ブラックでも借入可能な会社は何が他の業者とは違うのか

掲示板で見かけるけれども私にとっては関係ないと思っていましたが、最近ちょっと興味が出てきたのが「ブラックでも借入可能な会社」についてです。

ブラックでも借入可能な会社を探している人はかなりの数いるというのがわかっているんですけれども、これがどういう会社7日側イマイチわかりません。

一体どういう会社がブラックでも借入可能な会社、ということになるんでしょうか。

一般的な消費者金融なんかとは違っているということでしょうか。違う点などもわかりやすく教えてもらえると嬉しいんですが。

一般的な消費者金融と違って審査が緩く人物重視の業者

消費者金融でブラックになってしまうというのは最悪の事でもありますよね。ブラックになってしまったらそれでもう終わりと言ってもいいくらいです。

もう借り入れをすることができなくなってしまうので、節約生活を余儀なくされてしまうというわけですが、実際にはブラックになっても借入自体は出来ないことはないのです。

おっしゃるようなブラックでも借入可能な会社というのがあるからです。

じゃあこのブラックでも借入可能な会社というのは普通の消費者金融などとはどう違うのか?という点ですが、一般的な消費者金融の場合はたいていその人の信用状況について調べると思います。

信用できる人なのか、ブラックじゃないか、延滞歴がないか等によって貸出を決めますが、ブラックでも借入可能な会社というのは人物そのものを見て決めると言われています。

つまりその人が信用できるかどうかであって、過去に何があったかなどはあまり気にしないようなところが多いのです。

ですから借り入れができるということです。その人が職業が何かや今どういう生活をしているかなどを事細かに聞かれます。

場合によっては対面面接のような形があるのですが、そこで説教などを受けないといけない場合もあります。こういう点はだいぶいまどきのキャッシングとの違いがあります。

いまどきのキャッシングとかなりの違いがあるわけですが、銀行系カードローンなどではまずブラックでは借入できませんから、ブラックでは借入可能な会社というと、消費者金融系が中心になってしまうでしょう。

消費者金融系ですから総量規制などについては守らなければいけませんし、借り入れできる金額は少なめなのであまり期待しすぎても行けません。

ブラックになったらどうしてもそういった業者を選ばないといけないわけで、今まで使っていたような条件の良い所は使えなくなるのです。

借りられないということは避けられても良い条件で借りられることはなくなる、ということは間違いないでしょう。

ブラックでも借入可能な会社は存在するのか

現在ブラックでも借入可能な会社は多数存在しています。無論、ブラックと一言にいっても様々な種類がありますし、借り入れする金融業者が例え同じ会社であっても借入額の大小で審査の合格確率は大幅に変わってきます。

ブラックとは様々な分野で使われる言葉ですが、金融業界で使われた場合には信用度の低い人のことを指します。

より詳しくいうと信用情報機関の事故情報というリストに記録されてしまった人のことです。このリストはブラックリストと呼ばれています。

信用情報機関というのはその名の通り個人が信用に値するかどうかを記録している業者であり、現在日本には、日本信用情報機構のほかに全国銀行個人信用情報センター、CICの3種類が存在します。

これらは国が指定する企業であり、同時に国と密接な関わりがある企業です。例えば金融機関からの借り入れ履歴などを記録していますが、なかでも信用を著しく損なうような行為をした人はこのブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストに登録される理由は様々ですが、例えば借り入れ業者からお金を借りた際に期日までに返すことができない場合などに登録されます。

期日が1日過ぎるだけでブラック入りすることはなく、多くの場合2か月以上延滞してしまった場合に「延滞」という項目でブラックリストに登録されます。

最近では借り入れの延滞だけではなく、携帯電話料金の未納や奨学金の返済の遅滞によって登録されることもあります。

このブラックリストは各貸金業者や銀行などから参照できるものであり、審査の際には必ずチェックされます。

このため、ブラックリストに入っている人の場合信用度が極端に落ち、結果審査に落ちる可能性も大きく増えてしまいます。

とはいえブラックと一言で言ってもより登録される理由には様々であり、その理由によって審査に影響する度合いは大きく変わってきます。

また、このブラックリストは一生登録されているわけではなく、一定の期間が過ぎることによって記録は抹消されます。

現在最も多くの人が登録される理由としてあげられるのが延滞です。同時にブラックリストに登録される中では最も軽微なものです。

このため、延滞でのブラックですと借り入れ可能な業者は豊富に存在します。

また、信用情報機関によっても異なりますが、登録されてしまった場合には1~5年で記録は抹消されます。

次に代位弁済が存在します。これは借り入れを行った本人が保証会社に一括返済を受けた状態であり、これにより借り入れを実際に行った金融機関に対する債務はなくなります。

これは債務者側ではなく、金融機関側が行う行為であり、主に延滞が多い人に対してこの措置が取られます。

最近では保証人不要な借り入れを非常に増えてきていますが、この場合には代位弁済を行うことはできません。

そして次に債務整理です。任意整理や自己破産などがあげられます。特に自己破産は大きなペナルティを受けるものであり、記録から抹消される期間も5年~10年と長めです。

自己破産は借り入れを行った金融機関に大きな負担を強いるものであり、自己破産が理由であるブラックであった場合には借り入れする前の審査で落ちる確率が極端にあがります。

