生活費を借入したいけど無職でも貸してくれる?

今、ちょうど無職の時期です。正直、無職になりたくてなったというわけじゃなくて、ちょっと考えていた以上に転職活動に時間がかかっているというのが本音なのですが。

この転職活動に時間がかかっていることから、無職の状態が予想よりも続いてしまいました。

なのでできれば転職を早くしたいのはやまやまなんですが、それが出来そうにないということで生活費の借り入れをしようかなと思っています。

生活費の借入をすることができれば、なんとか就職出来るまでの間我慢できると思うんですが、無職でも借入は可能でしょうか?

無職で初めての借入だと生活費だとしても厳しい

生活費の借入というのを借金してもいいか、消費者金融などで使っても大丈夫なのか?と心配している人は意外に多いようですね。

確かに、どちらかと言うとサラ金などは生活費ではなく、借入をギャンブルに使うというようなイメージもあるでしょう。事業に使うこともあります。

ですから生活費借入はあまり向いていないと考えているかもしれませんが、そういうことはありません。

実は生活費での借入というのが一番多いと言われているくらいです。なので、消費者金融や銀行系カードローンで生活費のための借り入れをすること自体は問題はありません。

ただ、そこで引っかかってくるだろうというところがあるとすれば、それは借金をするのにあたって無職だということです。

無職というのはちょっと厳しいかな、と思います。もしも転職に成功している、前の会社に在籍中だとしたら話しはだいぶ違うのですが。

話はだいぶ違うというのはいわば転職をするときに無職であるということ、これがかなりのマイナス評価を受けることになるのです。

無職というのはパート・アルバイトをしているという人よりも、最悪の場合は学生や主婦よりも厳しい評価を受けると思ってください。(こちらもご参考に→無職の借入は可能?

たとえそれが新しく転職をするために、一時的に無職になっている場合だとしても結構厳しい評価を受けてしまうのです。

どうしてかといえば簡単で、無職だと返済されないかもしれない、と思っているからです。返済されない人にお金は貸せないのです。

お金を借りることが出来るということは、その人は信用できるということです。信用というのはこの人に借入をしたらお金を返済してくれるかどうか、そこがポイントです。

嘘つきの人などは借り入れが出来ませんし、過去にブラックだった人も厳しいでしょう。
(⇒ブラックでも借入できるの?

そして借金をするにしても無職というのは厳しいのです。お金を借りるときには出来る限りお金を借りても返済できる形というのを作っておかないといけません。

だから辞める前に借入をする、ということが大事になってくるでしょう。

もしくは転職した後に借入をする、という方法もあります。どちらにせよどういう仕事であっても働いているということが一番評価を受けるのですから、まずは働くことです。

一時的にアルバイトをするというのも、借入審査を通るためにはいい方法かも知れません。

生活費の借入がなければ厳しいというのであれば、ハローワークなどで相談してみるの一つの手です。

生活保護やその他雇用保険でできることなどもあるでしょうから、そういったものをフルに活用していけばうまく生活費を捻出できるようになるかもしれません。

【参考ページはこちら】
モビットでも無職の人は借りられる?

今月の生活費が足りないときには借入を行いましょう

まだ給料日までは数日あるというのに、財布の中身が少なくなると困ってしまいますね。
一人暮らしをしていて、近所に親や兄弟などの頼れる人がそばにいないと、どうすればいいかわからなくなる方もあるかも知れません。

友人や会社の同僚に頼んで借りることも出来ますが、どれだけ親しい間柄でも、さすがにそれが何度も続くと、避けられるようになります。

そんなことで大切な人間関係を壊すのはよくないので、今月の生活費が足りないときには、ローン会社を利用し、借入を行うようにしてください。

キャッシングをしたいときは銀行や消費者金融などの金融機関に申し込み、好きな金額を手に入れるようにしてください。(こちらもご参考に→借入金額に関するおすすめ記事

20歳以上~65歳前後であれば、キャッシングやカードローンを利用できるようになっていますし、一定の収入さえあればよいので、月末にお金がなくなったときには助けてもらうようにしましょう。

キャッシングというのは、住宅ローンや自動車ローンとは違い、使用用途がフリーとなっているので、デパートやスーパーなどでの日常の買い物にも使えますし、デート資金や旅行に行きたいときにも利用することが出来ます。

最高限度額は各ローン会社で違いますが、300万円だったり、500万円、またはそれ以上だったりするので、家をリフォームしたいときや車を買い替えたいときにも使うことが出来ます。

キャッシングを利用できるのは、正社員として働いている人だけではありません。

派遣社員や契約社員、自営業、パート、アルバイトをしているでも利用できるので、生活費が足りないときに利用している方は非常に多くいます。

どこのローン会社に申し込んでも担保とか、保証人は不要ですが、本人確認書類は必要なので、これだけは用意しておかなければなりません。

この本人確認書類というのは、要するに免許証や保険証などの身分を確認できるもののことです。

他にもパスポートとか、住民票などでもかまわないので、申し込みたい会社のホームページで調べてから申し込んでください。

生活費で必要な分の、数万円程度を借入したい場合は、収入証明書の提出も必要ないので、便利に利用することが出来ます。

中には在籍確認の電話をしないローン会社もあるので、会社に電話をかけてほしくない方には助かります。

基本的に在籍確認の電話は担当名でかかってくるので、会社にキャッシングを申し込んだと知られることはないですが、それでも心配な方は、最初から在籍確認なしのところを利用するのが一番です。

