レイクって延滞すると今後は借入れ出来ないのでしょうか

私の仕事は美容師見習いです。この仕事…というかまだ見習いなのですが、聞いた事がある人も多いかと思いますが、とても賃金が低いです。

見習いだから勉強しながらお金ももらえるというと聞こえは良いかもしれませんが、拘束時間の割に考えると他の仕事とかもできないし、そうなると生活が厳しくなるのは当然の話でして。

おかげで食費を中心に様々な生活費を切り詰める事になり、いっその事実家に帰りたい…なんて思うようになりました。元々両親の反対を押し切ってきたから戻れないですけどね。

そんな私の生活をギリギリのところで支えてくれているのが、レイクのカードローンです。

レイクのカードローンは、いつでも限度額内ならお金を貸してくれる優れものです。

ギリギリの生活をしていると何かあればすぐにお金が足りなくなるわけですし、カードローンを先に作っておいて正解でした。

しかし当たり前ながら、借りたら返済があるわけでして、私の生活だといつ延滞してしまうかとハラハラしてしまうという側面もあります。

それで不安なのですが、レイクって延滞を一度でもすると今後は借り入れが出来なくなってしまうのでしょうか?

遅れてもきちんと返せるようになれば返すつもりではありますが、こういうミスって許されないのでしょうか?延滞の可能性も割と冗談では無い感じなのでよろしくお願いします。

すぐに返済すれば復活する可能性も高いですよ

美容師の過酷な現場とは?…みたいな感じのニュースをどこかで見た気がするのですが、お話を聞く限りだとこれは嘘じゃないみたいですね…

どんな仕事でも見習いのうちは当然の事かもしれませんが、生活も構築できないというのは現実問題として厳しいですよね。

先にカードローンを作ったというのは、正しい判断の結果だと私は思いますよ。

そして延滞はもちろんしないにこした事はありませんが、やっぱりやむを得ない事情で遅れてしまう事は、カードローン利用では良くある話です。

そしてレイクを始めとしたカードローンというのは延滞=利用停止なのかと言いますと、各社によって対応も若干異なりますが、その後のこちらの出方次第で変わるという側面があります。

・返済が早ければ普通に復活する可能性も高い
まず、延滞してしまう場合でもこちらからすぐに連絡して、その後数日以内に返せるようなら、遅延損害金を少し支払うだけで大きなペナルティにはならない事も良くあるみたいです。

うっかりミスで延滞したものの、普段は真面目に返している人を一度のミスで停止してしまうのは、金融業者にとっても愚策ですからね。まずは連絡して、とにかく支払う意思を見せるのが第一です。

・復活はするものの減額などのペナルティが起こる事も
延滞も多少期間が長かったり、何度も続いているようなら、遅延損害金だけでは済まない事もあります。

その場合は金融業者側のリスク回避として利用可能額を減らす事もあり得るわけですので、こうなると使い勝手の面で劣るのは仕方ないですね。

ただ、減額されるだけでまだ使えるのなら、まだ良い方とも言えるかもしれません。

・利用停止でブラックリスト入りもあり得る
延滞も重度と判断されてしまえば、その場で利用停止となりその後は返済にしか使えないカードになってしまう事もあるわけです。

そうなると信用情報機関に金融事故者として登録され、所謂ブラックリストの仲間入りです。こうなると、今後の借り入れを受けるのが極めて難しくなります。

このように、利用停止になるまでは段階があると言えますが、延滞しなければ全て回避できるのを忘れないでくださいね。

【参考ページはこちら】
レイクって千円単位で借入できる?

レイクで借入れ出来ない人は何が悪いのか?

レイクでこれから借入れをしようと思って申し込みをしたのに、審査結果がもしかすると借入れ出来ないという返答で帰ってきたという経験がある人もいるのではないでしょうか。

これはなぜなのでしょうか。金融機関では必ず借入前には審査が行われます。この審査は何を目的にしている可ご存知でしょうか?

この審査では、何を見ているのかといえば、やはり返済能力があるかどうかをチェックしています。

お金を貸したはいいけれど返済してもらえない、これが一番怖いわけです。

返済してもらえなくなれば金融機関は消費者金融も含めて倒産の危機にまで追い込まれてしまうことだってあるのです。

ですから、返済がきちんとできるかどうか、これは必ずチェックされることであるといっても過言ではないでしょう。

審査はどのような場所でお金を借りる場合でも必ず行われます。

どのような場合というのは、銀行でも消費者金融でもということになるのですが、金融機関と呼ばれる場所でお金を借り入れるなら必ず審査があります。

審査は申込書の内容に添って行われるのですが、自己申告した内容を見て、それを信じて行われるというわけではありません。

自己申告で万が一嘘をついている人もいるかもしれませんので、そのような場合も予測をした上で第三者機関に審査を依頼しているのです。

第三者機関、これは個人信用情報機関と呼ばれている場所で、こちらの場所に問い合わせをする事によって、個人のこれまでの、金融に関する情報が全てわかるようになります。

例えばわかる情報としては、今現在の借金がある場合は、どこの金融機関にどれくらいのお金を借り入れているのか、その情報も知る事ができます。

そしてこれまでにどこでどれくらいのお金を借りたことがあるのか、過去の履歴も調べる事ができます。

そして過去に、返済しなかったり、返済が遅れてしまったという金融事故があったのかどうかも調べればすぐに個人情報機関ではわかります。

過去に金融事故を起こしている場合には、やはりお金を融資する事はできないのです。同じことを繰り返すのではないかと思われてしまうからです。

ですから、お金を貸す側も、きちんと貸す相手の素性をしっかりと調べた上でお金に対しての過去なども調べあげた上で貸付を決定します。

そのために、審査に通らないこともあるのです。ですからもしかするとレイクで借入れ出来ないという人は、審査に通らなかった可能性が高いでしょう。

審査に通らなかった理由は心当たりがありますか?