事故情報には契約内容はもちろん、延滞情報や債務整理の内容が細かに記載されているので、審査の際に知られないようにするのは不可能です。

そして最後に強制解約というものが存在します。珍しい措置ですが、これは債務者側ではなく、キャッシングやクレジットカード側の会社が強制的に解約することを指します。

これらの事故情報に登録されている人の場合与信取引が不可能になります。つまり信用を伴う取引が不可能になります。

ブラックリストに掲載された人は必ず定められた一定期間記録から消去されることはありません。途中で消す方法はないに等しく、事実とは異なる理由で記録されてしまった場合などに限ります。

最近少なくなったとはいえ、金融業界にはまだまだ詐欺グループが多数存在しており、事故情報から抹消します、消し方を教えますなどの甘い口車に乗せられて多額のお金をだまし取られてしまう人も存在します。

これらの方法は事実上不可能ですので、必ず詐欺に騙されないようにすることが重要です。

現在全国に3種類ある信用情報機関ですが、ブラックリストから消去される期間はそれぞれ異なります。

ただしこれら3種類の信用情報機関はCRINと呼ばれているネットワークを使い事故情報を共有しています。

これにより借り入れ業者などが参照する信用情報機関が一社であったとしても他の業者に登録されている事故情報を閲覧することが可能です。

また、複数の信用情報機関に加盟している金融機関等も存在します。

記録が抹消されるまでの期間で一つ注意したいのが、いつから数えてなのかという点です。

例えば延滞の場合は延滞が発生してからではなく、延滞を解消してからの年数になります。

ほぼすべての事故情報は解消してから数えて1年~10年で抹消されます。無論、解消していない場合にはいくら年数がたとうが解除されることはありません。

延滞は自分がブラックリストに登録されているのかいないのか素人には判断がやや難しいものですが、わからない場合には信用情報機関に問い合わせることでチェックすることが可能です。

郵送や来社などの方法で確認する方法もありますが、もっとも手軽でお勧めなのがインターネットを使ってWeb上で確認する方法です。

ただし信用情報は個人情報に密接に関わるものですから本人確認はとても厳重に行われます。

具体的な信用情報の確認方法は各信用情報機関のホームページなどに記載されています。

尚、昔は債務整理扱いという項目で事故情報に登録されることがありましたが、現在ではこの理由で登録されることはありません。

これは過払い金請求を行った際に登録されるものであり、正当な権利を主張することでブラックリストに登録されることはおかしいものとして金融庁が事故情報として記録することは禁止したためです。

ただし、禁止される前に過払い金の請求をしている場合には現在においても事故情報に記録されている可能性がありますので、信用情報機関に問い合わせるなどしてチェックした後に事故時用法取り消し申し立てを行うことがお勧めです。

肝心のブラックの際の借り入れですが、まず銀行ではなく消費者金融の利用がお勧めです。

一般的に銀行は金利が低い代わりに審査が厳しく、また融資までにある程度の期間を要します。

対して消費者金融は金利がやや高めですが、審査が簡単で融資までの期間が短いのが利点です。

最近では即日融資といった申し込んだその日に融資してもらうサービスも珍しいものではありません。

ブラックの際には審査に落ちる可能性が通常の人より高く、特に銀行では高確率で落ちてしまいます。

また、審査結果の通知まで遅い場合が多く、その際には多くの手間をロスしてしまいます。

一方消費者金融の場合は審査が簡単なのはもちろんのこと、審査結果の通知も早く、落ちた場合にはすぐに次の借り入れ先を考えることが可能です。

延滞などの理由でブラック入りしている場合には比較的大手の消費者金融でも借り入れすることが可能ですが、より審査に通る確率を上げたい場合にはやや小規模な貸金業者への申し込みがお勧めです。

ただし、名の知られていない業者はヤミ金などと呼ばれる悪質な業者である場合も多いので、利用する際には必ずネットで入念に調べるなどの対策が大切です。

延滞の名目での登録されているブラックの方が中堅程度の消費者金融の審査にすら通らない場合にはブラック以外の理由が考えられます。

審査に信用情報以上に大切なのが安定した収入があるか否かです。

また、2010年の6月18日に施行された総量規制では債務者の年収の3/1以上の貸付が禁止されたので、これ以上の額を申し込んだ場合には100%審査に通りません。

【参考ページはこちら】
借入ブラックになるのはどんなケース?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.