担保の必要な借入はレイクのような業者でも使えるか

有名業者の一つであるレイクについてですが、レイクは基本的に借入をするときに無担保無保証人で借りられると思います。

普通はそのような借入が消費者金融にしても当然で、他のところと同じです。でもレイクが好きでレイクで少しでも有利に借りたい人もいるでしょう。

そういう時には担保付きの仮りえをすれば金利も下がって、返済も楽になるというのが基本的な認識としてあると思いますが、レイクの場合はそういった借入の時に担保を提供することで、金利を落としてもらうというようなサービスや商品というのはあるのでしょうか。

レイクは今は無担保無保証人のサービスに一本化した

もう数十年レイクは営業を続けているのですが、最初は小さな消費者金融から始まって、どんどん大きくなっていきました。

CMなども有名になったくらいですが、レイクと言うのは無担保無保証人の消費者金融から今では銀行系カードローンに変わりました。

レイクのおかげで銀行系カードローンが発展してきたわけですが、そんなレイクで借入をする人は多いです。(こちらもご参考に→レイクで借入金額を上げるのは簡単?

当然、担保を提供することによって金利を下げたいという人は多いでしょうが、残念ながら今はレイクはもう無担保無保証人のキャッシングに一本化してしまいました。

昔は土地を担保にすることで借入をすることが出来たようですが、今ではもうできなくなっています。

数年前に土地担保の融資というのはなくなっていますからホームページを調べてもらえればわかります。キャッシングに一本化してしまっているのです。

もし土地を担保にした借入をしたいのであれば、他にもいろいろな業者がありますから、それらを使うといいでしょう。

レイク以外にも銀行、そして銀行系カードローンや消費者金融などが土地を担保にした借入というのを商品化しているので探してみるといいでしょう。

今はもう土地を持っている人というのがお金を借りて何かをする、というような時代ではなくなってきています。

レイク以外の有名な消費者金融や銀行系カードローンでも土地担保の融資というのをほとんどしなくなっているのを見ると明らかでしょう。

ローンは今やカードローンを始めとするキャッシング、ネットローンのような小口のものに移ってします。

個人個人が数十万円くらいの借入をして、それを1年2年かけて返済していくというようなものが多くなっている、というように考えられます。

土地担保の借入をしたいという人もいるでしょうが、ごく少数派担っていると思いますので、そういう人はレイクのような大手の業者を使うのではなく、レイク以外の担保取引を今でもやっているような業者を使うほうがいいでしょうね。

今や担保を入れなくてもレイクはすぐに貸してくれるわけですし、担保がなくても金利を下げてくれます。

初めての人にはキャンペーンもやってくれるわけですし、必要な文は十分化してくれます。今が一番借入をしやすくなっているかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
レイクはコンビニからでも借りられる?

レイクで借入しても担保は要らないという好条件

レイクで借入れしても、額の多少にかかわらず担保は要らないという好条件が大きな特徴になっていますが、このほかにも他の消費者金融にはないさまざまな特権が沢山あります。

先ず第一は担保が要らないこと、第二は、保証人がいなくても利用できること、第三は当日に申し込みをした場合でも、午後2時までならその日の内に融資を受けられること、第四は簡易的な融資判断システムをホームページ上で試すことができること、第五は100万円以下の融資であれば運転免許証などの身分証だけで借りられること、第六は20歳から70歳までなら誰でも利用できること、第七は派遣社員であっても融資を受けられる可能性は高いこと、第八はアルバイトやパートでも収入が安定していれば借りられること、第九は専用のフリーダイヤルがあるので24時間サポートが受けられること、第十は四つのコンビニと携帯しており、返済などもコンビニのATMが利用できることなどです。

第一の担保なしで借りられるのは非常に大きな特徴で、その分利子がやや高くなりますが、それでも他の消費者金融よりは低目に設定されているので大変利用しやすいと言えます。

第二の保証人が要らないというのも大きな魅力です。普通、借金の保証人と言うと誰もが敬遠し保証人をつけるのは大変難しいものですが、それが要らないというのは大きな魅力です。

これは他の機関が保証人を代行してくれるからで、借りる人が、その期間に挨拶に行ったりとか、余計な気遣いをする必要はありません。

第三の即日融資と言うスピードですが、午後2時以前に申し込んだ場合なら、審査がスムースに進めばその日の内に融資が受けられます。

コンビニのATMを利用することが出来ます。いくら午前中に申し込んだからと言っても、審査をパスしなければ融資は受けられません。

審査の要点は何かと言えば、勤務先の経営状態と本人の収入が中心ですが、本人の収入は年額ではなく月額で審査されます。

いくら高額所得者であっても、収入が不安定だとパスしない場合があります。要は毎月決まった収入があるというのが大前提なのです。

ですから収入が不安定、または収入なしというフリーターの場合は審査をパスする可能性は極めて低いと言うことがいえます。

ですから例え日雇い労働者であっても、毎月の収入が一定額安定していれば、収入が少なくても借りることは出来ます。ただし、この場合は借り入れの限度額が低く抑えられます。

