熊本第一信用銀行はパソコン購入資金で借入は使えますか?

私は熊本に住んでいる田中(仮名)と申します。熊本というとゆるキャラで一気に有名になった気がしますが、昔から色々と名産とかもありますし、なかなか住みやすい良い所ですよ。

宣伝では無いのですが、九州方面に来るのなら是非一度お越し下さい。

さて、それでは今回の質問について述べさせていただきます。私は今度、パソコンの買い換えを予定しています。

今まで使っていたパソコンはノートタイプでちょっとした書類作成や動画閲覧には不自由しないのですが、最近はパソコンで出来るゲームにハマってしまい、かなりやりこんでいます。

ただ、ノートパソコンというのは大抵がゲームには向いていないために、プレイする度にファンが爆音を鳴らしています…

それでもまあ動くわけですが、消耗の事とか考えると正直あまり安心はできません。それに元々古い機種ですから、ゲーミング用のデスクトップパソコンに変える予定です。

ノートと言っても元々持ち歩きとか意識していなかったので良いし、デスクトップの方が数値よりもノート以上に安定して稼働するらしいから良いのですが、問題は値段です。

ぶっちゃけると30万以上しますので、さすがに一括は厳しいです。

というわけでこのパソコン購入資金を借り入れでまかなおうかと考えていますが、熊本第一信用銀行は、パソコン向けの資金を貸してくれますか?信用銀行って、何となく住宅ローンとかそっち向けなイメージが強いです。

パソコン向けでもOKなのでしょうか?最寄りの金融機関がここなのでお答え下さい。

専用のローンもあるのでお得な融資が期待できます

田中さん、こんにちは。昔はパソコンのゲームというと一部のマニア向けな感じでしたが、最近はパソコンも一般化してきましたので、ゲームに関しても注目を集めていますよね。

パソコンで結構なスペックを要求されると言うことは、3Dゲームでしょうか?それならグラフィックボードの性能が良いPCがオススメみたいですが、ゲーミングパソコンなら多分その辺も抜かりないかな?とは思います。

さて、熊本第一信用金庫はパソコン購入の資金を貸してくれるかどうかという事なのですが、こちらは安心してもらって良さそうですよ。

普通のカードローンなら用途自由なのでもちろんOKですし、何よりも熊本第一信用金庫の場合は『パソコンローン』という、パソコン専用の融資プランを用意してくれています。

おそらく窓口で相談してもこちらを勧められるとは思いますが、こちらの詳細についてちょっとだけ触れておきましょう。

この融資プランは、名前の通りパソコンとその周辺機器の購入資金に充てる事が可能です。

パソコン本体もそうですが、例えば一緒にキーボードやマウスも新調するならそちらも併せて購入できますし、プリンターと言った周辺機器ももちろん対応出来ます。

こちらの融資を使う場合は、いっそパソコン関連で欲しい物をまとめて買うのにも向いています。

そして専用のローンという事で低金利なので、上限まで借りても少ない負担でじっくりと返済していけます。是非とも今回はこのパソコンローンを使ってみるべきだと思います。

【参考ページはこちら】
借金がバレやすいのは審査の時?

熊本第一信用銀行の借入で資金を調達する方法

現在の日本社会は、長引く不況やデフレの影響で、なかなか景気回復の兆しが見えません。

このような状況では、給料アップは期待できませんし、庶民の暮らしは苦しくなる一方です。

しかし、デフレには必ずしもマイナスの面ばかりでなく、プラスの面も多いのです。

まず、デフレになると商品の値段が下がりますので、給料などの収入が上がらなくても、実質的にはお金が殖えているという状態になります。

物価が下がるということは、これまでと同じお金で、よりたくさんの商品が買えるということですから、実質的には給料が上がっているのと同じ結果になるのです。

例えば、デフレ下での安売り店の隆盛には目覚ましいものがあります。

食事についていえば、ファストフードや手軽な外食チェーン店を利用すれば、一日の食費は三度の食事を全て外食で対応したとしても、一人当たり千円以内に抑えることができます

。好景気時代には、一食当たりの外食費が千円を超えることは当たり前だったので、単純に計算すると、三倍も価格が下がっているといえるでしょう。

つまり、お金の量は殖えなくなった代わりに、その実質的な価値は高まり、庶民はますますお金の使い方について賢くなったということができます。

一昔前では、千円という単位はごく少額というイメージがありましたが、今では財布の中に千円もあれば、かなり贅沢に過ごすことができます。

前述したように、一日に千円もあれば、十分な食事をとることができます。

また、衣服についても、格安の衣料品チェーン店を利用すれば、下着はもちろん、シャツやブラウスなどを買うこともできます。このようなことも、一昔前では考えられなかったことです。

このように、食料品や衣料品など、日常的に購入したり、定期的に買い替えが必要なものについては、驚くほど値段が安くなっているので、購入の際の選択肢が大いに増えたといえるでしょう。

