銀行が差し押さえる金融者とは借入とどういう関係があるの?

銀行が差し押さえるものに金融者というのがある、というのを聞いたことがあります。

基本的に担保というのは消費者金融にしても銀行系カードローンでもないと思うんですが、そういう担保のようなものを差し押さえられたりするものなのでしょうか。

返済ができない場合にはこうやって金融者のように、色んな物を差し押さえられてしまうなら生活が出来ないような気もするのですが…

いったいどうしてこういったことを銀行や消費者金融は行っているのか、された側は何をしたのでしょうか。

金融車は車ローンなどの担保差し押さえたもの

金融者ではなく、おそらく金融車だと思うのですが、これはあまり知られていないですが中古車市場に出回ることになる車のことを言います。

中古車市場に出回る車としては安くなっているのですが、いわゆる銀行が差し押さえたものなので安くなっているのです。

これは一般的に自動車ローンの差し押さえで行われているものだと言われています。

つまり自動車ローンを組んで自動車に乗っていたけれども、どこかで支払いが滞ってしまう時があって、そのせいで自動車ローンが払えなくなり差し押さえられてしまったという経緯です。

もう一つが車ローンであるとか、もしくは消費者金融や銀行系カードローンの支払いをしなかったという時です。

この時にも返済をしないということで差し押さえ物件として自動車を押さえられる事があります。その時に金融車となるのです。

簡単にいえばこのような差し押さえをされた時に金融車というものになるわけですが、自動車ローンにしても銀行系カードローンにしても、基本的にはすぐに差し押さえなんてしません。

必ず話し合いをする機会というのがありますので、心配しなくていいでしょう。

金融車になるまでというのはだいたい3ヶ月くらいはかかるものと思ってください。つまりそのくらいまでは待ってくれる業者が多いのです。

返済をしたいと思っていても返済ができないという場合には「どういう状況なのか?いつなら払えるか?金利だけなら払えるか?」などが聞かれます。

そして金利だけでいいので払ってくれと言われて、後に支払いを延ばしてくれる業者も多いでしょう。

そうやって話し合いをして支払える文だけ支払っていればブラックにもならないし、車を差し押さえられたりすることはないのです。金融車になるということは余程のことだということです。
(⇒ブラックでも借入はできるの?

自動車ローンや消費者金融などを何ヶ月も支払いせず、そして連絡があっても無視しているような場合に、初めて車を差し押さえられることになるでしょう。

そうならないためにはしっかりと計画的に返済をしていくこと、出来ない時には正直に業者と話すことです。

せっかく自分が購入して気に入って乗っていたわけですから差し押さえなんかになりたいと思わないでしょう。

であれば銀行系カードローンにしても自動車ローンにしても、しっかりと遅れないようにして払い続けられるようにすることが金融車にならないために重要です。

【参考ページはこちら】
借入をする業者選びで迷ったら

金融者からの借入は銀行が低金利でおすすめ!

金融者からお金を借入するなら消費者金融など色々な会社を選ぶことが出来ます。

何を基準にして会社を選ぶのか、これはやはり審査に合格できるかどうか、そして金利が安いかどうかがポイントになります。

まず、審査に関しては会社によって審査基準が異なるため、審査に合格しやすい会社もあれば審査に合格することが難しい会社もあります。

審査は自分の返済能力が重要です。返済能力は年収が大きいほど返済能力が高いとされるため、一つのポイントは自分の年収になります。

返済能力が高い人なら基本的に審査に合格できるかどうかで悩む必要はなく、好きな会社を選びやすいです。逆に返済能力が低い人は自分でも審査に合格しやすい会社を選ぶ必要があります。

金融者の審査基準というのは公開されていないので、インターネットなどから口コミで推測するしかありません。

基本的にはそれぞれの金融会社には申込条件があるので、年齢制限や必要書類など、条件をクリアできるなら申し込むことが出来ます。

特に注意をして見ておきたいのは申込条件です。申込条件には返済能力に関することや、年齢や住所など色々な情報が記載されているので、申込先を探す時はしっかりと申込条件をチェックしておきましょう。

必要書類に関してはどの金融者でも身分証明書と収入証明書が必要となっています。この二つの書類を準備してから申し込むことになります。

身分証明書は運転免許証など色々な書類を利用出来ます。運転免許証以外ではパスポートなどでも良いですし、自分の住所などの情報が記載されている書類を用意しておきましょう。

収入証明書は基本的に会社の給与明細を利用します。個人事業の場合は会社からの給料ではないので、自分の年収を証明するためには確定申告を利用することになります。

自分で何かの仕事をして稼いでいる人は年間の年収は確定申告から証明するということを覚えておきましょう。会社勤めの人は給与明細や源泉徴収を利用すればよいです。

このようにお金を借りるためには何よりも審査に合格することが一番重要なので、審査基準や必要書類などを考慮しながら審査に合格しやすい会社を探すようにしましょう。

まずはこれが前提となり、その上でお金を借りる際のメリットを考えていきます。

お金を借りる際にお得なことは何か、これはお金を借りやすいことや返済をしやすいこと、そして金利です。

借入や返済のしやすさというのはどんな方法からお金を借りたり返済したり出来るのかがポイントになります。

例えば、キャッシングの場合ならお金を借りる時にATMを利用しますが、会社によって使えるATMの種類が異なるので、どんなATMを使えるのかを確認しておくことが大事です。

