借入可能額を高くしたいならレイクはうってつけの業者?

借入可能額を増やしていくということ、いわゆる増額をするという時にレイクってどうなのかな?と思うのですが、評価はどうなっていますか。

レイクは結構借りやすくて、借入の最初の頃はすごいサービスがいいんですけれども、その後が気になります。

最初は金利無料とかのサービスをやっていて新規の利用者を増やしたいのは分かるんです。

でも、その後はどうなっているのかが気になります。粗後の借入可能額を増額するときには、レイクはどのような対応をしてくれるものなのですか?

レイクは増額のしやすさも実は評価されている

レイクというとどちらかと言うと借入をしやすいというところが評価されている、というように考える人が多いと思います。
(⇒レイクで借入したい方におすすめ記事

最初に借入をする人は無利息で貸出をするというようなサービスをしていたりするので、それはよく知られていると思います。

ただ、レイクはそういった新規に利用する人に対してのサービスというのもやってはいるんですけれども、いつも使ってくれているという人に対してのサービスというのも悪くないのです。

レイクをメインに使っているという人の話が口コミによく載っているので見るとわかります。

レイクの場合、増額申請をした時に通りやすいということがよく言われています。レイクを好きになっている人はそういうところが気に入っているというようにも書いていたりします。

じゃあどうしてレイクは増額申請が通りやすいか?という点もポイントかなと思います。

おそらく推測されているのがレイクというのは増額申請というのが通りやすいのはもともと消費者金融だったために、そのノウハウがあるからではないか?とされています。

銀行系カードローンなのに他の銀行系カードローンとは比べ物にならないほど通りやすいとされているのです。

つまり銀行系カードローンの中で審査が通りやすく、借入限度額を上げやすいということです。

他にも消費者金融と比較をしたら、もしかしたら借入限度額を消費者金融と同じくらい上げやすいということになるかもしれません。1番ではないでしょうがやりやすいのです。

銀行系カードローンの中でということですから、増額をしやすいかどうか、借入限度額を上げやすいかどうかで言えば中小のサラ金に比べるとどうしても劣ってしまうでしょう。

サラ金は極度額が低いけれども圧倒的に上げやすいという点が挙げられますから。

消費者金融でも銀行系カードローンでも、増額をするということはすごく難しいことだというイメージが先につきすぎているところがあります。

のでレイクなどを使ってみると「こんなに簡単だったのか!」と驚いてしまうかもしれませんね。

レイクは初めて利用するという人に対してもサービスはいいですし、ずっと利用しているという人に対しても良いサービスをしてくれるのです。

銀行系カードローンと比較して、ということですが、多くの人が利用している理由がわかると思いますよ。

【参考ページはこちら】
レイクの人気の秘訣は?

レイクの借入可能額は総量規制の対象外なのです

カードローンを利用しようと思った場合、インターネットなどでどういったカードローンがいいかを調べると実に多くの種類が存在することが分かります。

銀行が運営している場合もあれば、消費者金融が運営している場合もありますし、クレジットカード会社が運営している場合もあります。
(⇒借入できる会社を教えて

そういった運営元による違いで、カードローンの利便性などの特徴が違ったりもするのですが、新生銀行が運営する「レイク」はそういったカードローンの中でも稀有な存在なのです。

もともとは消費者金融が運営する個人向けの無担保、保証人なしのローン商品でした。

しかし、グレーゾーン金利が廃止になった後、多くの消費者金融が銀行と提携関係を結びましたが、完全に銀行のローン商品として生まれ変わったのです。

例えば「アコム」は三菱東京UFJ銀行グループではありますが、あくまでも消費者金融の会社が運営するローン商品です。

三菱東京UFJ銀行の傘下であるというだけのことです。

また、アコムについで有名な消費者金融の「プロミス」も同様に三井住友フィナンシャルグループの子会社ですが、あくまでも消費者金融のローン商品なのです。

つまり、「アコム」や「プロミス」というのは消費者金融系カードローンになりますが、「レイク」にかんしては銀行系カードローンになるということです。

こういった消費者金融だったローンが完全に銀行の商品になったというのはほかに例がなく、とても特殊な存在であるので、多くの点でユニークな点があります。

さて、銀行系カードローンか消費者金融系カードローンかというのは実際に利用する際にたいして大きな違いはないのかとお考えかもしれません。

確かに実際の表面的な利便性としてはカードを使用してコンビニや銀行などのATMからお金を出し入れできるということなどは共通したいことになりますが、根本的に適用される法律が銀行と消費者金融では異なるのです。

例えば「総量規制」という規制があります。これは貸金業者は利用者の年収の3分の1以上に相当する額の融資を行ってはいけないというものです。

これはなぜかというと、もしもこういった個人別の融資の上限額を設定しなければ返済に困窮する利用者が増加し、自己破産などの手段をとらざるを得ないような事態が多発してしまうからです。

