教育資金を借入するならどこから借りるべきか

消費者金融とか銀行系カードローンってなんでも使っていいというのはありがたいんですけれども、それは逆に言えばこういう時に使う借入に向いているというのがないというように思っています。

間違っているかもしれませんが今は教育資金のための借入を探しています。

もし教育資金としての借入を「こういうものがあるから使ったほうがいいよ」というのがアレば教えて下さい。

また教育資金としての借入ではなく、銀行系カードローンなどのフリーローンで十分というのであればそれでも構いません。

教育資金の種類にも寄るが消費者金融も悪くはない

教育資金を借入したいということですが、それが消費者金融や銀行系カードローンではあまり向いていないんじゃないか?ということですね。

まぁたしかにフリーローンというのは自由度が高いですが、金利などが優遇されたりするわけではないですが。

どういう教育をしたいかということにもよりますが、消費者金融もひとつの方法でしょう。

で、例えば子供のための教育資金というのであれば、一番使えるのは銀行にある教育ローンです。お金が足りない分だけ、銀行にお願いして教育ローンを借りるのがいいでしょう。

教育ローンがなぜいいかというと、これは金利が低いということ、そして教育関連以外に使えないということです。

教育関連以外に使えるということになってしまうと、そのお金を別の生活費だとか趣味のために使ってしまうかもしれません。そういう心配が必要ないのです。

また教育ローンには国のやっている日本政策金融公庫というところもあり、ここで借り入れをするという方法もあります。

日本政策金融公庫のいいところは金利が低いところなのですが、審査に通すためには役所並にいろいろなものを提出しなければならず、かなり手間がかかります。

銀行からの借入という方法を使わないのであれば、消費者金融という手も悪くはありません。

消費者金融にも教育ローンのような商品を扱っているところもありますから、そこで借り入れをするという方法もあります。そうすれば借入金利が少し低めになっていたりするでしょう。

消費者金融や銀行系カードローンを使うというのも悪い選択肢ではないので、全く除外して考える必要はありません。

ただし教育ローンと違って借入の時の金利が高いということや借入金額があまり多くないこと、総量規制の関係なども考慮しておいたほうがいいでしょう。

消費者金融にしても銀行系カードローンにしても自由に使えるというのがいいところでもあります。

教育資金としては向いていないと思うかもしれませんが、数万円だけの借入が必要になって別で教育ローンを組むのはかなり面倒だったりするでしょう。

そういう時には数万円だけの借入を教育ローンで組まず、今ある消費者金融で借りたほうが手っ取り早く楽である、ということもあるのです。

だからこそ、悪い選択肢ではないので、全くそういうことを考えないというのはちょっともったいないということにつながるのです。

【参考ページはこちら】
養育費だけの収入で借入できる?

教育資金は子供にとって必要なもの:借入も一つの手

子供の教育にはお金がかかります。子供一人の大学卒業までの資金としては約1000万ほどかかるのです。

親としてはそれを見据えた上での貯蓄を行ってかなければなりません。子供が生まれる前から貯蓄は必要であり、そして生まれてからも貯蓄は続けていかなければなりません。

子供が三年置きに生まれたとすると、入学や卒業がすべて重なるため、資金不足になる可能性は否定できません。

結局、よりよい教育を受けるためにはお金が必要で、お金を持っていない保護者の子供は教育がしっかりと受けられないのが現状です。

いわゆる教育格差が生じているので、これを解消するためにもしっかりとした資金対策を立てなければなりません。

教育資金を借入する時に注意すべき点はまず返済能力をしっかりと携えていることが必要です。

返済のための収入源があることが肝要であり、それをしっかりと用意できていないのであれば、借入の後の返済の時に非常に困難を伴うことになります。

教育のためにお金を使うことは決して悪いことではありませんし、またそれが子供の将来のためになるのであれば、借入をしてでもお金を払いたいと思うのは親としての心情でしょう。

しかし、親に返済能力がないのであれば、それはかえって子供にとってのプレッシャーになるのです。

実際に子供が何をプレッシャーに感じるのかはわかりませんが、少なくとも親のお金の問題というのは親が考えている以上に子供がナーバスに感じてしまう一因なのです。

思っている以上に、そういう部分を子供は見ているので、やはりお金の問題というのは解決をしておく必要があります。

教育資金を借入するということは気が引けるかもしれません。親としても借金があるということは負い目を感じるかもしれません。

最も大事なのは子供の将来を考えることであり、将来の夢をつぶさないためにもやはり必要に応じて借入を行う時は存在します。

もちろん裕福な家庭であればそんなことを考える必要はありませんが、現代社会ではそれほど裕福な家庭も少なく、また片親というケースも少なくないため、そういった方々が資金調達をするために消費者金融や銀行からお金を借りるというのは、一つの救済方法なのです。

一番使うのが考えられるのは、授業料を支払う時だと考えられます。特に高校以降では義務教育ではなくなってしまうため、授業料の滞納があると、そのうちその学校に居なかったと判断される除籍を受けてしまいます。

