総量規制いっぱいまで借入れありますが、少し増やしたい

総量規制いっぱいまで借入れあります。ぎりぎりになってしまったのは、最近給料が減った影響です。

生活が苦しいので、少し借入れを増やしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

総量規制対象外の、銀行からお金を借りるといいわよ

総量規制とは、貸金業者に義務付けられている「利用者の年収の1/3以上の貸付はしてはならない」という決まりの事ね。

その背景では、多重債務者が増えて、自殺者まで出るようになってしまったことがあるわ。それだけ、キャッシングというものが手軽なものとなってしまったということよね。

貸金業者向けの法律、貸金業法が改正されて規定されたのが、「総量規制」になるわ。その規定で、キャッシングによる貸し過ぎを防ぐためである事が目的だとされるわ。

貸金業者は、消費者金融業者や、信販会社と言ったようないわゆる「ノンバンク」と呼ばれる会社たちを言うわ。

現在、貸金業法によって、貸金業者のカードローンには総量規制が掛けられているから、そこからはお金を借りることが出来ないわ。

でも、貸金業者ではないけれども、お金を貸してくれる業者が1つだけあるわ。それが銀行よ。

銀行は、銀行法という別の法律の管理下にあるのよ。だから、総量規制の対象外だというわけよ。

でも、いくら銀行のカードローンに年収の1/3という制約がないと言え、無造作にお金を貸してくれるというわけではないのよ。

それでも、収入証明書を提出する必要がない貸付金額が300万円までという銀行もあるからね。その辺は、探してみるといいわ。

だけれども、少し借り入れを増やすならば、今までの消費者金融の借金は、「おまとめローン」として、まとめてしまう形をとる事よね。

例え銀行に総量規制の足かせがないとは言っても、消費者金融に借金があると分かったならば、返済がギリギリだと判断されて、お金を借りることは出来ないと思われるからよ。

貴方がお金を借りることが出来るように、願っているけれども、それよりも、返済にかかるあなたの体力が心配よ。

それから銀行だと、借りられるお金の単位が、高めになっている所も少なくないわ。その辺も調べておく必要があるわよ。

最近は、銀行も消費者金融を傘下に置いた事で、機能が向上していて、消費者金融なみの利便性を備えている所も増えているわ。

傘下の消費者金融業者を保証会社としている事で、この会社の保証を受けることを条件に、審査のスピードを上げているのよね。

【参考ページはこちら】
借入に関するQ&A

総量規制いっぱいまで借入れありますまだ借りれるでしょうか

総量規制いっぱいまで借入れあります。でもまだ借り入れをしたいという時はありますよね。

それは可能なのでしょうか、もちろん可能です。よく言われるように総量規制は貸金業法の規制です。

つまり同じようなキャッシングやカードローンでも総量規制の対象になるのはいわゆる消費者金融などのノンバンクと呼ばれる貸金業者だけです。

つまり貸金業法の総量規制の対象外のカードローンを使えば借り入れできるわけです。

もっとも一般的な総量規制の対象外のカードローンは銀行カードローンです。銀行は銀行法に基づいて営業しており、貸金業法の対象外です。
(⇒銀行からの借り入れを拒否されたら?

この為に銀行が独自に審査することを前提に貸し付けるカードローンは総量規制の対象外になり、すでに総量規制いっぱいまで借り入れあっても、法律的には新規の融資が出来る事になります。

もちろん貸金業法の総量規制は年収から無理なく返済できる上限金額を大雑把に推定して、年収の1/3までとしている規制のわけですが、当然それなりの根拠のある金額なわけで、銀行がすでに年収の1/3ものカードローンを借りている人に更に新規の融資をしてくれるかどうかは、その人の状況を詳しく考えて見ないと何ともいえませんし、難しいかもしれません。

しかし決して不可能ではありません。まず一律に年収の1/3と決めていることが大きなポイントです。

つまり年収が少なければ総量規制の上限も少ないわけです。

例えば主婦でパートやアルバイトの収入があると言う事で借り入れを行って、総量規制一杯になっている場合年収が100万円以下の人の場合、配偶者の年収を考慮すれば、銀行ならもっと大きな枠のカードローンを組んでくれる可能性が十分にあります。

もちろん配偶者の人にも同じような借り入れがすでにあればその分枠は減りますが、100万円の1/3の33万円が総量規制の上限になりますが、配偶者がいて家計を一にしている前提ならもっと大きな枠を設定してくれても自然な事と言えるでしょう。

またカードローンなど使い道が自由な借り入れは総量規制にはいりますが、目的の決まっているローン住宅ローンや自動車ローンなどは総量規制の対象外です。

この様な対象外になるローンを利用して借り入れをすれば総量規制いっぱいまで借入れありますという状態でも更に新規の借り入れが出来ることになります。

何故何の目的で借り入れをするのかが重要です

キャッシングやカードローンでなければ借り入れないものなのか他のローンや、割賦販売法の定める分割払いでは払えないのかなどを考えると良いでしょう。

自動車の購入には自動車を割賦販売で購入する方法と、貸金業法信用融資を受けるのと別々の方法があります。どちらが借りやすいかは、一概には言えません。

しかし一般的には割賦販売のほうが審査が通りやすく、総量規制の対象にもなりませんので、これからの用途が何か買い物であるのなら、そのお店の扱っているローンを申し込んでみるのが良いでしょう。

