フリーキャッシュフローを増やせる借入はいいってどういう意味?

ある人から「フリーキャッシュフローを増やすという観点から見たら、借入というのは重要だ」というように聞きました。

フリーキャッシュフローというような聞きなれない言葉なんですけれども、これは一体どういう意味の言葉なんでしょうか?

それとこの人は一体何を言いたいのでしょうか。借入はいいことだというのはわかるとして、何ができるからいいことだと考えているのでしょうか。

よくわからないので教えてもらってもいいでしょうか、よろしくお願いします。

フリーキャッシュフローとは借入も含む自由に使えるお金

フリーキャッシュフローと言う言葉の意味をしっかりとわかっている大人なんてそこまで多くはないでしょうね。おそらくですが、知らない人のほうが多いんじゃないかと思います。

でもそれで十分やっていけるので特に問題にはなっていないのですが、実際に知りたいというのであれば言葉の意味を知らなければなりません。

簡単にいえば会計用語の一つで自由に使えるお金のことです。

一般的には会社経営における会計として、フリーキャッシュフローというのが語られるわけですが、フリーキャッシュフローと言うのはいわゆる企業活動に使えるお金のことを指していました。それが今は個人や家計でも使われるようになったというわけです。

自由に使えるお金を増やすという意味では借入は重要であると考えれば、意味が通るのではないでしょうか。

借り入れできるかできないかというのはすごく重要な事で、フリーキャッシュフローがあるかないかで心の余裕が変わってきます。

例えばあと50万円は借りられるというように枠を持っている場合と、全く消費者金融などを使う気がない人とでは、ピンチに陥った時の余裕が違います。

枠を持っている人は50万円まではなんとか借入を使って持ちこたえることができるからです。

というように、フリーキャッシュフローを増やすためにも借入というのはうまく使って行ったほうがいいということでもあります。

ただ、もちろんこの借金というのは返済をしていかないといけないものですから、返済をするという点においてはサボってはいけません。

返済をしつつ、空いた枠でまた借り入れをするということを繰り返すとかなり自由度が上がります。

フリーキャッシュフローという概念を知っておくと、企業だけではなく普通の一般的な生活をする上でも個人としての余裕が出てくるのです。

個人としての余裕が出てきたら生活も楽になります。借入枠を持っているということが心の余裕につながるというわけです。

【参考ページはこちら】
借入限度額を減額する人の目的とは?

フリーキャッシュフローの借入はどんな金融会社が良いのか?

フリーキャッシュフローの借入をするときに金融会社を選ぶのは非常に迷います。

やはり、それぞれの金融会社においてメリットやデメリットがあるためしっかりと申込先の金融会社を決めたいところです。

金融会社選びはフリーキャッシュフローの内容から考えることが大事です。融資の内容から考えるとやはり金利や限度額、そして借入方法や返済方法がポイントになってきます。
(⇒借入ができる会社選び

これらのポイントをしっかりとチェックしながら好ましい金融会社を探しましょう。金融会社の情報については、情報収集することは難しいことではありません。

今ではインターネットという非常に便利なシステムがあるので、これを利用すれば簡単に多くの金融会社の情報を集めることができます。

申込先の金融会社は大きく分けていくと消費者金融か銀行かに絞られてきます。まずはこのどちらかの金融会社を決めましょう。

消費者金融から銀行のどちらに申し込みをするのか決める時にやはり両者のメリットを知っておくことが大事になります。

メリットを知っておけば自分にとって好ましい申し込み先を見つけられるようになります。

最初に消費者金融からメリットを紹介します。消費者金融は一言に消費者金融といっても本当に様々な会社があります。

例えば、テレビなどで見かけることがある大手の消費者金融は非常に有名ですが、それ以外にもそれぞれの地方にある小さな消費者金融もあります。

これは一般的に街金と呼ばれます。このように大きな消費者金融もあれば小さな消費者金融もあることを知っておきましょう。

大手の有名な消費者金融は名前が知れているだけにお金を借りやすいことがメリットです。消費者金融とは少なからずネガティブなイメージがあります。

そのネガティブなイメージの代表例はやはりヤミ金です。大手の有名な消費者金融ならヤミ金ということがないので安心してお金を借りれます。

また、小規模な消費者金融に比べると資金力が大きいので大きなお金を借りやすいこともメリットです。

一般的にも地方にある街金よりも大手の有名な消費者金融を利用してお金を借りる人は多いです。

では小規模な消費者金融には全くメリットはないのかと言うとそんな事はありません。

街金の場合は大手の消費者金融に比べると大きな金額を借りにくい、会社によってはヤミ金の可能性があるなどデメリットが多いですが、唯一のメリットとして審査に合格しやすいことがいえます。

