日雇い労働者でもすぐに借入できる?

日雇い労働者でも借り入れって出来るものですか?日雇い労働者ってほとんどいなくなっていると思いますけど、知り合いがホームレスの人が日雇いで働いているというように聞いています。

そういう人ってお金もないし、お酒とかよく飲むので借入したいって思うのかなと。

だから日雇いで働いている人はお酒とか自分のしたいことのために、借入したいッて思うと考えているんですが、借入ってできるんですかね?出来ないならやっぱりみんな我慢しているってことでしょうか?

日雇いだと借入は有名業者以外を使うことになる

確かに日雇い労働者というのはどんどん少なくなっているというのは間違いないでしょう。

しかし今でも街に出ればたくさんのホームレスの人達がいますが、彼らはちゃんと何かしらの方法でお金を稼いでいます。雑誌を拾って売ったりいろいろな方法で生活しているのです。

その中でも日雇いの仕事というのはあります。日雇いの仕事をしていれば一応収入はあるし、そのお金で借入が出来そうな気がするでしょう。

しかし有名業者については厳しい、と思った方がいいかと思います。それ以外の業者を使わざるを得ないでしょうね。

それ以外の業者を使わざるを得ないと言っても、別に闇金を使わないといけないというほどではないと思います。

ヤミ金もおそらく貸出をしてくれることはしてくれるでしょうが、生活保護をもらってこないど色々とお金を取ろうとしてくるので使うべきではないと思います。

ですのでヤミ金ではなくこういった普通の業者を使うというのがいいと思いますが、街金やサラ金といったところの中には日雇いでも一応貸してくれるところはあるでしょう。

日雇いで稼いだお金の一部を必ず返済に当てるなどの約束が必要になると思います。

最近では日雇いでのアルバイトや派遣というのが非常に減ってきています。

それは消費者金融のルールが変わったのと同じで、派遣などのルールが変わったためだとされています。

派遣社員も日雇いで雇うということはしてはいけない、そのように考えられているというわけです。

派遣社員も日雇いが難しくなり、日雇いのアルバイトも少なくなっている昨今、普通の学生が日雇いで働いたり、フリーターの人が日雇いで働くというのが難しくはなってきています。

その状態で借り入れをするというのも珍しいパターンになっていくのではないかと思います。

昔は漫画でも日雇いの人というのが描かれたように、基本的にそういう働き方というのはふつうのことだったのですが、今は普通ではなくなってきているということです。

そして借入についてもその普通ではなくなっているという世間の流れを受けて、変わってきているのです。

もし本当に借入をしたいというのであれば、日雇いよりもできるだけパート・アルバイトなどでもいいので、仕事がしっかりと月給でもらえるものをした方がいいでしょう。

おそらく日本は今後もこの方向性は変わらないと思いますので、日雇いが借入をしにくい状況は続くと思いますので。

【参考ページはこちら】
様々な職業の方におすすめの借入情報

日雇いの人が消費者金融で借入契約を行う場合の注意点とは

人は誰もが人生の要所で多額のお金の必要性に見舞われるものです。

進学、就職、結婚、出産などにともなってお金がかかるのはもちろんのこと、自動車や自宅を購入する段階になっても覚悟が必要です。

また、これだけに留まらず、人は誰もが日常的にこまごまとした支出を余儀なくされます。

日々の食費や生活費の捻出をはじめ、自宅の家賃や税金、ローン返済、保険料の支払いなど、それらは数え出したらきりがないほど。

それに生活自体に影響は及ぼさなくても、仕事上の交遊費や自分の趣味への出費、服や靴などのファッション関連の出費、女性ならばエステや美容院通いのためのお金も必要です。

家族のある人にとってはどこかへ旅行をしたり出掛けたり、その他のリクリエーションにかける出費も不可欠なもの。

そして万が一、自分や家族が病気や怪我に見舞われたりしたら、すぐさまその治療費を捻出しなければなりません。

特に安定した職業ではなく日雇いなどで収入を得ている人であれば、自分の身体が資本といったところがある関係上、もしも病気や怪我に見舞われてしまえば一気に経済状況が暗転してしまうことにもなりかねません。

また、うまく日雇いの仕事が続かなくなってしまった時にはそれなりの収入減を余儀なくされてしまうことになります。

こうやって数多くの出費に苛まれる中で、充分な支払いが出来ずにお金が不足してしまうような時には、どうにかしてこれらの額を用立てる必要が生まれてきます。

誰か親戚や友人に借りるという手もあるでしょうが、それだとお互いに関係性の悪化に繋がりそうでなかなか気が引けるもの。

そうしたリスクを抱えないためにも、こういった時には消費者金融の借入サービスをうまく使いこなすことでピンチを切り抜けたいものです。

それでは消費者金融の借入サービスにはどのような方法があるのでしょうか。

全国展開するような大企業と中小企業との間にはそれなりの手法の開きがあることは否めませんが、一般的には大きく分けてカードローンとキャッシングの二種類が挙げられることでしょう。

まずカードローンというのは事前に一枚の個人カードを発行しておくことによって、あとはお金の不足にあわせて近くのATMへと駆けつけるだけで簡単に融資金を得ることが出来るというサービスです。

