3分の1以上借入する方法といえば銀行系カードローンだけ?

今や総量規制で年収の3分の1以上借入する方法というのは、銀行系カードローンを使う、というのはよく知られるようになったかと思います。

年収の3分の1以上借入する方法として消費者金融が使える、という時代はもう終わってしまいました。

さて、総量規制がある消費者金融は使いにくいというのはわかりましたが、もう一つの銀行系カードローンで年収の3分の1以上借入する事もわかりましたが、他の方法というのはないのでしょうか?

銀行系カードローン以外の方法を知りたいと最近思っているのですが、どうですか?

銀行系カードローン以外にも総量規制対象外はある

銀行系カードローンを使うと年収の3分の1以上で借入ができるから、たくさん借入をしたい人は銀行系カードローンがいい、というのはよく知られていますよね。

しかしじゃあ総量規制というのは消費者金融にかかっていて、対象外なのは銀行系カードローンだけか?というとそうではないです。

実は銀行系カードローンは一番使いやすいということもあってよく事例に上がるのですが、他の方法でも総量規制の対象になっていない物はあるのです。

例えば一番有名なものは住宅ローンもしくは自動車ローンではないかと思います。

住宅ローンも自動車ローンも実は総量規制の対象外になっているので、年収以上の借入をすることが出来ます。

これは対象外にしてたくさんの貸出をしても返済できるような仕組みがしっかりと出来ています。特に担保として差し押さえを受けるということが大きいでしょう。

つまりこのことから、担保付き融資というのも総量規制の対象になっていないということがわかるでしょう。

担保付き、動産でも不動産でもこれは同じで規制の対象外になっています。担保付きの場合は担保がその人の年収以上の貸出をさせてくれる要因になっているのです。

他には銀行からの借入というのも総量規制の対象外になっています。

銀行からの借入をするときにはフリーローンという方法でなんでも自由に使えるお金を借りることが出来ますが、このフリーローンは年収を見ますが3分の1までしか貸出をしないということはありません。

フリーローンや担保付きの貸出など、いろいろな方法を使えば、年収の3分の1以上の借り入れをすること自体は可能なのです。

どうしても消費者金融と同じように使いたい、ATMでも引き出しをしたい、自由に利用したいというのであれば銀行系カードローンが中心になってしまうでしょうが。

とはいえ今どきの銀行系カードローンというのもすごく豊富な種類があるので、全くそれで満足できない、もっとほしいという人のほうが少ないと思います。

大手の有名銀行のものから地方銀行、地方の小さな銀行、信用金庫に信用組合、いろいろなところが作っています。

もちろん一つ一つかなりカードローンとしての違いもありますから、特徴の違いなどを見比べて使うようにすれば、十分満足できるのではないかと思います。

満足できるものを見つけるまで銀行系カードローンを探し続けるというのもひとつでしょうね。

【参考ページはこちら】
東邦銀行の借入金利はどうなってる?

金融機関からの借入で3分の1以上借入する方法とは

キャッシングやカードローンを利用してお金を借りる際には、借入の総額が重要になります。

特に、これは複数のサービスを利用している場合に注意が必要になるポイントで、法的なルールである総量規制の影響もあり、個々の利用者の融資総額に影響を及ぼすことがある為に注意が必要になるのです。

この規制により、複数の業者から融資を受けている場合は、一定の金額を超えるケースで所得証明の提出が義務付けられるようになりました。

そのため、この証明書が審査の際に必要になります。この法的な規制は、特定の金融機関からの借入で3分の1以上借入することをできなくする効果があります。

そのため、これらのサービスを活用する際には、予め借入で年収の3分の1以上借入する方法を把握しておく必要があるのです。

特に、この法律では、既に他社からの借入がある場合で、一定の借入残高がある場合には、与信枠の合計した金額が採用される為に、現在借りている金額だけではなく、与えられている与信枠の全体を把握しておく必要があります。

それ故に、一つのサービスの限度枠が大きく、サービスの活用頻度が少ない場合には、バランスの悪い借入となっていることもあるので、限度枠の縮小などを願い出る事で、より有効な活用が出来る事があります。

特に、活用頻度の少ないキャッシングやカードローンの場合は、サービスの解約をしてしまい、より頻繁に活用するサービスに限定してしまうことで、この法的なルールに適した借入れが出来る事も多くあるのです。

この規制による制限は過度な借入を防ぐもので、上限額を年収の一定の割合に抑えてしまうことで、これまで頻発した借入によるトラブルを回避するものです。

この法的なルールでは、貸金業者には該当しない銀行は規制の対象外となります。
(⇒総量規制以上を借りるとどうなる?

