事業資金を借入する際に甘い審査の業者を教えて!

事業資金を借りるときに甘い審査の業者を教えてもらえないでしょうか。今は特に問題はないのですが、今後のために危なくなったら借入を頼ろうと思っています。

事業資金ですから金利も低いしいいかなと思うのですが、どこがいいのでしょうか。

できるだけ甘い審査のところがいいです。申込みをして落ちてしまうようなことがあれば、それはかなり厳しいので。

甘い審査で通る確率が高い所があれば、消費者金融でも銀行系カードローンでもいいので教えてもらえないでしょうか。

甘い審査の業者はあるが、借入自体は早めにしておこう

事業資金のために借入をするということはいいことです、お金が足りなくなる前に用意しておくべきだと思いますが、借入自体はお金がないから危ないとなる前に早めに用意しておいたほうがいいでしょう。

借入をするにしても甘い審査のところで落ちる可能性もあるからです。

個人の場合は生活で食費を我慢するなど、節約することでなんとかなるかもしれませんが、会社の場合はそうは行きません。

場合によっては会社が倒産してしまうこともあるので、資金を調達することは絶対に必要です。従業員がいるなら彼らの運命も握っています。

ですので審査の甘い業者を探して、そこで万が一の時は借り入れをしようという考え方はわかります。

しかしそのような審査の甘いところで事業資金を借りようとするのではなく、あらかじめ余裕が未だある状態で借入はしておいたほうがいいでしょう。

なぜこのようなことを言うかというと、事業資金向けの融資というのは個人向けの借入と違って時間がかかる場合が多いのです。

いろいろなものを提出しなければなりません。決算書や帳簿、他にも支払い証明証などをもってこいと言われることもあるでしょう。

審査が厳しいと言われているところでも甘いと言われているところでもこの辺りは最低限必要な物は変わりません。

個人で借入をする以上に審査をしっかりとされるということを考えれば、早めに申し込みをして置かなければいけないのです。

国からの融資や大銀行からの融資を受ける場合は特に顕著にスピードが遅くて、だいたい1ヶ月位かかることもあります。

早くても半月ほどはかかりますから、それを考えると事業資金が足りなくなるところも出てくるでしょう。だから早めに借りておくことがいいのです。

オススメは特に危ないという時ではなくても借入をしておくことです。数十万円だけでもいいのでとりあえず借りておいて金利だけつけて払っておくのです。

いつでも事業資金として借りている金額がいくらかある状態にしておくといいでしょう。

その状態でほんとうに危ないとなった場合には借り換えをすればいいのです。

借り換えをすることで枠を増やしたりすることも出来ますし、何よりも今までの実績があるのでスムーズに借入をすることが出来ます。初めての時とはスピード感が違います。

このような方法が事業を自分でやられているならオススメです。

個人ならまだしも事業資金で審査の甘いところを選んで、ギリギリで使おうとするのはあまりよい選択ではないでしょう。早めに借りておくのが既知なのです。

【参考ページはこちら】
起業をするために借入してもいいの?

事業資金目的で利用できる借入審査の甘い金融商品とは?

現在の金融機関は、用途に合わせての多様な金融商品を取り扱っています。

以前であれば、大企業向けの融資を行っているのが銀行で個人向け融資は消費者金融が専門と相場が決まっていましたが、このような枠組みにとらわれる事のない様々な商品が提供されています。

その中で最も人気の高い商品と言えば、キャッシングとも呼ばれている無担保型の小口の融資です。

消費者金融が専門サービスとして提供していた商品であり、短時間審査を実施しているという事が一番の魅力です。

自動契約機と呼ばれる情報機器の導入を1990年代から開始した事により、利用者が増加しています。

担当者と顔を合わせずに契約を完了できるというシステムであり、不安を感じることなくカードを発行できます。

その後、インターネットの普及が進んだ事により公式サイトが開設されて申し込みフォームが用意されています。

パソコンやスマートフォンを保有していれば、自宅からの申し込みも行えるようになっています。店頭や自動契約機に足を運ぶ余裕がないほど忙しい人でも利用できる環境が整備されています。

さらに、口座を利用しての入出金も可能であり、カードなしでも利用する事が出来ます。

キャッシングは、20歳以上で安定した収入を得ているという事を条件としており、個人としてであれば自由な目的での利用が認められています。

元々は正社員向けの商品として提供されていたのですが、アルバイト等で収入を得ている人であっても、返済能力を有している事が認められれば利用する事が出来ます。

主婦や学生でも条件を満たしていれば、融資を受ける事が出来ます。
(⇒主婦向けキャッシング情報はこちら

さらに、金利が高いというデメリットを解消するための無利息期間や女性が安心して利用できるレディースキャッシング等、利用する側の視点に立ったサービスを多数用意しています。

