フリーローンでは借入限度額がなぜ高めになっている?

私少し調べたので間違いないと思うんですが、フリーローンって借入限度額が少しだけ消費者金融とかに比べると高めになっているんじゃないか?って思うのです。

高めになっている金額は様々ですけれども、だいたい100万円単位で数百万円くらいは大きくなっているように思います。

銀行系カードローンでは更に高いところもあるので、バラバラにも思いますが、フリーローンの借入限度額が高めになっている理由というのは何なのでしょうか?

やっぱり借りる人たちもその限度額に応じて、高めの枠をもらっているということでしょうか?

フリーローンは借入する人たちが収入が多いから

フリーローンを使う人というのはどういう人たちか?というのを考えたことがあるでしょうか。

一般的にフリーローンと言われる銀行の借入ですが、これを使う人達というのは収入が多い人達ばかりだと言われています。

パート・アルバイトだとか、主婦の人が使うということはないですし、そもそも審査に通りにくいというのがアリます。(こちらもご参考に→主婦でも借入できる?

フリーローンは借入をする人たちが収入が多い、だから借金を多くできるというのは総量規制などから考えてもわかりやすいでしょう。

銀行のフリーローンでは総量規制対象外になっていますが、だからといっていくらでも貸してくれるというものではありません。

だいたい銀行系カードローンのように対象外のところも年収の半分くらいという目安があると言われています。

フリーローンでもだいたいそのくらいまでが限界とされているので、一般的ンには年収の半分くらいまで借りることが出来ます。

となるとたくさん借りる人が増えるのですが、年収が高い人ほどたくさん借りることが出来るようになります。

1000万円の収入があれば、500万円までは単純計算して借りることが出来る、枠をもらえるということになります。

つまりこのような人たちをターゲットにしているために、フリーローンというのは限度額が高めになっているというわけです。

フリーローン以外の消費者金融だと300万円くらいの限度額が多いですし、中小の業者になれば更に低くて100万円や50万円程度までしか借入限度額が無いところもあります。

それだけ収入があまり高くない人をターゲットにしているということなのだと思います。

以上のようにどういう利用者が多いのかによっても借入限度額というのは変わるということです。

フリーローンはそれだけたくさん借りたいという人、収入が多い人がほとんどだということではないでしょうか。

使うときには自分が借りられるかどうか、よく考えてから使う必要がありそうです。

【参考ページはこちら】
既に借入があってもカードローンは利用できる?

フリーローンの借入限度額の決まり方について

フリーローンとは、その名の通り資金使途自由なローンですので何に使ってもよいローンです。

一応審査のときには、資金使途を聞かれることがありますが、例えば引越し費用に使います、運転免許証取得のために教習所へ支払う入学金のために使いますと申告したとしてもその通り使う必要は、なくただ審査で参考程度に聞いているだけです。

そのため最初に申告した借り入れ目的の通りに利用しているかどうか確認のために領収証の提出が求められるなどといったことはありませんので安心して利用することができます。

そして、気になるのは借入限度額がいくらになるのかということです。

商品案内を見ると最大500万円まで融資可能と掲載されていますが、そのような高額の限度額で利用されている方はほとんどいないのが現状です。

貸金業法が改正される以前であれば、年収が200万円しかないにもかかわらず限度額が300万円であるということもあるなど、年収をはるかに超える融資を受けていた人もいたのですが、法律が改正されてからは年収の3分の1を最大で借り入れできる金額となっています。

例えば、年収が600万円の人は最大で借り入れできる金額が200万円となります。

そのため最大500万円までの限度額融資可能となっている場合、その金融機関で500万円を借りるには最低でも年収が1500万円はなくてはならない人でなければ融資を受けることはできないのです。

年収についてですが、手取りの金額ではなく税込の総所得での年収となります。

これは、カードローン会社1社で年収3分の1までではなく、取引している貸金業者の借入残高合計が年収の3分の1までとなります。

この年収の3分の1の総量規制には銀行系のカードローンや住宅ローン、自動車ローン、ショッピングなどの分割払いなどは含まれない金額となります。

そのため、大きい限度額を融資して欲しい場合は消費者金融系のカードローンであると少額の限度額利用ですので、銀行系のカードローンであれば総量規制対象外ですので年収3分の1以上の融資も検討してもらうことができます。

また、消費者金融系に限らず銀行系カードローンでもそうなのですが審査の結果で借入限度額がいくらか決まります。

年収の3分の1以内が200万円だから必ず200万円借りれるということではなく、最大での限度額を200万円として、その中で限度額がいくらになるかは各金融機関の審査基準によるのです。

