美容整形のローンは他社借入として見られちゃう?

よく女性ならわかると思いますが、美容整形ってすごいお金がかかるじゃないですか。

エステとかもそうですけれども、その時のお金をローンで支払うのって結構あると思うんです。

私もローンで美容整形のお金を支払って、今も分割払しています。人には言えないですけれども。

そんなお金をローンで支払っているんで、今後借金をするときには不利になるのかなという不安があります。

他社借入をしていると、それが原因で借りられない時があるっていうのを聞きましたけれども、美容整形もやっぱり他社借入の一種ということになるんでしょうか。それならキャッシングは難しいですか?

他社借入に似たものとして処理され、審査は厳しくなる

美容整形でもエステでも、それこそ自動車ローンとか他のものでもいいんですが、基本的には借金をしているという認識はないでしょう。

単純にローンを組んで毎月支払っているというイメージがあるかと思いますが、これも一種の借金と似たようなものというふうに、消費者金融や銀行系カードローンは考えています。

ですので自動車ローンでもなんでも美容整形でも同じで、他社借入と同じように考えられていると思ったほうがいいでしょう。

他社借入と同じようなものと考えられているわけですから、基本的には貸出をしてもらう時にはそれがネックになることも考えられます。

美容整形の支払いローンが残っているからということで、借金が借りられなかったということもありえます。

これは考え方としては簡単なもので、借金というのは余裕資金から支払いをして返済をするものです。

余裕資金がなければ節約をしてそこから捻出をするわけです。でも収入というのはだいたい給料くらいしか無いでしょうから、一定なわけです。

一定の収入を得られるのはいいのですが、その分支払える金額もほとんど変わりません。そこに他のローンが入ると給料の一部を取られます。

つまり支払いの余裕がなくなるというわけです。ですから他社からい入れが多ければ多いほど、その取られる給料分も多くなるわけで、そうなるとどんどん支払いをするのが難しくなるというように消費者金融や銀行系カードローンは考えるわけです。

クレジットカードなどでもキャッシング枠審査については同じように考えられています。

というように、クレジットカードでもカードローンでも何でもキャッシングをするというものは、支払い余裕がなくなるであろう他社借入を嫌うということです。

ローンであれば同じように捉えられるので、少しでも余裕があるというように見せたいならば、ローンを減らすことを先に行ったほうが審査に通りやすくなるでしょうね。

【参考ページはこちら】
借入のおすすめQ&Aはこちら

他社借入をしている人でも美容整形ローンが組める

美人は三日で飽きるが、ブスは三日で慣れる、ということわざがありますが、これは真実でしょうか。

現実がこのとおりならば、美人の代名詞である女優やモデルなどは、皆三日で飽きられてしまうということになります。

しかし、現実にはそのようなことはありえません。

テレビドラマや映画などで主役を演じるような女優は、全員が美人です。

演じる役の設定では平凡な普通の女性というキャラクターであっても、実際には一般女性と同様のルックスの女優がそのような役柄を演じることはまずあり得ません。

視聴者は、美人女優が平凡なキャラクターを演じることのギャップにひかれるのです。

一般的に、美人女優は子どもの頃から際立った容姿をしていて、周囲から常に注目を集めて育ってきました。

ですから、彼女たちには、一般女性のように、異性にもてなかったり、クラスの中で存在感のない地味な存在として扱われたという経験がありません。

女優になるような人には、一般女性のような悩みもコンプレックスも無縁なのです。

ということは、女優が一般女性を演じる時には、そのような女性の日常生活や、彼女たちが抱える悩みや苦しみは、あくまで想像の産物として演じるしかありません。

そのような実体験がないのですから、想像で補うしかないのは当然のことです。そして、そこに彼女たちの演技力が発揮できる余地があるのです。

その演技を見る視聴者は、美人女優がどのように演技力を発揮して、平凡な女性を説得力をもって演じることができるか、ということに注目します。

このように、美しい女性が美しくないふりをするということに、人はたまらなく興味を覚えるのです。

いわば、手の届かない存在であったアイドルが、自分たちと同じレベルの場所まで降りて来てくれたような印象を受けるのでしょう。

このように、美人女優たちは常に一挙手一投足が注目の的です。

美人女優が美人の役を演じるのはごく当たり前のことですから、その演技は自然に受け止められますし、平凡で美しくない女性の役を演じれば、その演技力が賞賛されます。

美人女優はどんな演技をしても美しく見えるので、ある意味ではとても得な存在です。

このような女性たちが、三日間見続ければ飽きる、と言われるはずがありません。

一方で、美しくない女性の場合はどうでしょうか。

ブスは三日見続ければ慣れるから、結婚するなら性格の悪い美人よりも性格の良いブスに限る、という人がいますが、これはあまりにも現実を無視した言い分です。

一体、美人は性格が悪くて、ブスは性格が良いという説の根拠はどこにあるのでしょうか。

実は、このような言説には何の根拠もありません。それどころか、容姿の美しい女性は、性格も優れていることが多いのです。

なぜならば、彼女たちは容姿のコンプレックスからは無縁の存在なので、劣等感やひがみ、妬みなどのマイナスの感情からも無縁でいられるためです。

美人の女性は、子どもの頃から周りに大事にされて育てられます。誰でも、容姿の劣った子どもよりは、容姿に優れた子どもの方をより可愛がるものです。

同じ仕草をしても、容姿の優れた子どもは愛らしいのに対し、容姿の劣った子どもは、子どもらしい無邪気さが感じられなかったり、愛想がなく可愛げがない、と思われることがあります。