銀行に借入を申し込んだ場合は、およそ審査に1日程度はかかりますが、消費者金融は審査が速いところばかりなので、30分も待てば結果がわかるところがほとんどです。

スピーディーな対応が消費者金融の魅力であり、即日融資が可能なのでお金がないときには助かりますが、代わりに銀行に比べて金利が高いというデメリットがあります。

返済額を少しでも抑えたいなら銀行を選んだ方が良いですが、消費者金融よりも銀行は審査基準が厳しいので、審査に落ちるのが不安な方は、優しい審査で知られる消費者金融を選んだ方がいいですね。

ただしいくら審査が優しいとはいえ、消費者金融に申し込んでも落とされる場合はあります。

たとえば同時期に複数社に借入を申し込んでいると、審査で落とされる確率が高くなります。

他にも、過去に債務整理をしたことがある人の場合も、全員がそうではありませんが、審査に引っかかることがあるので覚えておいてください。

銀行や消費者金融などのお店に行けば、キャッシングの手続きをすぐに行ってくれますが、近くにお店そのものがない場合や、忙しくてそこまで行けない方もあるでしょうね。

そんな方は電話やインターネットを使えば、簡単に申し込めるので試してみてください。

今は来店不要で利用出来るところが増えているので、パソコンを使ったり、携帯電話、固定電話、スマートフォン、FAXなどの機器を利用すれば、いつでも始められます。

オンラインから申し込みを行えば、24時間アクセス出来るので、土日祝日、早朝・深夜など、時間を気にせずに利用出来るので便利です。

申し込み後の審査に合格すれば、自分が指定した口座にお金が振り込まれるので、それを引き出せば、あとは自由に使うことが出来ます。

カードローンを利用した場合は、提携金融機関のATMからお金を引き出せますし、コンビニATMも利用出来るので、ショッピングの途中でお金がなくなったときでも、すぐに財布の中身を補充できるので便利です。

返済も同じように、それらのATMから振り込めるので、近くにローン会社の店舗がひとつもない方であっても、最初から最後まで一度も来店する必要がないので助かります。

ただし返済期日だけは過ぎないように、気を付ける必要があります。

銀行や消費者金融には、定まった返済期日があるので、その日までにお金を振り込んだりしていないと、延滞利息金が発生します。

返済期日さえ守っていれば、本来は払う必要のないお金ですから、これを払うととても損した気になるでしょう。

利息が増えると、なかなか返済が終わらない状態になるので、早く楽になりたい方は、返済期日を守って、コツコツ返していくことが大切です。

昔はキャッシングを利用しているのは、主にサラリーマンがメインでしたが、近ごろは低金利で利用しやすくなってきたことから、主婦やOLなどの女性人気も高くなっていますし、大学や専門学校に通う学生などの利用者も増えています。

OLの場合は、結婚式に出席したり、同窓会やお見合いパーティーなどに着ていく洋服がないときや、欲しいブランド品があるとき、エステやヘアサロンに通いたいときなどに利用する方が多いですね。

自分磨きをして美しくなる努力をすることで、素敵な結婚相手に巡り合えるチャンスが増えるので、これは当然のことだといえます。

また主婦の場合は、パートや派遣社員で働き、家計を助けている人が多くいますが、それでも冠婚葬祭が続くと、お金が足りなくなるので、困ったときに利用しているようです。

学生の場合は、たとえアルバイトをしていたとしても、それだけでは生活費が足らないことがあるので、それを補うために利用している方が多いですね。

主婦や学生に限らず、パートやアルバイトなどの収入さえあれば、キャッシングをいつでも申し込めるので、困ったときには申し込み、いくらかの金額を手に入れるようにしましょう。

女性の場合は女性専用ローンというのがありますし、学生には学生専用ローンという便利なものがあるので、一般のキャッシング以外に、そちらを検討するのも良いでしょう。

女性専用ローンは女性が利用しやすいよう、お店に女性スタッフしかいないので安心して申し込めますし、学生専用ローンは18歳から借入できるので、学生生活でお金が必要になったときには助かります。

初めてキャッシングを利用するときは、数あるローン会社の中から一つを選びだすのは難しいので、ランキングサイトをチェックすることをおすすめします。

口コミ人気が高く、利用者へのサービスが良いローン会社は、ランキングを紹介したサイトで上位に選ばれるので、その中から選べば、必ず満足することができます。

銀行や大手の消費者金融はスタッフ教育も行き届いていますから、初めての方でも気持ち良く借りられますし、低金利や無利息期間ありなどのサービスが整っているので、一度利用すれば、また何度でも借りたいと思うはずです。

金利が高いローン会社を利用すると、たった数万円しか借りていなくても、多めに返済しないといけないので損になりますが、低金利のローン会社であれば、ほとんど利息が付かないので、少ない返済で済みます。

繁華街に出ると、あちこちのビルにローン会社の店舗が入っているので、どこも大して変わらないと思いがちになりますが、実は全然違うので、申し込む前に口コミだけでも調べておくようにしたいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.