実際にこの規制が施行される前というのは多くの人が返済に困っていた状態で、逆に貸金業者は際限なく融資を行い、多くの利息を得ながら潤っていた時代でもあったのです。

そういったことからこの規制が発令され、その後は利用者は自分の返済能力にある程度みあった額のみを借り入れるようになり、貸金業者は多くの会社が経営に苦しむような状態に陥り、結果として消費者金融の総数は大幅に減少しました。

上記の規制があてはまるのは「貸金業」であり、当然消費者金融や信販会社などはこれに含まれますが、銀行というものは根本的に「貸金業」の範疇には入らず、よってこの「総量規制」という規制の適用外になるのです。

つまり、消費者金融系カードローンでは年収が300万円の場合、100万円以上の利用枠の設定はできませんが、銀行系カードローンであれば200万円でも300万円でも理論上は借り入れをすることができるのです。

表面的な利用方法などが共通しているこれらのカードですが、最大の相違点として借入可能額の上限が違うということです。

つまり、カードローン別に説明をすると、「アコム」や「プロミス」は総量規制の対象となるので、年収の3分の1までしか融資をしてくれませんが、「レイク」の場合の上限は個別の上限はなく、会社が設定している500万円が最大の融資額ということになるのです。

そういった融資の金額の上限がないということのみならず、もともとは消費者金融だったということもあり、現在は銀行のローン商品でありながら、消費者金融並のサービスを展開しているのも特徴です。

たとえば、消費者金融でよくある無人の契約機をご存知かと思いますが、銀行の場合はあっても銀行内に設置しているくらいです。

また、営業時間も銀行営業終了後の18時くらいまで営業している場合もありますが、夜遅くまで運営しているということはまずありません。

しかし「レイク」の無人契約機は平日土曜日が夜24時まで。日曜日でも22時までと他の消費者金融の無人契約機よりもむしろ遅い時間まで営業をしています。

銀行系という信頼できる肩書きを持ちつつ、消費者金融のフットワークの軽さともいえる利便性をも兼ね備えているということなのです。

ほかにこれに似たカードローンというのは存在しないので、かなり貴重な存在といえるでしょう。

また、特徴はまだ他にもあります。多くの消費者金融などでは新規顧客の獲得のために期間限定で無利息にするというキャンペーンを展開していますが、多くは最初の一ヶ月だけであったりと、あってもなくてもそれほど変わらないようなキャンペーンなのですが、レイクの場合はまず無利息になるキャンペーンの種類が2種類から選べるというのがすごいポイントです。

まず1種類目の無利息キャンペーンは利用枠が1万円~200万円の利用者に限定されますが、5万円までの利用額分に対して利息が発生しないというものです。

しかもこの適用期間が最初の契約日から180日間というから驚きです。約半年間の間は5万円以下で利用をしていけば利息が0円で済むというものです。

利息が0円ということは会員費が0円のカードローンですので、運営側には何の利益もないということになるので、これがどれだけ太っ腹なキャンペーンかが分かります。

そして、2種類目の無利息キャンペーンは、利用枠にかかわらず、契約日から30日間は無利息になるというものです。

これは他社でも同様のキャンペーンを行っているので、それほど驚くことではありませんが、上記のように2つの無利息キャンペーンを展開しているカードローンというのはほかになかなかありませんので、こういった面でも貴重な存在ということができるでしょう。

上記のように、カードローンにはいろいろな種類がありますが、銀行系カードローンであるか、消費者金融系カードローンであるかという違いには適用される規制や法律が変わってくるので、表面的には見えづらい違いがあったりします。

また、同じ銀行系のカードローンであったとしてもそのカードローンの成り立ちによっても運営スタイルやサービスなどの利便性に大きな違いが出てくるという場合もあるということです。

カードローン選びの際にもっとも重要視するべきことがなにかということは利用者それぞれによって違ってくるものです。

ですので、こういった多くのカードローンの中からもっとも自分に合ったカードローンを選ぶ場合には運営会社の違いによる大分類的な違いをまず理解をした上で、その大分類の中でそれぞれのカードローンの特性を理解し、一枚のカードを選ぶということが重要かもしれません。

もっとも自分に合った1枚のカードを選ぶということがなぜ重要かというと、基本的にカードローンというものは1人が何枚も作るものではないからです。

それは、前述の「総量規制」の問題に繋がるのですが、例えば、1人の利用者が50万円の利用枠のカードローンを所有していたとして、その人の年収が300万円だったとします。

仮にカードローンは所有してはいるものの、全く利用をしていなくても、その人が新たに別に作ることができるカードローンは利用枠は50万円までのものになります。

総量規制というのはたとえ実際に借入れをしていなくても、「利用枠」があるだけですでにカウントがされているということなのです。

つまり、仮に年収300万円の人が全く利用していない100万円の利用枠のカードローンを所有していれば、もうこの時点で新しいカードローンを作ることはできないということです。

ですので、カードローン選びは吟味した最高の一枚を申し込む必要があるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.