レイクって千円単位で借入れが出来るんですか?方法教えて!

ども、初めての質問失礼します!私はレイクのカードローンをこの前作った者です。

レイクを選んだ理由は頭の中に「れ、れ、レイクっ♪」というフレーズが残っているからだったり…(笑)。

テレビCMの刷り込み効果って侮れませんよね…!

さて、そんなレイクを作ったものの、すぐには使わなかったのです。

そのうち使う事になるだろうとは思っていましたが、そもそもそんな時に備えて作ったようなものなので…そう考えると、予想より早く使う機会が訪れたって言えるかもしれませんね。そんなレイクの質問です。

レイクっていうのは、千円単位で借入れが出来るんですか?カードローンっていうのは大体が一万円単位での借入れだとずっと思っていたのですが、違うのですか?

そもそも、千円単位を借りる為にカードローンを作る人が少ないから…とか言いながら、私はその少ない一人ですが。

出来るだけ必要な金額をかっちり借りたいので、千円単位で借入れが出来ると助かるのです。

例えば32000円とか、こんな具合ですね。お金ってたくさん借りるほど後になって利息も返すのが大変になるらしいですから、そうした事を避けたい意図もあります。

レイクって、千円単位の融資に対応していますか?もしも対応していたら、その方法も教えてもらいたいです!

レイクは多くのATMで普通に千円単位の借入れ可能です

千円単位の融資って、案外需要は多いですよ。そもそもカードローンを使おうとしている人の多くが小口融資…つまり生活でちょっと必要になったけど足りない、そんな金額を希望しているのですから、希望する人が居ないわけがありません。

実際に、多くの金融業者がその千円単位の融資について対応を進めています。

消費者金融は元からこうした需要に対しては敏感に反応してすぐに整備を進めていましたし、銀行も最近は消費者金融と提携する事が多いせいか、銀行とて対応してる事も増えました。

レイクは元は消費者金融であるものの、現在では新生銀行に吸収合併された結果、消費者金融と銀行の良さを併せ持つ金融業者となりました。

それなのに千円単位の融資に対応していないというのは、ちょっとおかしな話ですよね。

というわけでして、レイクカードローンはもちろん千円単位の融資にも対応しています。

大体のカードローンは自社ATMでのみ千円単位での融資を受ける事ができるのですが、レイクはこの点でも先に行っています。

何と、自社ATM以外にもコンビニATMと言った、全国各地に点在している筐体でも千円単位で借りる事ができるのです。

つまるところ、ほぼどんな場所でもいつでも千円単位できっちりとした融資を受けられる…これはそういう意味なのです。

何度も言うようですが、どんなATMでも千円単位でお金が借りられるというのは、とても貴重な存在です。

レイクカードローンを選んだ質問者さんは、まさに賢いチョイスをしたと言って良いと思います!

【参考ページはこちら】
レイクカードローンの人気の秘訣は?

新生銀行カードローンのレイクは千円単位での借入ができます

お金を借りる方法も様々ありますが、カードローンは特に便利な借入方法と言えます。

まず目的別のローンの場合はその用途以外では利用することができませんが、日常生活ではちょっとしたお金が必要となることは少なくないものです。

たとえば家電を買い換えたり、冠婚葬祭で急な出費が発生する、医療費が発生する、出産がある、子供の進学などお金を必要とする機会は多くあるものです。

カードローンの良いところはその用途が自由に利用できるということがあげられます。

しかも借入は1回限りではなくカードを作成しておけば、その限度額の範囲内ならいつでもお金を引き出すことができますので急な出費にもすぐに対応できるようになります。

カードローンは実に多くの業者が提供しており、銀行が提供しているカードローン、消費者金融が提供しているローンも人気となっています。

そして、カードローンの場合は借入額が一万円単位ということも多いですが、場合によってはそれほど多くの資金を必要としていない場合もあります。

一万円単位で出した場合も不必要なお金は使わないように気をつければ良いのですが、つい財布に資金があまっているとお金を使いたくなってしまうものです。

カードローンはとても便利な存在ですが、キャッシュカードのような感覚で使うことができるので、ついお金を借りているという意識は薄れがちとなってしまいます。

それゆえに気づいたときには思っていたより借金の金額が増えていたということもあり、そうなると返済は厳しいものとなってきますので、不必要に使うことは避けましょう。

本当に必要な金額だけ借りたいという場合は千円単位で引き出せる業者を選んでおくのも良いでしょう。

大金を出してしまうと一度に使ってしまうという心配もありますが、千円単位でお金を出すことができれば本当に必要なお金だけを用意することができますので、使いすぎを防ぐことができます。

