どこがいいのかわからない、借入業者を見分けるポイントは?

借入業者ってたくさんあるじゃないですか。私が知っているところなんて有名な業者くらいしか無いんですけれども、有名じゃないところを合わせたら、すごい数になるんだなというのを知っています。

だから借入をするならどこがいいのか選んだほうがいいというのもわかります。

ただ、それだけの数の借入業者からどうしても知っている有名なところを使ってしまうのです。

正直、どこがいいのかというのがわからないのです。どうやって選んだらいいのか、そして有名な業者以外にどこがいいのかはどうやったらわかるものなのでしょうか。

どこがいいのかは借入の口コミを見て判断しよう

どこがいいのかわからない、自分にあっている業者はどこかがわからない、これはよく聞く話ですよね。

いろいろな業者があるというのはその通りで、最近はインターネットもあるので小さい業者もホームページを持っていたりして、結構借入出来る業者を見つけやすくなりました。

で、インターネットを使うとしても小さい業者もたくさんあるわけで、どこがいいのかというのは一つ一つ見ていかないといけない、ということにもなりかねません。

であれば、借金をするために自分にあったどこがいいかを知ろうとしてかなりの時間をかけることになります。

しかしそれでは非効率、ということもありますので出来る限り効率的にやっていくためには業者についての口コミというのを見ていくのがいいでしょう。

特に自分と同じような境遇にいる人の口コミというのは役に立ちます。同じような境遇の人の口コミを先ずは探しましょう。

例えば正社員で働いていて他社借入がある、というような場合にはどこがいいのか?と言うのは迷うかと思います。

そういう時には消費者金融を使って借りられたという同じ境遇の人についての話を見るのがいいでしょう。

そうすれば、一気に使いやすい業者というのがわかりやすくなります。

またこういった口コミというのは色々なバリエーションがありますから、正社員以外の人も使いやすいというメリットはあります。

正社員の人の情報しか載っていないなら、かなり使いにくさはあるでしょうが、パート・アルバイト、専業主婦など豊富にあるのです。(こちらもご参考に→様々な職業におすすめの借入情報

ですからそれを探してしまえばすぐに借り入れができるかどうかの判断なども出来る、というわけです。

口コミではいろいろな業者についての話をしていますし、口コミサイトも一つではなく、大手から小さいものまでありますので、それらを使うといいでしょう。

結局どれでも使えるという人ならば問題はないでしょうが、どれでも使えないという人のほうが多いと思います。

であれば、まずは審査に通るかどうかという点から見ていくのがいいでしょうね。自分と同じような人が審査に通ったかがポイントです。

そして審査に通ったあとの枠をどのくらいもらえるのか、借金の金利はどのくらいかなどで比較するといいでしょう。

だいたい複数社当てはまるものが出てくるでしょうから、その中から一つを選ぶというのがいいと思います。ぜひ口コミを活用してもらいたいですね。

【参考ページはこちら】
借入審査に通れない人は皆ブラック?

信用のできる金融会社で借入をするのならどこがいい

消費者金融からの借入というと、最近は即日キャッシングというものが人気があるといいます。

コンビニのATMなどでも利用することができるのが便利でとても身近なものになっています。借入をしたい人はどこがいいか、ということをしっかりと調べたから利用することが大切です。

借入を行う場合にもっとも重要なのは、利用することに決めた業者の信頼性を確認しておくことです。

俗に言うヤミ金という業者もいるので、そのようなところとかかわることがないようにしておくことが大切です。

金融業者を選ぶときには、インターネットのクチコミサイトなどを参考にしておくといいです。

金利や無利息期間を設けているところを選べば、お得に利用することが出来る場合もあるということです。

銀行は一般的に審査が厳しいというイメージがありますが、金融業者のとくに即日キャッシングなどをしている会社は審査が甘いところもあるといいます。

なので、できるだけ大手で名前が知られている業者を利用するのが無難だといえます。

借入の審査の条件などを考えるときには、正規の会社員と自営業を行っている人ではやはり信用の差があることを理解しておかなければいけなくなります。正社員の場合では、源泉徴収票が重要になってくることもあります。

また、自営業者の場合には、確定申告書が必要になる場合もあります。青色申告書が重要になることもあるということです。

借り入れの審査では、必ず年収を質問されるので、きちんと答えることです。虚偽の申請などをした場合には、信用はなくなるということを覚えておくことです。

自営業者の場合、第三者から見ると収入の金額が、本当に黒字になっているのかどうかが判断しにくいのが問題です。

自営業者が借り入れのためにきちんと審査をしてもらうときには、収入の金額から経費などを引いたものを計算した所得金額、というものを提示することが条件になってきます。

たとえば、公務員などの場合とは違い、少し大変なときもあるということなのです。

先ほども書いたように、消費者金融の中には、無利息期間というサービスを設けているものもあります。

つまり、簡単にいうと、一定期間は利息を支払わずに借り入れができるということです。

一定期間でも利息を支払わなくてよくなる、という事で、とても助かるサービスです。例えば10万円を借りたとすれば、10万円だけを返せばいいということです。

無利息期間が設定される長さは、消費者金融によって違うものなので、どこがいいのか、というのは一概にはいえないのですが、自分で返済期間を考えて利用するととても便利で助かります。