大手の消費者金融は審査が厳しいというよりは審査が甘いということはないので、人によってはなかなか大手の消費者金融で審査に合格することができません。

金融会社の審査はいくつか重要なポイントがあります。返済能力が重要というのは誰もが知っていますが、この返済能力以外にも信用情報や砂金を持っているかどうかなどもかなり重要な要素です。

小さな消費者金融では信用情報が足りない人や他の金融会社で借金を持っている人など、通常ではお金を借りにくいと言われる人でも審査に合格しやすいことがあります。これは大手の消費者金融には無い街金特有の甘い審査です。

本当に街金の場合はお金を借りやすい金融会社が多いので利用者にとっては嬉しいものですが、上記で説明したように大きなお金を借りにくい、審査が甘い会社が多いのでヤミ金に出くわすことが多いのも事実です。

もし、街金を利用するならしっかりと融資内容チェックして、ヤミ金かどうかを確認してから申し込むようにしましょう。

次に銀行の融資について説明しますと、消費者金融よりも銀行は低金利なことがメリットです。

消費者金融の金利が高いと言うよりは消費者金融の間には普通であり、それに比べて銀行の金利が低いといえます。

なので、利息を安くしてお金を借りたいなら銀行に申し込むと良いです。しっかりと低金利から融資を受けることができるので返済をしやすいです。

消費者金融は下限金利は低い会社がありますが、上限金利に関してはどの金融会社も基本的に高いです。

しかし、銀行は下限金利だけではなく上限金利に関しても低い金利になっている銀行が多いので、大口融資を受けたい人でも小口融資を受けたい人でも低金利からお金を借りやすいものです。

消費者金融は銀行に比べると金利が高いですが、大きなメリットとしては無利息があります。無利息は無利息期間内だけ利息が発生しません。

極端に言うと低金利からお金を借りるよりも無利息を活用する方が利息がかからないのですからお得です。

しかし、無利息の期間を過ぎると利息が発生するので使い方がポイントになってきます。

無利息の期間の間に借りたお金をすべて返済することができると、全く利息を支払うことなくお金を借りることができるのでとても上手に借入できます。

ですが、無利息を過ぎて普通に高い金利から利息を支払うのであれば銀行選んでおく方がお得にお金を借りれます。

短期的にすぐに完済できる人は無利息を活用すれば良いですし、中期から長期において長い融資を受けるなら銀行の低金利からお金を借りる方が便利です。

もし銀行から100万ほどの融資を受けようと考えているなら、知っておきたい情報があります。

銀行から100万ほどの融資を受ける場合は収入証明なしで申し込むことができます。

基本的には金融会社に申し込む際には必ず収入証明が必要ですが、銀行によっては収入証明なしでも申し込みすることができる会社があります。

やはり申し込み時の手間を考えても収入証明が必要ないというのは非常に楽です。また、収入証明がないと審査で自分の返済能力が問われません。

つまり、自分の年収に関係なく返済能力を問われないので、信用情報や借金に関して問題がなければ簡単にお金を借りれます。銀行によっては200万ほどまで収入証明なしで申し込むことができます。

この収入証明なしの融資は貸金業者にはありません。銀行か銀行系の消費者金融にしかない融資内容なので覚えておくと良いです。

収入証明なしは簡単に審査に合格できる上に銀行へ申し込むなら大きなお金を借りれないとは言え上限金利が低いので非常に大きなメリットがある融資内容です。収入証明なしの融資は基本的に100万以下に設定されている会社が多いです。

もし、借金を持っている人はその借金が考慮されるのでもっと低い金額しか借りれないこともあります。

人によっては借金によって収入証明なしの申し込みをしているのに収入証明が必要と判断されることがあります。

このようにフリーキャッシュフローの借入をするときはしっかりと消費者金融と銀行のメリットを知っておきましょう。

そうすれば自分がどんな金融会社からお金を借りることが最善なのかを見つけることができます。

フリーキャッシュフローでお金を借りる場合にATMを利用しますが、金融会社は会社によってどんなATMを利用できるのかが異なります。

基本的にはその会社のATMを利用することができますが、やはり便利なのはコンビニです。

例えば、街金の場合ならコンビニを利用することができない会社があり、その会社のATMを利用せざるを得ないことがあります。

そんな状況だとお金をすぐに借りたくてもその会社のATMを発見することができなければお金を借りることが難しいです。

しかし、コンビニを利用をできる金融会社なら街中でコンビニを発見することは簡単なので非常にお金を借りやすいです。

コンビニを利用できるかどうか以外には同じような内容としてインターネットを利用できるかどうかをチェックしておきましょう。

インターネットを利用することができる会社だと、インターネットからフリーキャッシュフローを借入して、返済する時もインターネットを利用することができます。

例えば、銀行だとインターネットバンキングがありますが、インターネットバンキングを通じてお金を借りたり返済できたりします。

これはコンビニを利用できるかどうかと同じくらいにかなり便利さが変わってくるポイントなので、しっかりとチェックしながら申し込み先を選びましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.