お金を借りる時も返済をする時も、コンビニのATMを使えたりインターネットを使うことが出来るとかなり便利です。

これは一つの参考としながら申込先を探してみると良いです。

一般的にはコンビニのATMを使えることは当たり前と思っている人が多いですが、小規模な金融会社の場合ですと店頭にあるATMしか利用出来ないことがあり、コンビニではお金を借りたり返済したり出来ないことがあります。

しっかりとATMの種類、そしてインターネット利用の有無を確認しておきましょう。

インターネットを利用出来る場合はインターネットから自分が契約している金融会社の公式サイトへアクセスして、そこからお金を借りたり返済したりできるので、かなり便利です。

今ではネット対応の会社はたくさんあるので、特に珍しいサービスでもありません。

さて、本題の金利についてですが、金利というのは金融者それぞれにおいて設定が異なります。

同じ金額を借りるにしても金利が高いところ、金利が低いところがあります。

基本的には金利が低いところは審査が厳しい傾向にありますが、それでも銀行ならば審査に合格しやすく金利も低いというお得な内容なので覚えておくと良いです。

金利は限度額に応じて設定が異なります。大きな限度額を持つ場合は低金利が採用されますし、小さな限度額を持つ場合は高い金利が採用されます。

小さな金額を借りる場合に金利が高いというのは損をする気分になりますが、借りる金額が小さいので損というわけではありません。

逆に高い金額を借りる場合は金利が基本的に低くなりますが、それでも金利計算をすると元金が高いだけに小さな金額を高金利から借りている場合の方が利息がお得になることもあります。

金利を見ながら申込先の会社を探す場合はしっかりと借りる金額に対しての金利を各社で比較することがコツです。

50万借りるならその50万に対して各社でどのくらいの金利が設定されているのかをチェックしていきましょう。

これが非常に大事であり、単に各社で設定されてる下限金利から上限金利を比較しても、あまり意味がありません。

フリーローンからお金を借りる場合は大抵100万や50万くらいの金額になることが多いですが、この場合は上限金利に注目しましょう。

上限金利は大抵18%になっています。この利率以下の会社ならお得です。

消費者金融は利率が18%になっていることが多いです。それに比べると銀行の場合は上限利率が18%以下になっているところがたくさんあります。

銀行の上限金利は15%ほどのところも多いので、利息をお得にしてお金を借りやすい会社です。

しかも、審査についても収入証明不要という内容の融資があるので、これを利用すると審査に合格しやすいというメリットまであります。

通常、貸金会社は絶対に収入証明証明が必要であり、収入証明からどのくらいの年収があるのかをチェックされるのですが、収入証明不要ならば審査においても年収が問われることが無いので審査に合格しやすくなります。

つまり、収入証明不要の融資ならば審査の中で信用だったり、借金の有無や金額次第では簡単に審査に合格することができるわけです。

その上、金利が低いメリットがあるので、お金をお得に借りやすくなります。まずは、インターネットから情報を検索して、収入証明不要の融資の中でも金利が低い会社を探してみましょう。

フリーターでも主婦でもお金を借りやすい融資内容なので、誰にとっても低金利でお金を借りやすいです。

小さな金額を借りる場合は18%の金利が基本となってきますが、銀行ならばその金額でも収入証明不要から15%ほどの金利でお金を借りることも可能になってきます。

一般的には消費者金融の方がお金を借りやすいと思われていますが、実際はこの収入証明不要が一番お金をお得に借りやすいです。

消費者金融にもメリットもあります。例えば、信用が落ちている、借金があるという人の場合は審査に合格することが厳しいわけですが、地方消費者金融などはこうした状況の人にも甘い審査をしてくれる傾向があるので、お金を借りやすいです。

また、キャンペーンなどで無利息をしている消費者金融もあるので、短期ですぐにお金を返済するという人ならこの内容から融資を受けるのがお得だったりします。

このように金融者から融資を受ける場合はしっかりと審査と申込条件を確認しながら会社を選んでいきましょう。

そして、お得かどうかの決め手になるのはやはり金利なので、なるべく金利が低い会社を探すと良いです。

その一つの候補として銀行は収入証明不要で申し込むことができるので審査に合格しやすく、低金利になっている会社が多いことを覚えておくと良いです。

同じ金額でも金利が少しでも低ければ、それだけ返済をしやすくなるのでお得にお金を借りることが出来ます。

各社の融資情報をチェックするならインターネットを活用するのが一番早いので覚えておきましょう。

インターネットなら審査についても口コミから推測していくことができるので、自分でも審査に合格しやすい会社を探しやすくなります。うまくネットを活用してみると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.