現在では消費者金融以外の銀行や信販系企業もキャッシングを取り扱っており、多様な内容の商品が用意されています。

この中でも消費者金融系のキャッシングは、即日融資を中心に行っているので、急いでいる時には非常に利用価値の高い商品です。

欲しいものが見つかった時や急に予定が舞い込んだ様な場合にも、十分対応できる内容となっています。ただし、キャッシングは、事業資金としての利用は認められていません。

キャッシングは、あくまでも個人の生活をサポートするという事を目的としており、審査は信用情報機関への照会が中心です。

希望額や利用残高によっては所得証明書類の提出を求められるケースもありますが、年収よりも返済実績や利用残高等のクレジットヒストリーが重視されています。

これが、キャッシングの審査が短時間で完了する理由です。

キャッシングは、個人の信用に基づいて融資が決定される商品です。毎月遅れることなく返済するという決まりを守るだけの能力を有している事が、通過するための条件です。

返済せずに放置したり何度も遅れた様な場合は、延滞遅延として記録されてしまいます。

また、当初の契約で偏差する事が出来なくなったために、債務整理を行った場合も記録されてしまいます。

これらが記録されている期間は、ブラック状態と表現されています。延滞遅延の場合は5年間、債務整理を行った場合は5年から10年間は削除される事はありません。

ブラック状態でないという事が、キャッシング審査に通過するために求められる最低限の条件です。

返済実績に問題がない場合は、利用残高により融資額が決定されます。残高があるという事は、返済必要額を背負っている状態という事です。

この金額が大きくなるほど余裕がないという事であり、審査に通過する可能性は少なくなります。このように、キャッシングは、個人の能力により合否が判定される商品です。

このために、事業規模や実績等についての調査は行われていないという事になります。つまり、事業に対しての融資を行うための基準は、用意されていません。

事業主でもキャッシングを利用する事は可能ですが、個人としての使用に限られています。

ただし、事業資金として利用できる金融商品は、ビジネスローンという名前で用意されています。

ビジネスローンは、大企業向けの融資を行ってきた大手銀行が、中小企業向けに開始した商品です。

現在では地方銀行や消費者金融、信販系企業も取り扱っています。ビジネスチャンスを取り逃がす事がない様に、審査時間は短くなっています。

金利は高めに設定されていますが、柔軟な対応が期待できます。

その中でも消費者金融や信販系企業等の貸金業者系ビジネスローンは、特に甘い借入審査が行われています。

個人向けキャッシングと同様に、担保や連帯保証人は不要です。

必要書類は商品ごとに異なっていますが、運転免許証や健康保険証、住民票等の身分証明書だけで申し込む事が可能です。

ビジネスローンは、個人事業主を対象とした商品です。つまり、法人化されていない事業の代表者に向けられています。

社員が1人しかいない場合でも株式会社の形態をとっている場合は、代表であっても個人事業主とは認識されません。

通常のキャッシングとは、異なる条件設定がされている商品です。

貸金業者が提供している商品と言えば、年収の3分の1以内に借入総額を制限するという総量規制の対象となる事が知られています。

これは、2010年より施行された新しい貸金業法に加えられたルールです。

しかし、ビジネスローンは、この総量規制の対象からは外されています。

総量規制には、元々は借り過ぎにより返済が困難となる多重債務者を減らすという事を目的としています。

このために、いくつかの例外事項を用意しており、事業資金としての借入はそれに該当します。

つまり、消費者金融や信販系企業が提供しているビジネスローンは、年収の3分の1以上の借入が可能という事です。

このために、既にキャッシングで総量規制に達している様な状態からビジネスローンへの切り替えも可能です。

資金繰りに悩んでいる個人事業主をサポート出来る内容です。また、キャッシング同様に、個人としての使用も行う事が出来ます。

ギャンブル等の反社会的な目的以外であれば、完全に自由に利用できる商品です。

貸金業者系ビジネスローンの審査は、キャッシング同様に信用情報機関への照会がポイントとなっているので、出来るだけ早い段階での申し込みが有効です。

個人事業主の場合は、キャッシングよりも優先的に申し込む事が推奨されます。大枠の融資を低金利で受ける事が可能となるからです。

これは、元になっている法律の内容と関係しています。

貸金業者の商品は、利息制限法の範囲内で金利が設定されています。元本が大きいほど金利は低くなるので、大きな金額の融資を受けるほど返済の負担は軽くなります。

総量規制の対象から外れているビジネスローンは、大きな金額を利用できる可能性があるので、有利な条件で利用できる可能性を持っています。

一方の銀行のビジネスローンは、事業資金としての利用に特化した商品もあります。融資枠が大きいのが特徴で、1000万円に達する様な内容を備えています。

貸金業者系のビジネスローンと比べると審査は慎重に進められますが、銀行が取り扱っている通常の金融商品よりは甘い内容です。

商品内容は非常に多様であり、銀行ごとに異なっています。

金利や返済期間、審査時間、借入限度額等は様々であり、目的と合致した商品を見つけだすためには、事前の比較検討が必要となります。

急なビジネスチャンスに対応するために用意された商品であり、迅速な対応が期待できるという事は共通しています。

このように、ビジネスローンは豊富な種類が存在しています。

個人としての使用も視野に入れている場合は、貸金業者系のビジネスローンがおすすめであり、大きな金額が必要な場合は銀行の商品が適当です。

目的に合った商品を選択する事により、様々なメリットを手に入れる事が出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.