためにも、まずは無職でも借入可能な消費者金融をリサーチしてみるのが得策と言えるでしょう。

世の中には様々なタイプの消費者金融が存在します。

もちろん大手の中にはサラリーマンや公務員などといった比較的安定性の高い利用者をターゲットにしたものもありますが、その一方で利用者の裾野を広げてあらゆる職種の人からも大きな人気を集める消費者金融が存在するのも事実です。
(⇒様々な職業の方におすすめの借入情報

こうした業者では専業主婦や無職の人でもその人の条件にあった融資限度額にて借入サービスを提供してくれるのでとても便利です。

また、これらのサービスでは保証人や担保を用意しなくてもあくまで自己責任のもとで契約手続きできるのも大きなメリットと言えるでしょう。

まずはネットの口コミや消費者金融の電話相談や窓口相談などで、自分の条件でも借入可能かどうかをきちんと見定めた上で申し込みを行う必要があります。

この時に決して無闇やたらと消費者金融に申し込みを行って審査落ちを繰り返してはいけません。

そうなると金策のために必死に申し込みを乱発している人のイメージが付きまとってしまい、申し込みブラックとして情報登録されてしまいかねません。

こうなると、それ以降どの消費者金融を利用したとしても職業以前の審査段階として申請却下されることになるので、注意が必要なのです。

さて、もう一つ気をつけるべきは無職であってもアルバイトやパートなどで何らかの定期的な収入を得ている必要があるということです。

そもそも消費者金融ではその経営にあたり貸金業法という決まりを遵守しなければなりません。

その中には総量規制という約束事があり、これによると利用者に対する融資額は年収の3分の1を上限としてそれ以上の融資を行ってはいけないことになっています。

これを超えた融資を行うと消費者金融側が罰則を受ける形となり、最悪の場合だと免許の剥奪にまで至ってしまうこともあるのです。

そうならないためにも、消費者金融では利用者がアルバイトであれパートであれ、それから日雇いや派遣であれ、何らかの収入を得ていることを必要とします。

また、申請の際にはその収入額を示す給与明細や源泉徴収票、確定申告書などを提示する必要もあり、こうしたものをきちんとチェックすることで総量規制に引っ掛からないかどうかをきちんと見極めているのです。

これらはコピーをファックスや郵送で送ったり、店舗窓口にて現物を提示したりすることもできますが、スマートフォンの写真機能を使って撮影し、その画像データを送信することでも受け取ってもらえます。

こうやって条件を充たしているとみなされた場合にのみ、本格的な審査がスタートするのです。

消費者金融の借入サービスには主にカードローンやキャッシングと言った手法があります。

カードローンは個人専用のカードを常に持ち歩いておくことによって、もしもお金が必要になったならすぐに近くのATMに寄って機器を操作し、簡単に融資金を引き出すことができるようになります。

もう一つのキャッシングは主にネットや電話で申し込みを行いますが、希望融資額を銀行振り込みしてもらえるという便利なサービスです。

自宅から出ることなく全てのやり取りを完結させることができるので、とても手軽に処理できるのも大きなメリットです。

いずれにしてもまずはネットや電話、店舗窓口、郵送、自動契約機などの方法を使って申し込みを行います。

申請フォームに氏名、生年月日、職業、勤務先、年収などを書き込み、さらに任意で家族構成や他社からの借り入れの有無なども記載していきます。

そして場合によっては前述したような身分証や年収証明書の提示も必要となるので、それぞれに見合った方法できちんと提示して信用性を高めていくことが大事です。

審査の過程としてはまず審査担当者が申請情報をチェックして希望融資額が個々の経済力や返済能力にあうものかどうかをチェックします。

その上でさっそく信用機関への照会を実施し、申請者に何らかのブラック情報が付随していないかどうかを確認します。

たとえば過去に返済が遅れたり、返済不能となって自己破産手続きを行った履歴が残っているとその人はブラック扱いとなり、ほとんどの場合借入は不可能となります。

また他にも、上述したような申し込みブラックに関してもここでの調査ですぐに判明します。

その上で、現在の他社からの借入状況に関しても信用情報には全ての内容が包み隠さず記載されていますので、それらをチェックした上で全ての総額が総量規制の定める限度額を上回っていないかどうかを瞬時に見極めることができるのです。

このような審査段階を経て何も問題がなければ信用機関に関する審査は完了となります。

さらにここから勤務先や自宅への電話確認が行われます。勤務先への電話確認は在籍確認とも呼ばれ、申請時に記載された勤務先に本当に勤務実態があるのかどうかをチェックするためのものです。審査担当者が電話をかけてみて連絡が取れればその時点で確認は完了、もしも申請者の存在が確認できなければ審査落ちしてしまう可能性も高まります。

とはいえ、アルバイトやパートが働く職場に電話がかかってくることそのものが不自然に思えるケースも少なくないでしょう。

そのために、もしも電話確認が難しいという場合には事前に相談窓口や電話相談でその旨を告げることによって、書類提示や給与明細書提示などの何か他の方法での確認に代えてくれるケースもあります。

また、勤務先や自宅への電話では担当者が消費者金入名を名乗ることはほとんどありませんので安心していいでしょう。

この場合には個人名で電話をかけますので、会社の人や家族が電話に出たとしても借金の電話だとはいっさい勘づかれることなく手続きを進めることが出来るはずです。

こうした審査段階を経て何も問題がなければ晴れて融資可能となります。

多くの場合、即日融資が行われますので、支払いが差し迫っているときでも十分に余裕を持って対処することが可能となります。

こうした便利な融資サービスを活用して便利により良い暮らしを続けていけることでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.