借入利息の借入期間計算はどうやったら簡単にできる?

借金をしていると今どのくらい借入れをしていて、返済をどのくらいしたかとか、どのくらいの金利を払っているとかはすぐに分かります。

明細を貰えばいいだけなんですけれども、それから先のことについても知りたいと思うこともありますよね。

特に借入利息の借入期間計算というのはどうしたらいいのかなと思います。

借入れ利息って返済するごとに減っていくわけですし、どうやって計算をしたらいいのでしょうか。なにか簡単な計算方法というのはありませんか?

業者によって違うが他の計算サイトを使うとよい

まず前提としての話ですが、計算というのは少しずつ業者に寄って違ってくるということは抑えておいてください。

同じような金利であっても返済方法や計算方法が少しちがう、というところはあります。その場合は借入返済の金利計算も変わってくるのでご注意ください。

この前提を理解した上で、計算サイトというのがありますのでそれを使うといいでしょう。金利がどんどん減っていくところを見ることが出来ます。

1ヶ月毎に支払う金額は一定であるのが普通の消費者金融だと思いますので基本は元利均等払いという方法をとっているでしょう。

そしてこの元利均等払いをしていくと1ヶ月毎に金利が15%の場合はどうなるのか、12%の場合はどうなるかというのが計算サイトを使うと分かります。これは簡単な計算ではありますが、自分で電卓を叩くとややこしいのでこういったサイトを使うのがいいでしょう。

ちなみに詳しく話をすると、まず金利というのは365日の日割り計算される場合が多いです。10万円借入れをして1万円ずつ返済をするとします。

1万円のうち1000円は金利とすると、9000円が元金の支払いに使われます。そして元金は9万1000円になります。

この状態からまた365日の日割り計算をして金利を計算し直すというわけです。これを何度も繰り返して支払いをしていくことになります。

当然金利は同じ1万円を支払うとしても、金利部分は減っていきますし元金の部分は増えていくという仕組みです。

借入利息の借入期間計算については算数が得意という人は個人でやってみるのがいいでしょうが、それが苦手という人のほうが日本人だと多いと思います。

特に女性は理系が苦手な人が多いですし、そういう場合のために、この計算サイトを使うのがいいでしょう。

返済シミュレーションなどと調べてみると、直ぐに検索でヒットします。もちろん業者によって少しずつ計算も違いますし、手数料が惹かれるという場合もあります。

この場合には手数料も金利と同じように惹かれて元金が減る分が少なくなり、計算も狂うでしょう。

ズレが有るということはわかった上で利用してもらえれば、大体の概算というのが返済シミュレーションのサイトを使ってわかるようになります。

もし借入をする前に余裕があればこれはやっておきたいところです。想像できるようになれば、借入のし過ぎも防ぎやすくなりますから。

【参考ページはこちら】
借入の利息計算をしてもずれることはある?

借入利息の借入期間計算方法と利用法について

金融機関でお金を借りる、キャッシングやカードローンを利用する場合には返済をするときに元金の返済だけでなく利息をつけて返済しなければならないです。

慈善事業ではなく貸す側も商売として行っていますので、無利息で貸しますということはほとんどなく、あるとしたら闇金融の可能性があり、超低金利に引かれて借りてみたら実は高金利であるということもあります。

お金を借りるのであればやはり金利は低いにこしたことはないです。
(⇒低金利で即日融資可能なキャッシングは?

金利が低ければ、それだけ支払う利息の金額の負担は少なくなります。

同じ金額を借りたとしても金利が高いと会社と金利が低い会社では、同じ返済金額であったとしても元金に充当される割合が違いますので、金利が低い会社のほうがお金を借りてから完済するまでの期間は当然短くなります。

30万円を18%で利用した場合に借入利息の借入期間計算はどのようになるのかというと、利息の計算方法についてはカードローンの契約をしたときの契約書や商品案内、ホームページなどでも記載されています。

計算式は、借入残高×金利÷365日×利用日数で支払う利息の金額が求められます。

30万円を18%で30日間利用した場合の支払う利息の金額は、まず借入残高である30万円に金利18%をかけます。

すると54000になります。これは、1年間利用した場合の利息の金額になります。

30万円を借りて1年後に返済すると54000円の利息をつけて返さなければならないのですが、それ以前に返済期限がきますのでそれまでに返済しなければならないことと遅延損害金もかかってきますので現実的に1年後に返済しますということはないです。