例えば遅れた経験があるとか、返済していない、債務整理をして自己破産をしているなどの履歴が残っている場合には貸付してもらえませんので注意しましょう。

過去に何か履歴で問題があった人以外でも、審査に通らないことがあります。これは申込ブラックと言われている状態です。

過去の履歴に問題がある人はブラックリストに掲載されるというような表現をされる事が多いのですが、申込ブラックは申し込みをする時点でブラックリストに載ってしまうことをいいます。

申し込みをする際、1つの金融機関にだけ申し込みをしていたら良かったのですが、それなら審査に通っていたかもしれない状況において、もしかすると審査に通らないかもしれないと思い、あちこちの金融機関に短期間に申し込みをしてしまうというのが申込ブラックです。

短期間にあちこちの金融機関に申し込みをした場合、なぜブラックリストに掲載されてしまうのでしょうか。

これはよく考えるとわかる話なのですが、短期間にあちこちにお金を貸してもらいたいと申し込みをするということは、よほどお金に困っているとみなされる事になりませんか?

もしそんなつもりではなかったとしても短期間にあちこち申し込みをしているという事実は、第三者から見てみれば、よほどお金に困っているのであちこちから借金をしようとしている人なのではないかとみなされてしまうのです。

そのために、それほどお金に困ってない、1箇所借りられたらいいと思っていたけれど、あちこちに申し込みをしてしまったがために、申込ブラックという状態になってしまって、審査に通らなくなるのです。

申込ブラックになった場合でも、過去の履歴と同じように個人情報機関に掲載されてしまいますので充分に注意が必要です。

こうしたことが背景で審査に通らない、借入できないという状況が生まれます。

もしこれから審査を受けようと思っている人で、ストレートにお金を借入れたいと思っているのであれば、まずは、自分が過去に金融事故を起こしていないかどうかしっかりとチェックした上で、起こしているかもしれない人はそれが何年前のものなのか、まだ審査に影響を与えるのか調べてからにしたほうがいいかもしれません。

個人情報機関には個人での問い合わせにも対応してくれますので、もし心配だという人は申し出れば教えてくれるのです。

その上で過去の履歴が特に問題ないとわかったら、申し込みをすればいいでしょう。そのほうがスムーズに審査に通る確率が高まります。

申し込みをするときは、レイクで借り入れをしたいと思っているのなら、レイクだけで申し込みをしてください。

先ほども紹介しましたが、申込ブラックという状態になってしまっては、審査に通る事ができません。

あちこちたくさん申し込めばどこか審査に通るだろうという考え方ではなくて、もしあなたが審査に通るような状況であれば、1つ申し込んでも2つ申し込んでも同じです。

そして反対にあなたが審査に通らない状況であれば、1つ申し込んでも2つ申し込んでも審査には通りません。通るときは通りますし、通らない時はどこに申し込んでも通らないのです。

ですから、あちこち手当たり次第申し込みをしてどこか通ればいいという考え方はやめて、レイクで借り入れをしたいというのであれば、そこだけに的を絞って申し込みをすることをおすすめします。
(⇒レイクでは借り換えもできる?

個人情報機関に問い合わせれば全ての情報が履歴として残りますので、申込書で内容を誤魔化したとしても、それは調べればすぐに分かってしまいますので注意しましょう。

そして借り入れをしたら必ず期日までに返済しなければいけません。これは当たり前のことです。

この当たり前のことが出来ない人は次にお金を貸してもらえるわけがないのです。

ですから借りたお金はきちんと返済する、この流れができてこそ、次につながるわけですから、それができなければどこもあなたにはお金を貸してくれないでしょう。

見ず知らずの人にお金を貸す、これはとても勇気のいることですよね。

あなたも知らない人からお金を借りたいと言われてもすぐに貸すことはできないでしょう。それはあなたとその人の間に信頼関係がないからです。

しかし、金融機関ではお金を貸してくれるのです。信頼もないのにです。

そこは、これまでの金融事故を起こしていないという事実や、期日までにきちんと返済しているという事実が関係しているわけです。

この事実があるからこそお金を貸してもらえるということを決して忘れてはいけません。それが無ければお金は貸してもらえないのが普通です。

審査に通らない、それは何か理由があるはずですから、もし審査に通らなかったという人はその理由を今一度振り返ってみるといいでしょう。

そして通らなかった人で理由がわかったという人は、その理由を改善して、すぐにまた申し込みをするという人もいるのですが、審査に通らなかったという事実も個人情報機関には履歴として残りますので、すぐにまた申し込みをしても審査に通りません。

通らない理由が改善されたから通るだろうと思っている人もいるかもしれませんが、しばらく期間をあけなければ通りませんのでそれは頭においておきましょう。だいたいその期間は半年程度と言われてます。

そして過去に金融事故を起こしたり、申込ブラックになってしまったという人は、この履歴が消えるのは7年から8年と言われているので覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.