一般的に銀行系カードローンの借入の保証料はどのくらい?

一般論としての話を教えてもらいたいのですが、もしも銀行系カードローンで借入をしたいと申し込みをするとしますよね。

申込みをしたら金利がこのくらいで限度額がこのくらい、というように借り入れが出来たとします。その時保証料というのを払うと聞きました。

銀行系カードローンを使うとなった時に、どのくらいの保証料を求められるものなのでしょうか。

今まで使ったこともないですし、保証料というのも初めて聞いたので、どういうものなのかもよくわかりません。銀行系カードローンではどのくらい支払っているのか教えてください。

追加の保証料というのは銀行系カードローンでは必要ない

銀行系カードローンを使ったことがある人なら「保証料なんて払ったっけ?」と思っている人が多いと思います。

それもそのはずで、保証料という名前が付いているにも関わらず、銀行系カードローンでは保証料を払ってくださいというように、手数料のように言われることというのはまずありません。

どうしてかといえばそれは保証料が金利の中に加えられているからなのです。

銀行系カードローンの金利はだいたい15%前後くらいになっていると思いますが、この金利というのはすべて銀行系カードローンの取り分というわけではありません。実はその中の一部は保証料になっているのです。

詳しく保証料がどのくらいかというのは銀行系カードローンによって変わるようなのですが、その中の一部で負担をしているので、追加で払うということはないです。

中小の業者であればたまに消費者金融で支払いをさせられることがあります。

保証料がかなり高い業者もあり、その保証料だけをもらってトンズラしてしまうような詐欺集団もいるなど、かなり悪質だったりします。

ですので、銀行系カードローンではあまり保証料については考えなくてもいいでしょう。勝手に支払ってもらえているので。

ちなみにこの保証料を支払わないようにして、保証料分だけ引き下げてもらいたいという人もいるかもしれませんが、そういうことは出来ません。

保証料というのは消費者金融でも銀行系カードローンでも万が一返済なされない時のために、保証をしてもらうようになっているというわけです。この保証料がなければ商売ができないので絶対なのです。

保証料が必要な銀行系カードローンや消費者金融ですが、ほとんど中小のサラ金などを除けば、金利の中に入っているのであまり負担をしているというような気にならないでしょう。だから気にしなくても大丈夫なものです。

気になるなら保証料についてコールセンターで聞いてみてもいいでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンの限度額は収入に関わらず無制限?

銀行から借入をするときに支払う保証料について

銀行から借入ををするときには保証料を支払わなければならないケースが多いです。

これを支払う目的は、返済ができなくなったときのためのもので、保証人代わりだと考えれば分かりやすいです。

銀行は多くの資金を持っていますが、この資金を貸し付けて利息を得ることが主な収入です。

しかし、すべての人が借入をしてきちんと返済をするのかというと、そうではありません。借りた人の内、いくらかは返済できない人もいます。

返済できない理由は様々ですが、たとえば当てにしていた収入がなくなったということもあるでしょうし、借入をして会社が倒産したと言うこともあるでしょう。

いろいろな理由があるのですが、どの場合でも貸し付けた資金を回収できなくなると、その分だけ大きな損失が発生してしまいます。

そうならないようにするために、保証人を必要とすることがあります。

保証人となった人は、もしも借りた人が返済できなくなると、その人の代わりに返済をしなければなりません。

保証人と連帯保証人とは厳密な意味では異なりますが、だいたいこのようなものだと考えておけば良いでしょう。

保証人をつけておけば、貸し付けた資金を回収できなくなってしまう可能性を低くできます。

貸し付けた資金が返済されなくなって保証人に請求したとしても、保証人も返済能力がなくて回収できなくなることもあります。

このようなことがないようにするために、保証人に対しても審査は行われます。いざというときに、代わりに返済ができるのかどうかが審査の基準となるのです。

保証人になってもらえる人を探すことができれば良いわけですが、誰も保証人にはなりたくはないでしょう。

実際、それが元でトラブルになることもありますし、最終的に法律の力を借りて解決しなければならなくなることもあります。

このようなことがありますから、保証人を探すというのは、実は非常に大変なことなのです。

保証人を見つけることのできない人のためのものが保証料だと考えれば良いでしょう。保証会社が保証人になってくれるというものです。

こうすることによって、返済されなくなってしまうという事態を回避できるために、保証会社が保証人になることを、銀行は融資の条件としていることが多いのです。

保証会社は、もしも返済ができなくなってしまったときには、借りた人に代わって返済をしなければならないのですから、ある程度のリスクを負うことになります。

もしも返済能力のない人の保証ばかりを請け負っていたとすると、代わりに返済をし続けなければならないのですから、経営を続けていくのは困難です。そのために、保証会社も審査を行います。