1年間あたりの利用した金額が54000円とでましたので、今度は365で割ります。365で割ることで1日当たり利息がどのくらいかかるかが求められます。

147.9452となります。小数点以下の数値は切り捨てですので1日当たりの利息は147円となります。

30万円を18%で借りて1日後に返済すると支払う利息の金額は147円です。

借りてから1日後のすぐに返済するのではなく、今回は30日後に返済しますので147に30をかけると4410円となります。

30万円を18%で30日間利用すると4410円が支払う利息の金額となります。

返済するときにこの金額を支払えばいいのではなく、これはあくまで利息のみの金額になります。返済は元金と利息を合わせた金額が請求金額になります。

もちろん利息のみの入金をすることもできます。

ただし利息だけ入金しても次回に支払期日はジャンプしますが、残高はまったく減りませんので、とりあえず遅れ扱いになることだけは免れたということにしかならないのです。

今回の例は、30万円を18%で30日間利用した場合の例ですが、返済期日の契約が約定日だと最大で利用日数は31日で閏月になるとさらに短くなります。

返済期日の契約方法でサイクル制があります。

最大で35日間の猶予がありますので約定日制よりも長くお金を借りていられることができます。

そのため、もし支払期日に遅れてしまった場合ですが督促の電話がなるのがサイクル制の方が少し遅くなることになります。

しかし、それはかえって支払う利息が多くなることになります。さらにサイクル制はいつ返済してもよいというメリットがあります。

約定日制の場合は、支払期日が28日に設定すれば返済可能なのはその15日前からや契約なようによっては10日前からとなっています。

そのため15日前から入金可能な約定日制の契約の場合、16日前に入金をされてしまうと前月分の入金扱いとなってしまいますので、今月入金したことにはならないのです。

そのためひと月に2度入金することになってしまうのです。

その点は注意が必要です。それがサイクル制であれば35日以内であればいつ入金しても問題はないです。

借りてから10日後に返済をしても全く問題はなく、35日か目いっぱい利用した時と比べると、利息は日割り計算ですので利用期間が短ければ短いほど支払う利息の金額は少なくなります。

余裕がある月は多めに入金しておくことで残高がはやく得るので、完済というゴールがぐっと近づくことになります。

ただし、サイクル制の支払期日のデメリットですが、いつ入金しても問題ない判明で支払期日が約定日制と違って固定されていませんので、次回の支払期日が入金した日によってコロコロとかわってしまうことです。

前回入金した時は、支払期日が次月の28日だったけど今回はやめに入金してしまったからその次の月の支払期日は15日であるなどです。

そのため、返済管理をきちんとしておかないと返済期日を忘れがちになりやすくなってしまうのです。

特に給料日はほとんどの方が毎月固定されていますので、給料日よりも支払期日のほうが先にきてしまった場合にお金がなくて返済ができずに給料日まで待ってもらって延滞となることにもなりかねないのです。

利用期間を短くすることで利息支払いをすくなくできることができるメリットの反面、このようなリスクもあるのです。

もし、支払えなくなってしまった場合に他の会社でお金を借りて返済しようとなると多重債務者への入り口にさしかかってしまうことにもなりかねないです。

返済期日を忘れないためにもサイクル制で契約をされている方は、毎月ほぼきまった日の近辺い入金しておけばそう支払期日がずれることはあまりありませんので、返済管理には十分注意することが必要になります。

そして、順調に返済をしていければいいのですが、突然会社をやめることになってしまって収入がなくなってしまったり、返済できるはずなのについ遊興費に使てしまって支払期日がきても返済することができないという方もいます。

返済期日を過ぎているのに返済がないとなると督促の電話がかかってきます。いつまで支払えるのかや返済金額、返済方法などについても約束します。

ここで気になるのが遅延損害金になります。これは支払期日を遅れた場合にかかる金利となります。

この言葉からすると、返済期日を1日でも遅れたら契約している通常の金利ではなく遅延損害金の高金利が適用されてしまう先入観がありますが、実際のところ支払期日を1日でも過ぎたところでいきなり遅延損害金が適用されてしまうことはないです。

では、具体的に遅延損害金はどのような場合にかかるのというと、もちろん支払いを延滞している人に対して適用される金利ではあるのですが、金融機関が借入者である債務者に電話や文書などで督促をしているにもかかわらずそれが一向に支払いに応じるケースがない、そして今後支払いをしたとしても契約通りの通常の返済にまで回復する見込みがない悪質な延滞者であると判断されてしまった場合に遅延損害金が適用されるのです。

そのため、何日以上遅れたら遅延損害金がかかると決まっているわけではないのです。

遅延損害金がいつからかかるかは、キャッシングの利用者ひとりひとりの状況に応じて異なります。

大幅に延滞はしているけれど、どうしても原状支払うことはできないあ将来支払える見込みがあるなどの場合は、遅延損害金はかからないこともありますので、状況によってかかるかからないは異なります。

もし、大幅な延滞をしていて遅延損害金がかかってしまった場合は、通常の返済金額に通常の契約で発生している金利のほかに遅延損害金で発生している利息が請求金額となります。

さらに悪質な延滞となると一括請求されてしまうこともあります。

一括請求されてしまうとほとんどの方が支払うことができないです。

この場合ですが、支払意思を見せれば分割での支払いに応じてくれたりするなどの対応をしてくれることはあるのですが、そうなると信用情報機関にも延滞の事故情報が登録されてしまうことになります。

そうなると今後の借り入れが不利になってしまうのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.