ゆうちょ銀行で借入れたいのですがバイトだと無理?

アルバイトで生計を立てています。名前は田所(仮名)という者で、年齢は23歳です。年齢からもしかしたら分かるかもしれませんが、私は就活に失敗してしまったのです。

大学時代は真面目にしていたつもりですが、むしろ不真面目で騒いでいた人が就職先を見つけている現状を見るからに、未だに日本はコミュ力が無い人はどこでも不利なみたいです。

だったら何で学歴社会が未だに蔓延しているんだ…という理不尽な気持ちがありますが、大学の頃からバイトしていた本屋にそのまま勤める事で、なんとか生きる事は出来ています。

しかし本屋も不況という事でバイト代は決して高いわけではなく、むしろ今カードローンを検討しているくらい生活もかつかつです。

カードローンは銀行で作るのがおすすめと聞いているので、一番近い銀行…ゆうちょ銀行で作ろうかと思っています。

ゆうちょ銀行はなかなか評判が良いから便利そうなのですが、聞きたい事があります。

ゆうちょ銀行ってなんだか審査も厳しそうな気がするのですが、ゆうちょ銀行で借り入れする為には職業がバイトではダメでしょうか?

私も好き好んでバイトをしているわけでは無いのですが、正社員として仕事をしているわけではないというのは変わらない事実です。

中には実際アルバイトでは借りられないカードローンもあるそうなので、ゆうちょ銀行もそうなのかを教えてください。

安定した収入があると判断されれば大丈夫です

田所さん、こんにちは。就活に失敗したからという理由で命を絶つ学生も居るのですが、田所さんは前向きに生きておられるようで安心しています。

最初の仕事がアルバイトでも今後もずっとそうであるとは限りませんので、より自分にとって理想的な仕事が見つけられますように、祈っております。

ゆうちょ銀行のカードローンですが、こちらのカードローンは銀行だけあって金利が低く、総量規制の対象にもならないので長く使える一枚と言えます。

金利が低いというのは特にアルバイトみたいな収入が少ない場合に、とても嬉しい要素ですね。

ただ、低金利なカードローンほど審査が難しい傾向があり、それで考えるとゆうちょ銀行の審査は簡単とは言いにくいと言えるでしょう。逆に金利が高い消費者金融などは簡単という事になりますね。
(⇒ゆうちょ銀行の利率は低い?

審査が厳しいと、確かにアルバイトでは不利になりやすいのが現状です。

ただ、ゆうちょ銀行の場合は職業による申し込み制限というのは、特に設けておりません。具体的には安定した収入がある方となっており、この場合はアルバイトであっても大丈夫な事も多いのですね。

安定した収入かどうか分からない…なんて思うかもしれませんが、毎月きちんと給料を支払ってもらい、特に今現在雇用期間も定められていないというのであれば、現状では安定した収入としてカウントしても問題ありません。

アルバイトでもゆうちょ銀行カードローンに申し込む事はできますので、是非とも審査に通過して便利に使っていきましょう。

尚、一つだけ注意してもらいたい事としては、希望金額が大きいほど審査が厳しくなるという事です。アルバイトでも申し込めるけど、バイトのうちは出来るだけ必要最低限の金額のみ希望するべきでしょう。

【参考ページはこちら】
アルバイトと個人事業をやってると審査に通りやすい?

ゆうちょ銀行で借入れが出来る様々な方法について

日常生活の様々なリスクを担保するために、多くの方は保険に加入するのではないでしょうか。

病気やケガで治療が必要な時にお金の心配をしながら治療するのは精神的にも大きなストレスになります。

入院や治療費の助けになる医療保険は保険商品の代表格です。

また、家族がいる方は自分に万が一のことがあった時に残された家族の生活が困らないようにと生命保険に加入します。

もしも、ケガや病気で働けなくなった時に、収入が途絶えてしまったら、そんな心配をしないように貯金をする必要もあるでしょう。

一般的には、3か月から半年程度の生活が出来る預貯金があることが望ましいといわれています。

預貯金がない場合には、当面の治療費や生活費の工面のために金融機関から資金を借り入れることも考える必要があります。

現在、健康で働く場所もある方は、預貯金が無くても、保険に未加入でも、それほどお金の苦労を感じていないことでしょう。

ですが、誰にも起こりうるリスクですので、日常生活での預金や保険のこと、また資金調達手段についてなど考えておくといざという時に慌てなくて済みます。

国内で最も拠点数が多く、地域密着型の経営をしている金融機関にゆうちょ銀行があります。

郵政民営化がなされるまでは、郵便局として預金・保険・郵便業務を一括して行っており、地域の方々に身近に接することの多い業務運営が特徴でした。

現在でも、分業化されていますが地域に身近な金融機関としての取組みは依然と変わりがないようです。どのような利用方法があるのか、調べておくと良いでしょう。

インターネット環境のある方は、一度ゆうちょ銀行のホームページを開いてみてください。

口座の開き方からお金の貯め方、お金を借りる方法など目的別に分かりやすく紹介がされています。

資金調達の手段としては「お金を借りる」の頁を見て頂くと、ゆうちょ銀行で借入れ出来る資金調達手段が4タイプ紹介されています。

まず一つ目は、ゆうちょ銀行の総合口座に定額貯金や定期貯金をされている方が利用出来る方法の「貯金担保自動貸付け」です。

これは、総合口座から残高以上の引出しがあった場合に定額貯金や定期貯金を担保として自動貸付機能が働くものです。

自分の貯金を担保としているため安心して利用できます。貯金を解約せずに低金利で資金調達が出来て、返済はATMからいつでも自由に行えるのが特徴です。

二つ目は、財形定額貯金や財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金を担保として貸付けを行うもので、最長2年間の返済期間が設定できます。計画的な財産形成と急な資金不足に役立つ仕組みになっています。

