総量規制のおかげで借入できない主婦はどれだけいるの?

前に聞いた話なのですが日本では総量規制というのが作られてから、かなりの人が借入できなくなったといいます。

確かに借りるのは難しくなったなと思うんですけれども、そんなに借りるのが難しくなったのかな?と今もカードローンを使えている立場からは思ってしまうのです。

で、実際に総量規制で借り入れできない主婦というのが増えた、というように聞いているんですけれども、総量規制で借入できない主婦というのはどのくらい増えていて、どのくらいみんなが困っているものなんでしょうか?困っている人はどういう対策をしているとかありますか?

かなりの数が総量規制で借入できない主婦になった

はっきりとした数字があるというわけではないので、どのくらいの人数ということは言えないんですけれども、主婦の人の多くが総量規制で借入できない主婦になったと言われています。(こちらもご参考に→総量規制って何?

それまでは特に規制というのがなかったので、借りたいと思ったらその分だけ借りることが出来ましたが、今では総量規制のおかげで借りたいと思っても簡単には借りられなくなりました。

突然今まで普通に使えていたところが使えなくなって、追加融資ができなくなり、返済しかできなくなったところもあれば、いきなり会社が潰れてしまって、どこかに債権が引き継がれていったというような人もいるなど、かなり混乱したと言われています。

今では総量規制は当たり前で銀行系カードローンに流れている人が大半ですが、当時はそういうものもなかったのです。

つまり銀行系カードローンがなかったために、多くの人が銀行系カードローンではなく、闇金を使わざるを得なかったと言われています。

実際闇金を使ってしまった人もいますし、夫の同意を得られないために、我慢して生活をせざるを得なかった人もいるなど、非常に苦しい生活を送ることになってしまったようです。

結果的にこの総量規制で主婦を始めとして収入の少ない人やその他にも借金に頼らざるを得なかった人たちが大変な目にあってしまったというわけです。

今はこれはやりすぎだったということから、銀行系カードローンも作られるようになりましたが、当時は銀行系カードローンもなかったのですから、かなり大変だったと思います。

総量規制で借入できない主婦はかなり増えて、そしてそれが銀行系カードローンを産んだとも言えるでしょう。

かなり遠回りしたことになりましたが、今となっては良い方向に進んだといえるのではないでしょうか。金利も低くなりましたし、主婦が借入をするのには悪くない環境がやっと今、整っているのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
パート主婦でも借入はできるの?

総量規制の影響とは・主婦はカードローンで借入できない?

世の中の主婦の方の多くは、家族の家計をやりくりしていますから、その分お金が足りなくなるリスクを抱えていることになります。

しかし、2010年6月に貸金業法が改正されてから、少し主婦の方にとっては不利な状況になってしまいました。

それは、この改正の一環で作られた「総量規制」という法律が大きな影響を及ぼしているからです。

総量規制とは、貸金業者に対して借金の上限額を利用者の年収の3分の1以下に制限させるという内容の法律です。

つまり、利用者側から見れば、年収の3分の1以上のお金は借りられないということになるのです。

パートで働いている方の場合にはその年収の3分の1までの借入が認められますが、家事専業の方の場合には収入がありませんので貸金業者のカードローンでは借入できないということになります。(こちらもご参考に→専業主婦は旦那名義でキャッシングできる?

この場合の貸金業者とは、消費者金融以外にもクレジット会社なども含まれるとされています。

つまり、消費者金融のカードローンのみならず、クレジットカードのキャッシング枠も持てないということです。

この法律ができるまではこれらのキャッシングを利用して生計を立てていた方もいらっしゃいますから、これが利用できなくなったということは当時はとても大きなニュースとして取り上げられました。

しかし、この法律には今までの貸金業者の無理な貸し付けを規制する意味合いもあります。

貸金業法が改正される前までは、この年収の3分の1ルールもありませんでしたから、返済能力以上にお金を借りてしまう方が多かったのも事実です。

また、金利にしてもグレーゾーン金利といわれている出資法に沿ってお金を貸し付けている業者も目立ちました。

その結果何が起こったかといいますと、利息が大きいために借金の元本がなかなか減らない上に、制限なくお金を借りることができるので次々とカードローンによる破産者を生み出してしまったのです。

返済能力をしっかりと審査せずに、貸せる貸すという方法では、やはりこのような事態になるのは当然ということが言えます。

ですから、総量規制という法律は決して悪法ではありません。今までのように破産者を生み出さないための法律ですから、この法律自体には大きな価値があるのです。しかし、その反面問題点もあるというのが事実です。

それが、主婦の方が思うようにお金を借りられなくなってしまったという点なのです。

厳密に言えば、ご主人の名義でお金を借りることも可能なのですが、その場合にはご主人の同意書や収入証明書が必要なので、内緒でお金を借りたい場合などにはやはり不向きということになります。