除籍をされてしまうと、取得した単位はすべて認められなくなるため、例えばお金がないから働きながら定時制などに行ったとしても単位の持越しはできないのです。

つまり、そういった時に支払えない場合は消費者金融から借りることも考えておく必要があるのです。

もちろん、近くにお金を借りられる人がいるのであれば無利子ですから、そちらから借りる方が無難でしょう。

しかし、一歩間違えると近しい人から借りることは返済も優しいので、いつまで経っても甘えたままとなってしまいます。

その点に関しては消費者金融や銀行は待ってはくれませんし、そういった返済プランを立てることが必要になるので、近しい人から借りるよりもいいかもしれません。

教育資金というと、授業料以外にも部活動で使用する備品のお金、施設の使用料、教科書や教材、制服などもその資金で賄われることになります。

つまり、実際には払うべき物品は多く、そのためお金がいくらあっても足りない、という事態は思っている以上に頻繁に発生するのです。

特に入学と卒業が重なる場合にはどれだけお金を用意してもしすぎることはありませんし、それに例えばお金を借りた場合には使わなかった分をすぐに返済に回すことで利子のつく金額を減らすことが出来ます。

そうすると、余分な利子を払わなくても済むようになるため、効率的かといえば効率的です。

お金を借りるのには抵抗があります。しかし、お金がない、お金が払えていないというのは学校で子供がいじめられる遠因の一つにもなりえます。

お金がないと、集金などで万が一お金がなくなった際にはそれを犯人扱いされるなどの、よくテレビなどで見かける一例にはまってしまいます。下手をすると、いじめに発展し、そして最悪のケースにもつながる可能性はあるのです。

出来ることであれば、大きな資金を借りずに少額の資金を調達することが望ましいです。

少額でも融資をしてくれる消費者金融も存在しますし、わずかに足りない分を補ってくれるくらいの資金を融資してくれる企業もあります。

少額が望ましい理由は、大きな額の場合には返済にも時間がかかりますしまた、返しても返してもその利子分を相殺するだけで、結局は元金を減らしていることにはならないからです。

大きな額になると利子もその分大きくなります。少額でする返せるあてがあるほどの額が望ましいのです。

返済に時間がかかるとそれだけストレスになります。人間は長い期間ストレスにさらされると、どうしても現実から逃げたくなります。

ともすると、その返済しなければならないお金のことを考えなくなるかもしれません。それでは、あまりにもそのお金で学校に通っている子供は不憫でなりません。高校以下の教育機関の場合にはすぐに支払える額を借りるのが望ましいでしょう。

もし、大学のための教育資金としてお金を借りるのであれば、本人名義でも借りられることは可能です。

わざわざ親がローンを組んだり消費者金融からお金を借りたりする必要もなくなります。従って大学の場合は長期的な目で考えることも可能になってきます。

これは、大学生であれば半分は大人とみなされるため、だとも言えますし、万が一親名義で借りたとしても、この返済に子供を手伝わせるのはむしろさせなければならない事なのです。

高校まで行く、というのが今の国内におけるベーシックになっていますが、大学は必ずしも行く必要はありませんし、また大学は自由意志での勉強になるため、こういったケースでは子供にもしっかりと支払い責任を与えるべきなのです。

大学生であればアルバイトも自由に行えますし、空いている時間に勉強をする、といった大学よりも下の教育機関では難しいことでも大学であれば可能なことは多いです。

特に授業料などに関しては高校よりもシビアになるため、お金がない場合は借りてでも支払おうとする姿勢が大事になってきます。

大学はどちらかというと温情で営まれているのではなく、そういった線引きをしっかりとひきます。

従って、こういった一時的な授業料などを支払うためにお金を借りてでも払わないといけません。

上記高校以上に大学での事務や経理は厳しく、締切を遅れた子供はその書類を無駄にしてしまうことになるからです。

教育資金としてローンを組み、そして返済していくのは、そのような厳しい状況であれば行っても致し方ないでしょう。

大学生であれば返済を親子でやっていくのが理想的です。これには主となる支払主の他にもそれをサポートする人々が必要だからです。

大学生ともなれば自分でお金を稼ぐことが出来るようになるので、それを返済に充てることは可能になります。

用途に合わせて、借りる金額を変えるのは大事ですが、決してそれを癖にしてはいけません。

最も良いのはもちろん借りないことですし、一度借りてしまうとそれが簡単に出来るということが分かり、次からもお金を借りるのを繰り返してしまいかねません。

もちろん審査がありますから返済能力がしっかりしてなければ借りることはできませんが、少額でも借りる人は借りていくという癖がついてしまうのです。

教育には非常にお金がかかるので、支払いの際にお金を借りること自体は悪くありません。

しかし、万が一それを支払えない場合を考えると、やはり教育ローンだろうと、信用できる消費者金融であろうと申し込みをすること自体が問題になってきます。一番は借りない事なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.