無職でも短期的に借入れるくらいならできますか?

訳がありまして、今現在無職です…訳と言っても大した事は無いかもしれませんが、貧血で職場で二回ほどダウンしてしまいまして。

昔から貧血気味でしたが、まさか仕事中に倒れてしまうなんて思いもよらず…学生のうちならまだしも、社会人にもなって貧血って相当なハンデですよね…。

色白という事もありますので、名前は白井(仮名)とでも覚えておいて下さい。そんな私の質問ですが、よろしいでしょうか?

まずは貧血で仕事を失ったという事で、今現在無職なのはお話した通りです。解雇されたわけではないのですが、雰囲気に押されて辞めてしまった感じです。

無職でも幸い実家暮らしなので生活できないわけではありません。ただ、貧血治療の為にも病院に行きたいのですが、その為の費用がちょっと…

親に言えば出してくれるかもしれませんが、仕事を辞めた上に治療費をお願いするのは忍びないです…。

というわけで、お金を借りて早急に治療して、早く次の仕事を何でも良いから見つけてお金を自力で返そうと思うのですが…

無職でもお金って借りられますか?たくさん借りて長期間返済するつもりでは無く、最小限借りて仕事を見つけたらすぐに完済する予定です。

こんな感じで、無職でも短期的に借り入れるくらいなら何とかならないものでしょうか?どうかヒントやご意見をよろしくお願いいたします。

無職だと短期とか関係なく難しいですね

白井さん、お仕事の件大変でしたね…貧血の方って特に女性に多い感じですが、確かに皆さん辛そうですね。

貧血を治す為の的確な治療がありましたら、是非とも受けていただいて、その後に元気にお仕事をされて欲しいです。

では、その治療費の為のお金を借りる方法ですね。まず、無職という立場は原則として融資を受けるには非常に厳しい状態です。

仕事をしていない=収入が無いという事に直結されますし、仮に収入があったとしても、労働以外の収入となると信用性は厳しいところです。

しかしながら、短期の間くらいなら…と言いたいところなのですが、お金を借りる期間というのは、相手からすると関係ありません。

そもそも、カードローンの多くはリボ払いとして最低限のお金を返済すればOKという方式であり、返済が短期か長期かというのは利用に応じて変わるのです。

それはつまり、期間を最初に提示されても、返済途中で追加で借りて遅れる事もあるわけでして、金融業者側としては意味を成しません。

厳しいかもしれませんが、金融業者は今現在の返済能力以外は特に考慮しない、くらいに考えないといけません。

現状の打開策としては、仕事を辞めたのなら雇用保険を待ってそちらを使って通院するか、もしくは家でも出来る軽度の内職にて収入を得て、それを元に融資を受けるか…ですね。

さらに別の選択としては親に借りてもらってあなたが返すという方法もありますが、おすすめしません。

最悪仕事が難しいようなら、公的な補助として役所にて融資や給付を受ける事ができるかもしれませんから、そちらに相談に向かってみるのはいかがでしょうか?

公的な融資の場合、元気になるまで返済を待ってもらう事もできます。

【参考ページはこちら】
無職だと絶対に借入は無理?

無職でも短期的に借入を行うためにはまずアルバイトを

生活をするうえでお金はどうしても必要になってきます。そして現代社会はお金を持っていない人には決して優しくありません。

何をするにしても費用がかかり、どうしても生活をするうえではお金は必要になってくるのです。なので、無職の人にとっては非常に生きにくい時代とも考えられます。

ただ、無職だとしても自分の夢を追っている人も中にはいます。

そのような人たちが困窮する、ということはよくある話で、例えばテレビでもおなじみのように芸人の人たちはいつか売れることを夢見て、日々はアルバイトをしてお金を稼いでいる、ということもあり得るのです。