中でも家事専業の方は、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシング自体をご自分名義では利用することができませんので、その事態はとても深刻だということができるでしょう。

ご自分に収入はなくても家計を預かる以上は、お金のやりくりはしなければいけません。

ご自分に収入がないからこそ、お金が足りなくなったときにはさらに深刻な事態を引き起こしてしまうということも考えられます。

とはいえ、いくら消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングが利用できないからといって、闇金などには手を出さないようにしてください。

このような危ない貸金業者に手を出してしまいますと、後々ろくなことにはなりません。このような危ない橋を渡らなくても、安心してお金を借りられる方法はあるのです。

安心してお金を借りる方法とは、結論から言えば銀行系カードローンを利用すればいいのです。

現在ではテレビコマーシャルなどでも頻繁に流れていますので、目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

そして、この銀行系カードローンとはいったいどのようなカードローンなのでしょうか。

銀行系カードローンは、銀行の商品であるため総量規制の対象外のカードローンだという大きな特徴があります。

つまり、消費者金融やクレジット会社のキャッシングとは違い、収入のない人でもお金を借りることが可能なのです。

そこには年収の3分の1ルールもありませんから、パート勤務の方も家事専業の方のお金を借りることができます。

ただし、専業主婦の場合には少し注意が必要になります。それは、銀行の独自の判断によってやはりご自身の収入がない方への貸付は行っていない場合があるからです。

ですから、必ず家事専業の方でも利用できるというカードローンを選んで申し込みをするようにしてください。

銀行系カードローンは、収入のない方の審査の場合にはその配偶者の年収を基準に判断されることになります。

また、ご自身にも収入があり、配偶者にも収入があるような場合には合算して審査をしてもらうことも可能です。

ですから、必ず配偶者の方の年収もしっかりと把握したうえで審査にのぞむようにしましょう。

また、配偶者の方の年収の把握は必要ですが、ご主人の同意書や収入証明書の提出は義務付けられていません。

ですから、いざというときにはご主人やご家族に内緒でお金を借りることも可能になります。

やはりどうしてもご主人に内緒でお金を借りなければならないケースもあるでしょうから、銀行系カードローンにはこのような大きなメリットがあるのです。

銀行系カードローンのもう一つの特徴は、消費者金融やクレジット会社のキャッシングと比較した場合に低金利だという点にあります。

やはりカードローンを選ぶ場合には、低金利の商品を選ぶということは返済を有利にするためにはとても大切なことなのです。

高金利のカードローンを選んでしまいますと、やはりその分生活を圧迫してしまうリスクも高まります。

逆に低金利のカードローンを選べば、毎日の生活に余裕もありますから、繰り上げ返済などにその余剰分を回すことも可能になります。

返済のことまでしっかりと考えた場合には、やはり少しでも低金利なカードを選ぶようにしてください。

銀行系カードローンには窓口を持つ銀行のみならず、インターネット銀行の商品もあります。

インターネット銀行の商品の中にもとても低金利な商品がありますから、金利面、サービス面などを総合的に比較して商品選びをするようにしましょう。

また、インターネット銀行の場合には手続に時間がかかる場合もありますから、この点もしっかりと確認するようにしましょう。

また、カードローンを選ぶ場合には借入までのスピードを重視しなければならないケースもあります。

たとえば急な冠婚葬祭ですぐにお金が必要な場合には、審査に何日もかかるようなカードローンを選ぶわけにはいきません。

ですから、このような場合には申し込みをしたその日のうちに融資を受けられる商品を選ぶことも一つのポイントになります。

ここで、銀行系カードローンの中でも融資までのスピードが速い商品の見分け方について説明したいと思います。

もちろん、銀行のホームページを見れば判断できますが、すぐに確認できる状況にない場合もあるでしょう。

このような場合には、銀行内にローン申し込み専用のATMが設置されている商品を選ぶようにするとよいでしょう。

このATMを利用すれば、申し込みから審査、契約手続き、ローンカードの発行まで1時間程度で完了することがほとんどです。

このATMは個室の状態になっていますから、プライバシーも守られていますし、安心して操作することができます。

オペレーターの指示に従って操作をすればOKですから、誰でも簡単に申込みをすることが可能です。

さらにローンカードが発行されれば、そのカードを利用してATMから現金を引き出すことが可能になります。

また、提携先のコンビニATMを利用できることが多いので、とても便利です。いざというときのための借入や、繰り上げ返済はこのカードでいつでもできますから一枚持っておくと安心です。

このような方法を覚えておけば、いざというときにとても役立つはずです。

もちろん、銀行系カードローンにも審査がありますから、返済能力が認められない場合には借入はできません。
しかし、総量規制がないので専業主婦の方も借入ができますし、パート勤務の方であっても年収3分の1以上を借りることも可能になります。

計画的な利用を心がけることは大切ですが、お金のピンチの時には銀行系カードローンを利用して是非そのピンチを乗り切ってくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.