最近では全国のコンビニチェーンと提携したカードローンも数多くあることから、深夜帯でも朝方でも簡単に融資を受けることができ、利便性はますます高まっています。

そしてもうひとつのキャッシングというのは、お金の必要性にあわせてその都度、消費者金融側に融資の申し込みを行い、それが通るとすぐに銀行の預金口座に一括振り込みが行われるというサービスです。

継続的な利用が可能なカードローンに比べて一回、一回の独立した申し込みが必要となりますが、自分で足を運ぶことなく銀行振り込みしてもらえるのでこちらも便利な方法と言えるでしょう。

まずはカードローンやキャッシングといった借入方法の特徴をしっかりと把握した上で、自分のシチュエーションがどちらの方法にふさわしいのかを判断しなくてはなりません。

それからインターネットや電話、店舗窓口、郵送、自動契約機の中から都合の良いものを選んで申し込みを行います。

その際には申請フォームに氏名、生年月日、職業、勤務先、年収などの必要事項を記載しますが、これを受けて消費者金融の担当者がさっそく審査に着手することとなります。

その中で職業や年収などをチェックした上で、これらが希望融資額にふさわしいものかどうかの精査が行われます。

申請者の経済力や返済能力がしっかりと見定められて、借りた分のお金をきちんと返済できるかどうかの予測が立てられるわけです。とりわけ職業は重要な審査要素となります。

企業に勤めるサラリーマンや雇用の安定した公務員などであれば審査もやや通りやすい状況となりますが、一方で派遣社員やパート、アルバイト、そして日雇い仕事などに従事しているケースになると金融会社によっては審査に通りにくくなってしまうことも少なくありません。

ちなみに申し込みの際には申請者の身分証や年収証明書の提示も必要となります。

日雇いに従事している人であれば、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの年収が証明できる書類の提示が必要となります。

こうした証明書を用いることで自分が消費者金融から借りた分だけの支払いが可能であることを指し示すことが可能となるのです。

そしてなお、これらの人が借入を行うにあたっては貸金業法で定められた総量規制についてもきちんと知っておく必要があります。

総量規制とは消費者金融が利用者に融資できるその上限に関する決まりで、年収の3分の1というラインがその限度額になります。

これを超えて融資を行うと消費者金融側が罰せられることとなりますので、審査の段階ではこの基準に関しても厳重なチェックが行われるのです。

もちろん、申請者がこの限度額に見合わない希望額を提示してしまった場合には叶うことはありませんので、すぐさま審査落ちになるか、金額を縮小しての融資となることを知っておいた方がよいでしょう。

申請内容に関するチェックが終わると、次に信用機関への照会が行われます。

この段階ではまず、過去に返済不能になるなどのいわゆる返済事故を起こしたことはないかなども含めて借入履歴が精査されることとなります。

これに該当する履歴が発見されるとこれらはブラックと呼ばれ、審査通過は極めて難しくなります。さらにブラックの種類には申し込みブラックと呼ばれるものもあります。

これは短期間の間に数多くの申し込みを連発して、これに連続して落ちるような案件があった場合に記録されてしまうものです。

これもまた、借金契約に必死になっているイメージが付きまとってしまうため、審査通過が難しくなってしまいます。

以上の項目をクリアすれば、次に待っているのは勤務先の在籍確認と呼ばれる審査です。

これは職場に実際に電話して、申請者の勤務実態があるかどうかを確かめるためのものですが、日雇いとなると電話確認が難しいケースも少なくありません。

また無理に職場に電話されたところで、仕事場で不審に思われたり、電話に出ることができない場合だってあるでしょう。

そうした状況を見込んだ上で、もしも不具合があるようでしたら何か他の方法で勤務実態を証明すれば許可してもらえる場合もありますので、それらも含めてまずは消費者金融の電話相談サービスや店舗窓口などに相談してみるとよいでしょう。

こういった審査過程をすべて通過すると、晴れて融資が可能となります。

その際に、カードローンならば融資限度額というものが設定され、その範囲内であれば自由な融資金の出し入れができる仕組みです。

ただし、職業によっては最初に設定されるこの融資限度額の金額はとても低い場合もあります。

それが希望融資額に見合っていない場合も少なくありません。

しかしながら、これらは申請者に対しての厳正なる評価ですので、まずは甘んじて受け止めてこの範囲内で利用と返済を着実に繰り返していくことが肝心です。

そうするといつしか、消費者金融において利用実積が記録されていき信用度も上昇していくこととなります。

消費者金融を利用する人の中には実に様々な職歴や境遇を抱えた人がいますが、最初は厳しい条件であったとしても、このようにして実積によって徐々に信用度をあげることで、やがては消費者金融側から「融資限度額を上げませんか?」という提案が行われることでしょう。

あるいは数ヶ月から1年にかけて利用を重ねていくと、再度審査を受けることでより好条件を獲得することができる場合もあります。

こうしてはじめて自分の思い通りの融資限度額を手に入れることが出来ることになりますので、まずは辛抱して利用を続けていくことが肝心です。そうすることで必ず道が開けていくことでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.