レイクで借入れた場合の危険度が知りたい

勝也(仮名)と言います。27歳で交通整理のアルバイトをしています。

交通整理の仕事って立ちっぱで辛いですけど、何の資格も無い俺でもそこそこ良い給料がもらえる仕事って、こういうのしかないんですよね…失業後の仕事探しで見つけました。

でもやっぱり何の保障とかもないし、何より現場をころころ移動させられるせいで、今参っています。

なんでかっていうと、凄い遠くの方に転勤になったんですよ…一応車があるから通えるわけですけど、交通費は負担してくれないんです…。

おかげで毎月、ガソリン代が凄い事になっています。給料がそこそこ良いって言いましたけど、このままじゃどう考えても赤字になってしまいます。

でも現場は選べないから、ヤバいです。幸いこの現場もあと二ヶ月くらいで終わるという事で、それまで耐えます。

だから、それまでの生活費の補助としてレイクでお金を借りようかって思ってます。

レイクの契約機?が近くにあるからそれを使えばすぐに借りられるらしいですけど、聞きたい事があります。

レイクでお金を借りた場合、危険度ってどれくらいですかね?レイクって確か消費者金融ですよね?

昔は消費者金融で借りたばかりに取り立てされて自殺した…なんて話も聞いてるから、もしかして借りたら終わりかも…って不安になってます…。

でもあそこまで堂々と店を構えているのに、そんなに危険なんですかね?レイクの危険度についてはっきり教えちゃって下さい!

レイクは正規の銀行サービスなので問題無しです

勝也さん、いつも交通整理お疲れ様です。私は趣味で長距離ドライブとか行くんですが、良く交通整理とかも目にして、真夏とかでもずっと立って仕事している皆さんには頭が下がる思いです。

インフラへの尽力ありがとうございます。

しかし、いくら大変な仕事でも待遇も良いとは限らないんですよね。実際交通整理とか警備員とかは非正規がほとんどって聞いているし、経済的には大変だと思います。

そんな人こそレイクや金融業者を使うべきなのですが、安全度というのは重要です。
(⇒借入ができる会社を詳しく教えて!

ご心配されている通り、所謂闇金みたいな危険な金融業者を選んだ場合、その後が大変です。

本人どころか血縁者の所に次々と取り立てに向かうといった非道な行為を何のためらいも無く繰り返して、とにかく貸し付けたお金を回収しようとします。

しかし、これは闇金といった例です。レイクはそうした闇金とは違い、昔から正規の消費者金融として活躍し、多くの実績を積んでいます。

しかもレイクは現在では消費者金融ではなく、銀行のカードローンである事をご存知ですか?

レイクは新生銀行に吸収合併された事で、銀行のカードローンサービス名になりました。

元レイクのスタッフたちが担当するだけあって、消費者金融らしい大胆かつ迅速なサービス、さらにはそれに銀行ならではの安心感も加わり、とても優秀になりました。

銀行とは言っても安全じゃない所も、しっかりと探せばあるかもしれません。ただ、銀行には多くの人の注目が向かう分、経営に関しては公平さが欠かせません。

レイクもその通り安全且つ便利なカードローンなので、安心して使って下さいね。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンは休日でも使える?

レイク借入れに伴って発生する危険度はあるのか

レイクは他のキャッシング機関と比べると利子が安い、1000円から借りられる、審査が早い、30日間、180日間の無利息制度がある、審査が通りやすい、コンビニのATMが利用できる、条件が良ければ即日融資OKなどさまざまな利点があります。

それだけに「隠されたリスクがあるのではないか」と疑問を持つ方も多いようですが、結論から言えば、決められたことをきちんと実行していれば危険度、リスクと言ったものはありません。

裏を返せばこんな有利なキャッシングは他では考えられないと言うことです。つまり、危険度を探すのが難しいのがレイクだといえます。

どんな金融機関でも返済で遅延や不払いなどが生じた場合は、これは信用情報に傷がつくのは当然です。レイクの場合でも例外ではありません。
(⇒レイクは千円単位で借入できる?

レイクは新生銀行が運営している、銀行系カードローンなので、むやみやたらにお金を貸すだけではなく、きちんとした返済計画が出来るように、キメの細かい指導や相談を受けているので、問題となる借りすぎや遅延がおきにくく。

遅延が起きた場合、信用情報にキズが付くのは本人の責任であって、レイクが厳しいわけではありません。

レイクの場合は借りたことが不利になるのではなく、返済がきちんと出来ていれば、信用度と言う点で逆に有利に働く場合もあるのです。

危険度とはニュアンスが違いますが、有利か不利化という視点でさまざまなケースを考えてみましょう。

まず、住宅ローンを利用する場合、レイクでの借入れ履歴は不利になるかどうかと言う問題です。

将来マイホームを建てるために積み立てをしているが、一定額になったところで住宅ローンを申し込みたいと言う場合、レイクでの借入れ履歴があった場合、不利になるのではないかと言う不安ですが、過去に何度借入れをしていても返済がきちんと出来ていれば全く問題はありません。

