お金を主婦が借りる時に、複数借入なんて可能か?

主婦がお金を借りるときですけれども、あまり無いかもしれませんが、複数借入と言うのはできるものなのでしょうか。

複数借入ができるか出来ないかというのを知りたいのですが、昔と今ではまた違っていたりするのでしょうか。

今はできなくても将来的にはできるようになるとか、何かしらの展望というのがあったりするものでしょうか。

主婦がお金を借りるなら複数借入は今はかなり厳しい

昔と今の比較ということですが、まず結論から言えば今の時代に主婦がお金を借りるときに、3つ4つの会社を掛け持ちして複数借入をするということはかなり難しいと言わざるをえないでしょう。

そもそもこの複数借入ということ自体がかなり厳しい借入の方法で、だれでもできるようなものではないのです。主婦がこれをしたいというのは目的が分かったとしても厳しいでしょうね。

主婦が厳しいですが、こういう借入の仕方が出来る人もいます。正社員で働いている人やお金を持っている社長などであれば3社位をまとめて持っているという人もいたりします。

それ自体は悪いことではないのですが、複数借入をできるのはそれをしっかりと返済していけるだけの財力があるからなのです。

社長や大企業の社員などはもらっている金額が大きいので返済可能性が高いというわけです。

一方の主婦はというと、基本的に専業主婦なら働いていませんから夫の収入に頼ることになります。

またもし働いているとしても、それがパート・アルバイトの場合ばほとんどでしょう。

となると稼いでいる金額もさほど多くはないと思います。こうなると複数借入どころか、主婦の場合はお金を借りるということ自体が結構たいへんなことなのです。

昔はこういった主婦が借りにくいということは少ないものでした。

規制自体があまりなかったということも会って主婦に貸してくれるところも多かったのですが、その分返済がかなり大変だったと言われています。

今は規制が厳しくなって返済は楽になったんですが、その分借り入れできる人が少なくなってしまったという状況です。

昔よりも借りにくくなっているということは間違いないですが、将来的にどうなるかというとこれはわかりません。

もしかすると最近は規制が緩くなるのではないかという声もありますから、総量規制を超えて借入ができる可能性も有り得るかもしれません。

しかし今のところは何も決まっていないのではっきりとしたことは言えないでしょう。

とりあえずは銀行系カードローンのように総量規制のないところを使うのが主婦の人はお金を借りるならいいでしょう。そして複数借入は諦めておいた方がいい、ということです。

【参考ページはこちら】
主婦がプロミスから借りる場合

専業主婦が消費者金融でお金を借りる時は複数借入にご注意を

主婦がお金を借りる場合は、どのようにして借りるといいのでしょうか。

まず兼業の場合は、本人に収入がありますので、配偶者名義と本人名義、どちらでも利用できます。ただし、名義人の収入によって、借入可能な額が異なることがあります。

たとえば配偶者の方が収入が多い場合は、配偶者名義で申し込んだ方が、より多くの融資をしてもらえることになります。

一方で専業の場合は、配偶者名義一択になります。

この場合は当然ながら、配偶者の信用情報によって審査が行われますし、本人確認などの書類も、配偶者の物が必要になります。ただし例外もあります。

たとえば、単発のアルバイトや内職などで、わずかでも本人に収入がある場合は、本人名義での借り入れもできます。

それから、実家から受け継いだ、たとえば不動産関係などで月々収入がある場合は、やはり本人名義でお金の借入ができます。

つまり、専業主婦で仕事をしていないといっても、収入が何らかの形であれば、本人名義で融資をしてもらうことは可能です。

ですから、年金をもらっている場合でも、本人名義でお金の借入ができます。

しかし仕事をしておらず、収入もない場合には、やはり配偶者名義での借入となります。ではこの場合、配偶者にブラック情報があった場合には、どうなるのでしょうか。

この時は、借入はかなり難しくなります。ブラック情報と収入は、個人の借入においては一番厳しくチェックされるものです。
(⇒ブラックでも借入できるの?

なぜかといいますと、個人の、それも少額の借入は基本的に無担保無保証であり、担保物件も保証人も必要とされないからです。

担保物件も保証人も必要とされないということは、本人の返済能力が何よりも重要視されるということです。

ですから、返済能力の裏付けとなるべき収入、そしてブラック情報の有無はとても大事です。

ブラック情報は通常、ローンの返済を延滞した場合に、信用情報に登録されます。

それも、1回や2回程度では登録されませんが、連続して3回遅れると、その後5年間登録されるようになります。

つまりブラック情報とは、ローンの返済が期日までにできないということを意味しているのです。これとは別に、債務整理を行った場合でもブラックが登録されます。

債務整理も、結局は期日までに返済でき無かった分を整理するわけですから、返済が遅れたのと同じ意味になるわけです。

この場合、債務を分割返済する任意整理は5年間、裁判所に破産宣告を行って、債務を帳消しにしてもらう自己破産の場合は、7年間ブラックとして信用情報に登録されますし、その間のキャッシングやカードローンの申込は不可能といってもいいでしょう。