また、お金をかけずに物を手に入れることができる手段も増えています。例えば、フリーマーケットなどがそのケースとして挙げられます。

個人が不用品を処分する手段として、今では日常的に日本各地の至る所で開催されています。

主催者側としては、不用品を引き取ってもらえるだけでも有難いので、利益は度外視して、数十円から数百円程度の破格の値段でいろいろな物品が出展されています。

中では、無料で引き取ってくれる人を募集している所もあるほどです。

このようなイベントで出品される物品の種類は多岐にわたります。

子どもが大きくなったので着られなくなったベビー服やおもちゃ、着古した洋服や靴、使わない食器や調理道具、引越しで不要になった家具等、生活全般にわたる様々な物品がやり取りされています。中には、乾物や缶詰などの食料品の取引もされているほどです。

フリーマーケット愛好者の中には、生鮮食料以外の商品は滅多に買い物せず、大抵の物品はフリーマーケットで購入しているという人もいるほどです。

このようなライフスタイルをおくっている人は、収入がそれほど高くなくても、十分に物質的に恵まれた豊かな生活をすることができるでしょう。

また、フリーマーケットのほかにも物品を手に入れる手段はあります。その一つに、インターネットを活用した物品の提供システムがあります。

ネットの掲示板や、各種の投稿サイトを利用して、自分が欲しい商品の提供者を募れば、それを見た誰かが不要になった自分の持ち物を提供してくれるというシステムです。

このシステムを利用して、家具や電化製品、自転車などを無料で手に入れたという人は少なくありません。提供者にしてみれば、不用品回収に出せば回収費用がかかるので、引き取り手を探す方がお金の節約になるのです。

もちろん、引き取り手は無料で希望の商品を手に入れることができるのですから、双方にとってメリットのある大変優れたシステムであるといえます。

これらのことを考えると、現代社会はお金をかけなくても豊かに暮らせるシステムが整いつつある状態にあるといえます。

これまでの社会は、お金があれば今よりももっと豊かな暮らしができると考えられていましたが、これからの時代は、そのような考え方が通用しなくなるかもしれません。

いわば、現代はお金に価値を見出す人々と、それ以外のものに価値を見出す人々の間で価値観や考え方がせめぎ合っている過渡期の状態にあるのだと言えるでしょう。

これからの社会が、どちらの方向性に進んでいくのかは誰にも予測できません。

もしかすると、再びお金さえあれば全てが手に入るという拝金主義の時代に逆戻りしてしまうかもしれません。

それでも、お金以外に幸せになれる手段があると知っているだけで、人々の精神状態はかなり楽になるものです。

お金がなければ何も手に入らない世の中では、人々はいつもお金のことばかり考えて、金儲けだけに熱中してしまうために、モラルや人間関係は破壊されてしまいます。

そして、そのような世の中では誰も本当の意味で幸福になることはできないのは誰の目にも明らかです。

ですから、人はお金にばかり頼らずに、それ以外の手段も含めて物質的及び精神的に豊かになれる生き方を選んでいく必要があります。

過剰なほどお金儲けや節約に走ることはおすすめできませんが、かと言って、全く収入がなければ生活していくことができません。

適度にお金を稼ぎながら、お金が足りない時にはそれなりに節約生活を楽しみ、また、お金が無くても必要な物資を手に入れたり、手作りをして楽しく暮らすための生活の知恵を身につけることが大切なのです。

さて、これまで見てきたように、現在は物の値段が大きく値下がりしていますが、そのような状況においてもほとんど金額が変わらないものがあります。その最たるものが不動産です。

マイホームや賃貸物件の家賃は、ほかの物やサービスに比べると、驚くほどに値下がりしていません。

ですから、ほとんどの日本のサラリーマンは、まるでマイホームを手に入れるために一生馬車馬のように必死になって働いているようなものなのです。

しかも、現在は給料が上がらない時代ですから、マイホームのローンを返済するのは以前に比べてもかなり困難になっています。

30代くらいの若い世代では、既にマイホームを持つことを諦めてしまっている人も少なくありません。

確かに、給料が右肩上がりで上昇していく時代は既に終わりを告げましたし、これから先、定年までリストラに合わずに働き続けることができる保証もどこにもありません。

このような情勢において、現在の給与水準をベースにして、何十年もの住宅ローンを組むことは、かなり危険なことと言えるかもしれません。

しかし、マイホームを持つことがその人の一生の夢であるならば、その実現に向けて、多少のリスクを背負うことも当然であると言えます。

リスクのないところには、どのような成果も生まれないからです。

最近の金融機関では、このようなリスクに対応したローンも設計していますので、担当者と相談しながら、賢くローンを活用するとよいでしょう。

不動産のように、多額のお金を必要とする買い物については、思い切って資金をつぎ込み、それ以外の物品については、節約したり、無料で手に入れる手段を取り入れて、上手にお金をやり繰りすれば、自分の思う通りの理想のライフスタイルを実現することができます。

お金の使い方に賢くなることが、理想の人生に向けての第一歩となるのです。

そして、理想の人生を実現するための強力なサポーターとなるのが、銀行などの金融機関です。

これらの事業者から必要な資金を借入れることで、お金を適切に使うことが可能となるのです。

人生における高価な買い物の際には、自己資金だけでは対応できない場合があるので、そのような場合は熊本第一信用銀行などの金融機関からの借入で不足分を補うことで、適切な資金管理をすることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.