そう考えると、無職でもアルバイトをすれば何とか食いつないでいくことはできます。しかし、それでも突発的な支出に対応できない時があるのです。

そういったときには銀行や消費者金融から短期的に借入をすることは決して悪いことではないのです。

短期的な借入というのは、そういった突発的な支出においては非常に有用なのです。

基本的に短期的に借入を行う場合には必ず返済プランを綿密に立てる必要があります。むしろ、借りる前からしっかりと返済を見越して、そして借りるのが理想です。

アルバイトなどをしていても無職として扱われることもありますが、収入源がしっかりとあるのであれば返済能力があるとみなされるので、借入を行うことは可能になります。

銀行からの融資を受けることはできないかもしれませんが、消費者金融からの融資であれば審査も銀行に比べて軽くなります。

完全に職に就いていない状態であれば、まずはアルバイトでもなんでもいいので収入源を確保することが大切です。

アルバイトでも職は職ですので、それが収入源になることは間違いありません。借入の審査で最も見られるのはやはり返済能力の有無なのです。

銀行や消費者金融はお金を回収して利子で儲けている訳ですから、返済をしてもらえない人に貸すことはできません。

それに融資をする際にはその人を見るわけですから、ある程度その後の返済のあてについてもその人の状態から判断をすることがあります。

こういったケースで最もいいのは、まずアルバイトでも採用されてから借入を申し込むべきです。そうすると返済のあてが発生しますので、借入も容易になります。

もちろん正規採用されることが一番望ましいですが、それでも準社員だろうと契約社員だろうと、収入源を確保することが肝要です。

そうすることで審査が通りやすくなるため、とにかく働き口を見つけることが大事なのです。

短期的に借入を行う場合には、あまり大きな額を借りるべきではありません。

短期で返せる額には限界がありますし、ましてや職に就いていないわけですから、そんなに大きな額の返済は正直難しいです。

そのため、そういった短期での借入を行う場合には、少額でも融資をしてくれる消費者金融が望ましいでしょう。

もちろん、短期的な借入が大きな額だとしても、それを返済する当てがあるのであれば問題はありません。

しかし、その場合というのは審査が厳しくなるうえに、職についていない状態では信用されません。

従って、そういったお金を借りる際には消費者金融が適しており、銀行ではそのような申し込みを取り合ってくれるとは思えません。

銀行に借入を申し込む場合はやはり多額の場合で、大きな買い物を行う時が主です。従って、短期手に借入を行うケースでは多額は適当であるとは言えないのです。

職に就くというのは現代の社会では非常に難しくなっています。特に一度ドロップアウトすると日本は特にそうですが這い上がるのが非常に難しいのです。

そのため、お金のない人はさらにお金が無くなっていく仕組みが暗黙の了解として存在しており、政府はそれを打破するために躍起になっています。

しかし、たとえ政府の思いが実現したとしても職のない人たちはその日の生活にも困っていたり、そしてそれだけならともかくさらには困窮していて食べ物さえも食べられない人だっているのです。

そういった人は決まって職に就いておらず、その日暮らしで精一杯なのです。

そういった人たちにお金を貸す、というのは半分どぶに捨てるようなもので、消費者金融も銀行も返済能力がないと判断される人たちにお金を貸すことが出来ず、結局のところ、負のサイクルで回って行ってしまうのです。

アルバイトでも、うまく掛け持ちをしたりまた深夜に働いたりすればそこそこ稼ぐことが出来ます。

それに収入によっては社会保険に入ることが出来るアルバイト先もありますし、チェーン店などはそういった面もしっかりとしているため、安心してアルバイトをすることが出来る場所だと考えられるでしょう。

20万ほどの金額であればアルバイトでも稼げますし、20代の人であれば20万という金額は至極妥当な収入だと言えます。

工夫をし、高望みをしなければアルバイトでもある程度の金額は稼げるのです。

従って借入を行う際に大事なのはまず、こういった収入源を確保すること、たとえ短期の借入であろうと返済義務が生じるためその返済を滞りなく行えることを確認することです。

きちんとした財源が存在すれば審査においても、完全に突っぱねられることは少なくなるでしょう。

消費者金融は銀行に比べるとそういった融資が受けやすいため、消費者金融であれば借入を行うことも可能となります。

短期的な借入はこのような収入源を確保したもとで行うべきです。借入を行う時には職がない状態だとしても、返済時には働いていなければ収入は得られません。

また、どうしてもその短期間で返したいのであれば日雇いのアルバイトを行うのがベストでしょう。

金額をしっかりと計算することが出来ますし、最短で借りた日からの返済が可能となるので、どうしてもそういった借金を作りたくない場合はすぐにお金が手に入る日雇いのアルバイトが望ましいです。

ただ、そういった収入源がないと知られてしまうと、企業や銀行側からは融資をしかねる判断をしてしまいますので働く「予定」があるのであれば、それをしっかりと記載することが大事です。

収入源は信用問題へと発展しますので、勤め先があるかないか、というのは審査において非常に大きな項目の一つとなるのです。

無理のない返済計画と少額というのが短期的に借入を行うポイントです。返済にかかる期間も短く設定しなければなりません。

短期的な場合には利息がわずかしか付きませんから、払えるときに全額払ってしまうべきなのです。

下手にその期間を延ばしてしまうと、利子だけを相殺する返済が続いてしまうので、期間についても伸ばしてはいけませんし、また返済できる金額を借りることがそういった短期的な借入を行う場合には重要なのです。

従って、たとえ突発的な短期借入を行うにしても、借入をする前にまずはしっかりと返済のことを考えなければなりません。

そして職がない場合については、しっかりと収入源となる働き口を確保することが大切になります。

働き口を確保することで、ある程度の融資が受けられるようになるので、返済のことを考えた時に「働く」ということは避けて通れないのです。

お金持ちであれば、このような借入をすることはありません。無職の人が借入をする場合には必ずその後に職を見つけることが前提となります。

職がない状況で長期的にお金を借りて返済していく、というのは審査の上で問題ありとみなされるため、なかなか難しいのです。

そう考えると、アルバイトなどでいずれは正社員として働くことを考えて借入を行うことは決して珍しいことではないのです。

ただ、正社員でない場合には、やはり大きな金額の融資は受けられないため、まずは正社員に採用されたりすることが大事なことだと言えます。

消費者金融などから少額でも借入を行い、それを元手にして職を探す、ということは格差が生じている現代社会では珍しくないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.