借入利息の計算方法はどういったものがあるの?

借入利息の計算ってすごく難しいですよね。借入利息の計算をする時にはシミュレーションを使って出ないと出来ないんですけれども、ああいうのってどういう方法があるんでしょうか?

一般的には1万円とか決まった金額を毎回払うという方法だと思います。

そこから利息を引いて、元金の返済をしていくという方法がメインだと思います。

しかしこういう方法以外にはどういうものがあるのでしょうか?利息の計算方法って一つしかないように思うのですが、そうなのですか?

実は借入利息の計算方法は大きく分けて2つある

あまりこういうことを知らなくても今はシミュレーションをどこでも使えるし、それを使えば「ああ、だいたいこのくらいの金利を払っているんだな」とか「このくらい支払いをしたら大丈夫なのだな」というのがわかるような時代になりました。いい時代だと思います。

しかしだからといって借入利息の計算方法が実はひとつしか無いんです、ということではありません。

一つしか無いようにみえるのは毎月決まった支払いをしているというリボ払いがめいんだからですが、この支払い方法も実は中身が大きく分けて2つあるのです。

一つが元利均等返済というものです。元利均等というのは返済額が一定のものです。

つまり返済金額の中には元金の返済と利息の支払が含まれていると思いますが、この利息の支払と元金の支払いが毎回同じ金額なのです。

例えば1万円のうち9000円が元金の支払いで利息の支払が1000円というような支払い方がずっと完済まで続くというわけです。

利息の金額が上がったり、元金の支払金額の割合が増えるということはありません。ずっと同じ金額で続けられます。

もう一つが元金均等返済という方法です。コチラは毎回の支払いの際、元金だけが均等になっているものです。

例で言えば1万円のうち毎回9000円を元金の支払いに充てるというわけです。で、利息は残高に対してかかってくるので毎回支払うごとに減っていきます。

この2つの方法が基本的にあると思ってください。元利均等払いの場合は支払金額が一定なので、一番消費者金融や銀行系カードローンで使われている方法でもあります。

一方の元金均等返済は毎回元金が減っていくのがわかりやすく、支払金額も減っていくので嬉しいというメリットがあります。

ただ、ほとんどの消費者金融や銀行系カードローンでは今や元利均等返済の方が主流になっています。

これは元利均等返済のほうが金利が安くなるということ、そして計算方法として毎回支払金額が減っていくというより同じ支払いをしたほうが楽という考えの人が増えたからだと考えられています。

いろんな方法が他にもあるのですが、基本はこの2つになっていると思ってください。そして今や当たり前のように元利均等返済が使われているのです。

業者のおかげで、じつはちゃんとした一番負担の少ない返済方法が選ばれているというのはありがたいことですね。

【参考ページはこちら】
借入の利息に関するおすすめ記事

借入利息の計算はどの様に計算されているの?

銀行や消費者金融で融資の申し込みをする時は必ず返済時の利息の説明が有るかと思われますが、その時に使われる言葉としてよく消費者金融のTVCMなどでも説明がされている年率と言う形での利息計算方法になります。

違法な消費者金融では違う計算方法をしている会社も有りますが、合法的な営業をしている貸金業組合に加入している銀行や消費者金融は年率約4パーセントから多くても18パーセント以下で営業しています。

しかしこの年率と言う借入利息の計算方法は少々計算方法がややこしく、借りた方も返済時に幾ら利息分として取られていて幾ら元金分として取られているかが分かりにくく、なかなか元金が減らないと頭を抱えている人も少なくはないと思われますが年率と言う計算方法は基本的には元金に対して1年間その金額を借りていた場合に対してその年率をかけて計算された金額を月毎に割って利息を計算していますので、その場で素人がパッとは計算できない計算方法になっています。

金融機関も利益を出す為にお金を貸していますので、利益の上がらない計算方法ではお金を貸してくれませんので、同じ金額でも一括など少ない回数で返済されるよりも毎月少額でも長期間で返済してくれる方が、年率の計算方法である借入残高に対して利息が計算される方法で利息を回収できますので利益も大きくなります。

消費者金融よりも銀行の方が年率は低い傾向が有りますが、それは銀行の方が企業や資産家など大口の顧客が多く審査も厳しい事から社会的に信用の高い顧客が多い事から、年率も低く抑えられていますがその分一つの契約の金額が大きいので年率換算にすると消費者金融のキャッシングとは比較にならない位の利益になりますので、年率が低くても営業できる理由でも有ります。

さて年率の計算方法についてですが基本的に銀行や消費者金融ではお金を幾ら借りたにしても申し込みの際に必ず、毎月これだけは必ず払って下さいと言う金額が提示されると思われますが、その金額は基本的に借りたお金に対して年率換算された月毎の利息分ですので、基本的にその金額ギリギリに毎月返済していても殆どが利息分に充てられますので元金は殆ど減っていませんので元金を減らしたいのであればなるべく多く返済していく事がオススメです。

