レイクの借入利用ってコンビニから使えるんですよね?

レイクっていうと消費者金融ってイメージが強いですけど、今は新生銀行の商品になっているから銀行カードローンで良いのですよね?

私の両親はレイクを使った事があるらしいですが、その頃は消費者金融で金利も高くてあまり良いイメージが無いみたいです。

でも私は新生銀行の口座を一つ持っているので、借入が必要な今レイクが気になっています。

両親に相談すると反対されるので言ってはいませんが、やっぱり気になった以上は是非とも使ってみたいです。銀行なら安心できそうですし。

だから、レイクについて質問を済ませておきたいので、どうか協力してください。レイクはカードローンなのでATMからお金を引き出して使う事になると思います。

そしてその使えるATMというのを知っておかないと上手く扱えないですよね?

レイクの借入利用っていうのは、コンビニからでも使えるとどこかで見た事があるのですが、間違いないですか?

コンビニなら近くにありますし、中にはATMも設置されています。実際そこから銀行口座にお金を入金した事もあって、便利でした。

そんな便利なATMで融資が受けられるかどうかっていうのは、かなり大事です。使えないなんて事は無いと思いたいですが、念のためにどなたかちゃんと利用出来るかどうかをお答え下さい。

コンビニから使えますが例外に気をつけましょう

レイク=消費者金融という人が今でも多いですが、きちんと現在の姿をご存知のようで良かったです。

レイクを今でも消費者金融だと教えている方も多いですが、正しくは銀行です。銀行と消費者金融では適用ルールが違うので、把握しておかないといけません。

レイクの借入利用についてですが、ATMから使う場合、ちゃんと使える機種などを知っておかないといけません。

特に普段行ける範囲もそうですが、県外に向かった時に咄嗟にお金が必要になるケースが多く、その時に焦ってしまうのはよろしくありません。

そしてレイクはコンビニで使えるかどうかについてですが、きちんと使えます。むしろ大手のカードローンでコンビニに一切対応していないカードという方が少し特殊ですね。

対応しているコンビニも日本で有名なところはほぼ網羅していると言っても良いでしょう。

しかしながら、例外というものには注意が必要です。

例えばコンビニには必ずATMが設置されているものだと思う人がいますが、一部店舗にはATMが設置されていないという事があります。都会では想像もできませんが、これは実際にあり得る事です。

また、コンビニでも有名なものではなく、本当に小数展開しかしていないようなマイナーなコンビニの場合は対応していない可能性があります。

こうした例外に対処する為に、予め対応している場所のみをチェックしておきましょう。

それと、レイクのカードローンはコンビニだからと24時間使えるわけではありません。深夜でも使えますが、メンテナンスの兼ね合いで使えない時間帯もある事も併せて覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
レイクは審査が簡単だから最高金額もすぐ借りられる?

気軽で便利に出来るレイク借入コンビニの利用法

コンビニでキャッシングが出来たら便利だと考える人は多いようですが、レイクのカードローンがあれば、コンビニのATMで借入れが出来るのです。

コンビニは、単に生活用品の販売だけでなく、公共料金の支払いや宅急便のメール便の受付、葉書、切手の販売と身近な生活に必要なあらゆるものを扱っていることで知られていますが、なんとレイクの借入れもATMを使って出来てしまうのです。

レイクでは至急現金が必要になった人の需要に対応するため、1000円からの貸し出しを行っていますが、レイクのカードローンではコンビニのATMを使えば、最低1000円から借りることが出来るのです。
(⇒レイクは追加で借入もできる?

1000円では、ATMの利用にかかる手数料を支払ったりすれば手元に幾らも残らないのではないかと心配になりますが、レイク借入コンビニの場合は手数料はゼロですので、1000円そっくり手元に届きます。

ですから、近くにコンビニがあれば、平日、休日、深夜、早朝といったことを気にせずに、最高限度額の200万円までならば幾らでもお金を借りることが出来るのです。

利用できるコンビには、ファミリーマート、セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ミニストップなど幅広く、いつでも、何処でも気軽に借りられる特徴を持っています。

注意しなければいけないのは、メンテナンスの関係や、三重によっては利用できない時間帯を設けているところもあるので、利用する場合は予めATMの稼働時間、営業時間、メンテナンスの日時などをチェックしておく必要があります。

返済にもさまざまな制約があるので、どうすればいいかは、コンビニの店員さんに確かめておく必要があるでしょう。こうした一部不便さはあるもののコンビニが便利な存在であることは間違いありません。

レイクで借入れをした場合、その月の利用明細が自宅に届けられますが、家人の目に触れられたくない場合は、明細の送付を断ることが出来ます。

利用明細は送られてきては困るが、しかし借入れの状況を把握しておくために明細がほしいという場合は、コンビニ明細である程度状況を把握することは出来ます。

ただ注意しなければいけないのは利用明細書や領収書の郵送をストップした場合は特定のコンビニのATM以外では返済が出来なくなるという問題がおきることがあるので事前にレイクに確認を取っておく必要があります。