そのため、あらゆる銀行系のサービスは、この規制の枠を超えた借入が出来るのです。

この規制の概要としては、貸金業者のみが対象となるもので、無担保での貸付が適用されることになります。

このようなケースに該当する場合は、借入の金額が年収の三分の一以下になるように、融資総額を制限する必要もあります。

一定の金額までの借入ならば、収入を証明する必要書類の提出は必要ありませんが、借入の合計が一定の金額を超える場合には、申込者の収入を証明する書類の提出が義務付けられているので、既に何らかの借入のサービスを利用している方の場合は注意が必要です。

それ故に、事前に規制の対象を把握しておき、このルールに沿った借入を行う事が重要になるのです。

加えて、この申込み者の個人的な借入の状況は、信用情報機関により共有されているので、貸し出しを行う業者が正確に把握出来るものとなっています。

そのため、他社からの借入の残高の数値は、申し込みの段階で正確に申告することが必要になり、この数値を基にした借入を行う必要があります。

年収の3分の1以上借入する方法としては、この規制の対象から外れる業者を利用するというポイントがあります。

この規制は無担保での融資が対象になるために、事前に担保を提供する必要がある住宅ローンなどは除外される事になります。

また、学資ローンや自動車ローンなども、この規制の対象外となるケースが多くなるので、予め現在活用しているサービスを確認しておく必要もあるのです。

そして、年収の3分の1以上借入する方法として重要なポイントに、銀行からの融資があります。

これは銀行からの借入が、この規制の対象外となるためで、この規制で定義されている貸金業者には該当しない事から、銀行系のキャッシングやカードローンを上手く活用する事で、この規制の枠を超えた金額の借入れが出来るようになります。

そのため、予めこの規制の対象から外れるサービスや金融機関を検証し、上手く活用することができれば、年収の3分の1以上借入する方法となるのです。

また、この規制を理解する上では、クレジットカードの利用についても把握しておく事が大切です。

これはクレジットカードにはキャッシング枠があるためです。

このクレジットカードの機能を利用して現金を借り入れた場合は、規制の対象となります。

そのため、予めこのクレジットカードの機能を利用して借入している金額を把握しておく事が重要になります。

しかし、このクレジットカードのショッピング枠の利用は、規制の対象外となっています。

そのため、カードを使って買いものをした際には、この規制は適用されない為に、年収の一定の割合までしか融資を受けることができないという規制の制限を受けることはないのです。

さらに、この借入でのルールを理解する上で重要なポイントとしては、必要書類があります。

これらのサービスを利用して現金を借り入れる場合は、短時間での融資を希望しているケースが多い為に、予め必要な書類を準備しておき、審査を短時間で完了させる事が重要になるのです。

この必要書類の種類については、収入を証明できる書類の提出があります。

この規制が施行されたことにより、提出を求められる証明書としては、源泉徴収票があります。

これは年間の給与所得を確認する事が出来るために、最も頻繁に活用される書類です。

この書類を提出すれば、給与額が短時間で把握できるために、短時間で審査を完了させる効果もあります。

また、給与の支払明細書も有効活用できるもので、数カ月程度の連続したものが審査の際に必要になります。

そして、融資を受ける際に重要な書類に、納税した際に受け取る通知書があります。

これは個人事業主の方が金融機関から融資を受ける際に必要となるもので、会社員の方でも副業などで給与所得以外に収入を得た方の場合には、この書類の提出が求められます。

また、年金を受給している方の場合は、その証明書と通知書の提出が必要になる事もある為に、素早く融資を受けたい場合には、年間の支払い額などを記載した書類を事前に準備しておく事が重要になるのです。

これらの証明書の提出ができない場合には、サービスの利用ができなくなることもあるために、事前に準備しておく事が重要になります。

しかし、借入を希望する金額が、数万円単位の少額の場合は、これらの書類の提出は必要なくなります。

そして、銀行を含め、各金融機関から効率良くお金を借りる際には、低金利でお金を借りることが重要です。

これは可能な限り安い金利でお金を借りることができるようになるために、予めこの負担率を検証しておく事が重要になります。

各種のローンを利用する場合には、利息は可能な限り小さくするということがポイントとなります。

現在は、数多くのサービスが比較され、低金利でお金が借りられるキャッシングやカードローンがすぐに分かるようになっているので、予め有利な融資条件のサービスを見つける事が出来るようになっています。

低い金利のサービスは、銀行系のものに多くなりますが、融資条件などを加味した上では、消費者金融系のサービスも有利な融資条件となる事が多くなるために、個々のサービスの質を詳しく比べる事が重要になるのです。

このような低金利で借り入れが可能になるサービスは、事前に申し込みを行っておけば、急遽現金が必要になった際に上手く利用できる為に、大変便利なものとなります。

また、キャッシングやカードローンのサービスは、引き出しが出来る専用端末の数が多く、どこでも利用できる事から、大変便利なものとなっています。

そして、借入可能な限度額が高いサービスならば、金利負担は非常に低いものなので、有利な条件での借入となり、いざという時に大変役立つサービスとなるのです。

そのため、このキャッシングやカードローンを利用する際には、年収で異なる借入れ金額と、この金額を基にして算出される借入出来る金額を把握しておき、最も低い金利で借入れが出来るサービスを利用する事が重要になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.