単純利息の計算であれば例えば10万円借りたとして利息が10パーセントで有ったとしたら利息が1万円で元利合わせて11万円となりますので、計算はしやすいですが金融機関で使われている年率で10パーセントを計算すると10万円を1年間借り続けると言う形で計算されますので、利息の金額が安くなるのでは思われがちですが実際の利息金額はその時の元金から計算されますので、一括で返済する場合は11万円で返済が終わります。

しかし多くの金融機関では分割での返済を提案していますので、例えば最初の月に5000円返済したとしたら約1000円位は利息で取られてしまいますので元金は4000円しか返済されていませんので、翌月の残高は96000に対して利息の計算がされますので、翌月も同じ位の利息が取られますのでその繰り返しで計算していくと、一括で返済した時と比較すると金額的には約2割から3割多く総額で支払う事になります。

金融機関の借入利息の計算は年率とは言っていますが、その時の残高から推定利息でその月の利息を計算していますのでもし返済後に残高から引き出した場合は当然利息の金額は元に戻りますので、元金は一向に減らずそれまで支払っていた利息が意味の無い物になってしまいます。借入の申し込みに来た人にとっては、分割返済は出来るし年率は安いから得した気持ちになりがちですがあくまでも得するのは一括返済をした場合だけですので注意しなければいけません。

それに事業目的で借りる人は別としても、通常のキャッシングの申し込みに来る人の多くは限度額の範囲でまた引き出す人も多いので再び利息を払い続ける人も多く、なかなか完済出来ない人も多く見られますのでもし金融機関に申し込みに行ったら金融機関の支持した返済額よりも大きな金額を常に返済していく事で、元金を効率よく減らしていく事が出来ますので早く返済する気持ちで申し込みをする必要が有ります。

逆に毎月の返済額が最低の返済額に満たない場合や返済が滞った場合は利息の他に延滞金も重なってきますので、全く元金は減らない期間が続きますのでお金は払っているけど、残高が全く減らない状態が続く事も有りますので常に最低金額プラス可能な限り多くの金額を返済して、そこから残高を引き出さない様にする事がお金を返済する時に損をしないお金の借り方とも言えるでしょう。

しかし事業資金として借りている人は年率はキャッシングよりも安く設定されている事も多いですが、金額も大きいですので毎月の返済額も当然大きくなっていますので、返済するにしても年率4パーセントだと言われても毎月の返済額はとてつもなく大きな額になる事も少なくありませんし、その殆どは利息に充てられますので返済期間の設定はキャッシングよりも長く設定されている事が多いです。

あくまでも年率というのは金融機関が毎月幾ら返済したら利息が確実に回収出来るかをシミュレーションした上で、これだけ毎月払えば会社が損をしないかと言うポイントで計算されていますので、借りる時に指示された金額を見て毎月これだけ払えば大丈夫と勘違いする人もいますが、あくまでもそれは最低限の金額ですので余裕が有るのであれば出来るだけ一気に多くの金額を返済した方がその後の利息の返済が楽になるのは間違い有りません。

年率イコール利息の総額では有りませんので、借りる側としてはいかに効率的に残高を減らしていって利息の支払総額を抑えるかをポイントに考えなくてはいけませんので、一括で返済出来るなら理想ですがそうでなくても最初はきつくてもある程度の金額をまとめて返済しておけば、残高を大きく減らす事が出来ますのでその後の支払いが楽になります。

そして注意しなくてはいけない事は返済中のお金には手をつけない様に気を付けなければいけませんので、とにかく返済で損をしない様にするには完済するまで例え限度額に余裕が有ったとしても引き出さない様にする事でそれまで支払ってきた利息を無意味にしない効果も有りますので、とにかく完済するまで我慢して金融機関が設定して返済期間よりも可能な限り早く返済する事で返済総額を大きく減らす事が出来ます。

よく申し込む際に陥りやすいのは年率の数字ですが、それはあくまでも予定されている返済期間で延滞がなく指定の金額を支払った場合の数字ですから、当然速いペースで返済していけば利息の支払い総額も安く抑えられますし、逆に返済が遅れたり滞ったりした場合には元金が全く減らない事も少なくはありませんので、借りる側の返済に対する姿勢で得もしますし損もする事も有ります。

本来であればお金は借りない方が理想的ですが、付き合い上必要なお金も出てくるでしょうし大きな買い物をしなくてはいけない場合も出てくる事も有るでしょうから、銀行や消費者金融でお金を借りる場合が出てくる事も有るかもしれません。

しかしそこで注意するのは年率の数字の低さよりも、自分が毎月支払える金額の中で効率よく利息を減らす事が出来る金融機関を探す事も大切になってきます。

同じ金額を借りるとして年率も同じ金融機関が有ったとしたら、毎月の支払金額が安い会社よりも多少毎月の支払額が大きくても確実に元金を減らす事の出来る会社を選ぶ事も大切ですし、支払額が安く設定している会社でも支払いで損をしない為にもその金額よりも一回の支払額を大きくした方が、一気に元金を大きく減らす事が出来ますので借入利息の計算方法は単純利息よりも実際は多く支払っている事に注意して、返済額を増やしていく事が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.