限度額の決まり方ですが、これは属性が限度額を決める大きな部分となります。属性とは、職業や年収、他社での借入金額、住居、勤続年数などのことです。

属性の一つ項目とっても良い悪いがあります。職業では、公務員や上場企業の正社員などが一番属性が高いとされています。

安定した収入を得られる職業であれば、貸す側としてもきちんと返済してくれるとはじめから分かっていますのでそのような方には喜んで融資をします。

その反対で、居酒屋に勤務していたり水商売をしている、タクシーの運転手や完全歩合給の不動産営業などは、離職率が高かったり収入も不安定な場合が多いです。

特に歩合系の職業となると去年は年収がもの凄い高かったとしても今年は年収が極端に下がってしまうなど、一番いい時の年収を採用して融資してしまうと、いざ次の年に年収が極端に下がったために返済をしていくことが難しくなったりで、延滞しがちになるといった場合には、あまり大きい限度額を融資することができず長期的な利用を目的とした融資よりも短期単発での低い限度額の融資にどうしてもならざるをえないのです。

また、雇用形態も一番いいのが公務員と正社員、その後に自営業、派遣社員、期間契約社員、アルバイトやパートとなります。収入が安定していて継続性の高い順に属性が高くなります。

しかし、いくら正社員でつとめていたとしても入社して1年もたっていないなど入社歴が浅い場合ですが、一番仕事を辞めやすい時期でもありますので、入社何か月以内だと融資はしないなど金融機関によって厳しい審査基準がある会社もあります。

また借りることができたとしても限度額は低く抑えられます。

また金利についてですが、フリーローンの金利は基本的に高金利です。

貸金業法では18%が上限金利となっていますが、消費者金融の無担保ローンの金利はほとんどの会社が18.0%と法律の上限金利ピッタリかそれよりも少し低いだけの金利です。

基本的に、使途自由なローンは金利が高いのです。その点、住宅ローンや自動車ローンの金利は低金利です。

何が違うのかというと借り入れ目的がはじめから限定されているかされていないかの違いになります。

住宅ローンは、マンションや一戸建てを購入するために利用されるローンです。自動車は、自動車を購入するためのローンです。

住宅や自動車は国の経済を活発化してくためにはとても重要なものです。

そのため多くの方にこのローンを利用して、購入してほしいという思惑があるために金利が低く設定されているのです。

その点、フリーローンは何に使っても良いローンです。ショッピングや旅行に行ったり、趣味に使ったりなど何に使ってもよいのです。

そのような嗜好目的のためのローンは、国の経済に関係はないかといわれると多少は関係はあるのですが、あくまで遊興費なので金利はどうしても高く設定されてしまうのです。

どうしても契約開始時は金利が高いのですが、返済実績を積み重ねていくことで限度額も増額することができるようになってきます。

50万円の限度額の範囲内での増額であれば収入証明書は不要ですが、50万円を超えては源泉徴収票や給与明細書といった収入証明書が審査で必要となります。

そして、100万円以上に限度額が設定できた場合ですが貸金業法では100万円以上の限度額の場合は上限金利が15%以下となっています。

つまり100万円以上に限度額を増額することができれば金利も15%以下に引き下げてくれるのです。

そして、はじめから借りる目的が決まっている場合ですが、消費者金融では目的別ローンという商品を取り扱っている会社があります。

ブライダルやお悔やみ、デンタルや出産、メディカルといった医療費、トラベル、引っ越し、カーライフ、学費などあらかじめ何に利用するか決まっている場合には利用できるローンになります。

この商品は、使用目的を限定することで金利がはじめからフリーローンよりも低い金利で利用することができます。

ただし、一度融資を受けたらその使用目的にしか利用することができず返済一方で限度額内の繰り返し借り入れ利用はできないローンとなっています。

完済するまで返済にしかカードは利用することができないのですが、金利は低めに設定されているため利息の負担も軽減することができます。

申し込みをするには、運転免許証や健康保険証といった本人確認書類以外にその使用目的を証明する書類が必要となります。

例えば引越であれば見積書、そのほかにも出産費用に使いたいのであれば母子手帳、またそれら以外の目的に対しても領収書や請求書などを提出することで低い金利で利用をすることができます。

消費者金融でお金を借りた場合、自分の属性が低いために審査で限度額が低く設定されたとしてもそれは最初だけです。

そこから毎月返済期日に遅れることなく請求金額以上の入金をクリり返して返済実績を積み重ねていくと、スコアが成長していきます。

つまり信用度が増してくることになります。そうなると、はじめは限度額が低くても増額が可能になってきます。

そうなると消費者金融のほうから限度額増額の案内の電話がくることがありますので、審査に申込みをして審査に通過すれば限度額の増額をすることができるようになります。

必ず増額できるわけではありませんので、他社の借入残高が増えてしまったとなるとできないこともあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.