借り入れの目的が買い物である場合はクレジットカードのリボ払いを利用する事も考えられます。

クレジットカードの場合でもキャッシングは消費者金融扱いになって総量規制の対象外である事が普通ですが、ショッピングは割賦販売法の規制になりますので、リボ払いや分割払いにした場合で、実質的には借り入れをしているような場合でも貸金業法の総量規制の対象にはなりません。

またリボ払いや分割払いの場合も金利はキャッシング同様に利息制限法の制限を受けますので、多くは利息制限法の上限一杯になっている消費者金融のキャッシングよりも金利がやや安くなっています。

ショッピングのリボ払いで済ませることが出来れば総量規制を考える事はなしにすみます。ぜひ検討してみてください。

おまとめローンを利用すると言う方法もあります。もちろんおまとめローンは新たに借り入れるする為のローンではありませんがこれは銀行で申し込んでも、消費者金融で申し込んでも、総量規制の対象外となります。

基本的に借り換えをするのですが、一旦おまとめローンを利用すると、このローンに関しては総量規制の対象外となりますので、総量規制いっぱいでもそれ以上の借り入れが出来ます。つまり増枠が出来るのです。

特に消費者金融では増枠が期待できます。おまとめローンは最低限でも今借り入れている金利よりも僅かでも安くなるのが条件です。

ただし基本的に大きな借り入れがあってその返済の為に借りる物なので、一度しか利用できません。

繰り返しおまとめローンを申し込む事は出来ません。もし借り入れがそれ程大きな金額ではないのなら、おまとめローンをまとめるのはあまりいい方法ではないかもしれません。

少なくとも総額で100万円以上の大きな借り入れに使う物です。年収にも拠りますが200万円から300万円くらいで使うものといえるでしょう。

また、自営業の人の場合、消費者金融からの借り入れでも総量規制の対象外となります。しかしその為には自営業者として最初から申し込んでなければなりません。

また単純に収入証明書を提出しているだけでなく、もう少し詳しい営業状態の報告が必要でその上で初めて総量規制の対象外となって、大きな借り入れが出来たり事業性の資金の融資を受けたりできるようになるのです。

ですから事業にも使いたい事を申し出て契約を見直せば年収から一律に決まる総量規制を超えての融資が出来るようになります。

もちろん提出書類などがある程度多く必要になりますし、結構面倒な事になります。

場合によっては事業計画を書類にして提出する必要があるかもしれませんし、銀行や公的融資を考えた方が、金利などの面からして得かも知れませんが、やはりそれでも消費者金融は審査が通りやすく、手軽ではあります。

またビジネスローンなどと比べて場合には保証人が不要である点など申し込みやすい面があり魅力があると言えるでしょう。

しかし貸金業法の定める総量規制はやや厳しい傾向ではあるものの、決して厳しすぎるとはいえないと思います。

実際にカードローンなどの日常的な生活費やレジャー費などの消費的な目的の借り入れが年収の1/3を超えてしまうというのは返済が困難になると目安だと言えます。総量規制を超える借り入れは収入が増えるなど返済の目処がない状態では難しく苦しい物と言えるでしょう。

特に自立して自分で生活している人にとってはそうです。どうしても節約しようの無い費用が多くあります。本当に必要な費用か良く考えた方が良いでしょう。

また簡単に貸してくれそうだからと言って、違法金融を利用してしまう事が無いように気をつけることも重要です。

特にクレジットカードのシッピング枠の現金化は良く見かけるので、まるで一般的なことで、違法金融ではないような感じがしますが、これは典型的な違法金融ですので絶対に利用しないでください。

現金化はクレジットカード会社が非常に嫌う事で、現金化を行っている可能性があるだけで、取引を停止してきます。

違法金融業者に頼んで現金化するのではなく、自分で金券ショップなどに売却した場合でも不自然な買い物をしているだけで、ショッピング機能を停止してくる事があります。

不自然なと言う事は、今までの利用実績に対して不自然な金額を不自然な買い方をしているだけで問題視されます。

自分で現金化するのも直ぐに問題になりますから絶対に止めてください。もちろんいわゆる闇金で違法な高金利で借り入れするのも絶対に止めてください。

最近ソフト闇金という言葉がささやかれ、違法金利だけど、いわゆる闇金のように強引でも暴力的な取立てまでは行わないと言う噂が広まっていますが、そもそも違法金融の貸付のすべてが暴力的な取立てになっているわけではありません。

それではいくらなんでも割が合いません。単純にイメージをソフトにして利用させようとしているだけです。決して利用しないようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.