口座を開設してから一定期間だけ、と定められている場合と、半年近い期間が設定されている場合があります。

また、何度でも無利息で借り入れができるサービスを行っている消費者金融もあるということです。

この何度でも無利息期間を利用できる場合は、借り入れができる金額を小額に限定している事も多いといいます。

また、期間も数週間というように短くされている事が多いので、いざというときだけ利用するという人もいるということです。

金融で一番の注意点というのは金利が高いことです。

銀行は先ほども書いたように、審査は厳しいです。

ですが、金利が比較的低めに設定されているといいます。しかし、金融業者は金利が高い場合が多いのです。

なので、キャッシングや借り入れをする場合は、きちんと総返済額がどれくらいになるのか、またどれくらいの期間で返済する予定なのかなどを決めておくことがとても大切になってくるのです。

多額の借り入れをした方が金利が安くなる、という人もいますが、その言葉には誤解があります。

一般的に、はじめから高額な借り入れをすることはまず無理だといえます。

銀行のローンを含めて、多くの金融業者が貸し出しの上限をかなり高額に引き上げた、ということがあるので、大きな融資をしてもらえるということを考えてしまう人もいますが、利率が低い金融機関での返済実績があること、さらにほかの金融業者でもしっかりとした返済実績があるということ、そして一定の金額を安定してお給料として収入があるという条件をクリアしている場合でも、さらにお金持ちなどでなければ難しいといえます。

ならば、金利が低いところで借りればいいのか、というとそれも少し違いがあって、金利が低いところなら総返済額が少なくて済むというわけでもないのです。

これは計算の問題になるのですが、最低返済額という月々に決められている最低でも返さなくてはならない金額で返済することにするとします

。その場合は、月々に支払うことになる金額は少なくてすむので安心です。

ですが、その分返済する期間が長くなってしまうということです。つまり、総返済額は結局増えてしまう、ということなのです。

毎月の返済額を少なくするのか、総返済額を少なくするのか、というところの違いの問題なのです。

借り入れをするときには、自分の返済能力を超えてしまう金額を借りたりしない事が大切です。

毎月の返済する金額が年収の20パーセントを超えてしまう場合には、返済能力を失う可能性が高いと言われているのです。

なので、返済する期間と金額の計画をしっかりと立てて、返済できる能力を失わないようにしておくことが大切になのです。

ほとんどの大手の金融業者や中堅どころの金融会社などは、返済を怠ったり市内限りとても紳士的な対応をしてくれるところが多いといいます。

返済日を過ぎても返済がない場合には電話がかかってきたりする事もあるのですが、それでもあくまでも紳士的な対応をしてくれるので安心です。

審査がなくても即日キャッシングが大丈夫だなどと書かれているような金融業者からは、絶対にお金を借りないようにしておくことです。

金利も通常よりもとても高く、返済する日を過ぎても返済ができない場合には、取り立てにもくることがあるのです。

ヤミ金という正規の金融業者ではないところのことです。絶対に係わり合いにならないようにしておきます。

もし、店内の県の許可証がない場合や金利が普通のところよりも高い場合、またきちんとした書類などの作成をその場で行わない場合にはあやしいと考えて、係わり合いにならないようにしておくことです。

一番やってはいけないことは、どうせ返すのならまとめて借りておこうという考え方です。

できるだけ手持ちの資金から用意して、それでも本当に不足してしまう分だけを借りる、というのがいいということです。

もしも初回のキャッシングだという場合は、審査を確実に通過することが大切です。
(⇒借入審査に通る上で適当な職業とは

なので借り入れの金額を低めに抑えておいた方が審査を通ることができやすいということなのです。

午前中までに審査を通過することができれば、その日の内に低金利で借り入れをすることができる金融業者は多く存在しています。

必要になったから、といって、すぐにお金を貸してくれるようなところに飛びつくようなことはやめておくべきです。

また、海外旅行などで現地でキャッシングをすることになった、という場合は、原則一括返済というカードがほとんどだといえます。海外の現地でキャッシングをするときにはそのことをきちんと知っておくことが大切です。

けれど、驚くことに海外キャッシングのみリボ払いになるというカードもあるので、一括だと思っていたら勝手にリボルビング払いになってるということもあるというのです。

海外でキャッシングを行うときには、必ず返済方法などを事前にしっかりと確認しておくことがとても重要です。

リボ払いの場合には、年利が18パーセント前後に設定されていることがほとんどだということです。

なので、無駄な借金をしてしまいかねないということを考えておくことです。

審査をする、というのは消費者金融の最低限の信用性である、と言っても過言ではないといいます。

しっかりと返済の計画をたてて、信用のできる金融会社を利用することを覚えておくことです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.