会社が原因で借入できないなんてことはある?

私の友人の話ですが、なんとどうやら会社が原因なのか審査に落ちてしまって借金ができなかったということでした。

会社が原因というのもよくわからないんですけれども、借入をする時に会社が原因になって落ちてしまうなんていうことはあるんでしょうか?

あまり信じられないんですけれども、もしあるならどういう会社ならダメ?というふうに決められているのでしょうか。

いくつかの会社では借入審査に落ちることもある

一般的にはパート・アルバイトだからとか、主婦だからといったように職業によって区別されるというのは消費者禁輸でもありうることだと多くの人も理解してくれていると思います。

それはそのとおりで間違いではないのですが、実際には職業だけではなく、会社によっても確かに審査に落ちるということもあるのです。

圧倒的に多くの人が借り入れができて、借りられない人のほうが少ないのですが、借りられない人については例えば警備員として働いている場合です。

警備会社に勤めているということになりますが、警備会社との兼ね合いで借り入れができないようになっている場合が多いです。

そもそもお金の持ち運びなどについても警備会社が行っているのですから、当然でしょう。

他にもよくあるのが半社会的な会社にいるということも、断られる要因の一つになりがちだと言われます。

会社の名前を聞くことになるかと思いますが、その時に在籍確認などをすると思います。

そうして会社が実は反社会的なところだというようなことがわかると、その時点で借金ができなくなるということもあります。

もちろんこういった対応をしているのはどちらかと言うと銀行系カードローンや大手の消費者金融だけであり、中小の消費者金融や銀行系カードローンでも一部では貸してくれるところもあります。
(⇒借入ができる会社情報を教えて!

大手の場合はなるべくリスクを撮りたくないと考えているので、あまりリスキーな人と取引をしたくないと考えているのです。だからこういう借りられない人も一定数存在しています。

もし借りられないならやり方は2つあります。一つが借りる会社を変えるということです。より小さな消費者金融の方を使うという方法もあります。サラ金や街金なら貸してくれる可能性も高くなります。

もう一つが転職して会社を変えることです。会社をやめて、他の会社で働くようにすれば、借入もやりやすくなるでしょう。

やり方はいくつかありますから、絶対に借りられないということはありませんので安心してください。今どき消費者金融を使えないという人は業者を選べばいないのではないかと思いますよ。

【参考ページはこちら】
借入でよく聞くノンバンクって何?

キャッシング会社で借入ができないその理由は何でしょうか

お金を借りようと思って、キャッシング会社に申し込んだけど、なぜか借入ができない時は本当に困ります。

しかし、借り入れられないという時は、何か理由があってそのようになっているのです。

ですから、何が原因になっているのかをまず知ったうえで、それへの対応策を立てて行く必要があります。

まず、意外なことですが、申込の段階で、記入漏れなどが発生している場合です。たとえば自宅の住所や電話番号とか、勤務先の電話番号、あるいは正式名称などです。

こういう部分がきちんと記入されていないと、本当にその住所に住んでいるのか、あるいは、本当にその勤務先に勤めているのかと疑問に思われ、その結果通らなくなることもあります。

特に勤務先の名称や電話番号などは、事前にメモしておくのがいいでしょう。

それから、申込用紙には、他社からどの位借り入れているのか、その件数や金額を記入する欄があります。

他にもキャッシング会社を利用している場合は、その欄もきちんと記入するようにしましょう。

他からの借入が多いと、もちろん融資額は少なくなるわけですが、多く借りたいと思って、実際より少なく記入したとしても、信用情報を見れば嘘であることがわかってしまいます。

特に、消費者金融では、総量規制がありますので、正しく記入することが必要です。

この総量規制というのは、借りすぎ防止のために、お金を借りる際に限度額を設けたもので、通常年収の3分の1が限度額となっています。しかも、この総量規制は、消費者金融での借入すべてに適用されます。

ですから、他にも消費者金融から借り入れている場合は、金額に気を付けないと、限度額を超えてしまい、審査に通らないこともあります。

たとえば、年収900万円の人が、既に2社の消費者金融から、それぞれ100万円ずつお金を借りていたとします。
(⇒500万円借りるにはどのくらいの年収が必要?