ですから、容姿の整った子どもは、自然にその周囲に人が集まってきます。

そして、周囲の人々からは常に賞賛の言葉を聞かされて育つので、常に自分に自信を持って振る舞うことができます。

自分の見た目や能力に疑問を抱いたり、自分を変えたいと悩むこともありません。実は、このように自分自身を他人から肯定されるという経験をするは、幼少期においてとても重要なことなのです。

いわば、幼少期にこのような経験を経た子どもは、その後の人生において大きな失敗がなく、幸運な一生をおくることができる場合が多いのです。

なぜなら、人間は幸運に満ち溢れた人を好むからです。例えば、常に笑顔でにこにこしている人と、いつも不機嫌な表情をしている人がいれば、誰でも前者と友人になりたがるで
しょう。人は誰でも幸せな人間のそばにいたがるものですし、不幸な人からは距離を置き

たいものです。不幸な人のそばにいると、自分までその不幸に巻き込まれるような気がしますし、何より一緒に過ごしていてもちっとも楽しくありません。

一方で、いつも笑顔の人のそばにいれば、自分もつられて笑顔になってしまうものですし、何か楽しいことに遭遇する機会も高まります。

ですから、いつも幸せな気分でいる人は、自分に対して良い感情を抱く人間を引きつけるので、ますます幸運になることができるのです。

このことを考えてみると、美人な女性は幸運に恵まれていますから、おのずと性格も良くなる、ということがわかるでしょう。美人に性格が悪い人が多いという言説は、全く根も葉もないものです。

実際に、自分の身の回りを見渡してみても、美人と言われる女性は、笑顔が似合って性格が良い人が多いのではないでしょうか。

では、その反対に、ブスには性格が良い人が多いというのは本当でしょうか。この説の根拠は、ブスは他人に容姿のことを悪く言われたりした辛い経験があるので、人の痛みがわかる優しい性格になる、というものです。

確かに、容姿の優れない女性の中には、心映えの優れた女性も多いのは確かです。しかし、全ての女性にこの説があてはまるとは限りません。

辛い経験は、確かに人を成長させますが、同時に人の心に癒しがたいコンプレックスを植え付けます。

容姿の優れない女性は、美人の女性に会うと、その美しさを手放しで賞賛することはできません。

彼女の美しさを羨ましがりながら、彼女よりも劣った自分を正当化するために、何とかして彼女の欠点を探し出そうとします。

そして、そのような場合に自分を正当化する手段として、性格の良し悪しを持ちだすことが多いのです。

性格というのは目に見えるものではありませんから、人によって受け止め方が違います。これを利用して、美人を貶めて、自分を正当化する女性はとても多いのです。

こうしてみると、容姿に恵まれない女性は、外見ばかりではなく、性格にも難がある場合が多いということがわかります。

容姿が劣って性格もひねくれた女性よりは、容姿に優れて明るい性格の女性の方が、はるかに魅力的であることは誰の目にも明らかなことでしょう。

ということは、全ての女性にとって、容貌が優れているということは、それだけで大きな武器になるということです。

ですから、女性は化粧や髪型を工夫して、自分をより美しく見せることにこだわります。美しくなれば、それだけ幸せな人生を歩むことができる、ということを熟知しているからです。

最近では、我が子の将来を考慮して、親が子どもに美容整形をすすめる事例も増えています。人の外見はどうしても遺伝的な要素に大きく左右されるので、いくらメイクやヘアスタイルを工夫しても、持って生まれた素材に恵まれない場合は、どうすることもできません。
子ど

もは、両親の遺伝子を受け継ぐものですから、子どもの容貌については、その親が最も責任を痛感するものです。

ですから、容貌の劣った両親は、同じように容姿に恵まれない子どもが辛い人生を歩まなくても済むように、整形手術を進めることが多いのです。

一方で、親がいくら反対しても、自ら美容整形をする女性もいます。このような女性は、人は見た目で判断されるという現実をよく知っているからこそ、親の反対など全く気にしません。

自らの人生を切り開く意志を持った強い女性だと言うことができます。

しかし、美容整形は高い技術を要するために、高額の費用が必要となります。

整形を受ける人の多くは若い女性ですから、多くの場合はローンを組んで手術を受けることになります。

多くの金融機関では、このような事情に考慮した借入金のメニューを設けているので、こうした制度を利用すれば、簡単に整形に必要な資金を用立てることができます。ほとんどのローンは他社借入の実績がある人でも利用できるので安心です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.