カードローンを利用すると、その利用明細書が自宅に送られてくるのが普通ですが、ATMを利用するとレイク借入コンビニ明細がその場で発行されます。

これを保存しない人を良く見かけますが、後で何かトラブルが起きた場合は証拠となる重要書類なので、廃棄せずに大事に保管しておく必要があります。

レイクから送られてくる明細書の封筒には会社名が書かれていないのが普通です。

これは送られてくるのを嫌がる利用者に配慮しているためですが、うっかり家族が開けてしまうことも考えられるので、十分な注意が必要です。

利用明細書が送られてこないようすることは出来ますが、それ以外の書類は届いてきます。

例えば返済が遅れた場合などは催促状が送られてきます。こうした事態がおきないように、返済は計画的にきちんとしておきましょう。

借入れの事実を家人に隠しておきたい場合というのはよくあることですが、完全に隠すことは出来ないので、前もって打ち明けて使用目的をはっきりとさせておくことが安全です。

使用目的に多少ごまかしがあってもこれは止むを得ないでしょう。隠しておいて後でバレるヨリ被害は軽く済みます。

書類ではなく、電話が職場や自宅にかかってくることがありますが、この場合は「レイクの〇〇です」と言った名乗り方はしないのがルールです。

このため、電話で同僚や家人にバレることはまずありません。

ただ、遅延の催促状などが来た後の電話では周囲の警戒心が強くなっているので要注意です。こうしたことがなければ電話でバレることは先ずありません。

ただ、念には念を入れて、申し込みの際に、家族には内密であることを伝えておけば、安全性はかなり高くなります。

以前はキャッシングと言えば基本単位は1万円でしたが、法改正などを受けて競争が激しくなってきたところから千円単位の融資を始めるところが増えてきました。

レイクでも、千円単位で借りたいと言う利用者のニーズに合わせて、千円単位で借入れができる提携ATMを設置しています。

小額のお金を借りたいというニーズは意外と根強く、千円単位の貸し出しを始めてからキャッシングの利用者が増えてきたという事実もあります。

千円単位ですと、利息も少なくて済むので、無駄遣いをしないでやりくりしたいと言う主婦などから支持を受けているようです。

これが支持されている背景にはコンビニのATMが手数料なしで使えるという一面もあり、今後生活費のやりくりという面で新しい動きが始まる予感があります。

カードローンの場合は、生活費のやりくりや予想外の出費といった緊急性のある場合だけではなく旅先、出張先で急にまとまったお金が必要になる場合がよくあるものです。

しかしカードを持っているだけではどうにもなりませんが、全国各地に利用できる新生銀行レイクが配置されていて、運転免許証や健康保険証など本人確認が出来るものがあれば、最短40分以内にその場でお金を借りることが出来ます。

100万、200万とまとまったお金の場合はともかく、取り敢えず5万円だけ欲しいといった場合は審査も早く、急な出費をフォローしてくれます。

レイクが新生銀行レイクになっても、過去にレイクを使用していれば、その取り扱いについては基本的には全く問題はありません。

カードも利用を停止していただけならば復帰するだけの話ですから何の問題もありません。

急な入用で、出先でレイク借入コンビニを利用する場合でも、レイクなら使用手数料が無料なので、負担もなく便利でしかも手早く出来ます。

レイクは新生銀行レイクになって便利さがより一層強化されましたが、その中でも以前では不可能だった利用者の年収の3分の1を超える融資も出来るようになり、さらには金利も4.55~18%と低い金利に設定することが出来ました。

下限金利の4.5%は業界でもトップクラスの低金利として高く評価されています。

このように100万円を超える多額な融資から、1000円単位の小額融資まで幅広いニーズに対応したレイクは早い、安い、便利と利用者から喜ばれています。

1000円融資は、最近手がけるところも増えてきているので、今後どのようなサービスで利用者に喜んで貰えるか、これからが勝負になります。

また一定期間の無利息サービスも利用者の利便性の向上のために設けられたサービスで30日間無利息と、180日間無利息の二つのサービスがあります。

いずれも対象者は初めてレイクと契約する人と言う制限がありますが、無利息期間の開始が契約日の翌日からとなっている点に注意が必要です。

180日間の無利息サービスはレイクと初めて契約した人が対象で、利用限度額が1万円~200万円までの範囲となっています。

ただし、無利息の対象となる借入額が5万円までで、5万円を超える金額に対しては通常の12%~18%の範囲の金利がかかります、うっかり借入れの総てが無利息と勘違いしていしまうと後で大きな利息負担をすることになるので、無利息を利用する場合は専門の担当者によく聞くか相談した上で利用することが大切です。

30日間無利息のタイプは、初契約者が対象で利用限度額が1万円~500万円までの範囲となります。

30日のムリし期間が過ぎると通常の金利である4.5%~18%が適用されることになります。これも180日間同様、勘違いをすると大変なことになりますので十分注意をしてください。

いずれにしろ、勘違いしてしまった後の負担は大きいものになりますので専門の担当者と良く話し合って、誤解の無い様にしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.