もし配偶者名義にブラックがあって、でもどうしても借りたい場合は、ブラックに対応している消費者金融などで借入を行うといいでしょう。

中小の消費者金融では、ブラックでも借入可能な所が多く、少額、たとえば数十万円であれば融資をしてくれます。

また、一部大手の業者でも、5万円ほどから融資をしてくれますし、しかも、利用と返済をきちんと繰り返していれば、借入枠を広げてくれます。

ただし、ブラックのあるなしに関わらず、配偶者名義で消費者金融を利用すると、名義人の同意を得なければならなくなります。

つまり、配偶者の同意が無いと、借りられなくなるわけです。なぜ消費者金融に限って、そのようなことになるのでしょうか。これは、総量規制のためです。

総量規制というのは、借り過ぎを防止するために、2010年施行の改正貸金業法から新たに設けられたものです。

総量規制では、名義人の年収の3分の1に相当する金額が、借入限度額と定められています。

つまり、配偶者の名義で家族が借りると、その分配偶者の借入額が少なくなるわけで、そのために同意が必要となるわけです。ですから、配偶者に内緒で借入をすることが不可能になります。

それから、もし複数借入を行っていて、限度額ぎりぎりまで借り入れていた場合も、新規に申し込んで融資をしてもらうのは、かなり難しくなります。この総量規制はすべての消費者金融の借入に適用されるためです。

しかし、内緒で借入をしたい時というのもあるものです。そのような時はどのようにすればいいのでしょうか。

まず、総量規制対象外の業者で融資してもらうという方法があります。これは大手の業者で行っている所があります。それから、銀行で借り入れることもできます。

銀行は貸金業法でなく、銀行法が適用されますので、総量規制も複数借入も気にする必要が無く、ほしい金額を借り入れることができます。

ただし、総量規制や複数借入を気にしなくていいといっても、収入の半分以上ほども借入があるようでは、新たに借りるのはかなり難しくなります。

やはり、その人の収入に見合った借入額というものが存在するからです。

ですから、もし新規に借金をしようとする場合は、本当は、事前に夫婦で話し合うのがお勧めです。

どうしても内緒で借りたい場合には、10万円程度の少額にしておくのが無難といえるでしょう。

また、闇金には注意が必要です。違法の業者ですので、法律で定められいない高金利をつけたり、返済できない時には、やはり法律で定められていない、かなり容赦ないやり方で取立てを行います。

ブラックでも融資しますとか、あるいは高額を貸し付けますといった言葉でお客を集めますが、うまい話には必ず裏があると思ってください。

金利や取立てのみならず、連絡先も携帯の番号しかないとか、一見普通の消費者金融のように見えますが、事務所に貸金業者の登録番号がないなどといった特徴があります。

また、通常の消費者金融の場合は、必要書類は本人確認と収入証明だけですが、闇金の場合は印鑑証明や白紙委任状を準備させます。白紙委任状は、最初白紙に実印だけを押させ、後で自分たちの都合のいいことを書きこむための物です。

ですから、いくらでも金額が改竄できますし、あることないことを書きこまれ、返済できない時の証拠にされる可能性もあります。このような業者は絶対に利用しないでください、後々で困ることになります。

こういう業者を利用したばかりに、夫婦の間に亀裂が入り。家庭生活がうまく行かなくなってしまうこともあります。

また、闇金に遭った場合は、すぐに弁護士か司法書士に相談して、介入通知を出してもらうようにしましょう。そうすれば督促は止まるはずです。しかし中には、かなりしつこく取りてをする闇金業者もいますので、そのような時には粘り強く対応してください。最近は、ネット上に闇金のデータもありますので、参考にするといいでしょう。

借りた主婦本人のみならず、配偶者にまで迷惑がかかりますので、怪しいと思ったら身を引くことが肝心です。

それから、借り入れる前に、そのお金は本当に自分たちにとって必要なのかどうかを、再検討してみるのもいいでしょう。

よく考えたら、意外に必要のないものであったということも多いのです。

あるいは、買わなくてもレンタルで済ませられるとか、今家にある物をちょっと工夫したら使えるとか、そのようなこともあるでしょう。

他にも、お金を作る方法も検討してみましょう。たとえばブランド品などで要らないものは、買い取ってもらうことも可能です。

それでも借金をしなければならない場合は、きちんと自分たちで返済できる金額で行いましょう。

一旦融資をしてもらうと、何か気が大きくなり、次々に借りたくなるものですが、その借りた分は、自分たちで返済すべき分でもあるのです。

あまりあちこちから借りまくっていると、総量規制も適用されますし、何よりも、返済が出来なくて債務整理をしなければならなくなります。

そのようなことにならないためにも、目的の分だけ借り入れて後はきちんと完済する、また、配偶者に内緒で借り入れる時には、少なめに抑えておく、金融機関に申込をする時は、このことを肝に銘じておくようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.