三つめは、総合口座で個人向け国債などの国債を管理している方が利用出来るもので「国債等担保自動貸付け」です。

借入上限額は国債の80%まで、一人200万円を限度としています。こちらも総合口座から残高以上の払出しが生じた際に自動的に貸付け機能が働きます。

利率は貯金担保自動貸付けに比べて若干高め(借入れ時の預入期間1年の定期貯金の約定利率(%)+1.70%)になりますが、カードローンなどに比べれば利息負担が少なくて済む方法ですので覚えておくと良いかも知れません。

最後になりますが、ゆうちょ銀行では、スルガ銀行のカードローンの取り扱いをしています。

スルガ銀行の代理店業務としての仕事をしており、スルガ銀行の個人ローンの申込みがゆうちょ銀行のホームページや店舗窓口で行えます。

昔の郵便局しかご存知でない方は、近年のゆうちょ銀行の金融商品について知っておくと役に立つのではないでしょうか。

ホームページで紹介しているのは、新築・増改築・借り換えなどに利用出来る住宅ローンのほか、教育プラン、マイカー、旅行などに利用出来る目的別ローン(フリーローン)、そして個人向け無担保ローンの代表であるカードローンです。

カードローンは、無担保、保証人不要でお金を借りることが出来るので多くの方から希望されているローン商品であり、近年急速に普及しているものです。

ゆうちょ銀行で借入れ申込みが出来るカードローンの商品名は「したく」といいます。

事業性資金以外であればどのような目的に使用しても良く、ご利用極度額は最高500万円(ただし初めての方は300万円まで)、金利は年7.0%~14.9%です。

ご利用にはスルガ銀行及びスルガ銀行と提携している保証会社の審査があり、審査の結果によってご利用上限金額と適用金利が決まる仕組みになっています。

近年、どの金融機関でも審査時間の短縮化が図られていますが、ゆうちょ銀行でも同様に努力をしています。

申込みは店舗まで出向かずにインターネットで行えることも他行と遜色のない取扱いをしています。

手続きが簡単なこと、インターネットやお電話で申込みが出来ること、返済口座がなくても利用出来ることなどは利用者にとってメリットとなっているようです。

ゆうちょ銀行と取引きのある方は、カードローンを利用する際には「したく」を選択肢の一つに考えられてもよいかも知れません。

ローン用のカードを1枚持っていると、急な資金不足に慌てずに対応出来る点がメリットです。

ただし、ATMを利用して簡単にお金が引き出せるので、安易に借入れを重ねると返済が困難になるリスクがあることを忘れないようにしましょう。

利用する際には、慎重に返済計画を立てた上で利用すること、約定返済を守ること、余裕資金が出来たら早期に完済することなどを基本に考えて利用するようにしましょう。

カードローンは、自分の預貯金等を担保にする資金借入れとは全く異なります。

担保・保証人不要の信用貸付けですので金利が高めに設定されていますので、延滞をすると高い遅延損害金が発生します。

返済困難になると完済が難しくなるのが大きな特徴の金融商品だということを忘れないようにしてください。

ゆうちょ銀行では、様々な取引きをインターネットで行えるインターネットサービス「ゆうちょダイレクト」を提供しています。

忙しい日々を送る現代の方達にとって、店舗まで行かずに取引きが行えるサービスは役立つシステムです。

ただし、インターネットに不慣れな方やインターネット環境のない方もおられます。

ゆうちょ銀行は地域に数多く拠点を持っていますので、窓口で相談しやすいことも大きな特徴です。

ローンのことや保険や貯金、国債などを担保にした資金貸付けのことなども色々と相談することが出来るのではないでしょうか。地域密着型の金融機関の代表として役立ててみてはいかがでしょう。

また、ゆうちょ銀行が代理店業務をしているスルガ銀行は、静岡県沼津市に本店を構える日本の地方銀行の一つですが、こちらの銀行の提供している金融サービスは、ユニークな商品が揃っていることをご存知でしょうか。利用者の目線で考えられた特色のあるローン商品をご紹介しましょう。

まず、代表的なカードローンとしては「リザーブドプラン」を販売しており、この商品はご利用極度額最高800万円とゆとりをもった設計になっています。

金利は年3.9%~14.9%、収入証明不要、来店不要、スピード審査、即日振込などを利点として掲げています。

その他、申込み時に選択すると消費者信用団体生命保険を保険料銀行負担で付保することが出来るので、もしもの時には保険でローンが完済出来ます。

このリザーブドプランをベースとしてTポイントが貯まるTポイント付きリザーブドプランもあります。このプランは、50万円の借入残高の方が毎月15000円返済した場合、返済ごとに150ポイントが付与されます。

返済で貯まったポイントや全国の加盟店で貯まったポイントはローンの返済金としても利用できます。Tポイントを日常的に利用しているユーザーの方には魅力があるかも知れません。

その他、銀行員専用のカードローン「バンカーズローン」や、IT資格取得を目指す方をサポートする目的で作られた「ITサポートローン」など、スルガ銀行ならではのユニークな商品です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.