たとえば、ある金融機関のカードローンに申し込みをした場合を考えてみましょう。この場合に、消費者金融などが保証会社となることが多いです。

もしも返済ができなくなった場合、保証会社が代わりに金融機関へ返済をします。そしてその後は、借りた人は保証会社へと返済していくことになります。

金融機関に返済ができなくなってしまうと、保証会社がその債権を引き受けるのですが、これを債権譲渡と呼びます。

債権譲渡がなされれば、その後は保証会社へと返済をしていくわけですから、保証会社と取引をすることになります。返済の窓口は保証会社となるわけです。

このようにして、保証会社はリスクを負い、そしてそのリスクに見合うだけの利益を求めるのですが、この利益に相当するのが保証料です。

いわば手数料みたいなものだと考えれば分かりやすいでしょう。これを支払うことによって保証人になってくれることを引き受けてくれるわけです。

では、その支払い方はどうなっているのでしょうか。個人が利用するローンの中で、最も金額の大きいものが住宅ローンです。

住宅ローンを組むときには、最初に保証料をまとめて支払うケースもありますし、毎月支払っていくケースもあります。

初期費用を抑えたければ毎月支払っていけば良いわけですが、資金的に余裕があるのなら最初に支払うこともできます。

住宅ローンでは支払い方を選ぶことができる場合もありますし、そうではない場合には、別に毎月支払わなければならないのか、それとも金利に上乗せされているのかを確認することも必要です。

この違いを知っておかないと金利比較ができなくなりますから注意しましょう。

金利が高い住宅ローンの場合、金利に上乗せされていて、別に支払わなくても良い場合が多いです。相場よりも高めだと思ったときには確認してみると良いでしょう。

金利に上乗せされていない場合、住宅ローンそのものの金利は低くでも、実際に支払う金額はそれよりも高くなることもありますから注意が必要です。

カードローンなどの場合には、たいていは金利に上乗せされていますから、別に支払わなくても良いケースが多いです。

ですから、カードローンの場合には、あまり気にしなくても良いです。

もしも返済ができなかった場合には、借入をした金融機関ではなくて、保証会社の方へと返済をしなければならないのですから、保証会社がきちんとした会社なのかどうかを確認しておくことは必要でしょう。

銀行のカードローンでは消費者金融や信販会社が保証会社となっているケースが多いです。子会社の消費者金融を保証会社として使うといったケースが多いです。

一つの保証会社だけを用いているのではなくて、複数を用いていることもあります。

たとえば、ある金融機関では、審査によって利用する保証会社を変えています。

もともと、低金利でカードローンを提供していた金融機関がありますが、このような金融機関はどちらかというと信用力の高い人を対象としてサービスを提供しています。

信用力の低い人に貸し付ければ高金利で貸し付けなければならないのですから、ターゲットを絞っていたのです。

しかし、顧客層の拡大を図るために、信用力の低い人をも対象としてサービスを拡充しました。

この場合、信用力の高い人に対する貸付のノウハウを持っていたとしても、信用力の低い人に対する貸付のノウハウを持っていなかったために、保証会社を利用することになったそうです。

信用力の低い人に貸し付けるには、それなりのノウハウが必要となるのです。

信用力の高い人に対しては子会社の消費者金融を保証会社として利用し、そして信用力の低い人に対しては別の消費者金融を保証会社として利用するといった形がとられるようになったのです。

こうすることによって顧客層を拡大させることに成功しました。

審査によって使う会社を使い分けていますから、審査結果が出ないと確認できません。それでも事前には知ることはできます。

カードローンを利用するときには、もちろんですがその商品についての情報を調べるはずです。

ウェブサイトやパンフレットなどで調べるときには、保証会社についても調べておきましょう。

悪質な取り立てをする保証会社は、ここ最近ではなくなってきているようですが、一応のところはきちんと調べておいた方が良いです。

調べ方についてですが、まず保証会社の会社名で検索をしてみるのが良いです。

あまりにも悪い噂ばかりが流れているような保証会社であれば、利用するべきではないと考えられます。別の金融機関のカードローンを利用した方が良いと考えられるのです。

法律の規制もあって悪質な取り立てはなくなったとも言われていますが、ゼロであると言い切ることはできないでしょう。念のために確認するのは良いことです。

銀行のカードローンの場合には、消費者金融大手を保証会社として利用していることが多いです。

貸付のノウハウを消費者金融から提供してもらっているという形になります。消費者金融から直接借入をする場合には、保証料は支払わなくて良いのが普通です。

消費者金融自身が貸付のノウハウを持っていますから、外部の保証会社を利用することはなく、そのまま借りられることが多いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.