借りた先が銀行であろうとレイクであろうと、消費者金融であろうと、返済がきちんと出来ていて、過去の問題が起きていなければ問題になることは先ずありません。

レイクの場合は何回借りていても返済がきちんと出来ていれば、それが有利に働く場合もあるのです。

借りた場合のリスク、危険度と言うのは、あくまでも返済がきちんと出来ているかどうかであって、借りた回数や、金額が問題になることはありません。

それでもレイクを利用したことで、業界で言う「ブラック」の烙印を押されてしまうのでないかと心配する人もいますが、ブラックと言うのは「債務整理」「自己破産」をこの5年間の間でしたかどうかが問題になるのであって、レイクで500万円の借入れを何回しても、それがきちんと返済されていれば、問題になるどころか逆にレイク内部にとどまらず、消費者金融の間でも高い信用を得ることが出来ます。

過去に、何処からも借り入れた経験がなくローンもないが、今回レイクを始めて使うことになったという人の場合、20歳以上70歳までで、安定した収入が確保されている人なら誰でも利用することが出来ます。

逆に自分がブラックであっても、レイクから借入れできるかと言うケースもあります。この場合、本格的なブラックであった場合は絶対に審査は通りません。つまり借りることは出来ません。

では、ブラックにも本格的なブラックと、そうでないブラックがあるのかというと、ブラックにもいくつか段階があって、自己破産、債務整理は本格的なブラックで、この情報は、信用情報機関に登録され、レイクにもその情報は流れてきます。

これはレイクに限らず消費者金融を含めて何処の金融機関でも審査は通りません。

ただ、遅延が何回かあったが、現在は総て返済が終わっているというような場合は、レイクの場合、審査をパスすることがあります。

これはブラックとしての烙印を押されていないと言うことです。これは、他の機関で借りて、しかも遅延の過去があった人には非常に有り難い事です。

だからといって、他の人より金利が高くなるといったようなリスクは全くなく、総て普通どおりに扱われます。

だからと言って過去に他社で遅延があったという事実は消えるわけではありませんので、返済計画通りにきちんと返済できないと、次回の借入れが不利になることはあります。

場合によっては審査を通らなくなることがありますので、返済計画はきちんと守ることが何より大切です。

自分自身は無収入の専業主婦であっても、ご主人に一定の収入があれば借入れをすることが出来ます。

こうした便利さが、何かリスクがあるのではないかという不安を持つ原因になっているようですが、返済がきちんと出来ていれば秘密がバレたり、借入れの情報が周囲に撒き散らされると言ったような問題は全く起きません。

一般の人がレイク借入れをする場合、審査の基準となるのが、職業と安定収入です。

レイクの場合、通りやすい職業の第一位は公務員です。公務員は倒産がないので安定した職業のナンバーワンとしてランクされています。

自分が犯罪を犯して解雇されない限り、財政が厳しくなったからと言って、解雇されたり、収入が半減したりと言うリスクはありません。このため、公務員と言うだけで信頼度は高いのです。

次に通り易いのが、大手企業の会社員です。公務員と違って倒産というリスクはありますが、中小企業と違ってその安定性は抜群です。

そのため、公務員に準じて評価は高く、何処のカードローン会社でも審査は通りやすくなっています。

次が中小企業の会社員です。その次に、派遣社員、契約社員が続きます。

収入と言うことに関しては派遣社員や、契約社員の方が、正社員より収入が多いという場合がありますが、派遣社員、契約社員はいつ契約を切られるかわからないと言う不安定要素が多いため、安定性のある正社員のほうが信用度は高いのです。

レイクでは、収入の高さより安定性を重要視しています。

その次が自営業、フリーランス、アルバイト、パートです。こうした職業は、収入の多い人もいますが、公務員、大企業の正社員に比べると、安定性ということでは、非常に不安定要素が高いのでランクは低くなります。

それでも絶対に借りられないと言うわけでhなく、審査が厳しくなると言う一面はあるものの、殆どの場合審査をパスします。

ランクは低いと言っても一定の収入が確保されていれば、財産はあるが現在は無収入と言う人よりも審査は通りやすくなります。

レイク借入れの場合は、過去の業績、栄光、将来性といった事よりも、安定した収入があるのかどうなのかと言うことが大切な審査基準なのです。

ですから、無職の専業主婦であっても、配偶者が勤務先を持っており、安定した収入があれば審査をパスします。

個人事業主、フリーターと言った人でも借入れは可能です。ただし審査は厳しくなりますが、個人事業主の場合は、収入の実態などが審査の基準になります。

初めてではなく、過去に何回かレイクを利用したことがあり、いずれも遅延なく計画通りに返済を済ませていれば、これが評価され、審査が通りやすくなると言うこともあります。

借入限度額については、事業の業種、これまでの実績が審査資料になりますが、場合によっては限度額に近い額の融資も可能です。

フリーターの場合も収入の見通しがしっかりしていれば限度額はムリとしても、ある程度の額までは借入れが可能です。

このようにレイク借入れは誰でも自由に簡単に行うことが出来ますが、 年齢制限があり、20歳未満と70歳以上の方は利用できません。

初めての借入れでも、カードがなくてもレイク借入れは可能で、ATMからの引き出しのほか、パソコン、スマホ、携帯電話を利用して、自分が利用している銀行、ゆうちょ銀行などの金融機関の口座に振り込んでもらうことが可能です。

このようにレイクは利用する際に非常に便利で、さまざまなサービスがあり、しかもそれに伴うリスクもないという点が高く評価され利用者は着実に増えています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.