必要な資金をこまめに借りたいという場合はこうした千円単位で引き出せる業者を選んでおきたいところです。

それぞれの業者の公式サイトでは何円単位で借りられるかがわかりやすく解説されていますので、よく確かめておきましょう。

小額の単位で借りられる業者をお探しならレイクにも注目してみましょう。

名前のイメージで消費者金融という印象もありますが、こちら新生銀行が提供している銀行のカードローンとなります。

それゆえにより安心して利用することができますし、総量規制の対象ではありませんので、まとまった金額を借りたいという場合にも向いています。

レイクに申し込むのであれば、まずはその特徴をよく理解しておきましょう。

お金を借りると利息も合わせて返済していくこととなりますので、やはり利息についてはよく確認しておきたいところです。

そして、最近は無金利期間を用意している業者も増えていますので、少しでも利息の負担を減らすのであれば、こちらについても確認しておきましょう。

レイクの場合も無利息期間が用意されており、他の業者とは違う特徴を持っています。

こちらでは2つの無利息期間が用意されていることが特徴で、契約金額にかかわらずすべての金額が30日間無利息で利用できるサービスと、200万円までの契約金額のうち5万円までが180日間無利息で利用できるサービスが用意されています。

どちらの無利息期間がお得なのかも悩むところですが、サイトではどちらがお得かがすぐにわかるシミュレーションも用意されていますので、こちらも活用してみると良いでしょう。

サービス内容については、融資限度額は1万円~500万円までとなっており、利用できる条件としては満20歳以上、70歳以下の安定した収入がある人です。

アルバイトやパートで収入がある場合は主婦や主夫の人にも利用できるようになっています。

審査結果は短時間にわかり、即日からも融資を受けることができます。

ATMの手数料についても気になるところですが、セブン銀行のATMなら借りる場合も返済する場合も手数料が0円で利用することができます。

契約内容をよく確認したら手続きを進めていきましょう。

借入をするとなると来店して手続きをしなくてはいけないイメージもありますが最近は来店不要で手続きができるサービスを用意している業者が増えており、自宅からでも簡単に手続きが行なえます。

そしてレイクの場合もパソコンや電話から手続きができるようになっています。手続きには担保や保証人は必要ありませんが本人であることを確認できる書類が必要です。

手続きには運転免許書が便利ですが、免許証を持っていない場合は健康保険証やパスポート、特別永住者証明書、在留カードなどを用意することとなります。

それから本人を確認する書類に記載されている書類が現在の住所とは違う場合は住民票の写しや印鑑証明書、公共料金の領収書などを用意することとなります。いずれも発行日から6ヶ月以内のものを用意しておきましょう。

そして、100万円を超える金額を借りる場合は本人を確認できる書類にプラスして収入が証明できる書類が必要です。

この場合は源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書、直近の3ヶ月以内の給与明細の連続2か月分などが用意されます。

それから必要書類の提出方法についても知っておきたいですが、来店なしで電話やインターネットで手続きをした場合もファックスやEメールで送付することができますので郵送する手間はありません。

手続きはインターネットの場合は専用の申し込みフォームから必要な情報を入力し、送信します。

そしてその後はすぐに審査が開始され、審査を無事クリアすることができれば、その日からも融資を受けることができます。

特に急いでいる場合は指定の口座に振り込みで融資を受けることができる即日振り込みが便利です。

パソコンはスマートフォンから会員ページにログインすると即日振り込みが行なわれますので振込みを依頼しましょう。

お金を借りたら必ず返済しなくてはいけませんので、返済方法についても確認しておきましょう。

返済は振込みや引きとし、WEBでの返済ATMなど様々な方法が用意されていますので、それぞれに合った方法を選んでいきましょ。

WEB返済なら深夜にも対応しており、一括払いも行なうことができます。さらに手数料も無料など便利なサービスです。

返済方式についても知っておきたいですが、レイクの場合は残高スライドリボルビング方式と残高定額リボルビング方式が用意されています。

その違いについても理解しておきたいですが、残高スライドリボルビング方式では元金と利息を合わせた毎月の最低返済額を利用残高に応じて変動させて返済していきます。

そして残高定額リボルビング方式では利用残高に関係なく元金と利息を合わせた金額を利用残高に関係なく定額で支払っていくこととなっています。

似ているようで、それぞれ違う特徴を持っていますので、よく比較して最適な方法を選んでいきましょう。

それから返済日を忘れると遅延損害金が発生しますので、しっかりと管理していくことが大切です。

返済日についてはそれぞれの都合に合わせて毎月の返済額を指定することができます。お給料日の数日後などにしておくと無理のない返済が行なえます。

当月の返済日から14日前から返済が可能ですので、余裕を持って返済しておきたいところです。

忙しいときはうっかり返済を忘れてしまうという場合もありますが、そういった場合もメールお知らせサービスを利用しておけば、返済日が近くなるとメールで知らせてくれますので、より安心です。

返済が遅れてしまった場合のメールもあり、返済予定日を登録することもできます。

女性がはじめて借入をする場合などは不安がある場合もありますが、そういった場合も女性専用のサービスが用意されていますので安心して相談することができます。

手続きから返済までしっかりサポートしてくれますので、活用してみると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.