第四の融資判断のテストですが、これは申し込んだ場合、結論が出るまでは不安なものです。これを解消するため、通るかどうかのテストをしてその傾向を知ることができると言うシステムです。

これはレイクのホームページを利用して行われますが、ホームページに記された必要事項を打ち込んでクリックするだけの簡単なものです。

ただこれはあくまでもテストであって審査をパスしたと言う結果が出てもそれを保証するものではありません。あくまでも参考として考えなければなりません。

第五の身分証明ですが、これはあくまでも本人確認です、保証人なし、担保なしという条件の中では本人確認は大切です。

と言っても複雑な書類を何枚も揃える必要はなく、運転免許証があればそれでOKです。

運転免許証のない場合は健康保険証、パスポートなどでも差し支えありません。専業主婦が借り入れる場合はほとんどが健康保険証となります。

第六の年齢制限は20歳から70歳までとなっています。70歳を過ぎても年金と言う安定した収入がある人が多いことは事実です。

ですから機関によっては70歳を超えた人でも貸し出すところがありますが、レイクでは貸し出しをしていません。

それは貸し出しをした場合、返済が終わらない内に亡くなるというリスクが高いためです。

このため年金が高いとか、他にも収入があるということはあまり参考にはなりません。保証人が要らない分、こうした厳しさがあります。

一方20歳を超えていれば大学生であっても融資を受けることが出来ます。これは大学生の場合、アルバイトで収入を得ている人が多いので、それが安定したものであるならば融資の対象となります。

大学生の場合はケースによって違いますが、借りられる限度額は20万円~30万円ぐらいです。

これ以上の高額は難しくなります。これは一般社会人の同年齢者と比べると借りられる額は低目です。

同じ20歳であっても社会人で、きちんと勤務しており一定の収入がある人なら、限度額は大学生より多くなります。

日雇い労働者、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば融資の対象となります。(こちらもご参考に→様々な職業の方におすすめ借入情報

唯一の例外は専業主婦の場合です。本人に収入はなくても、配偶者が勤務しており、一定の安定した収入があるならば融資が可能となります。

この場合、勤務先まで調査に赴くと言うようなことは絶対にありません。

自宅に電話を入れることがあるかもしれませんが、本人以外の人が電話口に出てもこちらの名前を出すようなことはないので安心です。

専業主婦であっても返済計画がしっかりしていて遅延なく返済できていれば、何度でも借りることが出来ます。

返済は、わざわざ銀行まで出向かなくても、近くのコンビニのATMを利用して返済できます。利用できるコンビには4社もあります。

これは4社のコンビニと提携しているためで、ATMでの払い込みなら誰にも知られず安心して振り込むことが出来ます。

またコンビニで知り合いと顔を合わせたとしても、ATM利用なら、その内容を知られる心配は全くありません。借り入れから返済まで安心して利用出来るのも大きな特徴のひとつです。

利用するにあたって、限度額はどれぐらいかと言うと、さまざまなケースがありますが、初めて借りる場合は、年収の三分の一がおおよその目安になります。

例えば年収300万円の人でしたら、100万円までが一つの目安になります。

何度も借りた経験があり、一度の遅延もなくきちんと返済されていれば、限度額の増額も可能になってきます。

よく何度も借りていると、信用が落ちるのではないかと危惧される方がいますが、レイクの場合は、借りた回数が多く、しかも一度も遅延せずにきちんと返済できていれば、逆に信用される材料になります。

融資の最高限度額は500万円ですが、レイクからの信用が高まれば、500万円はムリとしても200万円ぐらいまでの増額が望めます。

おかねという信用を取引するのですから、先ずはきちんと返済計画を立て、一度の遅延もなく返済することが大切です。

一度でも遅延すると、次回の借入れで最高額が減額されるだけでなく、場合によっては借入れできないと言ったことも起こりえますので、何はともあれ信用を保つことが大切です。

担保なし、保証人なしで誰でもいつでも借りられるかというと、借りることが出来ない場合があります。

それには一定の条件があります。先ず20歳未満の人、71歳以上の人は借りられません。無収入の人も原則として借りられません。

ただ無収入であっても配偶者がきちんと勤務していて一定の収入がある専業主婦でしたら借りることが出来ます。

また身分の不安定な、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトであっても、一定の収入があれば借りることが出来ます。

返済中に収入が減少した場合でもきちんと返済出来ていれば問題はありません。

何度も利用しているうちにどうしても限度額を増やしたいと言う場合が生じてくるものです。

例えば限度額100万円を200万円に増やしたいと言うような場合、増額を申請しても簡単には了承されません。

月収が徐々に上がっている場合は、多少の増額は認められますが、減少している場合は全く認められません。

皮肉なもので収入が減るに従って借入限度額は多くしたいものです。人情としては分かるのですが、信用と言う分野の世界は人情では解決できないものなのです。

この点を良く理解した上で、計画的な借り入れ、計画的な返済を心がける必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.