つまり、既に200万円を借りているわけで、900万円の3分の1は300万円ですから、あと100万円借りることができます。

しかし、もしあと150万円借りたい時には、残念ながら総量規制に抵触してしまいますので、審査に落ちてしまいます。

このような場合は、総量規制対象外の業者を利用するか、銀行を利用するのがいいでしょう。

銀行は、消費者金融に適用される貸金業法ではなく、銀行法の適用下にありますので、総量規制の縛りは受けないわけです。

申込用紙の記入漏れや、総量規制以外にも、お金を借り入れられない原因はまだあります。いわゆるブラック情報です。

このブラック情報は、ローンの返済を、連続3回以上延滞した場合に本人の信用情報に登録されます。

登録機関は通常5年間で、その5年の間は、キャッシングやクレジットカードの審査に通るのは難しくなってしまいます。では、なぜブラックがあると、難しくなってしまうのでしょうか。

個人への、50万円程度の少額貸付は、普通は無担保無保証です。これはつまり、返済できなくなった時に、回収できる担保物件も、代わりに支払ってくれる保証人もいないということです。

ですから、期日までにきちんと返済できるかどうかが、審査では何よりも重要視されます。

お金を貸すのもビジネスである以上、きちんと債権を回収できる人でないと、なかなか融資はしにくいわけです。

しかし、ブラックがあるということは、期日までに返済が、それも連続してできなかったということです。

ですから、そういう人にお金を貸しても、期日までに払ってもらえないだろうということで、NGが出てしまうことになってしまいます。

また、債務整理をした場合もブラックとなります。債務整理も、いわば期日までに返済が出来なかったために整理を行っているため、当然その人の信用情報に登録されてしまいます。

債務整理の場合は、任意整理で5年間、自己破産で7年間ブラックがつくと思ってください。

これはクレジット系情報機関の目安なので、一番厳しい銀行系の情報機関では、それより長くなる可能性もあります。

では、ブラックになると、どこでも借入ができなくなってしまうのでしょうか。実はそうでもありません。

探してみれば、結構ブラックでも融資をしてくれる業者はあるのです。では、どのような所だと、お金を貸してくれるのでしょうか。

まず、大手でない中小の消費者金融であれば、少額ですがお金を貸してくれます。大体数十万円が目安です。

それ以外に、大手であっても一部の消費者金融は、お金を貸してくれることがあります。

この場合は、最初は5万円からの取引で、その後きちんと利用と返済を繰り返していると、次第に枠を広げてくれるようになります。

また、キャッシング会社以外にも、たとえば質屋でも、ブランド品などの担保物件があれば、その担保に見合うだけの融資をしてもらえます。

ただし、闇金には注意が必要です。闇金の場合は消費者金融を装って、ブラックでも多額の融資をしますといった謳い文句でお客を集めますが、違法であるため利用してはいけません。消費者金融の法定金利20パーセントを遥かに上回る金利で融資を行い、もし返済できない時は、家や職場に来て返済するまで居座ったり、一日中督促の電話を掛けたりします。

また、申込の時に、白紙委任状に実印を押させ、後で自分たちの都合のいいように利用します。

お金を借りる場合、委任状などを出させることは、普通のキャッシング会社ではまずありえませんので、こういう書類を提出させられる場合は、何か怪しいと考えてください。

また、連絡先が携帯の番号しかない、あるいは、事務所に貸金業者の登録番号が無い場合も大体は闇金です。

また、もし闇金を利用してしまった場合は、弁護士か司法書士に相談して、介入通知を出してもらうようにしましょう。なお、闇金で借りたお金は返済義務はありません。

金融機関でお金を借りることができない理由としては、書類の不備やブラック情報以外にも、まだ原因があります。

それは、1度に多く借り入れた場合にも、審査に落ちてしまうことがあるのです。これを俗に申込ブラックといいます。

この場合、返済が遅れたからではなく、1度の借入件数があまりにも多いためにブラックとなってしまい、しばらくはどこからもお金を借りることができない状態になります。

申込ブラックは、通常4社以上に申込を行った場合に発生しやすくなります。

たとえば1社に申込を行い、あと1社か2社を滑り止めのような形で利用するのはいいのですが、あまり多く申し込むと、こんなに借り入れて返済は大丈夫かと疑問視されてしまい、その結果すべてに落ちてしまうわけです。

1度に複数のキャッシング会社に申し込む時は、せめて3社にとどめておくようにしましょう。

ちゃんと収入もあって、返済の遅れもないのにブラック認定されてはもったいない話です。

また、もし申込ブラックになった場合は、次の申込までに半年置くようにしてください。

半年経てば、前の申込情報が消えてしまいますので、その時改めて申込をするといいでしょう。

あせって他に申し込んでも、ブラック状態なので借り入れることはまずできません。

そして、半年後に申し込む時は、前とは違う業者を利用するようにすると、すんなり通ることがあります。

お金を借りられない時は、どうしても焦ってしまい、つい色々な所に申し込んだり、闇金に駆け込んだりしたくなることもあります。

しかし、それは冷静に、なぜそのお金が必要なのかを考えてみてください。

生活費が足りないのならば別ですが、たとえば何かを買いたいとか、何か楽しみのためにお金を使いたいという場合は、意外に今でなくてもいいこともあるものです。

お金が足りなければ足りないなりに、自分の生活を工夫してみてください。足りないからといって借金に走っていては、いずれ返済不能になってしまいます。

借金は、あくまでも自分の身の丈に合った、返済可能な額を借りて、きちんと返済するようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.